タグ:三菱重工 ( 75 ) タグの人気記事

三菱造船、高級フェリー受注目指す




三菱造船
商船事業売上高を1500億円まで増加目指す


2017年12月8日 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171209/k00/00m/020/083000c




三菱重工業から来年1月に分社して設立される「三菱造船」(横浜市)の社長に就任予定の大倉浩治執行役員が8日、長崎造船所(長崎市)内で記者会見し、現状約1000億円の商船事業の売上高を、2020~21年度に1500億円まで増やす考えを明らかにした。欧州などで需要がある高級フェリーの受注が柱で、10年後には2000億円を目指すという。

商船事業の分社化では三菱造船のほか、大型船などを建造する「三菱重工海洋鉄構」(長崎市)も同時に設立される。大倉氏は分社化について「海洋鉄構は建造に特化し、造船は新事業や技術に取り組む。ビジネスモデルが違うので、方向性や責任を明確にするためだ」と説明した。


現状は受注済みの液化天然ガス(LNG)運搬船などを建造するが、19年度から操業が落ちる見通しのため、観光クルーズが盛んな欧州で需要のある高級フェリーの受注で売り上げ増を目指す。今年度の損益は黒字の見通しだが、大倉氏は「来年度以降も安定的に継続させたい」と述べた。

一方、造船、鉄構の2社で計約800人が同造船所で働くが、雇用は分社後も維持される。溶接や船体内部の装飾に技術を持つ世代が高齢化しており、「自然減が多くなるので、むしろ採用を増やし、技術伝承を進めなければならない」と話した。【高橋慶浩】







----------------------------------------------------------------------------







(参考動画)

三菱造船が受注を目指す「高級フェリー??」とはこのような感じのフェリーでしょうか?

「ヴァイキング・グレース(Viking Grace)」の動画です。
燃料はLNGです。











船内だけ見ているとまるでクルーズ船のようですが・・・
2:10~あたりで「フェリー」ということがわかります(笑)

















[PR]
by funesuki | 2017-12-08 21:16 | フェリー | Trackback | Comments(2)

「三菱造船」誕生へ







新社名は「三菱造船」 長崎でのフェリー建造再開へ



2017年12月2日 産経新聞
http://www.sankei.com/region/news/171202/rgn1712020011-n1.html


三菱重工業は1日、造船事業を分社して来年1月に設立する新会社の社名を「三菱造船」にすると発表した。造船事業は三菱重工の祖業で、大正期から昭和初期には三菱造船を名乗っていた。歴史ある社名を冠し、強みを持つフェリーなどを強化して苦戦する造船事業の再建を目指す。

 三菱造船は本社を横浜市に置き、三菱重工本体で商船事業を統括する大倉浩治執行役員が社長に就任する。船の設計・開発のほか、下関造船所(山口県下関市)でフェリーなどの船舶、神戸造船所(神戸市)で潜水調査船の建造をそれぞれ担う。平成32年度をめどに長崎造船所(長崎市)でもフェリー建造を再開する方針だ。

 一方、液化天然ガス(LNG)船などを建造する新会社の社名は「三菱重工海洋鉄構」とする。本社は長崎市に置き、社長には三菱重工船舶海洋の椎葉邦男プロジェクト推進室長が就く。船だけでなく、石油備蓄基地などの海洋構造物も手掛ける。






-----------------------------------------------------------------------------






三菱重工、社会インフラ系全事業を分社



2017年12月1日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2415312001122017TJ2000/


三菱重工業は1日、主に社会インフラを手がける「インダストリー&社会基盤ドメイン(部門)」の全事業を事業会社として独立させると発表した。2018年1月1日付で商船建造などを手がける造船2社、エンジニアリング事業会社を発足させる。個別の事業の取捨選択を容易にし、責任体制を明確にする。

 造船事業は下関造船所(山口県下関市)の建造部門、長崎造船所(長崎市)の建造部門を中心にそれぞれ分社化。このうち下関の新会社は船舶の設計・開発を束ね、今治造船など専業大手3社との提携交渉も進める。横浜市に本社を置き、新社名は「三菱造船」となることが決まった。

 長崎の新会社は15年に設立した液化天然ガス(LNG)運搬船など大型商船を建造する子会社と、船の主要部材である「船体ブロック」を製造、販売する子会社を統合する。新社名は「三菱重工海洋鉄構」で長崎市に本社を置く。

 化学プラントや交通システム製品などを手がけるエンジニアリング事業を横浜に本社を置く「三菱重工エンジニアリング」として独立させる。

 三菱重工は18年3月期の連結純利益を前期比14%増の従来予想から9%減の800億円に下方修正するなど業績の悪化が目立っている。

 インダストリー&社会基盤部門は17年3月期の売上高が1兆7470億円と全体の4割超を占めて最大だったが、営業利益は約500億円と「パワー」部門の約半分にとどまっていた。














[PR]
by funesuki | 2017-12-02 08:56 | 造船所 | Trackback | Comments(4)

太平洋フェリー「きたかみ」新造船へ






太平洋フェリー、苫小牧―仙台間 19年1月に新造船投入


2017年11月16日 苫小牧民報
https://www.tomamin.co.jp/news/main/12607/



苫小牧港発着で仙台、名古屋間の定期フェリーを3隻体制で運航する太平洋フェリー(本社名古屋市)は、現行の旅客フェリー「きたかみ」(総トン数1万3937トン、定員701人)を2019年1月に更新する。
就航から29年が経過し、老朽化しているため。個室率を高めるほか、ペット対応の客室を新たに導入。船体形状の改善や出力抑制などで燃費率も1割ほど向上させる。



同社経営企画部によると、新造船の「きたかみ」は総トン数約1万4000トンで、大部屋を廃止するため定員を現行から2割減の540人とする。また、乗船客のプライバシーに配慮する狙いで個室を3倍以上の約180室に増やす。このうちシングルルームは120室程度、ツインルームなどは約60室。これまで20人程度を収容した大広間の2等和室は廃止し、カプセルホテルタイプの2段ベッドを取り入れたシングル個室を導入する。


全長192・5メートル、幅27メートル。車両積載能力は現行船とほぼ同じトラック166台、乗用車146台。航海速力は21・5ノット。現在、山口県の三菱重工業下関造船所で建造している。


同社は、苫小牧―名古屋(仙台経由)間で「きそ」と「いしかり」の2隻、苫小牧―仙台間で「きたかみ」を運航している。新造船就航は11年の「いしかり」以来8年ぶりでダイヤ変更はしない。














[PR]
by funesuki | 2017-11-16 21:20 | フェリー | Trackback | Comments(4)

三菱重、長崎でフェリー建造再開へ






三菱重、長崎でフェリー建造再開
物流危機で需要増


2017年10月7日 Sankeibiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/171007/bsc1710070500005-n1.htm




三菱重工業が2020年度をめどに長崎造船所(長崎市)でフェリーの建造を再開する方針を固めたことが6日、分かった。陸運業界では人手不足による物流危機が深刻で、海上を使うフェリーの需要が高まっているため。

 フェリーの建造拠点を既存の下関造船所(山口県下関市)に加えて整え、苦戦する造船事業を立て直す。

 担当の大倉浩治執行役員(59)は共同通信のインタビューで、フェリーについて「韓国勢や中国勢と競合しない分野だ」と述べ、三菱重工の強みが発揮できると強調した。フェリーは人と貨物を同時に運ぶ船で、客室の内装工事などに技術力が求められるため価格競争に陥りにくく、今後、受注活動を強化する考えだ。

 長崎造船所は三菱重工発祥の地で、明治政府から借り受けて事業を始めてから130年以上の歴史を持つ。フェリーなどの建造は12年に中断し、受注が膨らんだ液化天然ガス(LNG)船などに特化してきたが、19年度には抱えている受注の大部分が一掃するため、操業率が低下する見込みだった。

 建造再開に向け、商船に関わる約900人の従業員の一部を再教育する。客室の内装や配線の工事など、フェリーの建造に求められる技能を身に付けさせる。

 一方、タンカーやコンテナ船など価格競争が激しい分野は、自社で設計や開発を中心に担い、建造は提携する今治造船(愛媛県今治市)、名村造船所(大阪市)、大島造船所(長崎県西海市)に任せる。大倉氏は「得意分野を生かし、環境変化にスピード感を持って対応する」と語った。









-----------------------------------------------------------------------------------------








(参考動画)
三菱重工長崎造船所で2012年に行われた新日本海フェリー「すずらん・すいせん」命名進水式
の動画です。


















-
[PR]
by funesuki | 2017-10-06 20:03 | フェリー | Trackback | Comments(0)

新日本海F「あざれあ」就航





e0158925_20195036.jpg






新潟・小樽航路に新造船「あざれあ」就航


2017年6月28日 テレビ新潟
http://www.teny.co.jp/nnn/news88211695.html



新日本海フェリーの新潟と北海道・小樽を結ぶ航路に、28日、新造フェリー「あざれあ」が就航した。28日は出港を前に、船の内部が公開された。

28日に就航した新造フェリー「あざれあ」は、全長197.5メートル、総トン数およそ1万4000トンで、600人を乗せることができる。

ことし3月に就航した「らべんだあ」の姉妹船で、この2隻で、新潟と北海道・小樽の間を週6日、交互に運航する。新潟発の航路では、これまでより1時間15分ほど運航時間が短縮され、利便性の向上が期待される。

およそ29畳あるスイートルームは4部屋用意され、美しい海の景色とともに優雅な時間を楽しめる。一方、格安の『ツーリスト』の部屋は片道6480円と、リーズナブルな船旅を楽しむことができる。大浴場には露天風呂もあり、日本海の潮風を浴びながら入浴できる。


小樽航路に就航した新造フェリー「あざれあ」。新たな観光交流の増加に期待がかかる。





-----------------------------------------------------------------------------------





新造船「あざれあ」28日就航
新日本海フェリー 新潟-小樽航路


2017年6月22日 新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/economics/20170622331135.html



新日本海フェリー(大阪市)は28日、新潟-小樽間に新造船「あざれあ」を就航させる。同航路で3月に就航した「らべんだあ」の姉妹船で、同様の性能や設備を備える。

あざれあは全長197・5メートル、総トン数1万4125トンで、旅客定員は600人。トラック150台と乗用車22台を載せられる。建造費は約90億円。最上階に露天風呂を設け、ペットを同伴できる客室も用意した。

就航に合わせてダイヤを改正し、新潟発は午前11時45分、小樽発は午後5時とする。運賃は1人6480円~3万7030円だが、時季により変動がある。

新日本海フェリーは「新造船2隻がそろうことでお客さまに、より快適な船旅を提供できる」とした。




-----------------------------------------------------------------------------





北海道の高速道、定額で乗り放題に
新日本海フェリーが利用者対象に限定プラン



2017年6月27日 新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170627332011.html



東日本高速道路北海道支社(札幌市)と新日本海フェリーは、フェリーを利用し、マイカーで北海道を旅行する人を対象に、道内の高速道路が一定期間定額で乗り放題となる限定プランの販売を7月1日から始める。

新日本海フェリーが運航する新潟-小樽間と、新潟-苫小牧東間を対象に、9月1日から11月6日まで実施する。

7日間以上の利用者が対象で、高速道の定額料金は普通車で1万3400円(7日間)~1万9200円(14日間)。割引対象は運転者1人だけ。

7~14日間連続で高速道路を利用する場合、復路のフェリーの運賃を11%割引する。

申し込みは7月1日からインターネットで受け付ける。新日本海フェリー、http://www.snf.jp/

問い合わせは新日本海フェリー大阪予約センター、06(6345)2921。














-
[PR]
by funesuki | 2017-06-28 20:23 | フェリー | Trackback | Comments(5)

太平洋フェリー新造船建造へ







太平洋フェリーが新造船発注、2019年1月竣工



2017年6月5日 Webクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20170605_01



太平洋フェリーは29日、三菱重工業・下関造船所に新造フェリーを1隻発注した。仙台~苫小牧間を運航する「きたかみ」のリプレースで、2019年1月に竣工する予定。船型は現行船(1万3937総トン)とほぼ同じ約1万4000総トン。

船内は大部屋を廃止するとともに個室を増やすことで、プライバシーを重視した客室構成とする方針だ。太平洋フェリーの新造船は就航ベースで11年の「いしかり」以来、約8年ぶり。

新造船は全長192.5m、幅27m、航海速力は21.5ノット。輸送能力はトラック166台、乗用車146台。乗客定員は543人。個室を大幅に増やすため現行から2割減少する。
新造船投入後のダイヤの変更は予定していない。






-------------------------------------------------------------------------------------






現行の「きたかみ」です。(中部国際空港「セントレア」より撮影画像)


e0158925_32424.jpg
e0158925_325133.jpg
e0158925_361061.jpg













-
[PR]
by funesuki | 2017-06-05 21:34 | フェリー | Trackback | Comments(4)

新日本海F「あざれあ」試運転へ出港







本年6月28日に新潟~小樽航路に就航予定の新日本海フェリー新造船「あざれあ」が
三菱重工下関工場から出港し試運転を行ったようです。



その試運転の様子をいつもお世話になっているbinmeiさんがアップしてくれています!
いつもながらのタイムリーな動画アップありがとうございます!











本船外観上の最大の特徴ともいえる「垂直ステム」・・・だいぶ見慣れてきましたかね!?
いたまだ違和感がありますか??(笑)







なお新日本海フェリーさん、7月17日の「海の日」に新潟で「らべんだあ」デイクルーズを
開催するようです!


「新潟新造船就航記念 海の日デイクルーズ」のご案内
http://www.snf.jp/news/topic/2553





こういうイベントを通じて新日本海フェリーファンを増やし、そして船旅の良さを
大いにアピールしてほしいですね!












-
[PR]
by funesuki | 2017-05-23 20:55 | フェリー | Trackback | Comments(4)

さやんどう型「LNG MARS」







さやえんどう型LNG船をようやく初撮影~!!




三菱重工長崎建造「LNG MARS」(138,000総トン・全長288ḿ)堺泉北入港の様子です!


e0158925_2340511.jpg







---------------------------------------------------------------------------------






プレスリリース
「新造LNG船(8番船)の命名について」

2015年5月15日
大阪ガス株式会社
大阪ガスインターナショナルトランスポート株式会社


http://www.osakagas.co.jp/company/press/pr_2015/1223494_15658.html



大阪ガス株式会社(社長:本荘 武宏)は、三菱重工業株式会社(社長:宮永 俊一)が建造し大阪ガスインターナショナルトランスポート株式会社(社長:近本 茂)と株式会社商船三井(社長:武藤 光一)が共同保有するLNG船(三菱重工業第2296番船)を、「LNG MARS」(エルエヌジー マーズ)と命名いたしました。

英語で「火星」を意味するマーズは、夜空にひときわ赤く輝き、燃えさかる炎を連想させます。姉妹船である「LNG VENUS」とともに、力強い炎により当社のエネルギービジネスの将来を明るく照らし出していくとの願いを込めています。

「LNG MARS」は、4基ある球形タンクを船体と一体構造のカバーで覆う「さやえんどう」型の採用により軽量化を実現し、航行中の風圧による抵抗を軽減することなどにより、従来船の20%以上の燃費低減が期待できます。

本船は当社船団の第8番目のLNG船となり、新たに引き取りを開始するゴーゴンプロジェクト等を含めた幅広いプロジェクトでのLNG輸送に活用していく予定です。当社は今後とも、より一層安定的かつ効率的なLNG輸送に取り組み、経済的な原料調達に努めてまいります。


新造LNG船の概要

(1)全長 288.0m
(2)幅 48.94m
(3)満載喫水 11.55m
(4)LNGタンク モス独立球形ストレッチタンク方式(連続タンクカバー付)
(5)総トン数 138,000t
(6)タンク容量 153,000m3(LNGタンク総容積155,000m3のうち実際にLNG積載が可能な容量)
(7)航海速力 19.5ノット
(8)建造造船所 三菱重工業株式会社 長崎造船所
(9)船舶管理会社 株式会社商船三井




---------------------------------------------------------------------------------------




エスコート船は「ぎんが」でした!
e0158925_23425453.jpg



e0158925_2343294.jpg
e0158925_2343248.jpg


大型新人くんのコントロールにタグさん達も必死の様子です!
e0158925_23442613.jpg
e0158925_23443637.jpg


e0158925_23504027.jpg
e0158925_2352720.jpg
e0158925_23523326.jpg


e0158925_23524719.jpg
e0158925_23542517.jpg
e0158925_23545631.jpg
e0158925_23551043.jpg
e0158925_23551927.jpg


e0158925_23553525.jpg
e0158925_2355477.jpg


e0158925_23574748.jpg
e0158925_2358055.jpg
e0158925_23582610.jpg
e0158925_23584021.jpg
e0158925_23584918.jpg
e0158925_2359084.jpg
e0158925_23593019.jpg



大阪ガスのLNGを運ぶ本船、船籍は「大阪」です!

e0158925_03618.jpg
e0158925_032959.jpg



e0158925_034726.jpg
e0158925_04086.jpg


e0158925_041027.jpg




138,000総トンの巨体がまるでドリフトするような!?光景に大興奮です(笑)

e0158925_043519.jpg
e0158925_07368.jpg
e0158925_07448.jpg
e0158925_091239.jpg
e0158925_092978.jpg
e0158925_094124.jpg
e0158925_095342.jpg
e0158925_0103085.jpg



仕事を終えた「ぎんが」が大阪湾に帰っていきます!
お疲れさまです~。

e0158925_011921.jpg
e0158925_0113278.jpg
e0158925_0114444.jpg
e0158925_011538.jpg




以上、怒涛の画像40枚アップ!(しつこくてスミマセンw)
さやえんどう型LNG船「LNG MARS」入港の様子でした~。

e0158925_0141047.jpg













-
[PR]
by funesuki | 2017-05-16 22:05 | LNG船 | Trackback | Comments(2)

新造船「らべんだあ」見学会その6









新日本海フェリー新造船「らべんだあ」見学会その6

横浜出港編です!


e0158925_23170543.jpg
e0158925_23240842.jpg
e0158925_23242368.jpg


氷川丸との新旧垂直ステム!?2ショットです!
e0158925_23242644.jpg




夕方となり出港時間が近づいてまいりました。
e0158925_23363921.jpg

ハイブリッドタグボート「翼」が待機中であります!
e0158925_23244025.jpg


車両デッキから2台ほどトレーラーが出入りしました。
その光景に周りの船好きからは「おお~」との声(笑)
e0158925_23244804.jpg


さぁいよいよ出港準備も大詰めです!
e0158925_23245300.jpg

ランプが上がりました!
e0158925_23245528.jpg

e0158925_00062072.jpg



船にいるスタッフさんたちが手を振ります!
e0158925_23245881.jpg
e0158925_00062598.jpg



離岸です!
e0158925_23250201.jpg



陸上側のスタッフさんたちも大きく手を振ります!
e0158925_23250421.jpg
e0158925_23250675.jpg


汽笛も鳴り感動的な出港シーンとなりました・・・
e0158925_23250885.jpg
e0158925_23251064.jpg
e0158925_23251262.jpg
e0158925_00202653.jpg
e0158925_23251800.jpg
e0158925_23252121.jpg


この光景は最初で最後となるであろう「横浜ベイブリッジ」と共に・・・
e0158925_23252616.jpg



手持ちカメラでの撮影はここまでが限界です(笑)
e0158925_23252313.jpg




ということで長々と続けてまいりました「らべんだあ見学会」終了です!


なんとか今年中に「見学会」から「乗船記」へと移りたいものですが・・・どうなることやら(笑)
しかし見学しただけでも「らべんだあ」の良さは感じることができました。
このような大規模な見学会を開催してくれた新日本海フェリー様、本当にありがとうございました!


「らべんだあ」早く乗船したいです!









-


[PR]
by funesuki | 2017-04-06 23:55 | フェリー | Trackback | Comments(2)

新造船「らべんだあ」見学会その5






前回から少し間が空いてしまいましたが・・・


新造船「らべんだあ」見学会その5です!

e0158925_2124953.jpg


お?
彼はこの日だけの特別勤務でしょうか??
e0158925_2125393.jpg



レストラン「AKANE」へ向かいます。
e0158925_21265647.jpg


「あかねさす」が名前の由来のようですね。
e0158925_2127551.jpg
e0158925_21271257.jpg

e0158925_2130582.jpg
e0158925_21301391.jpg
e0158925_21301959.jpg


後部デッキへと出ます。
e0158925_21315593.jpg


大型モニターがありました。
どのような使われ方をするのでしょうか?
e0158925_21324379.jpg
e0158925_21325074.jpg


太平洋側の某新造船とは違い背丈以上の柵はありませんでしたが(笑)・・・
そもそもここは航海中開放してくれるのでしょうか?
大型モニターがあるということは入れるのかなぁ~??
e0158925_2133515.jpg

e0158925_21361522.jpg


大さん橋を眺めます。
e0158925_21354152.jpg


e0158925_21365819.jpg
e0158925_21371882.jpg
e0158925_21373364.jpg


こちら側はジンキスカンコーナー。
e0158925_21375846.jpg


再び船内へ入りましょう。
e0158925_21382721.jpg


いよいよ「グリルコーナー」です!
e0158925_21401135.jpg
e0158925_21402276.jpg


グリル「IRIHI」です。
e0158925_21405878.jpg


カーペットの文字は天井からの照明によるもの!
オシャレですね~。
e0158925_21414458.jpg
e0158925_21415541.jpg


ほぉ~!
e0158925_21422129.jpg


フェリーとは思えない豪華さですね~。
e0158925_21432062.jpg
e0158925_2143306.jpg


中央吹き抜けに戻ってまいりました。
e0158925_21445935.jpg



こちらは「アミューズボックス」
e0158925_2146310.jpg


いわゆるカラオケボックスですね。
e0158925_21463287.jpg



見学の最後は長距離フェリーには欠かせない!?こちらのコーナーを(笑)
e0158925_21472875.jpg



そしてあとは下船するだけ・・・

と思っていたら・・・

車両甲板でイベント開催中でした!
e0158925_21475333.jpg


なんかステージまであるし!(笑)
けどステージの中身までは見れませんでした・・・どんなことしてたんだろ??
e0158925_2150648.jpg



船内見学イベントでここまで気合い入ってるの初めて見ました!
やりますね~、新日本海フェリーさん!
e0158925_21522667.jpg
e0158925_21523980.jpg



車両デッキ、本当に広いです!
なにしろここが車やトラックで埋まらないとフェリー会社の経営は成り立ちませんからね(笑)
e0158925_21541436.jpg

e0158925_21542743.jpg



これにて「らべんだあ」見学会終了です!
e0158925_21543710.jpg







といいたいところですが・・・





このあとは・・・

「らべんだあ横浜出港編」を!




て、まだ続くんか~いwww


つづきます!









-
[PR]
by funesuki | 2017-04-01 22:17 | フェリー | Trackback | Comments(4)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-12-13 23:21
トラックの絶体絶命を船が・・・
at 2017-12-09 00:36
JR九州新造船、豪オースタル..
at 2017-12-08 23:09
三菱造船、高級フェリー受注目指す
at 2017-12-08 21:16
世界初ゲートラダー内航船
at 2017-12-07 23:28
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-12-06 21:03
「ONE」のコンテナ登場!
at 2017-12-06 19:33
「三菱造船」誕生へ
at 2017-12-02 08:56
「しらせ」登場のアニメ放映へ
at 2017-11-29 20:53
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-27 21:09
JTB「最安」の世界一周クル..
at 2017-11-27 20:44
「フィッツジェラルド」修理に..
at 2017-11-27 20:30
宮崎カーフェリー、2022年..
at 2017-11-20 20:05
宮崎カーフェリー特別清算申請へ
at 2017-11-20 19:43
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-19 22:45
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-16 21:53
太平洋フェリー「きたかみ」新..
at 2017-11-16 21:20
米空母3隻と海自が共同訓練
at 2017-11-14 00:16
南極観測船「しらせ」東京港
at 2017-11-12 22:14
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-08 21:54

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(563)
(146)
(142)
(136)
(120)
(105)
(92)
(85)
(85)
(79)
(79)
(75)
(74)
(65)
(54)
(50)
(48)
(47)
(47)
(43)

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:01
花鳥風月さん、おはようご..
by すぐる at 23:59
アキさん、こんにちは! ..
by すぐる at 23:58
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 22:01
こんにちは! たし..
by アキ at 15:18
すぐるさん、おはようござ..
by 花鳥風月 at 06:19
アキさん、おはようござい..
by すぐる at 21:30
おはようございます! ..
by アキ at 05:18
私が一番身近に接している..
by すぐる at 22:50
おはようございます! ..
by アキ at 05:04

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧