<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

米原子力空母「ジョージ・ワシントン」 



原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀に帰港、2カ月ぶり

2013年8月23日 神奈川新聞
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1308240013/

在日米海軍横須賀基地(横須賀市)に配備されている原子力空母ジョージ・ワシントン(GW)が23日午前、同基地に帰港した。6月の出港以来、約2カ月ぶり。空母艦載機部隊などとともに、アジア太平洋地域の警戒監視任務などに就いていた。

航海中の主な目的は、オーストラリア海軍との共同演習「タリスマン・セイバー」だった。オーストラリア近海で戦闘機、ヘリの離着艦訓練や、艦船間での人事交流などを行い、相互運用の精度を確認。第7艦隊の空母機動部隊の司令官、マーク・モンゴメリー少将は、今回の作戦行動について「危機的な有事の際にどのように互いが協力し、相互運用を高められるかというものだった。緊密な訓練に満足している」と評価した。

期間中に日米豪の共同演習「パシフィック・ボンド」にも参加。GW艦長のグレゴリー・フェントン大佐は「訓練は、この地域における安定を実証するパフォーマンスだった」と述べた。





-------------------------------------------------------------------------------




浦賀水道で撮影した原子力空母ジョージ・ワシントン・USS George Washington (CVN 73)です!
e0158925_22213723.jpg


今回は真横からの画像ばかりになってしまいました・・・
正面からの画像はコチラで!
http://funegasuki.exblog.jp/15345095/

e0158925_2222152.jpg
e0158925_22231079.jpg
e0158925_22253578.jpg

東海汽船「さるびあ丸」が果敢にも!?ジョージさんに追い抜いぬきをかけます!
e0158925_22254922.jpg


この日はうっすらと富士山が見えました!わかりますかね?(笑)
e0158925_22271765.jpg

無事「さるびあ丸」GWさん追い抜き完了です。
今回乗船していた人はジョージワシントンとしばらく並走していたことになりますね・・・
うらやましい!うらやましすぎる!!(笑)
e0158925_2227714.jpg
e0158925_22323472.jpg
e0158925_22322545.jpg






なおこの日のジョージワシントンは「ファミリークルーズ」を開催していたようです。
その様子をネットで見ることができました!

下記画像は「USS George Washington (CVN 73)facebook」からのものです。
https://www.facebook.com/pages/USS-George-Washington-CVN-73/177732872397


e0158925_2249059.jpg
e0158925_22492453.jpg
e0158925_22495073.jpg
e0158925_22495874.jpg
e0158925_22501338.jpg
e0158925_22502962.jpg
e0158925_2250377.jpg
e0158925_237735.jpg
e0158925_22505569.jpg
e0158925_2251352.jpg

[PR]
by funesuki | 2013-08-27 23:03 | アメリカ海軍 | Trackback | Comments(2)

米海軍イージス艦「ジョン・S・マケイン」



浦賀水道で撮影したアメリカ海軍ミサイル駆逐艦、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦6番艦の
「ジョン・S・マケイン」(USS John S. McCain, DDG-56)です!

e0158925_22354411.jpg


排水量・8,362 トン。全長153.9 m。
機関・LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基

第7艦隊所属。母港は横須賀です。
e0158925_22363042.jpg


兵装は・・・

Mk.45 mod.2 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×2基
M2 12.7mm機銃 ×4挺

Mk.41 mod.2 VLS ×90セル
* スタンダードSM-2 SAM
* スタンダードSM-3 ABM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能

ハープーンSSM 4連装発射筒×2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基

とのことです。

e0158925_22413883.jpg
e0158925_22541712.jpg
e0158925_231317.jpg
e0158925_22432736.jpg
e0158925_22433024.jpg
e0158925_22434322.jpg
e0158925_22434483.jpg
e0158925_2243557.jpg
e0158925_22454716.jpg
e0158925_22443882.jpg




そして「ジョン・S・マケイン」さん通過後は海保さんも待ち受ける中、この日の「本命」が登場です!




わかりますかね?(笑)

e0158925_2247455.jpg




正直いい画像は撮影できなかったのですが・・・つづきます(笑)
[PR]
by funesuki | 2013-08-25 23:08 | アメリカ海軍 | Trackback | Comments(2)

南海フェリー、自転車とバイク対象のキャンペーン




「南海フェリーの輸送運賃 自転車とバイク無料 徳島市など助成、利用促進図る」


2013年8月21日 徳島新聞
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2013/08/2013_13770643774802.html



徳島、和歌山の両市と南海フェリーは、徳島-和歌山航路のフェリー利用者を対象に自転車と125cc未満のバイクの輸送運賃を無料にするキャンペーンを行う。観光や物流で両市の交流を支えている航路の利用促進が狙い。
 
無料化は自転車が10月1日から、バイクが11月1日からで、いずれも14年3月31日まで。自転車600円、バイク1200円が無料になる。大人(中学生以上)片道2千円(往復3800円)、小学生千円(同1900円)の旅客運賃は必要。

両市がそれぞれ、南海フェリーに60万円を上限に助成する。これ以外の経費は南海フェリーが負担し、キャンペーンの利用台数の制限はない。

和歌山市と南海フェリーは、12年10月から13年3月まで同航路で自転車輸送運賃の無料キャンペーンを行った。期間中の自転車の利用は1210台に上り、前年同期の約1・5倍に増えた。サイクリングを楽しむ自転車愛好者の利用が多かったという。

キャンペーンで効果があったことから、徳島市は13年度の参加を決めた。市地域交通課は「災害時の緊急輸送機関としても重要な航路。キャンペーンで認知度を高め、新たな顧客の掘り起こしにつながれば」と期待している。

問い合わせは、南海フェリー徳島営業所<電088(636)0750>。






----------------------------------------------------------------------------




(追記)
南海フェリードロップがリニューアルしたようです!


「梅味」と「芋味」から・・・

「みかん味」と「すだち味」に!
船体カラーリングに合わせたリニューアルでしょうね(笑)


(南海フェリーfacebookより)
https://www.facebook.com/nankai.ferry

e0158925_23342229.jpg

[PR]
by funesuki | 2013-08-23 23:45 | フェリー | Trackback(1) | Comments(6)

NYK ALTAIR



日本郵船のコンテナ船「NYK ALTAIR」東京出港の様子です!

ちなみにこの日の東京は気温37度・・・
ご覧のように視界も悪く、この位置からレインボーブリッジが霞んでよく見えなかったのは初めてでした。
そしてさすがに釣り人も少なかったです(笑)
e0158925_10494187.jpg

e0158925_103654.jpg

「NYK ALTAIR」
105,900総トン・全長332.1m  2010年IHI(現・JMU)呉工場建造
e0158925_10363774.jpg
e0158925_1038527.jpg
e0158925_1038446.jpg
e0158925_10382322.jpg
e0158925_10382146.jpg
e0158925_10384250.jpg
e0158925_10384017.jpg
e0158925_103907.jpg
e0158925_10385825.jpg
e0158925_10391992.jpg
e0158925_10391880.jpg
e0158925_10394043.jpg
e0158925_1039366.jpg
e0158925_10395443.jpg
e0158925_10394986.jpg





(追記)
郵船さんのコンテナ船に関する、こんな記事が載っておりました。



--------------------------------------------------------



ゆっくり走る貨物船=燃料費を節約-日本郵船


2013年8月18日 時事通信
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201308/2013081800090&g=eco



日本郵船は、コンテナ船など貨物船の航行速度を落とすことで燃料コストを抑える「減速航行」の取り組みを強化する。好況期に上限の85%に設定していたエンジン出力を今春までに50%に段階的に引き下げたのに続き、2013年度中に30%にさらに下げる計画。追加の出力抑制で年間150億円程度の燃料コストの削減が可能と見込んでいる。

減速航行の実施は、リーマン・ショック後の海上運賃市況の低迷や、燃料価格の高止まりで悪化した収益力を立て直す方策として国内外の海運会社に広がっている。日本郵船は抜本的な燃費改善策として高効率エンジンの導入や、安価な液化天然ガス(LNG)を燃料とする船の開発なども進めるが、減速航行の強化で一層のコスト削減を手早く図れると判断した。

同社によると、日本から太平洋を横断してパナマまで8000キロを航海するコンテナ船の場合、航行速度を26ノット(毎時48キロ)から18ノット(同33キロ)に落とすと、燃料の重油使用量が片道1400トン減少。所要日数は約6日延びるが、8000万円以上の燃料費を節約できる。 

燃料消費の抑制は、二酸化炭素(CO2)の排出削減にもつながる。日本郵船の庄司勉海務グループ長は「環境重視の流れの中で荷主の考え方も変わってきた」と話し、減速航行で輸送日数が延びることに荷主の理解が得やすくなってきたとの認識を示している。




---------------------------------------------------------------------------



減速運行は長距離フェリーでも採用している会社が多いですね。

しかしこの取り組みによって「年間150億円程度の燃料コストの削減」というのも驚きです・・・。
いったい郵船さんくらいの規模になると年間の燃料費はいくらになるのでしょうか!?
気になります(笑)
[PR]
by funesuki | 2013-08-21 00:07 | コンテナ船 | Trackback | Comments(4)

マースクの世界最大のコンテナ船がロッテルダムに初入港!



全長399メートル!幅59メートル!コンテナ搭載数1万8270TEU!
世界最大のコンテナ船「Maersk McKinney Moller(マースク・マッキニー・モラー)」が16日
オランダ・ロッテルダム港に初入港したようです!



http://www.nieuws.nl/economie/20130816/Grootste-containerschip-ter-wereld-in-Rotterdam
e0158925_11313123.jpg




入港の様子がYoutubeにアップされていました。





すごい数の見物客です!










最後の動画は花火まで上げて(4:30~)まるでお祭りのような賑やかさです(笑)
マースクの旗まで振っています!現地で配られたのでしょうか?これは欲しいな~(笑)







参考動画・・・本船建造時の動画です。


[PR]
by funesuki | 2013-08-18 09:02 | コンテナ船 | Trackback | Comments(2)

阪九フェリーの新テレビCM

阪九フェリーの新テレビCMの放映が先月から始まったようです。

早速私もネットで拝見しましたが今回のCMの感想は・・・
「なんや、ようわからんな~」という感じの(笑)不思議なCMでした(笑)

一瞬なにかのパロディーなのかな?と思いましたが、そうでもないようで・・・
インパクト勝負のCMということでしょうね(笑)




阪九フェリー企業CM「トラックガール」篇






阪九フェリー企業CM「カーガール」篇






阪九フェリー企業CM「メイキング」篇







しかしインパクトということでは、こちらの昔のCMが上ではないでしょうか?(笑)







こちらのCMも素敵でしたね~。






おまけ動画・・・北九州市提供のミニ番組で阪九フェリーが紹介されたようです。



[PR]
by funesuki | 2013-08-14 00:07 | フェリー | Trackback | Comments(6)

さんふらわあきりしま乗船記その5「桜島フェリー」






「さんふらわあ きりしま」乗船記・その5「桜島フェリー撮影」編です!





志布志港に到着後、桜島に行ってきました!
そして当然!?桜島港と鹿児島港を結ぶ市営フェリーを撮影してきましたよ~っと(笑)
e0158925_2255894.jpg


こちらはまるで高速道路入口のような桜島フェリー料金所です。
e0158925_2123917.jpg


乗用車が続々と並びます!
e0158925_213627.jpg


フェリーがやってきました!

「桜島丸」・愛称「サクラエンジェル」です。
2011年2月竣工(中谷造船建造)の一番新しい桜島フェリーです。なんと「電気推進船」であります!
e0158925_2183887.jpg

船体には可愛らしいキャラクターが!
e0158925_21201471.jpg



なお桜島丸についてはこちらで詳しく解説されています。

鉄道・運輸機構
「桜島丸の建造とその運航状況について」
http://www.jrtt.go.jp/02Business/Vessel/pdf/h23_ses_seminar_5.pdf


e0158925_21215676.jpg

車両が上下同時に出ていきます!
e0158925_22263084.jpg

と、撮影してるうちに乗船待ちの車列がもうこんなに・・・
e0158925_22314118.jpg


桜島港フェリーターミナルに向かってみましょう。
e0158925_22325865.jpg


途中の車道には火山灰がいっぱい・・・。
e0158925_22334279.jpg


乗船口は2階です。
e0158925_2234191.jpg
e0158925_22354737.jpg

時刻表。24時間運航です。
e0158925_22351911.jpg

しかしこの日は時刻表以上の運航本数でした。なんと7分間隔!
e0158925_22364313.jpg

モニターにはリアルタイムの運航状況がわかるようになっていました。
e0158925_223964.jpg

桜島丸の模型も!
e0158925_2239570.jpg
e0158925_22393485.jpg


では再び、その他の桜島フェリーの画像をどうぞ~。

「第十五桜島丸」
e0158925_2141549.jpg


「第五桜島丸」
e0158925_2155296.jpg


本当に次々とフェリーが入出港していきます!
e0158925_2165417.jpg


「第十六桜島丸」
e0158925_22444068.jpg
e0158925_22455628.jpg


「第十三桜島丸」
e0158925_22472648.jpg



e0158925_22515741.jpg
e0158925_2252489.jpg
e0158925_2256338.jpg



今回は撮影するだけで終わってしまいましたが、次回は「桜島フェリー」ぜひ乗船したいものです!










-
[PR]
by funesuki | 2013-08-11 23:26 | フェリー | Trackback | Comments(6)

海上自衛隊イージス護衛艦「きりしま」(JS Kirishima, DDG-174)




横須賀サマーフェスタで撮影した「こんごう型護衛艦」の2番艦「きりしま」です!

e0158925_1204321.jpg
e0158925_1201542.jpg
e0158925_1205910.jpg
e0158925_121024.jpg
e0158925_123259.jpg
e0158925_1233116.jpg
e0158925_1233928.jpg
e0158925_1234491.jpg
e0158925_1235532.jpg
e0158925_124397.jpg
e0158925_1241166.jpg

右上には・・・UFOも捕獲!?(笑)
e0158925_1241838.jpg
e0158925_1261246.jpg
e0158925_1264172.jpg
e0158925_127611.jpg
e0158925_1271969.jpg
e0158925_1274653.jpg
e0158925_12881.jpg
e0158925_1324035.jpg
e0158925_1325216.jpg
e0158925_133168.jpg




「きりしま」弾道ミサイル迎撃試験の動画です。


[PR]
by funesuki | 2013-08-09 00:53 | 海上自衛隊 | Trackback | Comments(2)

ヘリコプター搭載護衛艦「いずも」進水









「空母型」護衛艦が進水=海自最大、ヘリ5機同時発着-横浜


2013年8月6日 時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013080600647


海上自衛隊に配備されるヘリコプター搭載護衛艦「いずも」(基準排水量1万9500トン)の命名、進水式が6日、横浜市の「ジャパンマリンユナイテッド」横浜事業所磯子工場で行われた。

艦首から艦尾まで甲板がつながった空母に似た船体で、全長は「ひゅうが」型護衛艦(同1万3500トン)を51メートル上回り、海自護衛艦で最大の248メートル。来年度末に運用開始の予定。

建造費は約1200億円で、「ひゅうが」型より航空機運用能力や輸送能力を大幅に向上させたのが特徴。5機のヘリが同時に発着艦でき、計9機を同時に運用する能力がある。

乗組員470人の他に約450人が長期宿泊でき、手術室や35の病床を持つ。他の艦艇への燃料補給機能も備え、大規模災害や海外派遣時に海上司令部として機能するほか、被災者受け入れも想定している。


e0158925_21484027.jpg






-----------------------------------------------------------------------



海自最大艦「いずも」進水 15年に就役


2013年8月6日 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130806/plc13080618410016-n1.htm



2015年3月の就役へ建造が進む海上自衛隊の新型ヘリコプター搭載護衛艦の命名・進水式が6日、横浜市内で開かれ、「いずも」と命名された。全長248メートル、基準排水量約1万9500トン。護衛艦としては「ひゅうが」型(約1万3500トン)を上回り過去最大となる。

式では麻生太郎副総理や江渡聡徳防衛副大臣らが支綱を切断。満艦飾のいずもは音楽隊の演奏や花火に彩られ、華々しく進水した。

艦首から艦尾まで甲板がつながった空母型の構造で、ヘリ9機を同時運用でき、5機が同時に発着艦可能。他艦艇への燃料補給機能も備え、哨戒や災害派遣などの任務の中核となる。同型艦1隻も建造が進んでいる。



-----------------------------------------------------------------



海自最大の「ヘリ空母」進水 護衛艦いずも全長248m


2013年8月6日 朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0806/TKY201308060259.html


海上自衛隊の艦艇で最大となるヘリコプター搭載護衛艦(全長248メートル、基準排水量約1万9500トン)の命名・進水式が6日、横浜市磯子区の「ジャパン マリンユナイテッド」の磯子工場であった。島根県東部の旧国名にちなんで「いずも」と名付けられた。就役は2015年3月ごろの予定だ。

いずもは艦橋を右端に寄せ、艦首から艦尾までの平らな甲板がヘリの飛行場になる。計9機のヘリを運用できる「ヘリ空母」として、対潜水艦作戦などで艦隊の中心的な役割を担う。ヘリを搭載しない状態では、格納庫に陸上自衛隊の3・5トントラック約50台を載せられ、災害支援や国際協力活動にも使える。母港は決まっていない。

船体の長さでは、ミッドウェー海戦で沈んだ日本海軍の空母「加賀」とほぼ同じで、「飛龍(ひりゅう)」(全長227メートル)よりも大きい。海自は「いずもには垂直離着陸型の戦闘機を搭載する構想はなく、攻撃型空母にはあたらない。海上交通の保護や災害支援の任務を想定している」としている。
[PR]
by funesuki | 2013-08-06 22:07 | 海上自衛隊 | Trackback | Comments(2)

神戸の海文堂書店、9月末閉店





神戸の海文堂書店、9月末閉店 創業100年目前 経営不振


2013年8月5日 神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/bunka/201308/0006222618.shtml




個性あふれる本選びで多くの読書家に愛されてきた神戸の老舗書店「海文堂書店」(神戸市中央区元町通3)が9月末で閉店することが5日、分かった。海事書にかけては日本一の品ぞろえを誇り、阪神・淡路大震災関連のコーナーを常設するなど、神戸らしい“町の本屋さん”。しかし深刻な活字離れや大型店の出店などを受け、来年の創業100年を前にその歴史を閉じる。

海文堂は1914(大正3)年、海や船舶・港湾など海事関連書の専門店として創業。70年代に品ぞろえを広げて総合書店となった。伝統の海事書に加え、児童書や人文・社会分野の本も充実。さらに郷土関連書籍を集めた「神戸の本棚」を設けるほか、月刊通信「海会(カイエ)」や雑誌「ほんまに」の発行を通じ、長く神戸の活字文化の発信拠点だった。

95年の阪神・淡路大震災では、発生から8日目に営業を再開。本や地図を求める市民が詰めかけた。そうした経験から2011年の東日本大震災後には、東北の版元による書籍を重点的に販売。神戸の書店ならではの支援は、全国的に注目を集めた。

帆船の図柄のブックカバーは読書家らに愛され、05年には優れたデザインのカバーをたたえる「書皮大賞」を受けた。また10年12月からは店内に古書店4店を誘致し、「元町・古書波止場」を開設。新刊、古書にかかわらず、良い本を読者に届けるよう努めてきた。

しかし1996年のピーク時に比べ、現在は6割程度にまで売り上げが減少。2000年以降はインターネット書店の台頭や周辺に大型店、新古書店の出店も相次ぎ、経営不振が深刻化していた。

5日午前10時半の開店前に、岡田節夫社長が約10人の店員らに事情を説明。顧客らには9日以降、「海会」やホームページを通じ、閉店を伝える。書籍販売業は終了するが、東京での出版事業などは継続する。(平松正子)



-------------------------------------------------------------------------








さらば「海の本屋さん」神戸で愛され99年


2013年8月6日 読売新聞
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130806-OYO1T00260.htm?from=top



海事専門書など豊富な品ぞろえで知られる「海文堂書店」(神戸市中央区)が9月末に閉店することになった。阪神大震災では発生後いち早く営業を始め、市民を勇気づけた書店。活字離れなどで売り上げ減が続いたのが要因で、100年近い歴史に幕を下ろす。

1914年6月、船舶や港湾などの書籍を扱う専門店として開業。70年代には一般図書も増やし、ギャラリースペースに地元出身の若手作家のコーナーを設けるなど神戸文化の拠点として市民に愛されてきた。

95年の阪神大震災では大きな損壊はなかったが、約16万冊の本が棚から落ちた。停電の中、店員らがライトで照らして1冊ずつ本棚に戻し、8日後に営業を再開。行方不明者を捜すために地図が必要な人、参考書を求める受験生、避難所で読む本を探しに来た人らで開店前から長い列ができたという。当時副店長だった福岡宏泰店長(55)は「活字で空腹は満たせないが、それでもみんな本を求めていた」と振り返る。

今年5月には東日本大震災の被災者が作ったブックカバーを販売するなど支援活動にも力を入れた。

しかし、活字離れやインターネット書店の台頭などで売り上げは、ピーク時の1996年の6割ほどに減少した。岡田節夫社長(63)は「経営が厳しいので、潔くやめた方がいいと思った」と語り、今後は出版業などに専念し、店舗はテナントとして貸し出すという。





----------------------------------------------------------------------









神戸の海文堂書店 閉店決めた岡田節夫社長に聞く


2013年8月6日ネットメディアこうべ


創業100年を来年に控えながら、9月末で閉店する神戸・元町の海文堂書店。個性的な選書で多くの読書家から愛されたが、活字離れなど大きな時代の流れには逆らえなかった。幕引きを決断した岡田節夫社長(63)に経緯などを聞いた。

海文堂は1914(大正3)年、海事書の出版業から出発。その後、書籍販売や不動産賃貸など事業を拡大し、現在は神戸と東京に計5社がある。岡田さんは81年、社長に就任し、主に神戸での業務を担ってきた。

苦渋の決断に至った経緯について「私か、東京で出版事業などを継いでいた兄か、どちらかがいなくなれば書店は閉めようと決めていた。兄が一昨年他界し、すぐにはあきらめきれず2年半掛け持ちでやってきたが、目配りが行き届かず、肉体的にも限界だった」と明かした。

売り上げの低迷もあった。阪神・淡路大震災のころまでは年間7億円ほどあった店売りが、現在は約4億円に。「売り上げ増は期待できず、従業員を養っていくことは困難。時代の流れを痛感した」。かつて同じ元町商店街に6軒あった総合書店も、気付けば海文堂だけに。「書店に限らず、元町や三宮に神戸らしい魅力ある店が減った」と嘆息する。

店員には常に「思いの丈を自由に棚にぶつけてくれ」と話してきた岡田さん。「他の大型店のように、アルバイト店員に陳列を任せる道もあったが、それでは海文堂ではなくなる。ややマニアックに走ったきらいもあるが悔いはない」と言い切る。

多彩なイベントも仕掛けてきたが、昨秋亡くなった神戸出身の切り絵作家・成田一徹さんの遺作展(9月21~27日)が最後になる。岡田さんは「いろんな挑戦をし、皆さんに愛されてきた。閉店の日までは元気な姿をお見せするつもり。神戸にこんな本屋があったことを時々思い出してほしい」と締めくくった。(平松正子)
[PR]
by funesuki | 2013-08-06 00:24 | 船の絵・船の本 | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-10-21 12:12
「飛鳥」新造船先送りへ
at 2017-10-18 20:17
「ガンツウ」就航
at 2017-10-18 20:10
LNG船「エネルギーリバティ..
at 2017-10-18 19:59
名門大洋「フェリーおおさかⅡ..
at 2017-10-13 00:44
名門大洋「フェリーおおさかⅡ..
at 2017-10-09 23:05
三菱重、長崎でフェリー建造再開へ
at 2017-10-06 20:03
名門大洋「フェリーおおさかⅡ..
at 2017-10-05 22:58
南港「さんふらわあターミナル..
at 2017-10-05 22:10
「のりなはーれ」就航へ
at 2017-10-05 21:43
新「さんふらわあさっぽろ」1..
at 2017-10-01 07:50
タモリ倶楽部「船底vsフジツボ」
at 2017-09-29 00:26
名門大洋「フェリーおおさかⅡ..
at 2017-09-26 23:07
梅沢富美男、阪九フェリーCM..
at 2017-09-26 21:49
「ガンツウ」報道陣に公開
at 2017-09-26 21:30
今治造船、丸亀大型ドック完成
at 2017-09-19 21:31
小倉から「猫の島」に!パート2
at 2017-09-18 21:49
乗船してきました!
at 2017-09-17 23:49
青函フェリー、訪日客PRへ
at 2017-09-17 23:31
川崎近海汽船、LNGフェリー..
at 2017-09-08 00:17

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(548)
(145)
(136)
(133)
(119)
(104)
(90)
(85)
(85)
(79)
(76)
(73)
(72)
(65)
(54)
(48)
(47)
(44)
(43)
(43)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

こんばんは! いよ..
by アキ at 22:28
おおっ、ガルパンやないで..
by くおん at 20:48
すぐるさん、こんばんは!..
by 花鳥風月 at 19:28
トロロッソホンダ! 2..
by アキ at 14:23
アキさん、こんにちは。 ..
by すぐる at 12:47
こんにちは。 三菱..
by アキ at 10:10
こういちさん、こんにちは..
by すぐる at 20:07
アキさん、お久しぶりです..
by すぐる at 20:03
こんにちは かもめ..
by こういち at 08:06
ご無沙汰しておりました。..
by アキ at 23:23

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧