タグ:大洗港 ( 11 ) タグの人気記事

東日本大震災から6年





震災証言「あの日、あの時」
船長が下した“ぎりぎりの判断”


2016年3月2日 NHK ONLINE
http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00432.htmlE




震災証言記録、「あの日、あの時」。

3月11日、東日本大震災で被災した人たちは、どこにいて、何をしていたのか。NHKでは被災地の放送局で、証言を集めています。
今回は、大洗港と北海道の苫小牧を結ぶフェリーの船長、坂上幹郎さん、59歳です。船長暦12年のベテランです。

水産庁によりますと、東日本大震災では、太平洋沿岸の300あまりの漁港が津波に襲われ、およそ2万9000隻の船が岸壁に乗り上げたり、沖に流されたりする被害が出ました。フェリーが停泊していた大洗港にも、地震のわずか30分後に津波の第一波が押し寄せました。

船長の坂上さんは緊急出港が可能か、ぎりぎりの判断を迫られました。



(続きはこちらで)
http://www.nhk.or.jp/shutoken/miraima/articles/00432.html







---------------------------------------------------------------------------------------







(参考動画)
10分30秒~、大洗フェリーターミナルが映っています。










-----------------------------------------------------------------------------------------







津波に遭遇した船の行動事例集
~東日本大震災で津波に遭遇した船のその時の行動に学ぶ~

http://www.sensaibo.or.jp/CL04/211_S1.pdf



e0158925_2242215.jpg








1.大船渡港での地震津波遭遇状況報告
~乗組員の全力を出しきって乗り越えた東日本大震災と巨大津波~
太平洋沿海汽船株式会社 「陸龍丸」船長 岩﨑 正幸


2.自船が巨大地震と大津波に遭遇する中でロシア船を救助
~上陸して帰れぬ乗組員を除く6 人のみで緊急離桟~
第一中央船舶株式会社 硯海(けんかい)丸船長 川﨑直喜


3.住友金属物流船団の津波対応-今回の津波の事例と今後の指針
住友金属物流株式会社内航営業部調査役 五十嵐一馬


4.鹿島港で大津波に遭遇
住友金属物流株式会社[新栄丸] 一等航海士 豊坂勝治


5.東日本大震災! 油タンカーで燃料油の積荷中
その時・その後の海は?
富士石油株式会社袖ヶ浦製油所バースマスター和田礼治


6.東日本大震災を経験して
日正汽船株式会社 VLCC「日彦」船長 草崎真古刀


7.港内における津波遭遇報告
日本郵船株式会社 船長 恩田裕治


8.東日本大震災を経験して
青木マリーン株式会社 「TRANSWORLD」船長 香川平治


9.仙台港での地震津波遭遇状況報告 3月11日その瞬間
太平洋フェリー株式会社 「きたかみ」船長 川尻 稔


10.大震災、港外退避とその後の緊急輸送等について
商船三井フェリー株式会社「さんふらわあ さっぽろ」船長 加藤勝則


11.「さんふらわあ ふらの」緊急出港について
商船三井フェリー株式会社「さんふらわあ ふらの」船長 坂上幹郎















-
[PR]
by funesuki | 2017-03-11 19:56 | フェリー | Trackback | Comments(0)

大洗港、フェリー就航30周年祝う





フェリー就航30周年祝う 大洗


2015年3月24日 茨城新聞
http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14271193341081



茨城港大洗港区と北海道・苫小牧港を結ぶフェリー航路30周年を祝う式典が23日、大洗町港中央の同港区フェリーターミナルで開かれ、関係者ら約80人が歴史を振り返るとともに、同港区のさらなる発展を祈った。

式典で、大洗港振興協会長の小谷隆亮大洗町長が「(30年前の第1船入港の情景は)新時代の幕開けにふさわしかった。今後も日本の物流の一翼を担い、地域の活力となるよう期待したい」と語り、商船三井フェリーの中井和則社長は「フェリーは追い風にある。(長距離トラック輸送を海運や鉄道に転換する)モーダルシフトで注目を浴び、2020年東京五輪に向け、観光的にも手ごたえを感じる」と期待を寄せた。

午後6時半発の「さんふらわあ さっぽろ」を、大洗荒磯太鼓や県立大洗高マーチングバンド部の演奏で見送った。

同航路は1985年3月16日に就航、首都圏と北海道を結ぶ主要な航路として、物流や観光面で重視しされてきた。現在は日曜を除く1日2便の週12便運行している。







[PR]
by funesuki | 2015-03-26 00:56 | フェリー | Trackback | Comments(2)

「さんふらわあ」で謎解きクルーズツアー開催!



e0158925_1145746.jpg






捕らわれた船長を救う謎解きフェリーツアー開催! 北海道へ辿り着けるか!?



2014年12月21日 マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2014/12/21/019/


ダイヤモンド・ビッグが展開する旅行ガイドブックシリーズ『地球の歩き方』と商船三井フェリーは2015年3月7日、謎解きゲームがセットになったツアープラン「『地球の歩き方』リアル謎解きツアー 東京→北海道 捕らわれた船長を救え! 1泊2日謎解きクルーズ」を開催する。

同企画は、参加型の謎解きゲームを2回行う1泊2日のクルーズツアー。北海道へ向かう大型フェリー「さんふらわあ ふらの号」の船内で、どこかに監禁されている船長を救うために、海賊「謎かけ団」が出す謎を参加者が解いていく、という演出となっている。

ツアーの出発地は東京駅で、下船は北海道・苫小牧。苫小牧から札幌への連絡バスも別料金で用意している。東京駅からのバス・フェリー・ゲーム代などを含む旅行代金は1人あたり1万800円~2万1,080円(宿泊船室のランクにより変動)。なお、食事は参加者各自にて。子どもの参加も可能だが、謎の難易度は高めとのこと。





------------------------------------------------------------------------






捕らわれた船長を救え!1泊2日謎解きクルーズ

http://arukikata-campus.jp/tour/volunteer/nazotokitour/01.html





2015年3月7日(土)出港!海の上で、本気の頭脳勝負

“2015年3月7日(土)、北海道を目指して出港した大型フェリー「さんふらわあ ふらの号」。
その船内で、突然船長が姿を消した。そこへ「謎かけ団」と名乗る海賊からの挑戦状が届く。
どこかに監禁されている船長を救うには、「謎かけ団」が残した謎を解くしかないのだが―――――” 
首都圏→北海道を運航する本物のフェリーの上で謎解きゲームを行う、日本初のクルーズツアーが登場!

この企画は、参加型の謎解きゲームを2回行う1泊2日のクルーズツアーです。
商船三井フェリーの大型フェリー「さんふらわあ ふらの」と、海外・国内旅行に強い「地球の歩き方」がコラボ。
舞台は本物の船、謎はすべてオリジナル、闇夜の海に迷い込んでいくドキドキとワクワク。
鉄道にも、車にも、飛行機にもない、新しい船旅の楽しさを創出します!




-----------------------------------------------------------




~捕らわれた船長を救え!~

物語は、「さんふらわあ ふらの号」宛に一通の予告状が届いたところから始まった。
差出人は海賊「謎かけ団」、予告内容は2015年3月7日(土)の船長誘拐。
このツアーの参加者は、「さんふらわあ ふらの号」からの依頼により、当日ねらわれた船に潜入。
頭脳とチームワークを武器に船長を救い出すスペシャルチームとなる。
密室となった船内で、次々と降りかかる謎。
あなたはこの荒波をくぐり抜け、すべての乗員乗客を北海道に到着させられるだろうか――――――


★予告状★
2015年3月7日(土)出港の「さんふらわあ ふらの号」をジャックする。
人質となった船長を救い出し、船を北海道に到着させたければ、
当日船のなかで我々の出す謎を解いてみよ。
―海賊 謎かけ団―



「さんふらわあ ふらの号」から みなさんへのお願い

首都圏と北海道を結ぶフェリー「さんふらわあ ふらの号」宛に、
↑こんなシージャックの予告状が届きました。差出人は海賊「謎かけ団」。
船を守るには、彼らとの謎解き対決に勝つしかありません。みなさん、
どうか当日私たちの船に乗って「謎かけ団」との対決に参戦してください!
―「さんふらわあ ふらの号」一同―




-----------------------------------------------------------




『「地球の歩き方」リアル謎解きツアー 東京→北海道
捕らわれた船長を救え!1泊2日謎解きクルーズ』

▼出発日
2015年3月7日(土)

▼出発地
東京駅 

▼ツアー日程
◎1日目
13:30 : 東京駅集合
14:00 :専用バスにて大洗フェリーターミナルへ。
夕刻 : 大洗港着、「さんふらわあ ふらの号」に乗船。
 夜 : 各自にて夕食。その後、ゲーム。船長誘拐事件は、無事に解決するのだろうか!?
(船内泊)
◎2日目
  朝 : 各自にて朝食。
10:00 : ゲーム。船長誘拐事件から一夜明けた船内、次はいったい何が起こるのか!?
12:00 : ゲーム終了・解説。
13:30 : 苫小牧到着・下船・解散。
※苫小牧から札幌への連絡バスあり。

▼旅行代金(1人あたり)
10,800円~21,080円
※宿泊船室のランクにより変動。バス・フェリー・ゲーム代金すべて込み。

▼参加資格
船長および「さんふらわあ ふらの号」を海賊から救う決意のある方。
お子様でもご参加可能ですが、謎の難易度は高めです。

▼詳細はこちら
http://arukikata-campus.jp/main/nazotokitour01/

▼本ツアーについてのお問い合わせ先
(株)ダイヤモンド・ビッグ社
「地球の歩き方」リアル謎解きクルーズデスク
03-3553-6624
volunteer@arukikata.co.jp (2014/12/18-17:32)
[PR]
by funesuki | 2014-12-22 00:51 | フェリー | Trackback | Comments(0)

東日本大震災から3年・・・



もう一つの被災地~茨城の今
大洗港フェリーターミナル 災害対策植え付けた「津波」の記憶

2014年3月8日 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140307/trd14030723350014-n1.htm



「あの光景は、今も忘れない」。

あの日、最大約4・9メートルの津波が押し寄せた茨城県大洗町。黒い渦は漁船を飲み込み、車のクラクションは鳴り続けた。大洗港フェリーターミナルビルを管理する「茨城ポートオーソリティ」の常務兼大洗支社長、岩上博さん(64)は、海岸線に面するビルの屋上から、その一部始終を目撃していた。

地震発生は、午後2時に到着した苫小牧からのフェリー客が下船し、ビルが静けさを取り戻したころだった。「突然、建物がきしむほどの揺れを感じた」。

携帯ラジオから聞こえてきた「津波」の言葉に、ビルに残っていた数人の客を避難させると地上約12メートルの屋上に登った。「波が車や船を流し、スーッと町役場の方まで進んで行くのが見えた。海には大きな渦ができていた」。

港は震災から約3カ月後に復旧し、乗客数もこの3年間で震災前と同程度に回復した。日常を取り戻したように見える港を眺めながら、それでも、「あのとき、さらに大きな津波が来ていたら、数百人の乗客がビルに残っていたら」そんな考えが今も、岩上さんの頭をよぎる。

震災後、非常用電源の設置などビルのハード面での災害対策を強化したが、岩上さんは「その時、いかに犠牲者を出さない方法を選択するかが重要。海の前で仕事をする者として、これからも考え続けなくてはいけない」と表情を引き締める。(緒方優子)


e0158925_22425295.jpg
津波は駐車場の車を飲み込み、右奥の町役場まで押し寄せた=平成23年3月11日(茨城ポートオーソリティ提供







------------------------------------------------------------------------







日本マリンエンジニアリング学会誌


「“さんふらわあ ふらの”の東日本大震災時の緊急出港について」

さんふらわあふらの船長 坂上幹郎

http://www.jime.jp/openjournal/gv47n02_2012p032.pdf








---------------------------------------------------------------------------




(参考動画)
5分30秒~、フェリーターミナル屋上に避難する方々の姿が映ります。









(参考動画)
10分30秒~、フェリーターミナルが映っています。



[PR]
by funesuki | 2014-03-10 23:43 | フェリー | Trackback | Comments(0)

大洗港に「ガールズ&パンツァー」パネル設置



ガルパンパネル「ようこそ大洗」

2013年8月28日 茨城新聞
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13776108222494


あ北海道苫小牧港と茨城港大洗港区を結ぶ定期フェリーの乗降口となる大洗町港中央のカーフェリーターミナルに、人気アニメ「「ガールズ&パンツァー」(通称ガルパン)に登場する主人公の等身大キャラクターパネルが設置され、乗降客などの送迎に一役買っている。

ガルパンは同町が舞台で、実際の町並みが登場する。テレビ放送が終了したものの、来年12月末の公開を目指し、映画化が進められている。

「ガルパンの聖地」として町は人気を集めており、大洗ターミナルが主人公5人のキャラクターパネルを設け、誘客促進を図りたい考え。




--------------------------------------------------------------------------




下記画像は大洗ターミナル株式会社さんのfacebookからのものです。
https://ja-jp.facebook.com/oaraiterminal


e0158925_10461642.jpg



バスもすごいことになってますね(笑)
e0158925_1162698.jpg



7月には「さんふらわあ」を利用したイベントツアーも開催されたようです。
e0158925_10504722.jpg



本当に「ガルパン」は空前のブームになっているようですね~。
e0158925_10462173.jpg





--------------------------------------------------------------------------




オマケ画像・・・
アニメに登場する「学園空母」です。全長7600メートル、喫水は250メートル!とのこと(笑)
ジョージワシントンもマースク・マッキニー・モラーも真っ青になる!?巨大船ですね(笑)

e0158925_10464118.jpg

[PR]
by funesuki | 2013-09-01 00:15 | フェリー | Trackback | Comments(6)

商船三井フェリー「さんふらわあ ふらの」乗船記 その2



朝目覚めてデッキに出てみると・・・船影が!
e0158925_113360.jpg


本船と反航し北海道へと向かう「さんふらわあ さっぽろ」です!
ちょっとビミョーな画像ですが良しとしましょう(笑)
e0158925_1153082.jpg
この日は台風が接近しており海には結構なうねりがありました。
e0158925_1164324.jpg
そして・・・
e0158925_1171593.jpg
朝日来ました~!!!
e0158925_1175357.jpg
船に乗って良かったな~!と思う瞬間であります。
e0158925_1183239.jpg
e0158925_1184251.jpg


動画も撮影しYoutubeにアップしてみました!




e0158925_118551.jpg
e0158925_1223461.jpg
では再び船内へ・・・
e0158925_1234951.jpg
最上部デッキにある展望ラウンジです。
e0158925_291243.jpg
e0158925_1243865.jpg
そしてレストランで朝食バイキングを頂きました。
e0158925_1271591.jpg
e0158925_293986.jpg
e0158925_1275375.jpg
早起きしたためこの後はウトウト・・・であっという間に大洗港!
e0158925_12979.jpg
海岸にはたくさんの海水浴客が!みんな大洗港に戻ってきてくれてホント良かったですね~。
e0158925_1302599.jpg
大洗港のシンボル「大洗マリンタワー」です。
e0158925_1311139.jpg
港にはまだ大津波の爪あとも残っておりました・・・
e0158925_132877.jpg
着岸です!
e0158925_1321918.jpg
決して運動会の綱引き準備ではありません(笑)
e0158925_1332742.jpg
e0158925_133411.jpg
タラップがパッカーン!
e0158925_134125.jpg
e0158925_1342974.jpg
定刻通り14時大洗港到着です。ふらのサンお疲れ様!
e0158925_1353659.jpg



以上、北海道滞在時間より往復の乗船時間のほうがはるかに長かった(笑)「しれとこ&ふらの」による
「さんふらわあ北海道弾丸ツアー」でした!
[PR]
by funesuki | 2011-09-08 01:19 | フェリー | Trackback | Comments(12)

商船三井フェリー「さんふらわあ しれとこ」乗船記

商船三井フェリー「さんふらわあ しれとこ」乗船記
「東京駅から大洗港へ!」編



先月の太平洋フェリー乗船に続き、この夏は「日本の夏!フェリー乗船強化の夏!」ということで(←なんやそれw)
今月は茨城県大洗港と北海道苫小牧港を結ぶ商船三井フェリーに乗船してきました!

今回乗船したのは大洗港を深夜1時45分に出港する深夜便。
まずは東京駅から水戸駅まで高速バス利用です。
予約が効かないこの便、週末ということもあり、ちゃんと乗車できるか心配でしたが切符売り場で10分ほど並び、無事20時20分発のバスに乗車できました。


東京駅出発です!
e0158925_172325.jpg
予定では2時間ほどで水戸駅到着のはずでしたが、週末の首都高の渋滞などにハマり30分ほど遅れて
水戸到着です。
e0158925_194440.jpg
水戸駅からは23時04分発の鹿島臨海鉄道に乗車。
e0158925_11316.jpg
15分程で大洗駅へ到着です。
駅前からはタクシーがいなければ徒歩で港へ向かおうかと思いましたが(徒歩約20分)
タクシーがちょうどいたため乗りました。840円なり。

そして大洗港フェリーターミナル到着です!壁には「がんばっぺ大洗!」の文字が!
e0158925_1214933.jpg
ターミナル受付
e0158925_1254422.jpg
岸壁付近には津波の被害の跡も・・・。
e0158925_131872.jpg
さぁこの船が今夜北海道へと向かう「さんふらわあ しれとこ」です!
e0158925_1321574.jpg
e0158925_1323229.jpg
ターミナルからのボーディングブリッジが震災の影響で利用不可のため、このような形での乗船となりました。
e0158925_1324689.jpg
e0158925_1325261.jpg
e0158925_1432191.jpg
さて利用するお部屋ですが深夜便はカジュアルルームのみの設定。
一段ベッドの4人部屋です。カーテンの向こう側には船首部分が見えるというラッキーな部屋でした。
ま、夜は当然カーテンは開けられませんが(笑)
e0158925_139662.jpg
「おっ!?」とシーツにあったこんな文字に反応してしまう私(笑)
e0158925_1412577.jpg
さて船内散策もそこそこにデッキへと向かいます。
そしてランプウェイも上がりいよいよ出港!
e0158925_1425316.jpg
ここで感動的なことが!なんと陸上の作業員の方がヘルメットを片手に手を振ってくれています!もう深夜2時前だというのに(笑)
写真がブレブレで申し訳ないですがwフェリーでは珍しい光景に感激しましたです。
e0158925_1441418.jpg
e0158925_147511.jpg
さようなら大洗~!
e0158925_1482427.jpg
e0158925_1483430.jpg



つづきます!
[PR]
by funesuki | 2011-07-28 01:11 | フェリー | Trackback | Comments(4)

おかえりなさい さんふらわあ!

「フェリー再就航祝う 大洗・セレモニーで乗客歓迎」

2011年6月17日 茨城新聞
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13082259356939


東日本大震災の地震や津波で被災し、応急復旧して今月6日に再開されたばかりの大洗-北海道苫小牧間の定期フェリーの再就航を祝う歓迎セレモニー「おかえりなさい さんふらわあ」が15日、大洗町の茨城港大洗港区第3埠頭(ふとう)中央東岸壁で行われた。

埠頭ではマーチング全国大会で金賞常連の地元の県立大洗高校マーチングバンド部が演奏やドリルを披露して乗船客らを歓迎。フェリーの前に設けられた特設ステージでは大洗港振興協会長の小谷隆亮町長が「町も順調に通常の姿を取り戻しつつある。乗客のみなさんは船旅を十分楽しんで2度、3度と利用していただき、周囲にもそのよさを訴え復興に協力してほしい」などとあいさつした。
その後、フェリーの古崎洋志船長にポートフレンズ大洗の成田みどりさんから花束が贈られた。

e0158925_23414370.jpg
再開したカーフェリーを歓迎するイベントで演奏する大洗高校マーチングバンド部
=大洗町の茨城港大洗港区(茨城新聞より)
[PR]
by funesuki | 2011-06-17 23:42 | フェリー | Trackback | Comments(2)

さんふらわあ ふらの 大洗入港

「茨城・大洗-苫小牧のフェリー運航再開」

産経新聞 2011.6.6 20:29
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110606/ibr11060620310008-n1.htm

東日本大震災後、運休していた茨城・大洗-苫小牧(北海道)の旅客フェリーが6日、運航を再開し、茨城県内と国内の港を結ぶ旅客と貨物の航路が全面再開した。
茨城港大洗港区(茨城県大洗町)は震災で岸壁や埠頭(ふとう)が破損し、使用を中止。暫定的に第4埠頭だけが使用されていたが、復旧が進み、6日から第3埠頭の使用が再開された。

商船三井フェリー(東京都品川区)の「さんふらわあ」定期運航は3月25日から東京-苫小牧で運航していたが、この日、「さんふらわあふらの」が午後6時15分、苫小牧港に向け出港。定期航路が再開された。夕方便、深夜便の1日2往復。
茨城県港湾課によると、貨物輸送専門のRORO(ローロー)船の航路と旅客用のフェリー航路は震災前と同様の便数となった。


----------------------------------------------------------------------------------


今回の記事タイトルはタイミング的にまるで6日の運航再開を撮影してきたかのような!?
タイトルですが・・・
実は今年1月に大洗で撮影した画像だったりします・・・まぎらわしくてスミマセン!

では改めて「さんふらわあ ふらの 大洗入港」の画像です!
e0158925_23394748.jpg
e0158925_233957100.jpg
e0158925_2340332.jpg
e0158925_23401627.jpg
e0158925_23403315.jpg
e0158925_23405811.jpg
e0158925_23411181.jpg
e0158925_234137100.jpg
e0158925_23462386.jpg
e0158925_23474099.jpg
e0158925_2348419.jpg
e0158925_23483223.jpg
e0158925_23484671.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-06-07 01:12 | フェリー | Trackback | Comments(4)

商船三井フェリーが予約再開へ

「大洗港区・苫小牧フェリー予約再開」

茨城新聞 2011年5月18日
http://www.ibaraki-np.co.jp/news/news.php?f_jun=13056420411258


東日本大震災の影響で2カ月以上運休が続く大洗-北海道・苫小牧フェリーは17日、6月15日以降の乗船予約の受け付けを再開した。茨城港大洗港区内のフェリーターミナルについては県などが6月初旬の一部使用再開を目指して応急復旧を急いでおり、フェリーを運航する商船三井フェリーは、復旧工事の進捗(しんちょく)を見極めながら6月のできるだけ早い時期に運航を再開させたいとしている。

大洗-苫小牧間のフェリーは遅くとも同月15日から、従来通り夕方と深夜に大洗港区を出発する1日2往復で運航される見通し。

フェリーターミナルは地震と津波により岸壁などが損傷し、航路に土砂やがれきなど漂流物が堆積して船が航行できない状態になっている。東西の岸壁のうち東側の岸壁については使用再開に向けて、補修や航路の浚渫(しゅんせつ)など応急復旧の工事が進められている。

1階部分が浸水するなどの被害を受けたターミナルビルは、フェリーの運航再開後もエレベーターやレストラン、売店が使用できない状態が続く見通し。フェリーの乗降には、ボーディングブリッジの復旧が間に合わないため、タラップが使われるという。

同社は「6月15日より前に運航を再開できるよう、復旧工事の進捗を見極めながら調整したい」と一日も早い運航再開を目指している。
[PR]
by funesuki | 2011-05-19 01:07 | フェリー | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

さんふらわあ新造船の広告ポス..
at 2017-04-22 23:04
NHKで深田サルベージのクレ..
at 2017-04-18 19:30
球状船首セメント船「清安丸」
at 2017-04-16 23:30
「ガンツウ」10月17日就航へ
at 2017-04-12 20:09
ナッチャン・はくおう関連番組放映
at 2017-04-10 21:47
濃霧でフェリーに影響
at 2017-04-08 23:11
新造船「らべんだあ」見学会その6
at 2017-04-06 23:55
新造船「らべんだあ」見学会その5
at 2017-04-01 22:17
JXTGグループが始動
at 2017-04-01 21:10
「いしかり」で船上入社式
at 2017-04-01 20:50
両備クルーズ船の内外装発表
at 2017-03-26 23:01
セウォル号 引き揚げ
at 2017-03-26 22:39
海自最大の護衛艦「かが」就役
at 2017-03-24 00:19
新造船「らべんだあ」見学会その4
at 2017-03-22 22:57
TBSで海保密着SP番組放映
at 2017-03-20 23:54
新造船「らべんだあ」見学会その3
at 2017-03-17 00:48
MOLの2万TEUコンテナ船..
at 2017-03-17 00:32
「クイーンエリザベス」神戸入港
at 2017-03-13 19:39
「ブルーハピネス」就航!
at 2017-03-12 22:40
東日本大震災から6年
at 2017-03-11 19:56

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(504)
(137)
(131)
(131)
(109)
(101)
(85)
(82)
(81)
(74)
(73)
(70)
(67)
(65)
(48)
(45)
(44)
(44)
(42)
(39)

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:52
すぐるさん、おはようござ..
by NCF at 05:58
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:46
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 22:33
カツミさん、こんにちは!..
by すぐる at 01:52
こんにちは クルーズフ..
by カツミ at 09:45
NCFさん、こんにちは!..
by すぐる at 20:44
すぐるさん、こんにちは!..
by NCF at 15:27
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:56
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:54

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧