<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

南海フェリー「ツナガル1000人フラッグキャンペーン」

e0158925_21314241.jpg





「バイク客に記念フラッグ 南海フェリーキャンペーン」

わかやま新報 2013年2月28日
http://www.wakayamashimpo.co.jp/2013/02/20130228_22944.html


バイクで乗ってフラッグをもらおう。

和歌山―徳島間を海路で結ぶ南海フェリー㈱は、 バイクと原付の乗船客に記念フラッグをプレゼントする 「ツナガル1000人フラッグキャンペーン」 を1日から開始する。

同航路の利用促進を図るため、 同社が和歌山、 徳島両県と共同で主催。 バイクユーザーをターゲットとした初のキャンペーンとなる。

和歌山港からの乗船客には黄色、 徳島港では赤色のフラッグを、 それぞれ先着500人にプレゼントする。 フラッグには 「走ろう!!徳島・和歌山 『南海道』」 の文字やライダーのイラストなどがデザインされている。

また、 記念フラッグと一緒に撮影した写真に200文字以内のコメントを添えて応募すると、 抽選で10人に南海フェリーバイク片道優待券が当たる。 応募は専用アドレス (tunagaru1000@nankai-ferry.co.jp) へ。


----------------------------------------------------------------------------------


「バイク乗船 いらっしゃい」

2013年2月28日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/wakayama/news/20130227-OYT8T01437.htm


和歌山港と徳島港を結ぶ南海フェリー(和歌山市)は3月1日、バイクやミニバイクでの利用者計1000人に、記念フラッグ(旗)を進呈し、そのうち抽選で10人にバイク利用料と乗船券が片道無料になる優待券を贈るキャンペーン「ツナガル1000人フラッグキャンペーン」を始める。

同フェリーの片道料金は、大人が2000円。バイクやミニバイクは別に1200~2400円の料金が必要。今回のキャンペーンでは、和歌山港と徳島港にそれぞれ500枚のフラッグを用意し、先着順で配布。旅行先などで旗と一緒に写真を撮り、コメントを添えて専用メールアドレスに送信すると、抽選で10人に優待券が当たる。

南海フェリーでは、乗用車や自転車向けのキャンペーンは実施したことがあるが、バイク向けは初めてで、需要の掘り起こしを図る狙いもあるという。同社の担当者は、「和歌山と四国で海をまたいでツーリングするきっかけになれば」と話す。問い合わせは和歌山営業所(073・422・2156)。


e0158925_21363885.jpg
e0158925_21492764.jpg



今回の企画の公式ブログはこちら!

ツナガル1000人フラッグキャンペーン「南海道」

http://ameblo.jp/tunagaru1000


そしてブログ内には企画担当の方のこんな文字が・・・



-----------------------------------------------------------------





さてさて,3月1日から始まる,ツナガルフラッグキャンペーンですが,順調に準備を進めることができてます(^_^)v

実は,ずっとこんな企画がしたかったんだっ!!(>_<)

念願のキャンペーンですo(^▽^)o

フラッグ私も欲しいです!!

あ,フラッグは,もちろんのこと,皆さんが快適にフェリーの旅をお楽しみいただけるようにも,しっかりと準備しておきますので,フェリーでの旅もご期待くださいね!

後悔はさせないぜ(^_-)




--------------------------------------------------------------------




いいですね~!
南海フェリーも経営的には非常に厳しい航路だと思いますが、いろんな企画で需要を掘り起こし
逆境のフェリー業界で勝ち残ってほしいと思います。

バイカーのみなさんの楽しいフラッグ画像を期待したいですね!



あ、南海フェリーさんは自転車乗りの方にもキャンペーン実施中ですよ~。

e0158925_2147768.jpg

[PR]
by funesuki | 2013-02-28 22:03 | フェリー | Trackback | Comments(4)

駿河湾フェリー「富士」乗船記 その2

駿河湾フェリー「富士」清水港を出港しました!
そして船上からは見事な富士山が!
e0158925_22574950.jpg
e0158925_22581426.jpg
e0158925_2351335.jpg
後ろを振り向けば「三保の松原」と日本平が見えました。
e0158925_22581552.jpg
e0158925_236567.jpg
富士山どアップでどうぞ~!!
e0158925_2374768.jpg
e0158925_2375270.jpg
そしてあっという間に伊豆半島が近づいてきます。
e0158925_238426.jpg
e0158925_2385647.jpg
土肥(とい)港に入港です。多くの方がカメラを持って入港風景を撮影していました(笑)
e0158925_23152024.jpg
e0158925_23153638.jpg
e0158925_23154913.jpg
下船後は土肥金山などを見学しました。
e0158925_23574979.jpg
中に展示されていた世界一の金塊です!
時価10億7100万円!とのことでした・・・。お土産に持ち帰りたいな~(笑)
e0158925_01013.jpg
再び土肥港へ。
e0158925_23324226.jpg
e0158925_23324235.jpg
e0158925_2333259.jpg
ファンネルに描かれているのは清水エスパルスのキャラクター「パルちゃん」です。
e0158925_23335551.jpg
e0158925_23342281.jpg
e0158925_23343020.jpg
帰りは2階の「オーシャンルーム」(500円)を利用してみました。
e0158925_23382253.jpg
やはり一般室よりゴージャスな感じですね~。
e0158925_23383799.jpg
e0158925_2339281.jpg
e0158925_2339526.jpg
帰りも船上から見事な富士山を眺めることができました!
e0158925_2339562.jpg
e0158925_234389.jpg
こちらは清水港の「カナサシ重工」です。
e0158925_23444736.jpg
下船後はターミナル2階のデッキへ。ここは観客席のようになっててビックリしました(笑)
e0158925_23462284.jpg
最後は再び富士山と「富士」の2ショットで!
e0158925_23484294.jpg



ということで乗船時間は短いものの見どころがいっぱいの駿河湾フェリー。

しかし船上から富士山が毎回見えるとは限りません!
見えないときに乗船してしまうとちょっと、いやかなりガックリしそうな航路でもありますね(笑)
[PR]
by funesuki | 2013-02-27 00:05 | フェリー | Trackback | Comments(6)

松山~小倉航路 石崎汽船が引き継ぎへ

e0158925_181386.jpg



「松山―小倉フェリー航路存続へ 石崎汽船が引き継ぎ」

2013年2月22日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO52037040S3A220C1LA0000/


中堅海運の石崎汽船(松山市)は22日、フェリーさんふらわあ(大分市)が3月31日で運航を停止するとしていた松山―小倉間のフェリーの運航を引き継ぐと発表した。1月10日付で石崎汽船の100%出資で設立した松山・小倉フェリー(松山市)が、同航路の4月1日からの事業許可を四国運輸局に申請した。

石崎汽船は松山―広島間にフェリーや高速船を運航している。松山―小倉航路が四国と九州を結ぶ重要な交通路であり、利用者からも存続を望む声が多く寄せられたことから、運航を引き継ぐことにしたという。

運航ダイヤ、使用船舶、運賃などは現行から変更しない。今後は人件費の削減やチケットの直売比率を高めるなど、販売経費の合理化で収支を改善する。

松山―小倉間のフェリー航路は旧関西汽船が1973年に運航を開始し、2011年に同社がフェリーさんふらわあなど2社と合併して以降はフェリーさんふらわあが運航していた。

ただ、2012年の利用者は約12万人で、ピークの15年前から半減し、赤字運航が続いているのが実情だ。

今回の運航引き継ぎについて、愛媛県は22日、「県として(この航路も含めた)フェリーなど広域航路の利用促進に向けたPR事業を2013年度に実施する」(交通対策課)と、運航を側面支援する考えを示した。



----------------------------------------------------------------------------



「松山-小倉航路」継続 さんふらわあ撤退、新会社で

2013.2.23 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130223/ehm13022302030000-n1.htm


「フェリーさんふらわあ」が3月末で撤退を発表した松山-小倉航路について、新会社「松山・小倉フェリー」(松山市)は22日、同航路の開設許可を四国運輸局に申請した。さんふらわあに替わって、松山・小倉フェリーが4月1日から航路を引き継ぐ形となる。運航ダイヤ、使用船舶、運賃などは基本的に変わらない見通し。

同航路は、旧「関西汽船」が昭和48年8月に運航を開始して以来、約40年間にわたって四国と九州を結んできた。しかし、高速道路料金の大幅割引に対抗する料金割引や、本四架橋による利用客の激減などで、近年は厳しい経営環境に置かれていた。

航路引き継ぎを検討してきた「石崎汽船」(同市)は、年間12万人の旅客と4万台以上の乗用車・トラックを輸送し、観光や物流面で大きな役割を果たしている点を重視。利用者からの航路存続の強い要望もあり、子会社を設立して航路を引き継ぐことを決めた。

担当者は「フェリー事業を取り巻く環境は厳しいが、一人でも多くのお客さまに引き続き利用してもらいたい」としている。
[PR]
by funesuki | 2013-02-24 01:16 | フェリー | Trackback | Comments(6)

駿河湾フェリー「富士」乗船記

e0158925_2242273.jpg



「期間限定 フェリー運賃223円に」

産経新聞  平成25年2月20日
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130220/szk13022002140003-n1.htm


清水港(静岡市清水区)と土肥港(伊豆市)を結ぶ駿河湾フェリーを運航するエスパルスドリームフェリーは、23日の「富士山の日」にちなみ、通常の旅客運賃2200円を約9割引きの223円に、車両運賃6千円を約6割引きの2230円にする特別キャンペーンを21~23日の期間限定で実施する。

海上からの富士山の眺めを広くPRし、6月に控えた富士山の世界遺産登録を応援しようと同社で企画した。富士山の日にちなんだ特別割引は初めてという。

乗用車は全長3~6メートルのもの限定で、電話での事前予約が必要。バイクや観光バスなどは対象外。乗船日前日の午後5時半で締め切る。

予約や問い合わせは(電)054・353・2221。



------------------------------------------------------------------------


2月23日は富士山の日!
にしても旅客運賃が223円!9割引!とは驚きですね(笑)



ということで乗船記を書いてなかった駿河湾フェリー「富士」の乗船記です!

e0158925_2243824.jpg


「富士」
● 全長:83.00m
● 幅(型):14.00m
● 総トン数:約1,554t
● 航海速力:18.5ノット
● 特別室:100席
● 一般室:342席
● 最大搭乗旅客:522名(平水区域)
● 最大積載車両:大型バス13台+乗用車4台または、乗用車54台
●建造 熊本ドック 
●進水年月 2005年6月



清水駅から無料運行されている送迎バスです。
e0158925_2271763.jpg


清水港のマリンターミナル。立派な建物ですね~。
e0158925_2275467.jpg


ターミナル内部のフェリー券売所です。
e0158925_22101252.jpg


ターミナルの展望台から桟橋を眺めます。
右側の岸壁から突き出た桟橋に船は着岸します。なかなか面白い構造ですね~。
飛鳥Ⅱなどのクルーズ船が入港するとき、この桟橋は移動するのでしょうか?
e0158925_22155791.jpg


いよいよ船首ランプウェイから乗船です!
e0158925_221917100.jpg
e0158925_22191912.jpg


船内です。なかなか鮮やかな(派手な!?)カラーリングの船内です。
e0158925_22214466.jpg
e0158925_22252693.jpg
e0158925_22254317.jpg
e0158925_22255059.jpg
e0158925_2226660.jpg


船内売店です。
e0158925_22261726.jpg
e0158925_22263622.jpg
e0158925_22263647.jpg


このとき乗船したときは後部デッキでたこ焼きなどを販売する屋台を営業していました。
今でもやっているのかな??
e0158925_2228981.jpg
e0158925_2228183.jpg
e0158925_22282749.jpg


清水港を出港です!
e0158925_22285485.jpg
e0158925_2229782.jpg


おっ!?

陸上のスタッフさんが帽子を手に(しかも両手で!)手を振ってくれています!
e0158925_2229297.jpg


すごい!!
空港ではよく見かけられる光景ですが、フェリーでここまでやっている姿は初めて見ました!
感激です!素晴らしいことですね。

e0158925_22324716.jpg



ここからしばらくは船上からの富士山撮影大会となりました(笑)
e0158925_2236678.jpg



つづきます!
[PR]
by funesuki | 2013-02-21 22:50 | フェリー | Trackback | Comments(4)

さんふらわあ「弾丸フェリー」が人気急上昇!


「0泊3日九州強行軍の旅いかが 弾丸フェリーが人気」

2013年2月18日 神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201302/0005748881.shtml



神戸‐大分などを船で結ぶ「さんふらわあ」の0泊3日往復チケット「弾丸フェリー」が人気を呼んでいる。船中2泊、旅先の滞在時間は半日という強行スケジュールだが、往復1万円からという価格設定などが集客につながり、販売開始から2年で売り上げは4・6倍に増加。九州新幹線や格安航空会社(LCC)に負けない存在感を示しつつある。(小川 晶)


「フェリーさんふらわあ」(大分市)は、瀬戸内海を中心に4航路を運航。夜に出発し、朝に目的地に着くダイヤで、弾丸フェリーは、神戸‐大分、大阪‐別府、大阪‐志布志(鹿児島県)の3航路で企画。燃料費の高騰による値上げのほか、九州新幹線の全線開業などによる客離れを食い止めようと、2011年2月に売り出した。

名前だけでなく、価格にもインパクトをと打ち出した最低料金は、往復1人1万円。神戸‐大分は通常の片道料金が1万300円で、同社営業企画室の下木信志主任は「交通手段としてのフェリーの利便性を知ってもらうためで、収益は上がりません」と苦笑い。土日の集客につなげようと、週末に乗ると割引率が高くなるよう工夫した。

追加料金を払えば、客室のグレードアップのほか、車やバイクも持ち込めるなど、個別の需要にも対応する。評判は口コミで広がり、売り上げは11年の約2200万円から、12年は約1億円と大きく伸ばした。

金曜夜、神戸・六甲アイランド発の大分便に乗り込んだ神戸市垂水区の男性会社員(38)は「日曜の朝に帰って来られるので、月曜の仕事に影響が出ない。12時間あれば、温泉や史跡めぐりも十分楽しめます」と魅力を語る。

今月1日からは、阪神電鉄などと共同で、沿線からの交通費なども込みで最低料金1万円というプランを期間限定で販売中。フェリーさんふらわあ営業企画室TEL078・857・5470(平日のみ)



---------------------------------------------------------------------


フェリーさんふらわあHP「弾丸フェリー」
http://www.ferry-sunflower.co.jp/dangan.html










------------------------------------------------------------------------------



そして「さんふらわあ」関連のニュースをもうひとつ!





「さんふらわあきりしま、洋上ネットを無料で」

2013/02/26 Webクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20130226_02


フェリーさんふらわあはこのほど、スカパーJSATと超高速インターネット衛星“きずな”(WINDS)を活用した社会化実験の参加契約を締結し、実験を開始した。
さんふらわあ社は2011年5月24~26日、大阪~志布志航路の“さんふらわあきりしま”で、“きずな”を使った海上ブロードバンド通信実験を実施。“きずな”船舶実験局の機能性および実利用性に関する検証を実施した。今回は“きりしま”船上で長期的なインターネット回線の安定性の検証を目的として、契約締結に至った。
同船で無線LANを使用した船内ネットを提供でき、航海中の船舶から手軽にインターネットができる環境を無料で提供する。
[PR]
by funesuki | 2013-02-19 00:53 | フェリー | Trackback | Comments(6)

「クルーズフェリー飛龍21」東京出港




マルエーフェリーの「クルーズフェリー飛龍21」(東京~志布志~沖縄航路)を撮影してきました。
夕日を浴びながら東京港を出港です!

e0158925_185382.jpg



「オーシャン東九フェリー」との2ショット!
e0158925_110728.jpg


お台場のフジテレビをバックに。
e0158925_112845.jpg


「クルーズフェリー飛龍21」
9,225総トン。全長167m。全幅22m。1995年9月竣工。 三菱重工下関工場建造。
e0158925_1143087.jpg
e0158925_1143483.jpg
e0158925_1183660.jpg
e0158925_1184583.jpg
e0158925_1201867.jpg
e0158925_1202988.jpg
e0158925_1203687.jpg
e0158925_1571777.jpg
e0158925_137543.jpg
e0158925_1355131.jpg
e0158925_1355818.jpg


ちなみに今回の画像は昨年開通したこちらの橋「東京ゲートブリッジ」から撮影しました!
e0158925_140583.jpg
e0158925_1414579.jpg
e0158925_1421268.jpg
e0158925_142216.jpg

(オマケ画像)オーシャン東九フェリー通過画像です!・・・て、わかりにくいですね(笑)
e0158925_143732.jpg



なお相互リンクさせてもらっている「naitya2000さん」が「クルーズフェリー飛龍21」に
今月乗船されました!写真もいっぱいの楽しい乗船記はこちらで!

東京~沖縄 フェリー国内最長航路乗船記 「マルエーフェリー 飛龍21」
http://blog.livedoor.jp/naitya2000/archives/52100937.html
[PR]
by funesuki | 2013-02-18 01:10 | フェリー | Trackback | Comments(14)

ジャンボフェリー、神戸―直島に定期航路



ジャンボフェリー、神戸―直島に定期航路 芸術祭にらむ

2013年2月13日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO51643600T10C13A2LDA000/


ジャンボフェリー(神戸市)は12日、神戸、小豆島と直島とを結ぶ定期航路を開設すると発表した。神戸港と小豆島の坂手港(香川県小豆島町)を結ぶ既存の航路(定員500人)に加え、坂手港と直島の本村港(同直島町)の間で高速船(同約60人)を運航する。

同社は神戸港と坂手港を結ぶ定期航路を運航しているが、直島までの航路はなかった。今年は瀬戸内国際芸術祭や神戸ビエンナーレなどの芸術イベントが神戸や瀬戸内で開催される予定で、新航路の開設を通じて新たな需要を開拓する。

3月23日~5月6日および7月6日~11月末の土日・祝日、お盆期間(8月12~16日)の計71日運航する。神戸港―本村港は1日3便、本村港―神戸港は同2便の予定だ。同区間の料金は大人1人3000円。神戸―直島間の利用者として年1万~2万人を見込む。




----------------------------------------------------------------------------



ジャンボフェリー:直島結ぶ航路開設 香川・小豆島経由で神戸と−−来月23日就航 /兵庫

毎日新聞 2013年02月13日
http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20130213ddlk28020336000c.html


ジャンボフェリー(神戸市中央区)は12日、香川県の小豆島経由で神戸と直島を結ぶ定期航路を開設すると発表した。3月20日開幕の「瀬戸内国際芸術祭2013」に合わせ、同23日から運航する。

同社によると、神戸港−坂手港(香川県小豆島町)は定期フェリーが就航しているが、小豆島と直島を直接つなぐ航路はない。
3年ぶりに開催される芸術祭で小豆島が拠点の一つとなり、10月から「神戸ビエンナーレ2013」も始まることから、アートを軸に神戸と瀬戸内海の島をつなごうと小豆島町が提案したという。

フェリーの屋上展望デッキには、京都造形芸術大教授のヤノベケンジさんの代表作「トらやん」(高さ約3メートル)が登場。かじ取りする姿や小豆島名物のオリーブの葉を手にしており、アートの世界が楽しめる。

大型フェリーと高速船を乗り継ぎ、所要時間は最短で約4時間半。3月23日〜5月6日と7月6日〜11月30日のいずれも土曜休日運航。大人片道3000円、小人1500円。




----------------------------------------------------------------------------



瀬戸内国際芸術祭2013
「ジャンボ・トらやん」
作家:ヤノベケンジ 
場所:ジャンボフェリー「こんぴら2」「りつりん2」屋上デッキ!

http://www.shoudoshima-ferry.co.jp/setouchi-artfest.html


瀬戸内国際芸術祭2013のメインステージは小豆島・坂手港。 その坂手港と神戸を結ぶ小豆島ジャンボフェリーには、ヤノベケンジの代表作、トらやんが巨大な船長となって登場します。

トらやんは、バーコード頭にちょび髭、ポーランド民謡を歌う世紀のトリックスター。 子供と大人の融合の象徴として作品へと取り入れたヤノベケンジ実父の腹話術人形が原型。巨大化、増殖しながら世界観を拡げていきます。

今回の小豆島坂手を中心とする作品群は、ヤノベケンジの2007年の作品、絵本「トらやんの大冒険」の世界のまさに具現化。
様々な作品が、一つのストーリーをもって私たちに語りかけてきます。

ジャンボフェリーを「ノアの箱舟」に見立てて、失われた太陽を取り戻すため、神戸港から希望の島・小豆島を目指して、みんなで、ジャンボ・トらやん船長と一緒にさあ船出!


e0158925_1484839.jpg

[PR]
by funesuki | 2013-02-15 01:06 | フェリー | Trackback | Comments(4)

常石造船が多度津工場撤退検討



常石造船が多度津工場撤退検討/14年1月以降

四国新聞 2013年2月8日
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/20130208000113


造船メーカーの常石造船(広島県福山市)が多度津工場(香川県多度津町)の撤退を検討していることが7日、分かった。撤退時期は2014年1月以降で、工場閉鎖のほか、他社への売却の可能性も探っている。今後受注残の減少が見込まれており、製造拠点の集約化を図る。

常石造船は、造船や海運業を手掛けるツネイシホールディングス(同市)の中核企業で、グループの主要事業の造船事業を担う。造船メーカーとしては業界6位。製造拠点は、多度津工場のほか、本社と併設する常石工場があり、グループとしてフィリピンと中国にも工場を持つ。

同社は、2月に入り、工場撤退の方針を従業員らに伝えた。今後、他社への工場設備の譲渡を打診するが、売却先が見つからない場合は閉鎖されることになる。

造船業界はここ数年、高水準の受注を確保して高操業を続けるが、円高基調の中、中国や韓国のメーカーの台頭もあり、国際競争力が低下している。
同社も、今年末までの受注は確保しているものの、来年以降は受注量が減少する見通し。受注状況などを見ながら、撤退時期を最終決断する。

多度津工場は、地場の造船会社が前身。常石造船が1976年に同社と業務提携し、2000年に吸収合併した。現在、勤務する従業員は約260人。地元の下請け企業は30社を超える。閉鎖となれば、下請け企業の業績や雇用、地元自治体の税収への影響が懸念される。

取材に対し、同ホールディングスは「撤退を検討しているのは事実。撤退時期は現時点では明らかにできない」とコメント。地元多度津町の丸尾幸雄町長は「町を代表する企業の一つであり、撤退は非常に残念だ。今後の推移を見守るしかないが、町の税収や地元の雇用などにも影響は大きく、心配している」と話している。




---------------------------------------------------------------------------



ツネイシHD、多度津工場の生産停止 地元は雇用懸念

日本経済新聞 2013年2月9日
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO51539010Y3A200C1LA0000/


造船・海運大手のツネイシホールディングス(HD、広島県福山市)は8日、多度津工場(香川県多度津町)での生産から撤退する方針を固めた。多度津工場は従業員約260人を抱えるほか、パートや派遣社員ら10人が勤務。同工場の下請け企業は35社に及び、下請け企業だけで約1000人が勤務している。工場が閉鎖されれば、地元の雇用に影響が出る恐れもある。

多度津工場の従業員約260人は常石工場(広島県福山市)やグループ企業に配転する。一方、月内をめどに同業他社に多度津工場の売却を打診しており、交渉がまとまらなければ年内にも閉鎖する。地元の多度津町は「影響については現在調査中だが、閉鎖した場合は地元雇用だけでなく、税収に関しても億円単位の影響が出るとみている。具体的な対応策は会社の方針がまとまってから決めたい」と話している。

多度津工場は1977年に経営破綻した旧波止浜造船の工場が前身。ツネイシHDは76年に旧波止浜造船と提携、経営破綻後の80年に傘下に収め、2000年に吸収合併した。最盛期の06年3月期には13隻建造していたが、11年12月期は7隻にとどまっていた。70~80年代の造船不況を構造改革で生き延びた多度津工場も今回の荒波は乗り切れなかった格好だ。

同社はここ数年、円高が進む中で建造コストを抑えるため中国・舟山とフィリピン・セブ島の造船子会社に新造船の建造を振り向けている。12年12月期は新造船62隻のうち中国が20隻、フィリピンが19隻、国内が23隻(常石12隻、多度津11隻)だった。今後は常石工場と中国、フィリピンの3拠点で生産する。

造船大手の生産撤退は12年6月の三菱重工業の神戸造船所(神戸市)での商船生産の撤退に次ぐもの。
[PR]
by funesuki | 2013-02-12 22:10 | 造船所 | Trackback | Comments(2)

日本郵船「LNG FLORA」

LNG FLORA

IMO: 9006681
MMSI: 431193000
CALLSIGN: JPBY
Shiptype: LNG Tanker
Length: 271.0m
Beam: 46.0m
Gross Tonnage: 106151 tons
Year of build: 1993
Flag: Japan
Port of Registry: Osaka
BUILDER Kawasaki Heavy Industries



日本郵船LNG船「LNG FLORA」(106,151総トン・全長271m)横浜・根岸入港シーンです!
e0158925_2057850.jpg
e0158925_20571713.jpg
e0158925_20572420.jpg
e0158925_2058671.jpg
e0158925_20581487.jpg
e0158925_20584345.jpg
e0158925_2059794.jpg
e0158925_2103424.jpg
e0158925_2104364.jpg
e0158925_2115721.jpg
e0158925_213539.jpg
e0158925_214108.jpg
e0158925_2161275.jpg
e0158925_2162092.jpg

船籍は・・・「大阪」です!
e0158925_2162716.jpg
e0158925_2165094.jpg
e0158925_2165817.jpg



本船のペーパークラフトが日本郵船さんのHP「NYK kids」からダウンロードできます!
http://www.nyk.com/kids/papercraft/index.htm

e0158925_21204018.jpg



私はこういうの苦手なので(笑)みなさまぜひ「LNG FLORA」の建造チャレンジを!!
[PR]
by funesuki | 2013-02-11 22:14 | LNG船 | Trackback | Comments(4)

佐渡汽船・新造船の船名を募集



「佐渡汽船、新造旅客カーフェリーの船名を募集」

2013年2月4日 response
http://response.jp/article/2013/02/04/190339.html


佐渡汽船は、2014年春からの新造旅客カーフェリー就航(新潟〜両津航路)に合わせて、利用客に親しみを持って貰えるよう、船名の一般公募による募集を始めた。

現在、建造中の新造船は、船旅の快適さと楽しさを合わせ持ち、人にやさしい船内環境を目指した、新しいタイプのカーフェリーだという。また外観のデザインは特別天然記念物に指定されているトキをモチーフとしている。

募集期間は2月3日より3月31日(当日消印有効)で、応募方法は官製はがきのみとなっている。採用された名称の応募者には記念品及び感謝状の贈呈される。発表は4月24日の佐渡汽船創立100周年記念式典で行われ、マスコミにも公表される。

新造船は、全長約125メートル、総トン数約5200トン、速力約18.7ノット、収容旅客は1500名。車両搭載台数は大型バスまたは、大型トラック28台及び乗用車8台/乗用車のみの場合は168台である。



-----------------------------------------------------------------------


佐渡汽船HP
「佐渡汽船新造船ニュース」
http://www.sadokisen.com/info/?cd=115


e0158925_1242658.jpg

[PR]
by funesuki | 2013-02-06 00:50 | フェリー | Trackback | Comments(4)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-12-13 23:21
トラックの絶体絶命を船が・・・
at 2017-12-09 00:36
JR九州新造船、豪オースタル..
at 2017-12-08 23:09
三菱造船、高級フェリー受注目指す
at 2017-12-08 21:16
世界初ゲートラダー内航船
at 2017-12-07 23:28
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-12-06 21:03
「ONE」のコンテナ登場!
at 2017-12-06 19:33
「三菱造船」誕生へ
at 2017-12-02 08:56
「しらせ」登場のアニメ放映へ
at 2017-11-29 20:53
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-27 21:09
JTB「最安」の世界一周クル..
at 2017-11-27 20:44
「フィッツジェラルド」修理に..
at 2017-11-27 20:30
宮崎カーフェリー、2022年..
at 2017-11-20 20:05
宮崎カーフェリー特別清算申請へ
at 2017-11-20 19:43
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-19 22:45
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-16 21:53
太平洋フェリー「きたかみ」新..
at 2017-11-16 21:20
米空母3隻と海自が共同訓練
at 2017-11-14 00:16
南極観測船「しらせ」東京港
at 2017-11-12 22:14
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-08 21:54

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(563)
(146)
(142)
(136)
(120)
(105)
(92)
(85)
(85)
(79)
(79)
(75)
(74)
(65)
(54)
(50)
(48)
(47)
(47)
(43)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:01
花鳥風月さん、おはようご..
by すぐる at 23:59
アキさん、こんにちは! ..
by すぐる at 23:58
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 22:01
こんにちは! たし..
by アキ at 15:18
すぐるさん、おはようござ..
by 花鳥風月 at 06:19
アキさん、おはようござい..
by すぐる at 21:30
おはようございます! ..
by アキ at 05:18
私が一番身近に接している..
by すぐる at 22:50
おはようございます! ..
by アキ at 05:04

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧