タグ:日本郵船 ( 90 ) タグの人気記事

「飛鳥」新造船先送りへ






郵船、「飛鳥」の後継先送り 最大10年、建造費用高騰で 老朽化で集客力低下も


2017年10月18日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22369580X11C17A0TJ1000/


日本郵船が2020年を目指していた豪華客船「飛鳥2」の後継船の新造を最大で10年先送りする。

主力の貨物船事業が市況低迷に直面しているのに加え、客船の建造費用が高騰しており客船事業に投資しにくい状況が続く。現行船を改装して後継船の投入時期を見極める方針だが、老朽化により集客力が低下するリスクもある。












-
[PR]
by funesuki | 2017-10-18 20:17 | クルーズ船 | Trackback | Comments(5)

LNG船「ENERGY HORIZON」






東京エルエヌジータンカーのモス型LNG船「ENERGY HORIZON」エネルギーホライズン
横浜・根岸出港の様子です!




141,136総トン・全長300m。2011年川崎重工建造

e0158925_23232780.jpg



e0158925_23233889.jpg


ファンネルは「東京ガス」マークであります!
e0158925_2324863.jpg
e0158925_232527.jpg
e0158925_2325128.jpg



エスコートボートは神奈川県警!
e0158925_23255622.jpg

なわけないですね(笑)


e0158925_23271958.jpg


しっかりタグマークのとこ押してますね~。
e0158925_23274451.jpg
e0158925_2328426.jpg
e0158925_2329185.jpg
e0158925_23291421.jpg
e0158925_23294618.jpg
e0158925_2330626.jpg
e0158925_23525934.jpg
e0158925_23303223.jpg


船籍は「東京」です!
e0158925_23305411.jpg
e0158925_2331337.jpg
e0158925_23312318.jpg
e0158925_23315186.jpg
e0158925_23322924.jpg
e0158925_23333424.jpg
e0158925_23335279.jpg




お気をつけて~。

e0158925_2340975.jpg














-
[PR]
by funesuki | 2017-08-27 23:24 | Trackback | Comments(0)

日本郵船、大型船舶の自動運航に挑戦








日本郵船、大型船舶の自動運航に挑戦 太平洋上で世界初の試験航海へ



2017年8月27日 日刊工業新聞
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00440859




国内海運最大手の 日本郵船は大型船舶を国際航路で自動運航する実証試験を2019年に開始する計画だ。公海上の試験航海は世界初となる。同社がまとめ役となり、船舶関連機器メーカーや通信サービス会社などと共同で衝突回避の安全運航に向け技術開発を目指す。

 郵船の完全子会社MTIで自動運航技術開発を手掛ける安藤英幸船舶技術部門長は、実験船は大型コンテナ船などが候補とし、「万一に備え船員が搭乗した上で、見張り機能の自動化、さらに陸上基地からの遠隔操作と段階的に進め、最終的に完全な自動運航に移行する計画だ」と明かす。船舶数が比較的少ない太平洋上が有力で、現時点で日本から北米への航路を想定しているという。

 郵船の航海チームの桑原悟チーム長は、これまで熟練船員の感覚頼みの操船業務を膨大なデータとして蓄積し、解析を通じて機器の自動化や安全性向上につなげる流れはできつつあると語った。その上で、「自動運航により安全な航海と労務の軽減が可能になる」とし、今後は郵船の主導で技術の世界標準化を目指すと述べた。桑原氏は国土交通省が支援する研究開発事業「船舶の衝突リスク判断と自律操船に関する研究」のプロジェクトリーダー。

 自動運航を目指す船は、自動車に比べ巨大で重い。操船、船体管理、エンジンメンテナンスなど作業も複雑になる。エンジン出力なども自動車に比べ大規模で緻密な管理が必要だ。郵船は既に自動運航を含む技術開発に関連したMTIを設立し、造船会社のほか航海・船舶電子機器など計15社の出向者などで多くの分野で自動制御に向けたシステムなどの開発に取り組んでいる。

 自動化への技術開発は今後、一層の競争激化が見込まれる。英ロールス・ロイス・ホールディングスは35年までに無人船の公海運航に向け試作品の開発を進め、20年にも遠隔操作船の試験運転を目指すと発表。ノルウェーのヤラ・インターナショナルは18年から公海ではないが同国沿岸で自律航海可能なコンテナ船運用を始め、19年に遠隔操作に移行すると発表済み。国際運航する外航船と国内の内航船では船の構造や船員教育が異なり、公海では国際法順守などの取り決めがある。

国内で競合する、商船三井は三井造船と共同で、また川崎汽船は自動運航の技術開発を進めているが、それぞれ実証実験について具体的に発表していない。

 政府は日本再興戦略に基づいた「未来投資戦略2017」で、自動運航船の実用化に向け最先端のデータ伝送技術を活用するなど、25年までに先進船舶250隻程度の導入を目指している。国交省は大型船舶を使った自動運航の実験などで着実な導入を進める方針で、環境整備として、自動運航の船内機器のデータ形式など日本案の規格を国際統一として採用されるよう働きかける意向だ。

 シティグループ証券の姫野良太アナリストは、コンテナ船事業は国内3社が統合しても世界シェア7%程度と指摘、「次世代の海運業の主流になるであろう自動運航技術では存在感を示してほしい」と述べた。その上で、情報技術(IT)や先端技術の開発・導入ではコンテナ船事業で郵船が既に成功し、株式市場でも評価されており、「メーカーではなくオペレーターの立場からの知見を生かし、業績に直結する技術と認知されれば市場ではポジティブに評価される」との見方を示した。(ブルームバーグ)













-
[PR]
by funesuki | 2017-08-27 23:18 | コンテナ船 | Trackback | Comments(0)

天皇・皇后両陛下が郵船歴史博物館ご訪問








e0158925_19404931.jpg

日本郵船歴史博物館を見学される天皇、皇后両陛下=17日午後、横浜市中区(代表撮影)








両陛下、日本丸をご視察 「海の日」祝う船員らに拍手送られる 横浜港


2017年7月17日 産経新聞
http://www.sankei.com/life/news/170717/lif1707170018-n1.html



天皇、皇后両陛下は「海の日」の17日午前、横浜市を訪れ、横浜港で保存・展示されている帆船「日本丸」などを視察された。海からの高さが最大約45メートルのマストに登った船員らが「登しょう礼」を行い、「海の日おめでとう」と声を上げると、両陛下は笑顔で拍手を送られた。

船員とボランティア約100人が帆を張る様子を見た天皇陛下は「風が強い時は大変でしょう」と担当者に声をかけられた。帆を張り終えた甲板上の船員らから登舷礼を受けた両陛下はそろって一礼し、にこやかに手を振って応えられた。

両陛下は同じ敷地内にある横浜みなと博物館もご見学。皇太子時代の昭和59年に現在活躍中の2代目日本丸の進水式に出席しており、当時の写真を懐かしそうにご覧になった。

日本丸は船員養成のための練習帆船で、国の重要文化財に指定される見通し。午後には近くの日本郵船歴史博物館も視察された。






-----------------------------------------------------------------------------






「海の日」にちなみ 天皇皇后両陛下が横浜港を訪問


2017年7月18日 ANNNEWS
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105590.html


 
天皇皇后両陛下は「海の日」にちなみ、17日に横浜港を訪問されました。

両陛下は午前、横浜市のみなとみらい地区に展示されている帆船「日本丸」をご覧になりました。帆を張るためにマストに上がった船員らが掛け声とともに敬礼すると、両陛下は拍手で応えられました。

午後は日本郵船の博物館を訪れ、明治以降の船の歴史が紹介された展示を視察されました。博物館には戦争で死亡した船員たちを慰霊するために作られた像も展示されていて、両陛下は像に向かって深く一礼されました。
陛下はおととし、戦時中に民間の船が軍に徴収されて多くの船員が犠牲となったことについて「痛ましく思う」と述べられていました。












-------------------------------------------------------------------------------






天皇皇后両陛下/日本郵船歴史博物館を訪問


2017年7月18日 LNEWS
http://lnews.jp/2017/07/j071814.html


日本郵船は7月18日、天皇皇后両陛下が7月17日の海の日に横浜市中区の日本郵船歴史博物館を訪問されたと発表した。

両陛下は日本郵船の工藤泰三会長と歴史博物館館長の阿部且の出迎えを受けた後、脇屋伯英館長代理の案内で館内を視察された。

近代日本海運業を興した岩崎彌太郎やインドのタタ商会と共同で開設したボンベイ航路、戦前の豪華客船に乗船した数々の著名人、戦禍での壊滅、唯一残った大型貨客船氷川丸から始まった復興から現在に至るまでの歴史の展示を熱心にご覧になり、船が唯一の輸送手段であった時代と異なり、旅客輸送がほとんど飛行機になったことに対する感想などを述べられた。

なお、殉職戦没社員冥福祈念像とは、太平洋戦争中に犠牲となった5312名の戦没社員を悼み、創立70周年に当たる1955年に建立。長崎市平和公園にある平和祈念像と同じ、北村西望(1884-1987)の作。




e0158925_19493814.jpg

殉職戦没社員冥福祈念像の説明をお聞きになる両陛下














-
[PR]
by funesuki | 2017-07-18 20:17 | 船の話題 | Trackback | Comments(0)

NHK「シャキーン!」に氷川丸






日本郵船ニュースリリース
http://www.nyk.com/news/2017/1188312_1521.html






7月17日(月・祝)海の日

NHK Eテレ(教育テレビ)に登場!

知的エンターテインメント番組「シャキーン!」の撮影に日本郵船氷川丸と当社社員が協力し、番組内のコーナー「ふりふりキャプテンめい」と「終わる瞬間」に登場します。海の日にちなんで、「シャキーン!」MCのめいちゃんが氷川丸を訪問! 海と船づくしのスペシャルな内容です。


放送予定日:2017年7月17日(月・祝)7:00~7:15

※7月21日(金)7:00~7:15 「ふりふりキャプテンめい」のみ再放送



番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/kids/program/shakiin.html












-
[PR]
by funesuki | 2017-07-14 21:45 | テレビ番組 | Trackback | Comments(0)

コンテナ船3社統合「ONE」発足







コンテナ船3社統合「親会社しのぐ存在に」 ONE発足


2017年7月10日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ10HO5_Q7A710C1000000/




日本郵船、商船三井、川崎汽船がコンテナ船事業を統合した新会社が発足したことを受け、3社の社長らが10日、東京都内で記者会見した。
「将来は親会社をしのぐようになってほしい」(内藤忠顕日本郵船社長)などと述べ、統合が進む欧州のメガキャリアなどとの競争に打ち勝つ意欲を示した。


3社は7日、新会社「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」(ONE)を設立。持ち株会社の本社を東京に置き、運航管理などにあたる傘下の事業会社をシンガポールに設置した。事業会社の最高経営責任者(CEO)には日本郵船経営委員のジェレミー・ニクソン氏が就任。新会社はコンテナ船事業で世界シェアの約7%を占め、来年4月の営業開始を目指し準備を進めている。

コンテナ船業界では近年、業界首位のA・P・モラー・マースク(デンマーク)など欧州や中国の大手が主導するM&A(合併・買収)が相次ぐ。9日には中国国有で業界4位の中国遠洋海運集団が香港同業の買収を発表した。欧州と中国の大手4社がシェア10%以上を握り、日本で誕生したばかりのONEに差をつける。


10日の会見でニクソン氏は「我々が培ってきた知見を集積して最適な選択をすることで強みを伸ばしたい」と強調。欧州・中国の競合による再編の動きに関し、「3社統合で十分な規模を確保した。規模だけでなく効率性をもって次の戦略を考える」と語った。

会見では会社名の頭文字をつないで「ONE」の文字をあしらった、新会社のロゴも発表。川崎汽船の村上英三社長は「3社が一つになって存在感ある会社になりたい」と述べた。商船三井の池田潤一郎社長も「3社の相違を克服して、世界に類をみないユニークな存在になりたい」と話した。





e0158925_19365583.jpg


記念写真に納まる(左から)川崎汽船の村上社長、商船三井の池田社長、「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」のニクソンCEO、日本郵船の内藤社長(10日午後、東京・大手町)








-----------------------------------------------------------------------------








定期コンテナ船事業統合の新会社設立に関するお知らせ(その2)

http://www.mol.co.jp/pr/2017/img/17058.pdf



e0158925_195213100.jpg








-----------------------------------------------------------------------







商船三井など海運株が上昇、円安やコンテナ船統合で見直す


四季報ONLINE
https://shikiho.jp/tk/news/articles/0/179944



日本郵船(9101)と商船三井(9104)、川崎汽船(9107)の大手3社をはじめ、NSユナイテッド海運(9110)や飯野海運(9119)など海運株がそろって上昇。TOPIX業種別株価指数で「海運業」は33業種中で値上がり率トップとなっている。商船三井は午前9時38分時点で前週末比19円(5.6%)高の358円となっている。

円相場が1ドル=114円台とさらに円安方向に振れており、原則としてドル建てで運賃を受け取る外航海運各社の収益には追い風となっているほか、7日のニューヨーク市場で原油相場が3%近く下落したことも燃料コストの低減につながるとして見直し材料視されているもよう。

大手3社についてはコンテナ船事業を統合した新会社「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス・ホールディングス」を設立したと7日に発表しており、きょうには3社長が都内で記者会見を行って詳細を発表する予定。2018年4月に営業を開始する計画でこれを前向きに評価する動きもあるようだ。













-
[PR]
by funesuki | 2017-07-10 19:54 | コンテナ船 | Trackback | Comments(0)

「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」誕生へ





e0158925_21592510.jpg







コンテナ新会社名「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」



2017年5月31日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ31HM7_R30C17A5TJ1000/


日本郵船、商船三井、川崎汽船の海運大手3社は31日、7月に設立予定のコンテナ船事業を統合する新会社の社名を「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス・ホールディングス」にすると発表した。持ち株会社を東京に置き、営業やサービス企画、運航管理などの業務を担当する事業会社をシンガポールに設立する。

3社は昨年10月、海運市況の低迷によるコンテナ船事業の収益悪化などを背景に、同事業を統合すると発表。今年7月に新会社を発足させ、来年4月のサービス開始を目指し、関係各国の審査、承認手続きを進めている。本社機能のほかに、地域拠点を香港や英国など世界5カ所に設ける。

統合会社が発足すれば、世界シェアは約7%となり、6位に浮上する。出資額は船舶など現物出資も含め約3千億円で、日本郵船が38%、商船三井と川崎汽船がそれぞれ31%出資する。貨物の揚げ降ろしをする海外のコンテナターミナル事業も統合。コスト削減などによる統合効果は年間約1100億円と見積もる。









-----------------------------------------------------------------------------------








「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」

https://oceannetworkexpress.com/jn/












-
[PR]
by funesuki | 2017-05-31 21:59 | コンテナ船 | Trackback | Comments(0)

パナソニック、船のバラスト水処理設備に参入






パナソニック、船のバラスト水処理設備に参入


2017年5月22日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ22HVN_S7A520C1TJ2000/



パナソニックは22日、積み荷が少ない時に船のバランスを保つために取り込む海水「バラスト水」の処理設備に参入したと発表した。

バラスト水は、一緒に取り込んだ生物が別の海域で放出され生態系を破壊すると問題になっている。海水の塩分を電気分解してつくりだした成分で、微生物などを処理する。今後5年間で売上高100億円をめざす。

電気分解で次亜塩素酸をつくる装置などの承認をこのほど国土交通省から受け、今月に日本郵船へ初納入した。微生物をより分けるためのフィルターが不要になり清掃や交換の費用を抑えることができる。

バラスト水を排出する海域の生態系を保護するための国際条約が9月に発効、外航船は5年以内にバラスト水の処理設備を搭載することが義務付けられる。







---------------------------------------------------------------------------------






2017年5月22日
パナソニック株式会社
プレスリリース

http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/05/jn170522-1/jn170522-1.html




バラスト水処理設備が国土交通省より相当指定を取得



パナソニック環境エンジニアリング株式会社は、バラスト水処理設備「ATPS-BLUEsys」において、2017年3月30日、国土交通省の相当指定を取得しました。

これにより当社は、バラスト水処理設備「ATPS-BLUEsys」の販売を開始します。

バラスト水は、通常、積み下ろしされる寄港地で補填・排出されますが、寄港地の海域が異なるため、取り込んだ海水に混入している生物が本来の生息地とは異なる地域で排出され、生態系に与える影響などが問題となっています。この問題を解決するため、国際海事機関(IMO:International Maritime Organization) により「2004年の船舶のバラスト水及び沈殿物の規制及び管理のための国際条約」(船舶バラスト水規制管理条約)が採択され、2017年9月8日に発効されます。発効後5年以内に外航船は、各国の主管庁(日本では、国土交通省)の承認を得たバラスト水処理設備を順次設置する必要があり、バラスト水処理設備の搭載が求められます。

なお本設備は、2017年5月、日本郵船株式会社が所有する博多~釜山間の旅客船兼自動車渡船「ニューかめりあ(運航:カメリアライン株式会社)」に搭載しました。

さらに、独自のバラスト水処理規制を行っている米国に寄港する船舶にも対応できるように、2016年12月にUSCG(United States Coast Guard 米国沿岸警備隊) 指定の独立認定試験機関DNV GL(本部 ノルウェー・オスロ)と試験契約を締結し、AMS(※2)承認取得に向け取り組みを推進しており、グローバルで事業の拡大を目指します。














-
[PR]
by funesuki | 2017-05-23 00:53 | フェリー | Trackback | Comments(0)

電子海図に簡単手書き入力 日本郵船





e0158925_23163340.jpg






海図パネルに書き込み 日本郵船・日本無線が運航支援装置



2017年5月17日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ17HEH_X10C17A5000000/



日本郵船と日本無線は新型の運航支援装置を共同開発し、17日、横浜港に停泊中のクルーズ船「飛鳥2」の船上で公開した。大型のタッチパネル式スクリーンを使い、紙の海図と同じ感覚で電子海図に書き込んだり、距離を測ったりできるのが特徴。来年度以降に竣工する同社保有の船舶から順次導入する。

従来、船舶が航海する際は、予定航路や漁船が密集している海域などの航海情報を紙の海図にペンを使って直接書き込んでいた。近年はECDIS(エクディス)と呼ばれる電子海図表示装置が普及。ディスプレーに海図を表示して船を運航しているが、キーボードなどでの操作が基本で、航海情報を書き込むのに手間がかかるなど操作性に課題があった。

新しい運航支援装置は、船の操縦室にあたる船橋に置かれた大型のタッチパネル式ディスプレーにエクディスの海図を表示。指先で直接海図に書き込むことができるほか、異なる2地点を選んで距離を表示させるなど、感覚的な操作が可能となった。日本郵船海務グループ航海チームの桑原悟チーム長は「海図に手書きしたいという声が大きかった」と話す。

船橋から離れた機関室などにいる人のタブレット端末に画面を表示させることも可能で、乗組員が瞬時に航海情報などを共有できる。航海中の機器などのチェックリスト機能も搭載。船員が手書きしていたチェック時の航海地点を自動で記録するなど、負担を軽減した。

船舶の機器やエンジンなどの状況をデータ化し、陸上にある本社のオペレーション部門などに送信して直接情報を共有できる仕組みも備えた。火災や衝突事故のような緊急時にも船から陸へ情報を送信し、迅速に対応できるようにした。

日本郵船は今年1月から「飛鳥2」に試験搭載し、運用テストを重ねてきた。来年度竣工する新造船を皮切りに、グループが保有する貨物船や旅客船に順次導入する方針。共同開発した日本無線は「郵船だけでなく、全世界に規格として発展させたい」としている。















-
[PR]
by funesuki | 2017-05-17 23:16 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

日本郵船、LNG燃料供給船竣工






e0158925_21563985.jpg








日本郵船、LNG燃料供給船「エンジーゼーブルッヘ」竣工


2017年2月16日 (木)Logistics Today
http://www.logi-today.com/278475



日本郵船は15日、韓国の韓進重工業に建造を発注していたLNG燃料供給船が同日竣工したと発表した。

日本郵船とフランスのエンジー社、 三菱商事、ベルギーのフラクシーズ社と共同で設立したLNG燃料供給船保有会社が発注し、韓国・釜山の韓進重工業影島造船所で竣工した。

LNG燃料供給船は「ENGIE ZEEBRUGGE」(エンジーゼーブルッヘ)と命名され、今後ベルギー・ゼーブルッヘ港へ向かい、同港を拠点としてノルウェーのユナイテッド・ヨーロピアン・カー・キャリアズ社が運航する自動車専用船をはじめ北海・バルト海を航行する船舶へのLNG供給を開始する。

重油換算で年間2億5000万トンといわれる船舶用燃料は、国際的な船舶の排出ガス規制強化に伴い、LNGは重油に代わる代替燃料として位置づけられている。一方でその潜在的な需要規模は大きいものの、普及には供給インフラの整備が大きな課題となっていた。

このLNG燃料供給線が就航することで、陸上のLNG供給施設と違い船舶が希望する地点でのLNG燃料供給が可能となるため、LNG燃料の普及拡大へ「大きな契機になる」(日本郵船)。

日本郵船グループは2015年日本初のLNG燃料タグボートの運航を開始し、昨年9月にはエンジー社、三菱商事と共に船舶向けLNG燃料の供給・販売に関する全世界ブランド「Gas4Sea」を立ち上げている。





■LNG燃料供給船「ENGIE ZEEBRUGGE」概要
全長:107.60メートル
型幅:18.4メートル
型深さ:9メートル
総トン数:7403トン
主機関:Dual Fuel(低硫黄Marine Gas Oil, Marine Diesel Oil・LNG)
LNGタンク容量: 5100立法メートル (Type Cタンク)
船籍:ベルギー
船級:Bureau Veritas
造船所:Hanjin Heavy Industries&Construction Yeongdo Shipyard (釜山)
船舶管理:NYK Energy Transport (Atlantic). NYK LNG Shipmanagement (UK)








----------------------------------------------------------------------------------






















-
[PR]
by funesuki | 2017-02-16 21:57 | LNG船 | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-10-21 12:12
「飛鳥」新造船先送りへ
at 2017-10-18 20:17
「ガンツウ」就航
at 2017-10-18 20:10
LNG船「エネルギーリバティ..
at 2017-10-18 19:59
名門大洋「フェリーおおさかⅡ..
at 2017-10-13 00:44
名門大洋「フェリーおおさかⅡ..
at 2017-10-09 23:05
三菱重、長崎でフェリー建造再開へ
at 2017-10-06 20:03
名門大洋「フェリーおおさかⅡ..
at 2017-10-05 22:58
南港「さんふらわあターミナル..
at 2017-10-05 22:10
「のりなはーれ」就航へ
at 2017-10-05 21:43
新「さんふらわあさっぽろ」1..
at 2017-10-01 07:50
タモリ倶楽部「船底vsフジツボ」
at 2017-09-29 00:26
名門大洋「フェリーおおさかⅡ..
at 2017-09-26 23:07
梅沢富美男、阪九フェリーCM..
at 2017-09-26 21:49
「ガンツウ」報道陣に公開
at 2017-09-26 21:30
今治造船、丸亀大型ドック完成
at 2017-09-19 21:31
小倉から「猫の島」に!パート2
at 2017-09-18 21:49
乗船してきました!
at 2017-09-17 23:49
青函フェリー、訪日客PRへ
at 2017-09-17 23:31
川崎近海汽船、LNGフェリー..
at 2017-09-08 00:17

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(548)
(145)
(136)
(133)
(119)
(104)
(90)
(85)
(85)
(79)
(76)
(73)
(72)
(65)
(54)
(48)
(47)
(44)
(43)
(43)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

こんばんは! いよ..
by アキ at 22:28
おおっ、ガルパンやないで..
by くおん at 20:48
すぐるさん、こんばんは!..
by 花鳥風月 at 19:28
トロロッソホンダ! 2..
by アキ at 14:23
アキさん、こんにちは。 ..
by すぐる at 12:47
こんにちは。 三菱..
by アキ at 10:10
こういちさん、こんにちは..
by すぐる at 20:07
アキさん、お久しぶりです..
by すぐる at 20:03
こんにちは かもめ..
by こういち at 08:06
ご無沙汰しておりました。..
by アキ at 23:23

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧