<   2015年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

太平洋フェリー「いしかり」乗船記その3






お待たせいたしました・・・
太平洋フェリー「いしかり」乗船記 その3です!


e0158925_02493.jpg



さぁ出港風景撮影も終わり、お昼ご飯やで~



と思ったけど・・・



あら~、なんかおるわ~。


e0158925_061687.jpg





マースクのプロダクトタンカー「MAERSK PRODUCER」(61,724総トン・全長245m)です。
なかなかコンテナ船以外のマースクのお船は撮る機会がないのでパチリでございます。

e0158925_084239.jpg






さぁ、マースクのお船撮影も終わり、お昼ごはんやで~。







と思ってたら・・・




あら~、なんかおるわ~



e0158925_013496.jpg




仙台港で先に出港していった「第二すみせ丸」でした。

e0158925_015237.jpg



なかなかセメント船と並走する機会なんてないし、またまた撮影モードに・・・

e0158925_0182100.jpg




出港直後はあんなにたくさんいた人々も、とっくに船内でくつろいでいるのか誰もいなくなってしまいました(笑)
e0158925_020154.jpg




さぁ、これでお昼ごはんです。



と、昼食バイキングの営業時間はとっくに終了しておりました(笑)

軽食コーナー「ヨットクラブ」に向かいます。


e0158925_025576.jpg


e0158925_0251383.jpg



カレーをいただきました。

まぁお昼はバイキングでなくてもこれで十分な気がします。

e0158925_0255554.jpg



ごちそうさまでした。




と、なんか行列が出来ている・・・
e0158925_22294639.jpg




焼き立てパンの販売が始まるようです!

e0158925_22295513.jpg
e0158925_22301519.jpg


e0158925_2230307.jpg
e0158925_22304264.jpg
e0158925_22305498.jpg


お客さんがどんどんパンをお買い上げ!
e0158925_22311366.jpg


商売繁盛!いいことですね~。
e0158925_22311924.jpg






と、ここで今晩のお部屋もご紹介。

太平洋フェリーに乗船したらいつも利用する1等客室(インサイド)です。

e0158925_219128.jpg



トイレとシャワーです。
e0158925_21122234.jpg



冷蔵庫も付いております。
e0158925_2113611.jpg
e0158925_21132491.jpg




いやぁ~、ほんと私なんかにはもったいないくらいの!?(笑)いいお部屋です!

しかも安いし!1時間あたりに換算すると・・・て、ケチな発想はやめておきましょう(笑)

e0158925_21144040.jpg




ちなみに「きそ」の同タイプの部屋はベッド奥が窓になっており、海は見えないものの自然光が入る設計になっています。
「きそ」はやっぱりお金がかかってるなぁ~と思える部分です。




あ、テレビも付いてますよ~。

e0158925_21195272.jpg





そして進行方向のライブカメラも放映中です!

e0158925_21202686.jpg





と、そろそろ「あの時間」が近づいてきました。


デッキへと向かいます!




つづきます!
[PR]
by funesuki | 2015-09-30 21:28 | フェリー | Trackback | Comments(7)

第一中央汽船 民事再生法の適用を申請





第一中央汽船、再生法申請 子会社含め負債1764億円



2015年9月29日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLNSE2INK01_Z20C15A9000000/


中堅海運会社で東証1部上場の第一中央汽船は29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、即日受理されたと発表した。負債総額は1196億円で、同時に再生手続きを申請した子会社分も含めると1764億円。

石炭や鉄鉱石を運ぶ事業を主力としているが、運賃低迷で経営が悪化。中国景気の減速も逆風となり自力再建を断念した。法的枠組みのもとで再生をめざす。

29日午前に臨時取締役会を開き、海外に本社を置く100%子会社とともに再生法の適用申請を決めた。負債総額は簿外債務も含めると、さらに膨らむ可能性がある。

東証は第一中央株を同日付で整理銘柄に指定し、10月30日付で上場廃止にすると発表した。

第一中央は3月末で約170隻を運航し、国内では売上高5位の海運会社。石炭や鉄鉱石などを運ぶばら積み船に特化している。中国の資源需要拡大を背景に運航隻数を増やしてきたが、ここ数年は市況低迷などで業績が悪化。2015年3月期まで4期連続で最終赤字になっていた。

同社は借りた船の用船料が資源を運んで得られる運賃を上回る逆ざやが続いている。自力再建に向け、船舶の売却などを進めてきたが、最近の中国景気の減速で一段と業績が悪化していた。法的枠組みを活用してこれらの契約を見直し、収益回復を目指す考えだ。






---------------------------------------------------------------------------------






第一中央汽船 社長が引責辞任へ



2015年9月29日 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150929/k10010252331000.html



東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請した、中堅の海運会社で東証一部上場の「第一中央汽船」は、29日午後、薬師寺正和社長が記者会見し、会社の再建に一定の道筋をつけたうえで、経営責任を取って辞任する考えを明らかにしました。

東京・中央区に本社のある「第一中央汽船」は、海運大手の商船三井のグループ会社で、海外の航路で石炭や鉄鉱石などを運搬する事業が主力ですが、中国経済の減速などによる市況の低迷などを受けて経営が行き詰まったため、自力での再建を断念し、29日に東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請し、受理されました。

これを受けて、第一中央汽船の薬師寺正和社長が29日午後、東京証券取引所で記者会見し、「去年の秋から中国などで鉄鉱石の需要が急に減って、市況が悪化し、耐えられなくなって、こういう事態になった。ことし3月から船のリース料を2割もカットするという無理な要求に応じて下さった国内の船主の方には、特に申し訳なく思っている」と述べ、陳謝しました。

そのうえで薬師寺社長は、「早急に再生計画を策定して、債務の減免やリース船の契約の見直しなどによって立て直しを図りたい。このような事態になったのは経営者として失格で、長く会社にとどまることなく責任を取らないといけない」と述べ、会社の再建に一定の道筋をつけたうえで、社長を辞任する考えを明らかにしました。






--------------------------------------------------------------------------------------






「第一中央汽船が破綻、商船三井は救うのか」
~中国バブル崩壊による資源安が直撃~

東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/86317
[PR]
by funesuki | 2015-09-30 20:53 | バルカー | Trackback | Comments(0)

名門大洋「フェリーおおさかⅡ」就航


























名門大洋フェリーの新造船きょう就航


2015年09月16日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20150916-OYS1T50019.html


名門大洋フェリー(大阪市)は15日、大阪南港(同市)と新門司港(北九州市)の定期航路に16日就航する新造船「フェリーおおさか2」を公開した。大型化によりトラック積載能力を3割増やし、要望が多かった個室を充実させた。新幹線や航空機、高速バスなど競合する交通機関を意識し、快適性を高めたという。

新造船は、全長183メートル、全幅27メートル。総トン数は1万4920トンで旧型の約1・5倍となったが、旅客定員は713人で据え置いた。スイート(26平方メートル)やデラックス(20平方メートル)などの客室は広さを確保し、1人用の個室を新設した。

11月29日には、同型の新造船「フェリーきたきゅうしゅう2」も同航路に就航する。両港のターミナル改修も含め、投資額は計約130億円。来年度の旅客数は2014年度比で10万人増の50万人、トラック利用は1万5000台増の16万台を目標にしている。





-----------------------------------------------------------------------------------





きれい、豪華…大阪-九州航路に新造船 名門大洋フェリー


2015年9月15日 産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/150916/wst1509160068-n1.html


大阪南港(大阪市)と新門司港(北九州市)を結ぶ名門大洋フェリーは16日、新造船「フェリーおおさかII」の内部を、大阪南港で報道陣に公開した。平成4年から運航していたフェリーの後継で、同日から就航。瀬戸内海を約12時間半かけて行き来する。

新造船は全長183メートルで、三菱重工業下関造船所(山口県下関市)で建造した。約700人の乗客や、約150台のトラックを運べる。女性客の増加に配慮し、授乳室やキッズルームを新設。乗降設備もバリアフリー化した。

阿部哲夫社長は報道陣の取材に「お客さまには新幹線や高速バスとは違う、ゆったりとした海の旅を楽しんでほしい」と話した。運賃は一番安い大部屋タイプで6千円台から。

また名門大洋フェリーは11月29日から、同型の別の新造船「フェリーきたきゅうしゅうII」も就航させる。





--------------------------------------------------------------------------------





長距離フェリー:新造船次々 高級感ある客室や女性配慮


毎日新聞 2015年09月16日
http://mainichi.jp/select/news/20150916k0000m020175000c.html



九州と関西、関東を結ぶ長距離フェリー航路にフェリー各社が新造船を相次いで投入している。就航から十数年たった船が更新時期を迎えたためだが、高級感のある客室や女性への配慮で船内はより快適になった。物流面でも輸送能力をアップさせ、二酸化炭素排出量削減効果でも再評価されている。【石田宗久】



◇「まるでホテル」

「時間や価格の競争はしない。のんびりとした船旅を提供したい」。新造船「フェリーおおさか2」(1万4920トン)の就航を翌日に控えた15日、名門大洋フェリー(大阪市)の阿部哲夫社長は北九州市で開いた内覧会で、約12時間半の所要時間を逆手にとってフェリーの旅をPRした。

重視したのは、プライバシーとくつろぎだ。個室を従来の2・5倍の102室へと大幅に増やした。高級感のある特別室(スイート、定員3人)は広さ26平方メートルで、利用料金は1人1万8820円だ。見学者からは「まるでホテルだ」とため息が漏れた。同社は11月に2隻目の新造船を就航する予定で、投資額は計約130億円に上る。


◇女性社員の声反映

北九州市・新門司港発着航路は、神戸、大阪・泉大津と結ぶ阪九フェリー(北九州市)が今年4月までに4隻中2隻を新造船「いずみ」、「ひびき」(いずれも1万5897トン)に切り替えた。吹き抜けのロビーや船首の展望ルーム、露天風呂を設け、船内で過ごす時間をより快適にした。

両社に共通するのは個室化のほか、女性専用室や化粧のためのパウダールーム、授乳室など女性への配慮だ。ともに、女性社員の意見を反映した。

また、徳島経由で東京と結ぶオーシャントランス(東京)は来年度までに4隻全てを新造船にする。



◇物流でも再評価

新造船は物流能力でも進化している。名門大洋、阪九フェリーともに、トラックの輸送能力を約3割アップさせた。2011年の東日本大震災後の高速無料化凍結に加え、12年の長距離ツアーバス事故で国土交通省が長時間運転への監督を強化したこともあり、労働力不足に悩む運送業界はフェリー回帰の動きが加速しつつある。阪九フェリーは「新船効果で運送会社からの問い合わせは多い」と話す。

また、両社の新造船は、三菱重工業の最新の推進システムで燃費が2〜3割向上した。トラックによる陸送から海上輸送に転換するモーダルシフトは、地球温暖化の要因とされる二酸化炭素排出量削減効果でも期待されている。
[PR]
by funesuki | 2015-09-18 22:41 | Trackback | Comments(0)

名門大洋新造船CM







9.16

いよいよカウントダウンですね~!!








名門大洋フェリー 新CM 超大作がやってくる編 (声:杉田智和)













名門大洋フェリー 新CM 新造船を体感せよ編 (声:杉田智和)














名門大洋フェリー 新CM 快適な船旅編 (声:杉田智和)




[PR]
by funesuki | 2015-09-15 00:43 | フェリー | Trackback | Comments(6)

太平洋フェリー「いしかり」乗船記その2





太平洋フェリー「いしかり」乗船記 その2です!


船内へ入り荷物を置いたあとはすぐにデッキへと向かいました!

e0158925_22175329.jpg



巨大なトレーラーが何台もフェリーに吸い込まれていきます!
e0158925_22184928.jpg


自衛隊車両も無事積み込み完了であります!
e0158925_22211699.jpg
e0158925_22212664.jpg



反対側ではタグボートとの出港準備作業が進みます。
タグボートは宮城マリンサービス「青葉丸」

e0158925_22222295.jpg
e0158925_2222317.jpg



青葉丸さんよろしくね!
e0158925_2225782.jpg

e0158925_22251546.jpg



こちらは休憩中の!?「仙臺丸」(SENDAI MARU)と「広瀬丸」
e0158925_22283356.jpg



ナラサキスタックスさん運航のセメント船「第二すみせ丸」が先に出港していきます!
e0158925_22293878.jpg



前が見にくそうですね・・・(笑)
e0158925_22315848.jpg



出港3分前!慌ただしく車が乗りこんできました!!
e0158925_22324149.jpg


しかしそのあと車は再び船外へ・・・どうやら徒歩客を送ってきたようで・・・。
みなさん、出港手続きは余裕をもってしましょう(笑)



こちらはカラフルな操作盤!
色によって間違いを防いでいるのでしょうか!?

e0158925_22345811.jpg



船尾ランプが上がりいよいよ出港です!
e0158925_2236384.jpg

e0158925_2237047.jpg
e0158925_22371037.jpg


e0158925_22402914.jpg



青葉丸さんが引っ張ります!!
e0158925_22414228.jpg


e0158925_22414983.jpg
e0158925_2242052.jpg
e0158925_22422118.jpg



フェリーとタグを結んでいたロープが切り離されました!
e0158925_22455622.jpg



青葉丸さんありがと~!
e0158925_22462693.jpg



船が前進しだします!
e0158925_22465297.jpg


e0158925_22473920.jpg



と、なにかお客さんが集まって何かを見ています・・・

e0158925_22481814.jpg




出港後は鳥が懸命に船に付いてくるこのような光景をよく見ますが・・・

e0158925_2252552.jpg



仙台の一部の鳥さんたちは・・・






「いしかり」に乗船中です(笑)
e0158925_22503411.jpg



タダで乗って悪いっすか!?
e0158925_22512954.jpg


e0158925_22514689.jpg


なんか堂々としてますな~(笑)
e0158925_22532665.jpg



e0158925_22534366.jpg



あら、こちらにも乗船中(笑)
e0158925_22562974.jpg
e0158925_22564225.jpg




e0158925_22565553.jpg





「いしかり」は名古屋に向け航海スタートです!

つづきます!
[PR]
by funesuki | 2015-09-13 23:18 | フェリー | Trackback | Comments(4)

釧路港へフェリー誘致、市議会で報告




釧路港へフェリー誘致、市議会で報告


2015年9月12日 釧路新聞
http://www.news-kushiro.jp/news/20150912/201509123.html



市議会の一般質問で、渡辺慶藏氏(市民連合)が取り組み状況の説明を求め、これに対する答弁で市が明らかにした。
同協議会の総会(今年5月)で設置された釧路港フェリー誘致特別対策専門部会は、7月に開催した準備会で組織の概要などを決め、釧路商工会議所をはじめ、水産、港湾、運輸、農業などの関係団体と釧路管内の市町村で構成する。

また、専門部会のメンバーでもある釧路開発建設部港湾事務所が港湾物流に関する調査業務を民間に委託して実施し、運輸業界や旅行代理店へのアンケートやヒアリングを行っているとし、「この調査を通じて潜在的な需要を把握し、具体的な取り組みを検討した上で、船会社への要請を行っていく」(石川和男水産港湾空港部長)とした。

釧路へのフェリー誘致については、道東道の阿寒インターチェンジ(IC)延伸や、トラック輸送の規制強化、新幹線延伸による鉄道貨物への影響などにより、フェリーを活用した物流の促進が喫緊の課題とされ、今年に入ってから関係者の協議により、1999年に撤退した定期航路の復活に向け本格的に取り組む方針が示されていた。
[PR]
by funesuki | 2015-09-13 22:50 | フェリー | Trackback | Comments(0)

橋下市長が「ダイヤモンド・プリンセス」訪船





大阪市の橋下市長、ダイヤモンド・プリンセス訪問


2015年9月10日 Webクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20150910_03



大阪市の橋下徹市長は8日、大阪港でプリンセス・クルーズのダイヤモンド・プリンセス(115,875トン)を表敬訪問した。橋下市長は大阪市24区を順次、視察している。同日は港区を視察することになっており、ちょうど寄港日となっていたため表敬訪問が実現。同船は横浜出港後、大阪港天保山岸壁に入港した。

橋下市長は操舵室(ブリッジ)でグラハム・グッドウェイ船長と面談。橋下市長が「大阪港にどれぐらい来ていますか」と尋ねると、船長は「大阪にも神戸に来ていますよ」と回答。橋下市長は「もっと大阪に来てください」と猛烈アピールした。
また港について尋ねると、船長は「どの港にも特色があって、どの港がいいとは言い切れない。大阪港はまっすぐに入港しやすい港だ」と答えた。橋下市長が「大阪市はみなさんを歓迎している。何度も来てください」と要望すると、「どの港もたくさん誘致しようと競争している。大阪港はインフラが整備され、他の港と比べてもアドバンテージがある」と評価した。

入港記念として橋下市長から船長に錫製タンブラーを贈呈した。大阪の錫製品は江戸時代から作られる伝統工芸品。グッドウェイ船長は記念盾(プラーク)を渡した。橋下市長は船内見学後に下船。その後、大阪港を視察した。同船は午後7時ごろ、大阪市立扇町総合高校の吹奏楽部の演奏を受けて、次港の厦門向け出港した。





e0158925_2385481.jpg

[PR]
by funesuki | 2015-09-13 22:35 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

太平洋フェリー「いしかり」乗船記





夏はやっぱりフェリーでしょ!ということで!?(笑)太平洋フェリーの「いしかり」に乗船してきました!

今回は仙台から名古屋への乗船です。
てことでしばらく「いしかり」乗船記お付き合い下さいませ~。



まずは仙台まで行くために東京駅へ向かいました。

7時56分東京発「はやぶさ」です!

e0158925_23204129.jpg



なんか行先も名前もいっぱいありますね~。
普段は新幹線乗っても「のぞみ」しか乗らないからなんか新鮮です(笑)

e0158925_23205435.jpg



いつもは仙台まで適当に自由席で行ってましたが、今回は全車指定席の「はやぶさ」に初めて乗車。
驚いたのは埼玉県の大宮を過ぎると、もう次の停車駅は仙台なんですね!

今さらながらあっという間に(1時間30分)仙台に着いたのでびっくりしました(笑)




仙台駅からは仙石線に乗り換えです。
e0158925_23253268.jpg



いつもの「中野栄」駅で下車。
e0158925_23261432.jpg



なんか以前より下車するお客さんが多いな~、と思っていたら・・・

今年7月に新しい水族館「仙台うみの杜水族館」が仙台港にオープンし、無料のシャトルバスが中野栄駅から出ているようです。
e0158925_23324082.jpg



どんな水族館が気になりますが、見に行く時間は当然ありません(笑)
駅から徒歩でターミナルへ向かいます。





途中の歩道にはこんな石碑も・・・。
e0158925_2337349.jpg




そして時間があったので仙台港中央公園へ立ち寄りました。

この公園も震災で被災し、しばらく立ち入り禁止となっていましたが・・・
現在はネーミングライツ導入に伴って「スリーエム仙台港パーク」となって開園しています!

e0158925_23402688.jpg



展望台へ!
少ししんどい・・・(笑)
e0158925_2344371.jpg



以前と変わらずいい景色!
e0158925_23443114.jpg



そして海側の景色です!
e0158925_23445814.jpg



トヨフジ海運運航「豊福丸」が停泊していました。
船内はきっとトヨタ車が満載なのでしょう(笑)

e0158925_2346562.jpg



そしていよいよ本日の主役!太平洋フェリー「いしかり」です!

て、手前の貨物船が邪魔やな~(笑)
e0158925_23482087.jpg



公園で撮影後、またしばらく歩き仙台港ターミナルへ到着。
e0158925_23494997.jpg



乗船手続を済ませます。
e0158925_2355482.jpg


今回はなかなかの乗船率のようです。いいことですね!
e0158925_01296.jpg
e0158925_011229.jpg



2階へ上がる前に1階に展示してある先代の「いしかり」模型を撮影です。

e0158925_0503.jpg



この船はほんといいフェリーでしたね~。
初めて太平洋フェリーに乗ったのがこの「いしかり」だったので余計に強烈に印象に残っています。

しかも建造した造船所は下関ではなく、神戸なんですね!
神戸ですよ神戸!(笑)
e0158925_068100.jpg



ちなみにこの模型、船尾部分が壊れています。
震災時に被害を受けた跡でしょうか・・・??
e0158925_09066.jpg


e0158925_091187.jpg




2階は売店があり、お土産類も豊富です。
e0158925_0106100.jpg



ラーメンやカレー等がある食堂も。
一度ここでも食べてみたいなぁ~。

e0158925_0125010.jpg




乗船が開始されています!
ツアー団体さんなども多いようです。
e0158925_013272.jpg




て、私も早く乗船しなくては(笑)

e0158925_0142747.jpg

e0158925_0201860.jpg



これからお世話になる「いしかり」さんです!
e0158925_0203419.jpg



立派なボーディングブリッジを歩いていきます。
e0158925_0225953.jpg


e0158925_0232787.jpg




お!?
今回は陸上自衛隊のみなさんとも一緒に乗船となるようです!

e0158925_0253280.jpg

e0158925_0254144.jpg




つづきます!
[PR]
by funesuki | 2015-09-07 00:48 | フェリー | Trackback | Comments(9)

「さんふらわあだいせつ」修復へ






火災フェリー修復へ 年明け運航目指し、函館で


2015年9月3日 産経新聞
http://www.sankei.com/affairs/news/150903/afr1509030027-n1.html



北海道・苫小牧沖で火災を起こしたフェリー「さんふらわあだいせつ」(1万1401トン)を運航する商船三井フェリー(東京)は、フェリーを函館市の造船会社「函館どつく」で修復することを決めた。
同社は修復後、年明けには苫小牧-大洗(茨城)間での1日4便体制での運航を再開したい考え。

同社によると、フェリーは現在、室蘭港に停泊中。第1管区海上保安本部(小樽)の現場検証が続いているが、1管などの許可が下り次第、函館での修復に向けてえい航する方針。

火元となった車両甲板や電気系統に損傷はあるが、エンジンに大きな損傷はなく、同社は修復が可能と判断。フェリーの新造では運航再開が数年先になるが、修復なら早期再開を目指せるという。

同社は苫小牧-大洗間を4船で運航していたが、7月31日の火災後は、3船で1日3便の運航になっている。




-----------------------------------------------------------------------------






火災フェリー修復へ

2015年9月3日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20150903-OYTNT50013.html



苫小牧市沖で火災を起こしたフェリー「さんふらわあ だいせつ」(1万1401総トン)について、船会社の商船三井フェリー(東京)は2日、函館市の函館どつくで同船を修復することを決めた。商船三井フェリーは、年内にも修復し、来年の早い段階で苫小牧―大洗(茨城)間の運航を再開させることで、同区間を従来の1日4便体制に戻す考えだ。

同社では、道内の農水産物が大量に動く繁忙期に向けて、さ号が運航していた苫小牧―大洗間で別の船を確保しようとしたが、難しかったという。さ号は火災で電気系統が故障したものの、船体の損傷は火元周辺など限定的で、エンジンも無事だった。

一般に、同クラスのフェリーを新造すれば100億円近くかかるのに対し、修理なら1割以下に抑えられるという。このため同社では、修理して早期に運航を再開させることに決めた。

既に、第1管区海上保安本部による船の検証は終えており、海保などの許可が出次第、函館にえい航される。さ号が停泊する室蘭港のふ頭周辺では5、6の両日「スワンフェスタ」があり、その前に出航する準備を進めている。
[PR]
by funesuki | 2015-09-05 00:46 | フェリー | Trackback | Comments(0)

LNG燃料タグボート「魁」誕生





日本郵船、初のLNG燃料船竣工、「魁」と命名



2015年9月1日 Logistics Today
http://www.logi-today.com/183456



日本郵船は1日、液化天然ガス(LNG)を燃料にすることができるLNG燃料タグボートが8月31日に京浜ドック追浜工場で竣工した、と発表した。

日本初のLNG燃料船となるこのタグボートは、船舶の燃料としてLNGの有効性を検証し、「LNG燃料という新たな事業分野を切りひらくフラッグシップ」としての期待を背負い、「魁」(さきがけ)と名付けられた。

日本郵船傘下のウィングマリタイムサービスが用船し、今後、主に横浜・川崎港で作業に従事する。同社は2013年3月竣工のハイブリッド・タグボート「翼」に続き、2隻目の環境配慮型タグボートを運航することになる。

魁は重油とLNGを燃料として使用できるデュアルフューエルエンジンを搭載し、LNGを使用する場合、重油使用時よりも二酸化炭素(CO2)量を30%、窒素酸化物(NOx)を80%、硫黄酸化物(SOx)を100%それぞれ削減できるとされる。LNG受入システムとLNG気化システムについては、特許を出願している。

魁へのLNG供給は、タンクローリー車からフレキシブルホースを用い、船舶へLNGを供給する「トラック・ツー・シップ」方式で、横浜市の埠頭で行われる。





■タグボート「魁」の概要
全長:37.2メートル
全幅:10.2メートル
型深さ:4.4メートル
総トン数:272トン
主機:NIIGATA 6L28AHX-DF(×2)
船主:日本郵船
船籍:日本
船級:一般財団法人日本海事協会



e0158925_0565094.jpg








-----------------------------------------------------------------------------------







LNG 燃料船向け LNG 売買契約の締結について
~日本初 LNG 燃料船に対して LNG 供給を開始~


2015年9月1日  東京ガス株式会社 広報部
http://www.tokyo-gas.co.jp/Press/20150901-10.pdf


東京ガス株式会社(社長:広瀬 道明、以下「東京ガス」)は、LNG 燃料船※1に対して LNG 供給を開始するため、昨日、株式会社ウィングマリタイムサービス(社長:山下 俊憲、以下「ウィングマリタイムサービス」)と、LNG売買契約を締結いたしました。LNG燃料船に対してLNG供給を行うことは、日本で初めてとなります。東京ガスは、LNGローリー車によってLNG供給を行います。

今回、東京ガスがLNG供給を行うLNG燃料船は、日本郵船株式会社(社長:内藤 忠顕、以下「日本郵船」)が日本で初めて建造し、用船者であるウィングマリタイムサービスへ引渡されたタグボート※2です。

東京ガスは、船舶への安全なLNG供給手法の確立および関係法令への対応に日本郵船と共同で取り組むことで、LNGローリー車によるLNG供給を実現しました。

東京ガスは、「チャレンジ 2020 ビジョン」において「天然ガスの普及・拡大」を掲げており、今後もエネルギーの安定的かつ効率的な供給と低炭素化につながる取り組みを推進してまいります。




※1:LNG を燃料とする船舶のこと。船舶の燃料は重油を使用することが一般的であるため、窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)、二酸化炭素(CO2)の排出量を大幅に削減することができる LNG 燃料船は、今後、普及拡大が見込まれています。

※2:大型船が岸壁や桟橋へ離着岸する際に、補助を行う小型船。





e0158925_113528.jpg

[PR]
by funesuki | 2015-09-02 00:52 | タグボート | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

両備クルーズ船の内外装発表
at 2017-03-26 23:01
セウォル号 引き揚げ
at 2017-03-26 22:39
海自最大の護衛艦「かが」就役
at 2017-03-24 00:19
新造船「らべんだあ」見学会その4
at 2017-03-22 22:57
TBSで海保密着SP番組放映
at 2017-03-20 23:54
新造船「らべんだあ」見学会その3
at 2017-03-17 00:48
MOLの2万TEUコンテナ船..
at 2017-03-17 00:32
「クイーンエリザベス」神戸入港
at 2017-03-13 19:39
「ブルーハピネス」就航!
at 2017-03-12 22:40
東日本大震災から6年
at 2017-03-11 19:56
「らべんだあ」新潟に到着
at 2017-03-08 22:02
「なにわの海の時空間」再利用..
at 2017-03-08 21:20
新造船「らべんだあ」見学会その2
at 2017-03-07 22:33
新造船「らべんだあ」見学会その1
at 2017-03-05 22:31
南海フェリー「かつらぎ」乗船..
at 2017-03-03 00:00
19年度にも全面供用 南本牧..
at 2017-02-27 22:06
南海フェリー「かつらぎ」乗船..
at 2017-02-26 21:23
新千歳欠航時はフェリー利用を
at 2017-02-26 21:07
NHKで韓進破綻のドキュメン..
at 2017-02-26 00:15
BSフジで「いずも」に密着
at 2017-02-25 08:25

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(498)
(136)
(131)
(130)
(108)
(101)
(85)
(82)
(81)
(74)
(73)
(69)
(65)
(64)
(48)
(45)
(44)
(44)
(42)
(39)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:46
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 22:33
カツミさん、こんにちは!..
by すぐる at 01:52
こんにちは クルーズフ..
by カツミ at 09:45
NCFさん、こんにちは!..
by すぐる at 20:44
すぐるさん、こんにちは!..
by NCF at 15:27
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:56
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:54
まいど。さん、ご指摘あり..
by すぐる at 21:08
NCFさん、こんにちは!..
by すぐる at 23:06

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧