タグ:クルーズ船 ( 136 ) タグの人気記事

両備クルーズ船の内外装発表





e0158925_2305683.jpg







両備が豪華客船の内外装発表 水戸岡氏デザイン、「船上に森」



2017年3月26日 山陽新聞
http://www.sanyonews.jp/article/507469/1/


両備グループ(岡山市北区錦町)は25日、2020年に就航を予定している豪華客船の内外装のイメージ図を発表した。JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」を手掛けた同市出身の水戸岡鋭治氏がデザインした。

全長120メートルの8階建て、約9千トン。デッキには木々を植栽し、壁や床、建具などに木や大理石をふんだんに使う。ななつ星と同様、一流の職人に依頼するという。

全室スイートの60室で、定員140人。料金は同規模の客船で世界最高水準となる1泊800ドル(約8万9千円)以上を見込む。

瀬戸内海や九州・沖縄を周遊し、将来は韓国、台湾なども巡る。当初は4階建て、2500トンクラスを検討していたが、大型化した。事業費は約80億円。

岡山市内で発表した水戸岡氏は「『動く島』をコンセプトに、船上に森や里山を再現したい」と説明。両備グループの小嶋光信代表は「ななつ星に負けない、世界トップクラスの旅を提供する」と話した。





e0158925_2311089.jpg










-
[PR]
by funesuki | 2017-03-26 23:01 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

「クイーンエリザベス」神戸入港







英豪華客船QEが神戸入港 初の日本発着クルーズ


2017年3月13日 産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/170313/wst1703130016-n1.html




全長約294メートルの英国豪華客船「クイーン・エリザベス」が13日、神戸ポートターミナル(神戸市中央区)に寄港し、港は歓迎ムードに包まれた。

開港150年に合わせ、20日まで鹿児島や韓国釜山などをめぐる神戸発着クルーズのため来港。市民らがカラー放水や約千個の風船を飛ばして祝った。

約1900人の外国人観光客のうち約850人が下船して国内観光へ。代わりに約770人がクルーズを楽しむ。

神戸市は、今年を神戸港開港150年の記念の1年と位置付け、祝賀行事を展開中。QEを運航する英キュナード・ラインに働き掛け、神戸港発着クルーズの誘致が実現した。

神戸市によると、現在の船体は10年に就航した3代目。今回のクルーズでは、13日夜に神戸港を出発し、鹿児島、韓国・釜山、広島、高知に立ち寄った後、20日に再び神戸に戻る。その後は中国・上海へ向かう。











-------------------------------------------------------------------------------------------






















-
[PR]
by funesuki | 2017-03-13 19:39 | クルーズ船 | Trackback | Comments(2)

「ガンツウ」進水式の動画







常石造船で建造中のクルーズ船「ガンツウ(guntu)」進水式の動画が公開されています!


















-
[PR]
by funesuki | 2017-02-11 20:50 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

クルーズ客船「ガンツウ」進水















福山で瀬戸内クルーズ客船進水式 
常石造船、内装経て9月就航へ


2017年1月16日 山陽新聞
http://www.sanyonews.jp/article/474853/1/?rct=area_syuyo




常石グループが瀬戸内海を巡るツアー用に建造しているクルーズ客船の進水式が16日、常石造船本社工場(福山市沼隈町常石)で開かれた。客室などの内装工事を経て、9月の就航を目指す。

全長81・2メートル、幅13・75メートルで、3200総トン。日本家屋が並ぶ瀬戸内沿岸の景観に合わせ、屋形船のような屋根を備えているほか、船体の色は海や青空、夕日など瀬戸内海の景色に溶け込むよう銀色とした。進水式では客船が船台から海に滑り降りると、訪れた住民ら約500人から拍手が起こった。

内装工事では、全19の客室はすべて海に面した4タイプとする。定員38人(1室2人)。エステやバー、大浴場、ジム、家屋の縁側を模したデッキなども設ける。船名は、瀬戸内海に生息するイシガニを表す尾道地方の方言「ガンツウ」。

ツアーはベラビスタマリーナ(尾道市浦崎町)を発着点に岡山や広島、山口県沖を1~3泊程度で巡る。北木島(笠岡市)での採石場見学、漁師体験、無人島散策といったプログラムを用意。3月下旬から予約を受け付け、料金は1泊1人15万円程度からの見込み。

運航を手掛けるせとうちクルーズ(尾道市浦崎町)の城暁男社長は「高級旅館のような雰囲気を持った世界に例を見ない客船。ゆったりとした船旅で多島美など瀬戸内の魅力を発信したい」と話している。







----------------------------------------------------------------------------------






せとうちクルーズ、「ガンツウ」全容明らかに


2017年1月17日 Webクルーズ

http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20170116_03








-------------------------------------------------------------------------------








2017年1月16日
せとうちホールディングス プレスリリース

“せとうちに浮かぶ、小さな宿” ラグジュアリー船 guntû 9月就航に向け全貌発表


http://news.setouchi-hd.com/press/2017/01/16/504/





e0158925_23261291.jpg
e0158925_23262946.jpg
e0158925_23263744.jpg














-
[PR]
by funesuki | 2017-01-16 23:27 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

三菱重工、フェリー建造継続へ







三菱重、大型客船から撤退=商船は資本提携も-造船改革


2016年10月18日 時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016101800572&g=eco



三菱重工業は18日、造船事業の再建に向けた抜本改革案を発表した。

度重なる納期の遅れで巨額損失を出した欧米向けの大型客船の建造から事実上撤退し、フェリーに客船設備を備えた貨客船や中小型客船に受注を絞る。
液化天然ガス(LNG)運搬船や大型コンテナ船など商船部門は、今治造船(愛媛県今治市)など専業メーカーと資本面も含む提携を検討し生産性向上を目指す。

三菱重工が130年超の歴史を持つ「祖業」である造船事業の大改革に乗り出したことで、世界的な海運・造船不況に苦しむ造船業界で再編機運が高まる可能性がある。


三菱重工の宮永俊一社長は18日、東京都内で記者会見し、大型客船事業に関し「欧米向けの大型客船の建造はコスト的にも成り立たず、現実には難しい」と述べた。一方、日本郵船が計画する中型客船「飛鳥II」(約5万トン)の後継船の受注は「可能であれば進めたい」と前向きな姿勢を示した。


三菱重工は2011年、工事中に火災に見舞われた「ダイヤモンドプリンセス」号以来、11年ぶりに10万トン超の大型客船2隻を米客船大手カーニバル・グループから受注した。しかし、スケートリンクなど大規模娯楽設備や無線通信WiFi(ワイファイ)の装備など発注側の要求に対応できず、再三納期を延期。16年3月期までに累計で約2400億円の損失を計上し、今春から客船事業の存廃について検討を進めてきた。







------------------------------------------------------------------------------------------







三菱重工が大型客船事業から撤退へ 中小型に絞り込み、商船は分社化や提携を模索


2016年10月18日 産経新聞
http://www.sankei.com/economy/news/161018/ecn1610180029-n1.html



巨額の赤字を計上している客船事業の見直しを進めていた三菱重工業は18日、大型船から撤退する方針だと発表した。今後は中小型の客船に絞り込み、他社との提携を強化して収益改善を図る。ただ、造船各社は世界的な「船余り」に苦しんでおり、抜本的な改善は難しい状況だ。

三菱重工の客船事業をめぐっては、米クルーズ船大手から豪華客船2隻を受注したものの、納期が遅れて計2375億円の巨額損失を計上していた。4月に立ち上げた事業評価委員会は大型客船について、「中国市場の成長で一定の需要が続く一方、将来的には建造能力に余剰が発生する」と指摘。コスト面でも「欧州メーカーに対し不利」な点を指摘し、事業継続は得策でないとした。

これを受け、同社は部品や設備を国内から調達しやすい中小型の客船に絞り込む方針。日本郵船が建造を検討する客船「飛鳥II」の後継については、「思い入れがある。対応可能か詰めたい」(宮永俊一社長)と意欲を示した。

一方、商船事業では、8月に商船事業で提携した今治造船(愛媛県)、大島造船所(長崎県)、名村造船所(大阪市)との連携を強化。設計などを手がける部門を分社化し、3社と合流させることや、造船所の共同利用を進め、船の種類に応じて使い分けることも検討する。

造船会社では、川崎重工も船舶海洋事業の赤字が拡大しており、事業継続を含む今後の方針を検討している。






------------------------------------------------------------------------------------







2016年10月18日
三菱重工
「重要なお知らせ」

客船事業評価委員会の報告に関する説明会について

今春より当社内に客船事業評価委員会を設置し、AIDA向け客船の損失発生原因の分析や客船事業の事業性再評価を行ってまいりました。 今般、同委員会の報告及び関連する当社事業リスクマネジメントの強化に関して、別添のとおりまとめましたので、お知らせいたします。


客船事業評価委員会 報告 (PDF/7.8MB)
http://www.mhi.co.jp/finance/library/others/pdf/161018_01.pdf


事業リスクマネジメントの強化 (PDF/2.9MB)
http://www.mhi.co.jp/finance/library/others/pdf/161018_02.pdf






-----------------------------------------------------------------------------------















-
[PR]
by funesuki | 2016-10-18 20:46 | フェリー | Trackback | Comments(0)

「STU(瀬戸内)48」結成へ














STU48誕生!瀬戸内船上劇場17年夏出航


2016年10月11日 日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1722733.html



10日に開催された第7回AKB48グループじゃんけん大会で、瀬戸内地方の7県を拠点にする新グループ「STU(瀬戸内)48」が結成されることが発表された。来年夏に旗揚げ予定で、48グループ初めて船の上の劇場が舞台になる。

名脇役・田名部の優勝で渦巻く興奮に、拍車をかけるサプライズだった。場内画面に、AKB48など国内5劇場の初日の様子に続き、那覇、仙台、札幌の地図画像が表示される。かと思いきや、続いて「今度の劇場は都市ではない。瀬戸内7県を舞台にした、船上劇場だ!」の文字が映し出された。「瀬戸内48誕生! STU48 2017夏 出航!」。想像の上を行く発表に、サプライズ慣れしたメンバーたちも「なに?」「はっ?」と口に出して驚いた。

AKB48の秋葉原、SKE48の名古屋・栄など、これまでは1都市が拠点だった。今回は初めて山口、広島、岡山の中国3県と兵庫に加え愛媛、香川、徳島の四国3県が本拠地になる。しかも活動の柱になるのは専用劇場ならぬ「船上劇場」。画面には豪華客船の映像がドーン! 会場はどよめいたが「実際のものとはかなり異なります」と注釈が表示され、笑いが起きた。

既に公式ホームページも立ち上がった。結成11年目を迎えたAKB48グループにとってまた、新たな試み。グループ総監督横山由依(23)は「神戸の皆さん、応援してくれますか?」とファンに呼びかけた。






-----------------------------------------------------------------------------





瀬戸内48、来夏新グループ誕生…船上劇場で活動に「酔っちゃいそう」


2016年10月11日 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161011-OHT1T50104.html


ファンがスクリーンにくぎ付けになった。じゃんけん大会の最後に「特報!」と題した映像が流れると、会場がどよめきに包まれた。

2005年12月にオープンした東京・秋葉原のAKB48劇場から順番に名古屋、大阪、福岡、新潟の各劇場が紹介される。続けて「那覇? 仙台? 札幌?」と新グループの本拠地を思わせる文字が躍ったが、「今度の劇場は都市ではない」という説明が流れると、場内は騒然となった。

国内6つ目の劇場として新たに発表されたのは、山口、広島、岡山、兵庫、徳島、香川、愛媛の瀬戸内7県をホームグラウンドにした船上劇場「瀬戸内(STU)48」。来年夏に“出航予定”だという。瀬戸内海を巡るクルーズ船の中に専用劇場がオープンするとみられる。

じゃんけん大会に参加したメンバーもあまりの驚きに目を丸くした。「なんじゃそりゃ!? 船!?」「酔っちゃいそう」と次々に声を上げた。総監督の横山由依(23)は「新しい試みが始まるということで、これからも応援してください」と呼びかけた。

プロジェクトは総合プロデューサーの秋元康氏(58)を中心に極秘裏に進められていた。会場の関係者も、一様に「寝耳に水」の様子。「映像で流れたことしか分かりません。新しいグループかどうかも分かりません。いろいろなチームから集まってくるかもしれないし…」と情報収集に追われた。
新たに一般からのオーディションや、今夏にユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でAKB48グループの選抜メンバーが常駐ライブを行ったように各チームからメンバーを集めるなど、さまざまな展開が考えられるが、新たな姉妹グループの誕生が濃厚だ。

クルーズ船にアイドルの専用劇場が誕生すれば、もちろん史上初の試み。“瀬戸のアイドル”誕生で、AKB48グループはまた新たなステージに突入する。





--------------------------------------------------------------------------------------





劇場は船!国内6番目の姉妹グループ「STU48」来夏“出航”



2016年10月11日 スポーツニッポン
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/10/11/kiji/K20161011013513550.html




本編終了後、AKB48グループに国内6番目となる「STU48」が来夏に発足することが発表された。STUは瀬戸内(せとうち)のローマ字を略した名称。瀬戸内海に面する7県(山口、広島、岡山、兵庫、徳島、香川、愛媛)が拠点になり、グループで初めて船上劇場で公演する。

関係者によれば、動力のない曳航(えいこう)船に劇場をつくる。その“劇場船”を他の船で引っ張り7県を移動しながら公演する。新グループの運営に興味を示していた企業から運営側に「瀬戸内地方でやりたい」という提案があり、水面下で準備を進めていた。1期生のメンバーオーディションも船上で行うという。

発表を受け、横山由依総監督(23)は「まだ謎なことが多いけれど、新しい試みが始まるんですね」と話した。

AKBグループは結成10年が過ぎ、都市圏から地方への進出が目立つようになった。その皮切りが新潟市を拠点とするNGT48で、今年1月に市内の専用劇場で公演をスタート。自治体や地元企業・団体は地方創生や全国への情報発信でAKBグループのブランド力を活用している。瀬戸内地方はプロ野球広島カープが25年ぶりにリーグ制覇して活気づいており“瀬戸内48”がさらなる地域活性化に一役買いそうだ。












-
[PR]
by funesuki | 2016-10-12 00:55 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

「相葉マナブ」に飛鳥Ⅱ登場!






相葉マナブ 豪華客船に潜入!
『ぐるっと一周200キロ!マナブ東京湾第5弾』


テレビ朝日
2016年9月11日(日) 18時00分~18時30分
http://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/




日本の海の玄関口とも言える東京湾には知られざる日本の姿が盛りだくさん!
そんな東京湾で100の知識を学ぶ!
第5弾となった今回は・・・


横浜の達人・椎橋さんと横浜港沖を進む相葉くんたち。
そこで3人が発見したのは・・・。
なんと!港に停泊しようとしている日本最大級の豪華客船「飛鳥Ⅱ」

入港から出港までどんな準備が行われているのか、
裏側を見学させてもらうことに。

客船ならではの給油方法や給水の秘密を学びます。
もちろんホテルのような客室もちょっと拝見!








e0158925_0345672.jpg















[PR]
by funesuki | 2016-09-08 23:14 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

新造船船名「ガンツウ」に決定






せとうちクルーズ、尾道発着を実施 船名も発表


2016年8月18日 WEBクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20160818_01





常石グループのせとうちホールディングスは、傘下のせとうちクルーズが2017年9月から運航する新造船の名を「ガンツウ」と決定した。

瀬戸内海の尾道市にあるベラビスタマリーナを発着港とし、瀬戸内海沿岸部に位置する宮島、松山、大三島、丸亀などに寄港する。同船は全室オーシャンビューで、食材からアメニティまで瀬戸内海沿岸部エリアを産地とするものを使用する。

船名の「ガンツウ」とはワタリガニの一種「イシガニ」を表し、母港の尾道エリアで使われている方言。地元では味噌汁などで使われることも多く、「そんな味わい深いカニのように、瀬戸内の滋味を掬すべき船になるよう」と名付けられた。



「ガンツウ」WEBサイト
http://guntu.jp/











-
[PR]
by funesuki | 2016-08-22 23:00 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

「せとうちクルーズ」新造船建造へ




せとうちクルーズ支援、広島県など7県連携 ファンド活用


2016年8月10日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05888270Z00C16A8LC0000/



広島県や香川県など瀬戸内地域の7県が連携する「せとうちDMO(観光地経営組織)」は9日、新たに瀬戸内周遊クルーズ船事業を計画しているせとうちクルーズ(広島県尾道市)を支援すると発表した。同日付でファンドを通じ、クルーズ船建造にかかる資金を手当てした。ファンドを活用した支援案件は今回が初めてとなる。

せとうちDMOは、一般社団法人「せとうち観光推進機構」と、地域の金融機関などが出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」が連携して運営する組織。今回支援を決定したせとうちクルーズは、瀬戸内の景色や食を楽しめる宿泊型クルージングの提供を2017年9月から始めることを計画している。

ブランドコーポレーションが「せとうち観光活性化ファンド」を通じてクルーズ船建造資金の一部を支援する。同ファンドがせとうちクルーズが実施した第三者割当増資を引き受けたほか、劣後ローンによる資金支援をした。今後は事業開発支援も手掛ける。観光推進機構は運航のPRや商品開発を支援する。

せとうち観光活性化ファンドは7県の地銀などが出資した100億円規模のファンド。今後もファンドを通じた支援先を増やしていく方針だ。






-----------------------------------------------------------------------------------





常石グループ、瀬戸内で客船事業 来年9月開始



2016年8月10日 WEBクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20160810_01



常石グループのせとうちホールディングス(広島県尾道市)が傘下の新会社「せとうちクルーズ」を通じて、瀬戸内海を中心にクルーズ事業を開始する。新造船を建造し、来年9月からスタートする計画。瀬戸内海の観光振興を図る「せとうちDMO(観光地経営組織)」らが9日、クルーズ船の建造資金など同事業への支援を決定したことも発表した。

せとうちクルーズは新造する客船を利用し、瀬戸内海で宿泊型のクルーズ事業を行う。船舶の詳細などは明らかにしていない。地元地銀や日本政策投資銀行の出資によって組成された「せとうち観光活性化ファンド」を通じて資金調達を実施。客船の建造資金に充てる。

このほか、地域の金融機関など40社超が出資する「瀬戸内ブランドコーポレーション」が客船事業の開発支援を行うほか、一般社団法人「せとうち観光推進機構」が運航に向けてのプロモーションやクルーズ商品の開発の支援を行うなど、瀬戸内海近隣の活性化を図る地元企業・組織らが事業を支援する。

せとうちホールディングスは瀬戸内海近隣における地域活性化・雇用創出を目的に2011年設立。傘下の「せとうちSEAPLANES」が水陸両用機による瀬戸内海遊覧を開始したばかり。今回のせとうちクルーズによる客船事業開始により、瀬戸内海におけるブランド価値向上と観光事業にさらに積極的に取り組む。







-------------------------------------------------------------------------------------







(関連記事)

「日本造船界を覆う「三菱ショック」払拭なるか 業界3位が客船参入、新展開へ」

http://trafficnews.jp/post/50953/







「Tsuneishi Group to enter the cruise market」

http://www.silkysea.com/2016/05/06/tsuneishi-group-to-enter-the-cruise-market/











-
[PR]
by funesuki | 2016-08-12 22:14 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

「マツコの知らない世界」で客船特集





TBS「マツコの知らない世界」
2016年7月26日(火)20時57分~

http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/




「マツコの知らない豪華客船の世界」


豪華客船はもはや高嶺の花ではない!?
客船に乗って45年!地球を20周したクルーズライター・上田寿美子さんが再び優雅な豪華客船の世界をご紹介!

夏休みにオススメ!家族で行ける日本発着クルーズ!
なんと1泊1万円台から!気軽に乗れるイタリアン客船は、子供が無料!?さらに仮面舞踏会や子供専用クラブなど、大人から子供まで楽しめるイベント盛り沢山!

忙しい人にオススメ!有名シェフのディナーが楽しめる2泊3日の週末クルーズや、
夏恒例の東北祭りを巡るクルーズツアーまで!

そして、世界最大収容人数を誇る巨大客船の完成初航海に、上田さんが乗船!
その規模に思わずマツコも“すっごーい!!!!”

一流ディナー、パフォーマンスショー、ショッピング、などありとあらゆる要素が凝縮された
一大エンタテインメント!知られざる豪華客船の世界を大公開!










-
[PR]
by funesuki | 2016-07-24 00:46 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

両備クルーズ船の内外装発表
at 2017-03-26 23:01
セウォル号 引き揚げ
at 2017-03-26 22:39
海自最大の護衛艦「かが」就役
at 2017-03-24 00:19
新造船「らべんだあ」見学会その4
at 2017-03-22 22:57
TBSで海保密着SP番組放映
at 2017-03-20 23:54
新造船「らべんだあ」見学会その3
at 2017-03-17 00:48
MOLの2万TEUコンテナ船..
at 2017-03-17 00:32
「クイーンエリザベス」神戸入港
at 2017-03-13 19:39
「ブルーハピネス」就航!
at 2017-03-12 22:40
東日本大震災から6年
at 2017-03-11 19:56
「らべんだあ」新潟に到着
at 2017-03-08 22:02
「なにわの海の時空間」再利用..
at 2017-03-08 21:20
新造船「らべんだあ」見学会その2
at 2017-03-07 22:33
新造船「らべんだあ」見学会その1
at 2017-03-05 22:31
南海フェリー「かつらぎ」乗船..
at 2017-03-03 00:00
19年度にも全面供用 南本牧..
at 2017-02-27 22:06
南海フェリー「かつらぎ」乗船..
at 2017-02-26 21:23
新千歳欠航時はフェリー利用を
at 2017-02-26 21:07
NHKで韓進破綻のドキュメン..
at 2017-02-26 00:15
BSフジで「いずも」に密着
at 2017-02-25 08:25

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(498)
(136)
(131)
(130)
(108)
(101)
(85)
(82)
(81)
(74)
(73)
(69)
(65)
(64)
(48)
(45)
(44)
(44)
(42)
(39)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:46
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 22:33
カツミさん、こんにちは!..
by すぐる at 01:52
こんにちは クルーズフ..
by カツミ at 09:45
NCFさん、こんにちは!..
by すぐる at 20:44
すぐるさん、こんにちは!..
by NCF at 15:27
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:56
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:54
まいど。さん、ご指摘あり..
by すぐる at 21:08
NCFさん、こんにちは!..
by すぐる at 23:06

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧