<   2011年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

名門大洋フェリー「フェリーふくおか2」乗船

週末に名門大洋フェリー「フェリーふくおか2」に乗船してきました~!
e0158925_21345660.jpg
船上から見た大阪南港フェリーターミナル
e0158925_21351336.jpg
いよいよタラップも取り外され・・・
e0158925_2136593.jpg
20時00分!北九州新門司港に向け大阪南港を出港です!
e0158925_21371699.jpg
e0158925_21382652.jpg
e0158925_21384459.jpg
船内はいつもながらの大賑わいでありました。
名門大洋の2便船は日本一にぎやかな長距離フェリーなのではないでしょうか!?
e0158925_2140295.jpg
e0158925_21403885.jpg
e0158925_21404847.jpg
出港して約1時間。明石海峡大橋が近づいてきました。
e0158925_22381861.jpg
何度見ても大迫力!の明石海峡大橋です。
e0158925_2241090.jpg
翌朝・・・とても綺麗な朝日でした。
e0158925_21412456.jpg
e0158925_21423980.jpg
e0158925_2143281.jpg
ケチャップ満載の!?デルモンテの船。
e0158925_21435230.jpg
後部デッキには海に落ちそうなくらい!?ギリギリにまでトラックが!
フェリー好きとしてはホッとするというか、安心させられる光景です(笑)
フェリーはトラックが乗ってなんぼの世界!!ですもんね。
e0158925_21474719.jpg
名門大洋の1便船「フェリーきたきゅうしゅう」がアンカー中です。
以前はこの場所に阪九フェリー泉大津1便船も一緒にアンカーしていたのですが・・・。
e0158925_2150824.jpg
東京~徳島~北九州の航海を終え着岸中のオーシャン東九フェリー「おーしゃんいーすと」
e0158925_2152664.jpg
e0158925_21522611.jpg
定刻どおりの午前8時20分、北九州新門司港に入港です!
e0158925_21532599.jpg
下船客を待つバスの列・・・数えてみると12台も!
ツアー団体客以外用の一般送迎バス(門司駅・小倉駅まで無料)も3台待っておりました!
いやぁ~このにぎわいがいつまでも続いてほしいものですね!!
e0158925_21564979.jpg
そして私は門司駅でバスを下車し・・・JRで下関駅へ向かいました~。
e0158925_21581222.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-02-28 22:25 | フェリー | Trackback | Comments(8)

大阪ガス、沖縄電力とLNG売買契約

「大阪ガス、沖縄電力とLNG売買契約」

産経新聞
http://www.sankei-kansai.com/2011/02/23/20110223-049989.php

大阪ガスは22日、沖縄電力とLNG(液化天然ガス)の長期売買契約を締結したと発表した。
平成24年度から27年間にわたり、年間約40万トンのLNGを沖縄電力に供給。沖縄電力は購入したLNGを、24年に運転開始予定の火力発電所の燃料として使用する。

------------------------------------------------------------------------

沖縄電力株式会社との液化天然ガス(LNG)売買契約書の締結について

2011年2月22日 大阪ガス プレスリリース
http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2011/1192068_4332.html

大阪ガス株式会社(社長:尾崎 裕)は、沖縄電力株式会社(社長:石嶺 伝一郎)との間で、本日当社が売主となる長期の液化天然ガス(LNG)売買契約書を締結しました。
当社は昨年5月に主要条件を定めた覚書を締結後、詳細条件の協議を行なってまいりましたが、この度全ての条件が整いましたので、本売買契約書を締結することとなりました。
締結内容は、当社が購入するLNGの一部を、沖縄電力株式会社が平成24年に運転開始を計画しているLNG火力発電所向けに、当社が手配するLNG船で輸送し供給するものです。
今後とも当社は、上流およびトレーディング事業の積極展開により経済的かつ柔軟で安定した原料調達に努めるとともに、環境性に優れた天然ガスの普及拡大・高度利用に努めてまいります。


◇ 液化天然ガス売買契約書の概要
(1)売主 : 大阪ガス株式会社
(2)買主 : 沖縄電力株式会社
(3)契約期間 : 平成24年度から27年間
(4)契約数量 : 約40万トン/年
(5)受渡形態 : 着桟渡し(EX-Ship)※
※ 売主である当社がLNG船を手配し、買主の受入基地まで輸送する受渡条件
(6)主な供給源 : オーストラリア ゴーゴン・プロジェクト

--------------------------------------------------------------------------

大阪ガスさんとオーストラリアの組み合わせと言えば・・・
どうしてもこのLNG船を思い浮かべてしまいます(笑)
e0158925_211770.jpg
e0158925_21406.jpg
e0158925_148349.jpg
e0158925_245357.jpg
e0158925_1481592.jpg
e0158925_148244.jpg
e0158925_1483287.jpg

さて沖縄に「LNG DREAM」はやって来るのか!?
沖縄のエメラルドグリーンの海に浮かぶLNG船・・・撮影してみたいです(笑)
[PR]
by funesuki | 2011-02-24 01:05 | LNG船 | Trackback | Comments(6)

KAZUSA

今年の商船三井カレンダーにも登場している新造VLCC「KAZUSA」を浦賀水道で撮影しました!

「KAZUSA」の船名は三井石油グループの極東石油工業(株)千葉製油所の所在地である千葉県市原市の
旧国名「上総(かずさ)」から命名したとのことです。
e0158925_23274095.jpg
ちなみに商船三井カレンダーでの「KAZUSA」はこちら・・・
やっぱり喫水タップリ満載姿のVLCCは迫力がありますね~!まるで上の画像とは違う船のよう!?
いつか私も富士山をバックにこんな写真を・・・て無理ですな(笑)
e0158925_23293938.jpg


2010年05月21日 三井造船プレスリリース
http://www.mes.co.jp/press/2010/20100521.html

世界最大級のダブルハルVLCC「カズサ」引き渡し
ダブルハル燃料油タンク装備の「三井マラッカダブルマックス」第8番船
マラッカ海峡を通過できる最大船型

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、千葉事業所にて建造中でありました、リベリア国、サミー シッピング社(SAMMY SHIPPING CORPORATION)向けダブルハルVLCC(超大型油槽船)「カズサ」(KAZUSA、当社第1742番船)を完成し、本日同事業所にて船主に引き渡しました。
当社は、輸送効率をさらに向上させた新船型「三井マラッカダブルマックス」を開発し、2005年5月に1番船を引き渡しましたが、本船はその8番船となります。
本船は、マラッカマックス船型(注)としては最大の載貨重量と最大の貨物油艙容積をもち、さらに最頻比重の原油を効率よく輸送できる船型です。
本船では、特に海洋・地球環境の保全に配慮して、船体はもちろんのこと燃料油タンクのダブルハル(二重船殻構造)化及びポンプ室の二重底化を実施しています。
また、新たに開発したプロペラの推進効率を高めるための省エネ装置を装備し、航海速力および燃費の向上を図っています。

主要目
全長 333.00m
長さ(垂線間) 324.00m
幅(型) 60.00m
深さ(型) 28.80m
総トン数 160,151
載貨重量 310,406トン
貨物油艙容積(100%) 354,689ma3
主機関 三井-MAN B&W ディーゼル機関 7S80MC-C型×1基
連続最大出力 27,160kW×76回転/分
最大搭載人数 40人
船級 NK
船籍国 マーシャルアイランド

----------------------------------------------------------------------

とそこに備南開発「天佑」が接近!
e0158925_2336883.jpg
ガントリークレーン付きVLCC完成!?
e0158925_23415466.jpg
e0158925_2342330.jpg
e0158925_23421431.jpg
e0158925_23423125.jpg
e0158925_23424083.jpg
e0158925_23425027.jpg
e0158925_2343410.jpg
e0158925_23431595.jpg
e0158925_23432375.jpg
e0158925_23433368.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-02-23 00:10 | VLCC | Trackback | Comments(4)

備南開発「天佑~TENYU~」





珍しい船を浦賀水道で撮影しました!
岡山県玉野市に本社がある備南開発㈱のバージ船(大型重量物輸送船)の天佑(てんゆう)です!



e0158925_21103565.jpg

備南開発HPより
「天佑」
大型貨物・特殊貨物など多種多様な貨物を様々な工法と船種で輸送します。
http://www.j-bdc.com/business/tenyu.html

備南開発が誇る「天佑」。優れた技術と設備で、様々な輸送が可能です。
天佑のもつフォークオン/オフ工法とは、船尾に設けたフォークで貨物をすくい上げ、運搬、据付を行う工法のことです。フォークオン/オフ工法では岸壁上で仮設機材の設置が不要となる上、短時間で積荷を岸壁上に直接据付けることができます。また、バージ“天佑”の加速度レベルは従来型のバージと比較して最少であり、コンテナクレーン等のデリケートな構造を持つカーゴに最適です。それにより補強及びラッシングが軽減され、大幅なコスト削減ができます。その他、コンテナクレーン等の背の高い貨物を積んで橋梁・空中電線の下を通過する際、貨物を海水に浸すことなく船体の一部を潜水させることが可能です。貨物の高さ制限を大幅に緩和します。
e0158925_2115219.jpg
東京港のコンテナ埠頭に設置するガントリークレーンを大分から輸送していたようです。
まさしく天佑のような特殊な船でしか運ぶことのできない大仕事ですね!
e0158925_21171320.jpg
e0158925_21174963.jpg
e0158925_21184571.jpg
e0158925_21191249.jpg
e0158925_21194022.jpg

では最後にオマケ画像(笑)
天佑を白波をあげ引っ張る!?東海汽船「セブンアイランド愛」です(笑)
タイミングよく天佑の横を通過してくれました!
e0158925_21223238.jpg












-
[PR]
by funesuki | 2011-02-20 21:46 | その他乗り物 | Trackback | Comments(0)

大宇造船海洋、超大型コンテナ船10隻受注

「大宇造船海洋、超大型コンテナ船10隻受注」

朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/news/20110218000062

大宇造船海洋が、コンテナ船受注契約で歴代2位に当たる超大型プロジェクトを受注した。
18日、外信や関連業界によると、大宇造船海洋は世界最大規模の海運会社、デンマークのAPモラー・マースク社から1万8000TEU(1TEUは20フィート・コンテナ1個に相当)級のコンテナ船10隻を受注、来週正式に契約を結ぶ予定だという。
コンテナ船1隻当たりの価格は2億ドル(約166億円)ほどで、10隻に対する契約金額だけで計20億ドル(約1660億円)に達する大型プロジェクトだ。
なお、今回大宇造船海洋が結ぶ20億ドルのコンテナ船受注契約は歴代2位に当たる。1位は2008年、大宇造船海洋がマースク社から受注した1万4900TEU級のコンテナ船16隻の契約で、当時の契約金額は23億ドル(現在のレートで約1915億円)に達した。

-----------------------------------------------------------------------------

ソウル株式市場で造船株が急伸、大宇造船海洋のコンテナ船受注で

ロイター
http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK884424620110218

18日のソウル株式市場で、造船株が急伸している。大宇造船海洋がデンマークの海運大手APモラー・マースクからコンテナ船10隻を受注したと伝えられたことが支援材料となっている。受注額は総額20億ドルとされている。
 関係筋が18日ロイターに明らかにしたところによると、大宇造船はさらに10隻の受注に向け交渉している。実現すれば受注額は40億ドルになるという。

 0257GMT(日本時間午前11時57分)現在、大宇造船海洋は8.2%高。KRX造船株指数は5.25%上昇している。

-------------------------------------------------------------------------------

「海外海運各社、アジア-欧州航路に大型コンテナ船配置急ぐ」
Sankei Biz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110223/bsk1102231113004-n1.htm

コンテナ海運最大手、デンマークのAPモラー・マースクは、大型コンテナ船最大30隻、54億ドル(約4500億円)相当を購入することで合意した。燃料価格の上昇に対応するとともに、世界貿易の拡大による利益獲得を目指す。
APモラー・マースクは21日、ロンドンで開いた韓国の大宇造船海洋との共同記者会見で、コンテナ1万8000個を積載可能なコンテナ船10隻を含む契約に合意したことを明らかにした。マースクのコンテナ海運部門のエイビンド・コリン最高経営責任者(CEO)によると、コンテナ船は2014年までに納入される見通しで、同社はさらに20隻を購入する選択権を有している。今年1年の市場動向を見てネガティブな要素がなければ10隻を追加し、残り10隻分の購入については最終期限まで状況をみる予定だという。
全長400メートルのコンテナ船はアジアと欧州間の貿易航路に配置される。現行の大型船の積載能力を約30%上回り、排ガス量や燃料消費量を削減できる。原油価格が過去2年間で2倍以上に高騰しており、海運各社はコスト増への対応を迫られている。
英船舶管理会社ゾディアック・マリタイム・エージェンシーズとシンガポールのコンテナ輸送大手ネプチューン・オリエント・ラインズも昨年、コンテナ1万個以上を積載可能なコンテナ船を発注している。コンテナ船発注が相次いでいる背景には、世界的なリセッション(景気後退)が終息し、欧米でアジア製品の需要が高まったことがある。マースクは、世界のコンテナ貨物市場は今年8%以上成長する可能性があるとの見通しを示している。
韓国金融大手ミラエ・アセット証券のアナリスト、リー・ソクジェ氏(ソウル在勤)は、「コンテナ輸送業界では変化の風が吹き始めている。今は大型船がトレンドだ。海運会社は今発注をかけないと、早ければ13年にはコンテナ船が不足するかもしれない」と指摘している。

-----------------------------------------------------------------------


一方中国では・・・

「中国、LNG輸送船を海外から初受注」

Sankei Biz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110215/bsk1102150500000-n1.htm

中国が海外から初めて液化天然ガス(LNG)輸送船4隻を受注した。ハイテク造船市場を独占する韓国を破り、中国造船業界が本格始動した。
中国船舶工業集団傘下の滬東(ことう)中華造船にLNG輸送船を発注したのは、米エクソンモービルと日本の商船三井で、新造船の受け渡しは2015~16年としている。
滬東の責任者は、海外からの初受注について、「中国が量から質で勝負する転換期に立ったことを示している」と話す。

LNG輸送船は、天然ガスをマイナス162度に冷却し、液化した状態で輸送する専用船で、設計・造船ができるのは世界でも数カ国に限られている。
滬東は09年末段階までに、広東省や福建省に向けて5隻のLNG輸送船を建造したが、海外は今回が初めて。
過去10年間は韓国の造船大手である三星重工業、現代重工業、大宇造船海洋が、世界のLNG輸送船市場でトップの地位を占めていた。

一方、工業情報省によれば、中国の造船完工量は昨年、6560万トンで前年比約55%増となった。新造船受注量は7523万トンで前年比約3倍増、このうち海外からの受注は約85%を占めた。
ただ、ここ数年の世界の造船需要は年間1億5600万トンであるのに対し、生産量は2億トンで、過剰供給が予想される。(国際商報=中国新聞社)

-----------------------------------------------------------------------------

1万8000TEUのコンテナ船を10隻建造!少し前までのコンテナ船大不況が嘘のような
景気のいい話ですね~。
そして中国の造船所でもLNG船を4隻受注・・・。

日本の造船所からも負けじと景気のいい話が聞きたいですね!
[PR]
by funesuki | 2011-02-19 01:10 | コンテナ船 | Trackback | Comments(4)

MANON

MANON

IMO: 9179725
MMSI: 265492000
CALLSIGN: SIWN
Ship type: Vehicle Carrier
Tonnage: 67264 tons
Length: 228.0m
Beam: 32.0m
Year of build: 1999
Flag: Sweden
BUILDER Dsme
OWNER Wallenius Lines
MANAGER Wallenius Lines


ワレニウスウィルヘルムセンの自動車専用船「MANON」横浜出港の様子を撮影してきました!
本船、世界最大級の自動車専用船のようです!
e0158925_228535.jpg
e0158925_22104829.jpg
タグボート「金剛丸」
e0158925_22111716.jpg
バースにはスバルの車がイッパイ!MANONさんのおなかにもスバル車がイッパイなのでしょうか!?
e0158925_22183521.jpg
e0158925_2234882.jpg
岸壁を離れました!
e0158925_2213999.jpg
e0158925_22133266.jpg
China Shipping Container Lines のコンテナ船「CSCL NINGBO」と共に。
偶然グリーン船隊コンビとなりました(笑)
e0158925_22134190.jpg
う~ん・・・バックが青い空だったらなぁ・・・。
e0158925_22161854.jpg
e0158925_2216235.jpg
e0158925_22163074.jpg
e0158925_22164160.jpg
e0158925_2219181.jpg
e0158925_2217474.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-02-17 22:17 | 自動車専用船 | Trackback(3) | Comments(7)

「南海フェリー」で2人目の萌えキャラデビュー!名前募集中!

第2弾キターッ!!!
http://www.nankai-ferry.co.jp/conference/character_04.html



私の名前を南海フェリー船内にて募集してます。
フェリーご利用の際は、ぜひ応募してください。
採用された方には、すてきな記念品を進呈します。
よろしくお願いしますm(_ _)m
e0158925_17563271.jpg


主なおいたち
徳島育ちの高校1年生
小学校3年生の時、和歌山から徳島へ
おしとやかな性格

応募期間
平成23年2月11日(土)~2月20日(日)

応募方法
応募用紙に必要事項をご記入の上、各船内中央案内所前ロビーに設置している専用ポストに投函してください。

審査
選考委員会の審査を経て決定します。なお、同一の名称が複数の場合は、抽選により受賞者を決定します。
表彰
優秀賞1名:記念品を進呈します。

発表
決定した名称及び入賞者は、平成23年3月頃に発表する予定です。

--------------------------------------------------------------------------


ということで・・・
さぁ皆さん南海フェリーに乗って名前を応募しましょう(笑)
[PR]
by funesuki | 2011-02-16 18:08 | フェリー | Trackback | Comments(0)

P&O Cruises 「Artemis」~アルテミス横浜出港~

横浜港でP&Oクルーズのアルテミス(44,348 総トン、全長230メートル)を撮影してきました!
しかし当日の横浜港は「強風&雪」という最悪の天気・・・こんな人が少ない山下公園は初めて見ました(笑)
e0158925_0323160.jpg
e0158925_0334864.jpg
e0158925_0335855.jpg
山下公園でずぶ濡れになって撮影後(笑)大桟橋の屋上へ向かうと・・・
e0158925_0351962.jpg
こ、荒天のため閉鎖中!?!?・・・うそ~ん!!!!!(笑)
ま、天候だけには勝てませんな・・・
e0158925_0404927.jpg
上半分しか写せません・・・トホホ(笑)
e0158925_0415173.jpg
e0158925_042790.jpg
雪が降り続く中、18時出港です!
e0158925_10274.jpg
e0158925_0425830.jpg
e0158925_0434587.jpg
これ以上の撮影は無理でした(笑)
e0158925_044221.jpg


当日はブログでもお世話になっている方々が絵画・写真作品展を開催中で見学してきました。
e0158925_0462581.jpg
e0158925_04938.jpg
e0158925_05045.jpg

写真も絵も素晴らしい作品ばかり!出展者のみなさんお疲れ様でした~!
[PR]
by funesuki | 2011-02-14 00:32 | クルーズ船 | Trackback | Comments(8)

フェリーさんふらわあ 松山寄港を全面廃止へ 5月から 

「フェリーさんふらわあ:松山寄港を全面廃止へ 別府-大阪航路、5月から」
毎日新聞
http://mainichi.jp/area/ehime/news/20110209ddlk38020646000c.html

フェリーさんふらわあ(大阪市)は8日、1日1便運航している大分県・別府-大阪航路の上り便(大阪行き)の松山観光港への寄港を、5月1日から取りやめると発表した。4月30日の寄港が最終となる。高速道路料金割引などの影響を受けた経営合理化の一環。昨年2月に下り便の松山の経由を廃止しており、上下便とも寄港がなくなる。
同社によると、10年の乗客や車両輸送の台数は、下りの松山寄港廃止で利便性が低下した影響もあり、前年の半分弱に落ち込んでいた。景気の先行き懸念などもあり、別府-大阪直行への切り替えでコスト削減を図るという。
寄港廃止で別府-大阪の所要時間は約1時間短い12時間となる。このため、一般利用の多い金、土、日曜の別府出港を1時間遅らせて午後7時35分とし、余裕を持って乗船できるようにする。大阪着は翌午前7時35分で変わらない。
同社は「こうした形で歴史ある松山寄港が終わるのは残念。ご支援いただいた利用者に感謝したい」としている。【中村敦茂】

-------------------------------------------------------------------------

「別府から大阪フェリー 松山経由取りやめ5月から」
2011年2月9日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/ehime/news/20110208-OYT8T01089.htm

フェリー運航会社「フェリーさんふらわあ」(大阪市)は8日、1日1便の別府港発大阪南港行きの上りフェリー航路について、5月1日の改正ダイヤから、松山港(松山市)への経由を取りやめると発表した。高速道路料金割引などの影響で、利用客・車両は2005年比で6分の1にまで減少。同社は「合理化の一環で、理解していただきたい」としている。
同社によると、上り航路の昨年の旅客数は約1万5000人、運搬車両は約1600台。09年6月には今治港、10年2月には下り便で松山港への経由を取りやめている。
このダイヤ改正で松山港と関西の港を直航するフェリー定期便はなくなり、三沢豊取締役は「市民に親しまれた航路で、断腸の思いで決断した」と話した。

--------------------------------------------------------------------------

またまたフェリー業界でショックなニュースです。
記事にあるようすでに下り便の松山寄港は中止されていて、ある意味時間の問題だったのでしょうが・・・。

画像は松山観光港で撮影した関西汽船時代の「さんふらわあ こばると」
この光景が見られなくなると思うと本当に寂しいですね・・・。
e0158925_1381125.jpg
e0158925_1381797.jpg
e0158925_1382526.jpg
e0158925_1384564.jpg
e0158925_1385310.jpg
e0158925_139021.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-02-10 00:53 | フェリー | Trackback | Comments(2)

“世界で最も持続可能な100社”に商船三井と日本郵船

“世界で最も持続可能な100社”に選ばれた日本企業
2011年2月3日 01:23 (RBB TODAY)
http://topics.jp.msn.com/digital/general/article.aspx?articleid=503029

カナダのコーポレートナイツ社が先月末発表した“Global 100 Most Sustainable Corporations in the World”(Global 100)には、日本企業が数社リストされている。100社のうち日本が最も多い19社、次いで13社のアメリカ、そしてイギリス、カナダと続く。

 Global 100は2005年から毎年実施されているもので、世界経済フォーラム(ダボス会議)にあわせて発表。環境、社会、ガバナンスなどに対する取り組みが評価される。

 日本企業の19社は日東電工、イオン、T&Dホールディングス、ソニー、商船三井、三菱重工、東京ガス、大和ハウス工業、日本郵船、ヤマハ、NTTドコモ、コニカミノルタ、リコー、東京エレクトロン、大正製薬、NEC、パナソニック、日産自動車、トヨタ自動車。

-----------------------------------------------------------------------------


「世界で最も持続可能な100社」(Global 100)に初選出

2011年2月7日 
商船三井プレスリリース
http://www.mol.co.jp/pr-j/2011/j-pr-1106.html

 当社はこのたび、世界経済フォーラムが開催されているダボスにて1月29日にカナダのコーポレート・ナイツ社より発表された「世界で最も持続可能な100社」(Global 100 Most Sustainable Corporations in the World)に初めて選出され、世界全体で32位、海運業界としては最上位のランクとなりました。

 2005年に開始された「Global 100」では、あらゆる業界の世界3,000社の中で、環境・社会・ガバナンスの観点から、最も持続可能性が高いと評価される上位100社が毎年選出されています。

 今回の選出は、当社グループの企業理念に謳っている「社会規範と企業倫理に則った、透明性の高い経営」及び「安全運航を徹底」の実践の結果が結実したものと理解しております。

 今後も当社グループは、中期経営計画(GEAR UP! MOL)の全体戦略に掲げている「安全運航強化」と「環境戦略」を実践し、社会とともに持続的・相乗的に成長するための取り組みを継続・強化します。

------------------------------------------------------------------------------

5年連続で「最も持続可能な世界の100社(Global 100)」に選出
2011年2月2日
日本郵船ニュースリリース
http://www.nyk.com/release/1413/NE_110202.html

 当社はこのたび、「Global 100 Most Sustainable Corporations in the World」(最も持続可能な世界の100社、以下「Global 100」)に5年連続で選出されました。

今年の「Global 100」は、1月29日にスイスのダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会に合わせて発表されました。今回は、全世界3,000の企業から22カ国の100社が選ばれ、日本からも保険会社、電気機器メーカーなどさまざまな業種から19社が選出されました。   

「Global100」は2005年から始まり、2009年まではカナダの出版社コーポレート・ナイツ社(注1)とイノベスト社が、環境、社会、ガバナンス、リスクマネジメントなどに焦点をあてた分析手法で上位100社を発表してきました。 2010年からは、コーポレート・ナイツ社が新たなパートナーと共同で以下の新しい評価基準に基づいて選出しています。

<「Global 100」の主な評価基準>
*エネルギー、CO2、水、廃棄物の単位消費/排出量当たりの売上高
*CEO報酬と従業員平均給与の比較 
*報酬に「社会の持続可能性への貢献度」が反映される役員の有無
*女性役員の比率
*GRI(Global Reporting Initiative)ガイドラインへの適応レベル
*研究開発費の売上高比率 など

当社グループはこのたびの受賞を励みとし、今後も良き企業市民として積極的に社会の課題に取り組み、より良い地球社会の実現に貢献してまいります。


--------------------------------------------------------------------------------


最近は中国や韓国企業のパワーに押され、景気のいいニュースが少ない日本企業ですが・・・
「100社のうち日本が最も多い19社」とはいいニュースですね!
しかも海運会社が2社!

商船三井は海運業界としては最上位のランク
日本郵船は5年連続で選出

とのことです!
素晴らしいですね!



ということで「MOL&NYK Global 100選出記念特別企画!?」
商船三井「MOL PROSPERITY」と日本郵船「NYK AQUARIUS」の2ショットです!
右に左にと2隻同時の撮影には疲れました(笑)

MOL PROSPERITY
e0158925_0261120.jpg
NYK AQUARIUS
e0158925_0262161.jpg
e0158925_0264799.jpg
e0158925_0265966.jpg
e0158925_0271061.jpg
e0158925_027195.jpg
e0158925_0272846.jpg
e0158925_0273644.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-02-09 00:42 | コンテナ船 | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

さんふらわあ新造船の広告ポス..
at 2017-04-22 23:04
NHKで深田サルベージのクレ..
at 2017-04-18 19:30
球状船首セメント船「清安丸」
at 2017-04-16 23:30
「ガンツウ」10月17日就航へ
at 2017-04-12 20:09
ナッチャン・はくおう関連番組放映
at 2017-04-10 21:47
濃霧でフェリーに影響
at 2017-04-08 23:11
新造船「らべんだあ」見学会その6
at 2017-04-06 23:55
新造船「らべんだあ」見学会その5
at 2017-04-01 22:17
JXTGグループが始動
at 2017-04-01 21:10
「いしかり」で船上入社式
at 2017-04-01 20:50
両備クルーズ船の内外装発表
at 2017-03-26 23:01
セウォル号 引き揚げ
at 2017-03-26 22:39
海自最大の護衛艦「かが」就役
at 2017-03-24 00:19
新造船「らべんだあ」見学会その4
at 2017-03-22 22:57
TBSで海保密着SP番組放映
at 2017-03-20 23:54
新造船「らべんだあ」見学会その3
at 2017-03-17 00:48
MOLの2万TEUコンテナ船..
at 2017-03-17 00:32
「クイーンエリザベス」神戸入港
at 2017-03-13 19:39
「ブルーハピネス」就航!
at 2017-03-12 22:40
東日本大震災から6年
at 2017-03-11 19:56

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(504)
(137)
(131)
(131)
(109)
(101)
(85)
(82)
(81)
(74)
(73)
(70)
(67)
(65)
(48)
(45)
(44)
(44)
(42)
(39)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:52
すぐるさん、おはようござ..
by NCF at 05:58
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:46
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 22:33
カツミさん、こんにちは!..
by すぐる at 01:52
こんにちは クルーズフ..
by カツミ at 09:45
NCFさん、こんにちは!..
by すぐる at 20:44
すぐるさん、こんにちは!..
by NCF at 15:27
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:56
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:54

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧