タグ:横浜港 ( 104 ) タグの人気記事

天皇・皇后両陛下が郵船歴史博物館ご訪問








e0158925_19404931.jpg

日本郵船歴史博物館を見学される天皇、皇后両陛下=17日午後、横浜市中区(代表撮影)








両陛下、日本丸をご視察 「海の日」祝う船員らに拍手送られる 横浜港


2017年7月17日 産経新聞
http://www.sankei.com/life/news/170717/lif1707170018-n1.html



天皇、皇后両陛下は「海の日」の17日午前、横浜市を訪れ、横浜港で保存・展示されている帆船「日本丸」などを視察された。海からの高さが最大約45メートルのマストに登った船員らが「登しょう礼」を行い、「海の日おめでとう」と声を上げると、両陛下は笑顔で拍手を送られた。

船員とボランティア約100人が帆を張る様子を見た天皇陛下は「風が強い時は大変でしょう」と担当者に声をかけられた。帆を張り終えた甲板上の船員らから登舷礼を受けた両陛下はそろって一礼し、にこやかに手を振って応えられた。

両陛下は同じ敷地内にある横浜みなと博物館もご見学。皇太子時代の昭和59年に現在活躍中の2代目日本丸の進水式に出席しており、当時の写真を懐かしそうにご覧になった。

日本丸は船員養成のための練習帆船で、国の重要文化財に指定される見通し。午後には近くの日本郵船歴史博物館も視察された。






-----------------------------------------------------------------------------






「海の日」にちなみ 天皇皇后両陛下が横浜港を訪問


2017年7月18日 ANNNEWS
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105590.html


 
天皇皇后両陛下は「海の日」にちなみ、17日に横浜港を訪問されました。

両陛下は午前、横浜市のみなとみらい地区に展示されている帆船「日本丸」をご覧になりました。帆を張るためにマストに上がった船員らが掛け声とともに敬礼すると、両陛下は拍手で応えられました。

午後は日本郵船の博物館を訪れ、明治以降の船の歴史が紹介された展示を視察されました。博物館には戦争で死亡した船員たちを慰霊するために作られた像も展示されていて、両陛下は像に向かって深く一礼されました。
陛下はおととし、戦時中に民間の船が軍に徴収されて多くの船員が犠牲となったことについて「痛ましく思う」と述べられていました。












-------------------------------------------------------------------------------






天皇皇后両陛下/日本郵船歴史博物館を訪問


2017年7月18日 LNEWS
http://lnews.jp/2017/07/j071814.html


日本郵船は7月18日、天皇皇后両陛下が7月17日の海の日に横浜市中区の日本郵船歴史博物館を訪問されたと発表した。

両陛下は日本郵船の工藤泰三会長と歴史博物館館長の阿部且の出迎えを受けた後、脇屋伯英館長代理の案内で館内を視察された。

近代日本海運業を興した岩崎彌太郎やインドのタタ商会と共同で開設したボンベイ航路、戦前の豪華客船に乗船した数々の著名人、戦禍での壊滅、唯一残った大型貨客船氷川丸から始まった復興から現在に至るまでの歴史の展示を熱心にご覧になり、船が唯一の輸送手段であった時代と異なり、旅客輸送がほとんど飛行機になったことに対する感想などを述べられた。

なお、殉職戦没社員冥福祈念像とは、太平洋戦争中に犠牲となった5312名の戦没社員を悼み、創立70周年に当たる1955年に建立。長崎市平和公園にある平和祈念像と同じ、北村西望(1884-1987)の作。




e0158925_19493814.jpg

殉職戦没社員冥福祈念像の説明をお聞きになる両陛下














-
[PR]
by funesuki | 2017-07-18 20:17 | 船の話題 | Trackback | Comments(0)

NHK「シャキーン!」に氷川丸






日本郵船ニュースリリース
http://www.nyk.com/news/2017/1188312_1521.html






7月17日(月・祝)海の日

NHK Eテレ(教育テレビ)に登場!

知的エンターテインメント番組「シャキーン!」の撮影に日本郵船氷川丸と当社社員が協力し、番組内のコーナー「ふりふりキャプテンめい」と「終わる瞬間」に登場します。海の日にちなんで、「シャキーン!」MCのめいちゃんが氷川丸を訪問! 海と船づくしのスペシャルな内容です。


放送予定日:2017年7月17日(月・祝)7:00~7:15

※7月21日(金)7:00~7:15 「ふりふりキャプテンめい」のみ再放送



番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/kids/program/shakiin.html












-
[PR]
by funesuki | 2017-07-14 21:45 | テレビ番組 | Trackback | Comments(0)

「マジェスティック・プリンセス」日本初入港






























最新鋭豪華客船、横浜に 米プリンセス・クルーズが公開


2017年7月3日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HMB_T00C17A7000000/


米プリンセス・クルーズの最新鋭豪華客船「マジェスティック・プリンセス」が3日、横浜港に入港し、報道陣に公開された。同船は3月に竣工したばかりで、日本への寄港は初めて。乗客定員3560人、最大60平方メートルの広さを誇るスイートルームや最新技術を使ったシアターなどを備え、同社として最大級のクルーズ船だ。上海を母港に世界中にクルーズを展開する予定としている。

1780室を数える客室のうちスイートルームが36室。ミニスイート(374室)など海側客室のおよそ8割にバルコニーを備える。有名ブランドの免税店は約1100平方メートルを占める。屋内と屋外にそれぞれプールが設置されている。

ミシュラン三つ星を獲得したシェフが監修したフランス料理や、中華料理、ステーキなどを楽しめるレストラン、バーは20ある。船体から8.5メートル外に飛び出た通路は床がガラス張りになっており、足元約40メートル下に海面を望める。最新の演出技術を使える大型のシアターも特徴的だ。

マジェスティック・プリンセスはイタリアの造船所が建造した。全長330メートル、全幅38.4メートル、総トン数は14万3000トン。クルーズ需要の旺盛な中国市場を重視しており、船内には英語だけでなく中国語の案内も表示。マージャンを楽しめるスペースもある。上海を母港にクルーズを展開するが、年明け以降、日本にも寄港する予定だという。

日本ではクルーズ船の寄港が近年増加傾向にある。マジェスティック・プリンセスほどの大型船が停泊できる港は国内では横浜などに限られるが、プリンセス・クルーズは他の船も含め日本への寄港回数を増やしアジア人客の観光需要を取り込む考えだ。














-
[PR]
by funesuki | 2017-07-04 20:40 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

19年度にも全面供用 南本牧MC-4







19年度にも全面供用 南本牧ふ頭高規格ターミナル


2017年2月27日 神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/234105



横浜港、邦船3社の合弁誘致へ

世界最大級のコンテナ船にも対応できる横浜港・南本牧ふ頭(横浜市中区)で建設が進む国内最大級の高規格ターミナルが早ければ2019年度にも、全面供用されることが24日までに分かった。ターミナル運営会社は、コンテナ船事業を統合する日本の海運3社が設立する合弁会社の新たな拠点として誘致を進め、東京港との差別化を図る方針を打ち出した。

同ふ頭で四つ目のコンテナターミナルとして建設が進む「MC-4」は国内最大の水深18メートルで、岸壁延長は500メートル。15年に供用を始め、日本郵船が拠点としている同規模のMC-3と連続している。水深16メートルのMC-1、2と合わせてふ頭全体で効率的な運用が可能になる。

国土交通省と横浜市が13年度に着工し、当初は18年度の完成・供用を目指していたが、当初計画から岸壁を100メートル延長したことから、完成が遅れていた。海運業界の世界的な再編が加速する中、19年度の供用を目指して調整を進めることにした。

この動きと連携して、南本牧ふ頭のターミナルを運営する横浜川崎国際港湾(横浜市西区)は国の補助制度を活用し、コンテナ船事業を統合する日本郵船、商船三井、川崎汽船の邦船3社が18年4月からサービスを始める新たな合弁会社に対し、東京港から南本牧ふ頭に拠点の誘致を働き掛けていく。

諸岡正道社長は神奈川新聞社の取材に対し、「横浜港の邦船3社の拠点は南本牧、本牧、大黒と三つのふ頭に分かれている。コンテナ船事業が統合されて一つの会社となれば集約することが合理的だし自然。ぜひ南本牧に集約していただきたい」と語った。

その上で「世界的にコンテナ船が大型化する動きがあるが、3社が長く使っている東京港・大井コンテナテーミナルの水深では大型船が入らない。(MC-4の完成は)邦船にとって二度とないチャンス。将来的には横浜港に移っていただきたい」と誘致に意欲を示した。







-------------------------------------------------------------------------------------







(参考動画)
南本牧MC-3に入港する当時世界最大のコンテナ船「マースタル・マースク」です。(2014年)















-
[PR]
by funesuki | 2017-02-27 22:06 | コンテナ船 | Trackback | Comments(0)

LNG燃料タグボート「魁」




LNGバンカリング効率化へ横浜港の利用形態見直し


2016年11月7日 Logistics Today
http://www.logi-today.com/263322



国土交通省は7日、横浜市が横浜港の港湾施設の利用形態を見直し、同日からLNGバンカリングの効率化を図ることになったと発表した。

市が利用形態を見直すのは、国交省の横浜港LNGバンカリング拠点整備方策検討会の議論を踏まえたもので、1回のLNGバンカリングに必要な準備作業時間が半減するほか、作業人員の3割削減や安全性の向上が見込まれるという。

横浜港でのLNGバンカリングは2015年8月に運航を開始したLNG燃料タグボート「魁」に対する燃料供給でスタート。これまでは車道に停車したLNGタンクローリーと船体の間に20メートルのフレキシブルホースをその都度設置・撤去して行われてきたが、改善後は船舶とLNGタンクローリーを近接させ、リスクの低減と唖然性の向上を図る。

国交省では、横浜港をモデルケースとしたLNGバンカリング拠点の整備に関する検討会を6月に設置し、年内をメドにとりまとめを行うことにしている。






---------------------------------------------------------------------------------





2016年11月7日 
国土交通省 報道発表資料

横浜港におけるLNGバンカリングの機能強化を実現
~船舶とタンクローリーを近接させLNGバンカリング作業を効率化~

https://www.mlit.go.jp/report/press/port02_hh_000114.html






-------------------------------------------------------------------------------







LNGバンカリングで港湾に競争力


2016年10月26日 化学工業日報
http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2016/10/26-26851.html


船舶向けに液化天然ガス(LNG)燃料を供給する「LNGバンカリング拠点」を、国際コンテナ戦略港湾である横浜港に整備しようという動きが進んでいる。船舶排ガスに対する国際的な規制が強化され、クリーンなLNG燃料船の増大が見込まれることに対応したものだ。国土交通省は6月に検討会を立ち上げ、技術的な課題などの洗い出しに掛かった。2020年の整備を目指し、年内をめどに具体的な方策をまとめる。実現すれば、わが国港湾の競争力向上につながり、コンテナ船の寄港増も期待される。

船舶の燃料は、20世紀初頭から主に重油が使われてきた。しかし国際的に排出ガス規制の強化が進んでいる。例えば国際海事機関(IMO)は、08年に燃料油中の硫黄分濃度を段階的に削減する規制を導入した。一般海域における硫黄分濃度は現在3・5%以下とされているが、早ければ20年からは0・5%以下に強化される。

その対応策の一つがLNG燃料船だ。すでに北米・北欧で導入が始まっており、年内にLNG燃料に対応したコンテナ船、クルーズ船などは100隻規模に達するとみられている。将来的には、アジア地域でも規制の強化にともなってLNG燃料船が増大する見通し。

日本では昨年、横浜港においてLNG燃料船(タグボート)が国内で初めて導入された。さらなる普及には国内港湾にLNGバンカリング拠点を形成し、その機能を高めていく必要がある。今年6月には国土交通省が横浜港をモデルケースとしてLNGバンカリング拠点の整備に関する検討会を立ち上げ、毎月1回のペースで会合を開催している。関係行政機関および東京ガス、日本郵船、港湾運営を手掛ける横浜川崎国際港湾など関係民間事業者が参画する。

多国間を結んだLNGバンカリング拠点のネットワークを構築することも重要となる。9月28日に行われた日・シンガポール首脳会談においても、同拠点整備に向けて両国が協力を推進することで合意した。

LNGバンカリング促進は、5月にG7エネルギー大臣会合において経済産業省が発表した「LNG市場戦略」にも盛り込まれた。日本は世界最大のLNG輸入国。横浜港周辺にはLNG基地が多く立地し、バンカリング拠点として条件は最適。世界最大規模のLNG運搬船隊の運航や、世界に先駆けたLNG燃料供給船・LNG燃料船の運航を通じ、海事クラスターとして技術力・知見の蓄積が見込める。今後の国際スタンダードづくりをリードできるポテンシャルも十分あるだろう。







------------------------------------------------------------------------------







記事内にあるウィングマリタイムサービスのLNG燃料タグボート「魁」(さきがけ)を横浜港で撮影した画像です!




タグボート「魁」概要

全長: 37.20m
全幅: 10.20m
型深さ: 4.40m
総トン数: 272 トン
馬力:3,236 KW(4,400 馬力)
主機: NIIGATA 6L28AHX-DF × 2
船主: 日本郵船株式会社
船級: 一般財団法人日本海事協会




e0158925_22512887.jpg
e0158925_22514175.jpg




同じウィングマリタイムサービス所属のハイブリッド推進システム搭載タグ「翼」と夢の!?2ショット!

e0158925_225820100.jpg
e0158925_22584238.jpg
e0158925_2333677.jpg




e0158925_22374241.jpg
e0158925_22374983.jpg
e0158925_2238221.jpg
e0158925_22381621.jpg
e0158925_22402051.jpg
e0158925_22403364.jpg
e0158925_22404114.jpg
e0158925_22405058.jpg
e0158925_22405844.jpg







(参考動画)
建造した京浜ドック作成による「魁」PVです。














-
[PR]
by funesuki | 2016-11-08 22:47 | タグボート | Trackback | Comments(0)

ドゥテルテ大統領が海保視察















フィリピンのドゥテルテ大統領 海保の訓練視察


2016年10月27日 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161027/k10010746521000.html



日本を訪れているフィリピンのドゥテルテ大統領は横浜市にある海上保安庁の施設を訪れ、高速のゴムボートで不審船を追跡する訓練を視察しました。

この視察はフィリピン政府からの要請で行われたもので、ドゥテルテ大統領は27日昼前、横浜港に停留している海上保安庁の巡視船にヘリコプターで降り立ちました。そして、海上保安官が高速のゴムボートで不審船に見立てた船を追跡して制止する様子のほか、海難救助の想定でヘリコプターを使っておぼれた人を救出する訓練を視察しました。

視察を終えたドゥテルテ大統領は「フィリピンにとって日本は最大の支援国で、機動性の高い小型船なども供与を受けることになる。非常に有意義な視察だった」と述べました。

26日行われた首脳会談では、フィリピンの海上警備能力を高めるため、日本が大型巡視船2隻を円借款で供与することや、小型高速艇を無償資金協力で供与することなどで合意しています。

また、海上保安庁は、フィリピンなど東南アジア各国を対象に、巡視船を派遣して海賊対策の共同訓練を行ったり、海洋に関する法制度を学ぶ研修生を受け入れたりしていて、こうした協力を通じて沿岸警備などの分野で関係を深めていきたいとしています。





------------------------------------------------------------------------------------






「日本は一番の支援者」=比大統領、海保の訓練視察-横浜



2016年10月27日 時事通信
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102700843&g=soc




来日中のフィリピンのドゥテルテ大統領は27日、横浜市で海上保安庁の不審船追跡訓練などを視察した。海保は長年にわたりフィリピン沿岸警備隊の海上対処能力向上を支援しており、同国側が視察を要望。視察後、報道陣の取材に応じたドゥテルテ氏は「持続性という点で日本は一番の支援者だ」と述べた。
当初取材を受ける予定はなかったが、報道陣の求めに応じて質問に答えた。

高速ゴムボートを使った訓練について、ドゥテルテ氏は「ボートは機動性に優れていた」と話し、海に囲まれたフィリピンでも役に立つとの考えを示した。また「米国は同盟国だ。うちの国防大臣を当惑させたくない」と語り、「(26日の日比首脳会談で)安倍首相には中国とは経済で同盟を結ぼうとしていると伝えた」と強調した。

ドゥテルテ氏は27日午後、東京からヘリで横浜海上防災基地に移動。岸壁に横付けされた巡視船「いず」の甲板上で訓練を視察し、中島敏長官ら海保幹部の説明を熱心に聞き入っていた。










-
[PR]
by funesuki | 2016-10-27 22:28 | 海上保安庁 | Trackback | Comments(0)

横浜で「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」撮影!その2







横浜で「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」撮影!その2です!


1時間出港が遅れてしまったクァンタムさん・・・
お見送りクルーズはどうなってしまうか心配でしたが・・・


満場一致でペルソナも延長してくれることとなりました!!
あぁ~良かった~(笑)



ということで・・・


「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」動き出しました!!


e0158925_22304665.jpg


16万総トンの巨大クルーズ船がタグを1隻も使わずゆっくりと出港します!
最近のハイテク船は凄いですね~。
e0158925_2231554.jpg
e0158925_22311554.jpg
e0158925_22374482.jpg
e0158925_22324225.jpg
e0158925_22325335.jpg
e0158925_22344863.jpg
e0158925_22345659.jpg
e0158925_2235311.jpg


ペルソナ船長さん、すごくいい位置で停泊してくれます!
船長ありがとう!!(笑)

e0158925_22375274.jpg
e0158925_22383711.jpg
e0158925_22385388.jpg
e0158925_2238599.jpg
e0158925_2239574.jpg
e0158925_22391879.jpg
e0158925_22392380.jpg
e0158925_22393825.jpg
e0158925_22414415.jpg
e0158925_2242426.jpg


お!登ってますね~!
e0158925_22423930.jpg
e0158925_22424821.jpg


お?こちらも昇ってまいりました~(笑)
展望カプセル「ノース・スター」です!
e0158925_22434110.jpg
e0158925_2244197.jpg
e0158925_22452414.jpg
e0158925_22454141.jpg
e0158925_22472857.jpg
e0158925_22473612.jpg
e0158925_22474392.jpg
e0158925_22474966.jpg
e0158925_22475771.jpg
e0158925_2248896.jpg


こちら「よこはま」も1時間待ちでしたね!放水お疲れ様です!
e0158925_22492377.jpg
e0158925_22493436.jpg
e0158925_22494050.jpg


良い船旅を~!
e0158925_22494727.jpg








(参考動画)
展望カプセル「ノース・スター」の動画です。















-
[PR]
by funesuki | 2016-07-18 23:00 | クルーズ船 | Trackback | Comments(4)

横浜で「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」撮影!






横浜港でロイヤル・カリビアン・インターナショナル(RCI)の「Quantum of the Seas~クァンタム・オブ・ザ・シーズ」を撮影してきました!




今回の船はとても、とても大きくて(笑)大桟橋に入れないわけでありまして、大黒埠頭に着岸中・・・

ということで「ペルソナ号」に乗船しての「出港お見送りクルーズ」で撮影です!

e0158925_227358.jpg





ペルソナ出港直後から忙しい雰囲気・・・


ぐおー!!

LNG燃料タグボート「魁」やんか~!!!

e0158925_2284536.jpg



この角度から見る大桟橋と氷川丸は新鮮ですな~。
e0158925_2292845.jpg


おっとあんな場所に「KDDIオーシャンリンク」が!
e0158925_2210420.jpg




そしてこんな船もやってきました!

横浜市消防局の「よこはま」(て、そのままやなw)
e0158925_2212023.jpg


お!こっちに来ます!
e0158925_22122053.jpg



「よこはま」に追いかけられるの図(笑)

どうやらこれからクァンタムさんの出港で放水するようです!

e0158925_22133564.jpg




お次は商船三井の自動車船「COSMOS ACE」だ!!

e0158925_2216315.jpg


おお~
e0158925_2217933.jpg


いやぁ~、なかなか「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」が出てこなくてすみません(笑)
e0158925_22182841.jpg




そして・・・



見えた!クァンタムさんやで~!!(て、一部分だけw)
e0158925_2219694.jpg





お待たせしました~。

「鶴見つばさ橋」をくぐると・・・
e0158925_22203256.jpg




本日の主役が登場です!!
e0158925_2221699.jpg



ほお~!!
e0158925_22224420.jpg



ひょえ~!!
16万7800総トン!!全長348メートル!!
e0158925_2223960.jpg



船から手を振るとたくさんの方が手を振り返してくれます!
e0158925_22242330.jpg


船名文字もカッコええですな~。
e0158925_22243411.jpg




と、そこに・・・



本日のクァンタムお付きのパトロール隊長!?
ハイブリッドタグボート「翼」が登場です!

e0158925_22263463.jpg



なにも言わなくても「これ以上近づかないでね」オーラが出ております(笑)

e0158925_22273539.jpg

e0158925_22274570.jpg


クァンタムそっちのけで「翼」ばっか撮影(笑)
e0158925_22324933.jpg


e0158925_2233592.jpg
e0158925_22373457.jpg
e0158925_22331942.jpg




お?本船でなにかと話題の「ベランダの洗濯物!?」も見えますな~(笑)

けどそれぞれの方の船旅の雰囲気が垣間見れて微笑ましくもありますね(笑)
e0158925_22415252.jpg




いやぁ~、それにしてもすごいですな・・・
巨大船マニアも大満足!(笑)

e0158925_2242439.jpg



ようやくの全景です!
e0158925_2242526.jpg



さぁ!17時出港の準備が始まったようです!
e0158925_22442386.jpg
e0158925_2244313.jpg



こちらも準備完了!
e0158925_2245732.jpg



この日はさすがに各遊覧船がお見送りクルーズ企画を立てていて・・・

e0158925_22464117.jpg



各船の出港に向けた微妙な場所取り!?が始まります(笑)

e0158925_22473939.jpg

e0158925_23334421.jpg


その各船の動きはまるでボートレースのスタート前のようでありました(笑)

て、「ゆめはま」さんはあんな遠くまで!後方スタート戦法!?

e0158925_22502660.jpg




しかしこればかりは自分でどうすることもできません・・・

ここは我がペルソナ船長さんの位置取りに期待です!




そして17時になりました!いよいよクアンタム出港!





なはずが・・・




17時10分になり・・・

動かない・・・



17時20分・・・

出港しない!



なんかペルソナ船内にも不穏な雰囲気が・・・

船内スタッフさんや船長さんがタグなどと情報を集めてくれて、どうやらクァンタムの乗船客に戻ってこないお客さんがいて出港が1時間!延長になるとのこと・・・あちゃ~。


そうこうしてるうちに周りの遊覧船も1隻1隻と撤退していきます・・・

そもそもこのペルソナさんも100分予定のクルーズで、予定時間オーバーに。



ついにペルソナ船長さんからアナウンスが入ります。

すみませんが帰港します・・・か?



ではありませんでした!

「18時出港を見るまで時間延長したいのですが、皆様の今後のご予定もあるのでスタッフがこれから船内をまわってお聞きしていきます」とのこと!


しかしこの日の数十名の乗船客のうち、一人でも帰港を希望すれば帰らなくてはなりません・・・



あ~、クアンタム出港は見たい!けど・・・

心臓バクバクもんです(笑)



さてみんなの意見はどうなるか?

クアンタム出港は見られるのか?



つづきます(笑)










-
[PR]
by funesuki | 2016-07-15 23:19 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

「氷川丸」が重要文化財指定





「日本郵船氷川丸」が重要文化財指定へ


2016年3月11日 Webクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20160311_03



日本郵船が所有する「日本郵船氷川丸」が、3月11日に開催された文化審議会文化財分科会の答申を受け、近日中に行われる官報告示を経て、重要文化財の指定を受ける運びとなった。海上で保存されている船舶としては、初の重要文化財指定となる。

今回の答申に際し、「日本郵船氷川丸」が評価された主なポイントは、(1)海外との輸送手段を貨客船が担っていた20世紀前半から中頃にかけて当時主要航路であるシアトル航路に就航。戦時中には病院船、戦後直後には復員船・引揚船として活躍するなど、社会・経済史上における役割、(2)1930年の竣工当時としては最新鋭の大型ディーゼル機関を搭載。アール・デコ様式の美しいデザインが施された船内のインテリアは、同様式が日本に直輸入された最初の建築意匠であるなど、造船・工芸技術上の価値――の2点であるとしている。

「日本郵船氷川丸」では、4月23日(土)に、竣工86周年記念イベントを開催。重要文化財に指定されることを記念し、当日は入館無料となる。





【氷川丸 主要目】
船種:貨客船
造船所:横浜船渠(現三菱重工業 横浜製作所)
竣工:1930(昭和5)年4月25日
全長:163.3メートル
幅:20.1メートル
総トン数:11,622トン
最高速力:18.38ノット(時速約34キロメートル)
主機:B&W 社製複動4サイクルディーゼル機関2機2軸

【歴史】
1930(昭和 5)年 4月25日竣工、シアトル航路就航
1941(昭和16)年 シアトル航路休止
1041(昭和16)年 海軍特設病院船として徴用
1945(昭和20)年 終戦後 復員船、引揚船に
1947(昭和22)年 内地定期航路に就航
1949(昭和24)年 不定期の外航へ復帰
1951(昭和26)年 ニューヨーク定期航路へ配船
1952(昭和27)年 欧州定期航路へ配船
1953(昭和28)年 シアトル航路再就航
1960(昭和35)年 最終航海
1961(昭和36)年 山下公園特設桟橋に係留
1996(平成08)年 環境庁(現環境省)日本の音風景100景
2003(平成15)年 横浜市指定有形文化財
2007(平成19)年 経済産業省近代化産業遺産
2008(平成20)年 「日本郵船氷川丸」としてリニューアルオープン
2015(平成27)年 11月リニューアル以来 来館200万人達成







------------------------------------------------------------------------------






【神奈川】
「氷川丸」国重文 「称名寺聖教」国宝に


2016年3月12日 東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201603/CK2016031202000122.html



国の文化審議会の十一日の答申で、県内では、山下公園(横浜市中区)に係留されている「氷川丸」などが重要文化財(重文)に、称名寺(同市金沢区)所蔵の「称名寺聖教と金沢文庫文書」が国宝に指定される見通しとなり、関係者は喜びの声を上げた。

氷川丸は貨客船として活躍し、喜劇王チャプリンも乗船。太平洋戦争で旧海軍の病院船として利用されたほか、外交官の故杉原千畝氏から日本の通過ビザをもらったユダヤ人を米国などに運んだ。一九六〇年に引退して山下公園に係留されると、横浜の観光スポットとなり、二千万人を超える観光客が訪れた。

重文指定について、金谷範夫船長は、造船当時として最新鋭の技術を取り入れたことやアールデコ様式の内装の美しさが評価されたと分析。「大変光栄で幸せです。この船は日本の宝。多くの人に訪れてほしい」と笑顔を浮かべた。所有する日本郵船の吉田芳之取締役は、業績が厳しかった時期は保存に消極的な声もあったと明かし、「指定を追い風に氷川丸が百歳になる二〇三〇年に向けて修繕をしていきたい」と抱負を語った。


「称名寺聖教と金沢文庫文書」の国宝指定について、桐谷次郎県教育長は「文化財としての重要性が再評価され、大変喜ばしく誇りに感じる」との談話を出した。
称名寺聖教は中世の僧侶が書き残した書物類で、日蓮や道元の自筆本など一万六千六百九十二点からなる。金沢文庫文書は、蒙古襲来から鎌倉幕府滅亡までの政治状況を伝える資料が中心で、重文の四千百四十九点が格上げされる。
同館は休館中だが、十九日にリニューアルオープンし、国宝資料の一部の実物を展示する予定。担当者は「歴史の中での鎌倉時代の重要性に関心を持つきっかけになれば」としている。 (加藤益丈、原昌志)









[PR]
by funesuki | 2016-03-13 21:19 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

横浜で柳原良平さん個展開催







「アンクル、ありがとう」 柳原良平さんしのび個展



2015年12月12日 神奈川新聞

http://www.kanaloco.jp/article/139777




「アンクル・トリス」や個性的な船舶の絵で知られるイラストレーター、画家の柳原良平さん(享年84)の没後初となる個展が12日から、横浜市中区のせんたあ画廊で始まる。柳原さんの遺志で「お別れの会」が執り行われなかったことから、同画廊は「味わいのある絵を愛したファンの皆さんが、故人をしのぶ場にしたい」としている。21日まで。入場無料。

版画や切り絵、油彩画、水彩画の合わせて約90点を並べ、販売する。駆け出しの寿屋(現・サントリー)時代から手掛けた広告や本の装丁、4こま漫画などの原画も特別に展示し、幅広い創作活動に挑戦し続けた足跡をたどる。

寿屋の同僚で作家、エッセイストの故・山口瞳さんはかつて、柳原さんを「ブキッチョの男」と評し、「丹念で、几帳面(きちょうめん)で、あんなに楽しい絵が描けるのは、ぜんぶ奥さんだ。分かってんのかなァあいつは」と述べたという。

柳原さんと交流が深かった横浜港運協会の藤木幸夫会長(85)は個展開催のあいさつ文でこのエピソードを紹介し、「奥さんの献身は長い看病生活だけではない。今は亡き柳原良平さんともども、かほる夫人に最敬礼をささげたい」と思いを寄せた。夫人は会期前半に画廊に顔を出すという。

午前10時から午後7時。問い合わせは、同画廊電話045(662)2937。






----------------------------------------------------------------------------------







ということで週末に行ってきた横浜の「せんたあ画廊」の様子です。


e0158925_222178.jpg

e0158925_222914.jpg
e0158925_2221632.jpg
e0158925_222236.jpg
e0158925_222304.jpg



案内状です。

e0158925_2224874.jpg
e0158925_223347.jpg






関東在住となってからは毎年横浜の個展を見にいかせてもらってたので、8月のニュースは残念でなりませんでした・・・。

個展では短いながらも何度か良平先生とお話しできたのは本当にいい思い出です。






今回は記事にあるように様々な作品が展示されています。
良平さん作の大阪商船のペーパークラフトまで展示されていました。撮影したかった~(笑)
フェリー関連では「さんふらわあ」や「たこフェリー」の作品もありました。


21日まで開催されていますので、お近くの方はぜひお出かけください。






-------------------------------------------------------------------------






先週はこんな本も発売されました!

船ばかりの内容ではないですが、中身の濃い素晴らしい内容です。
良平さんのファンなら買って間違いなしと思います!






e0158925_22115255.jpg




http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=9552



アンクルトリスの生みの親、 柳原良平さん。
初の作品集。


日本屈指の船の画家にして、イラストレーター、デザイナー、さらには漫画家、文筆家としても知られ、50年以上にわたり活動を続けた柳原良平。

今年8月、惜しくもこの世を去りましたが、トリスの広告に柳原さんが生み出したキャラクター「アンクルトリス」が復活するなど、今あらためて注目が高まっています。また「かおかおどんなかお」などロングセラー絵本もいくつも執筆し愛されています。

これまで多種多様な媒体に発表された作品で編んだ初の本格的作品集が遂に完成。
装丁、絵本、漫画にアニメーション、さらにはグッズやオリジナル作品まで、半世紀以上にわたって第一線で活躍を続けた柳原良平の仕事をここに集約。
貴重な初期作品や広告、幻の連載漫画など、本書でしか見られない作品を多数掲載!!

広告・CM、装丁、絵本を中心に、さらにライフワークとなっている船の絵もふくめて、柳原良平さんの仕事・作品を広くまとめています。
[PR]
by funesuki | 2015-12-14 23:41 | 船の絵・船の本 | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

俯瞰撮影!「おがさわら丸」
at 2017-08-16 21:02
STU48が徳島・阿波踊りに出演
at 2017-08-13 23:17
ガチャガチャで乗車券
at 2017-08-13 22:18
お盆のフェリーターミナル
at 2017-08-13 22:11
阪九「いずみ」乗船記2017..
at 2017-08-03 21:54
にっぽん全国たのしい船旅20..
at 2017-08-01 22:26
「マツコの知らない豪華客船の..
at 2017-07-30 22:50
NHKで世界最大客船に密着
at 2017-07-28 23:39
阪九「いずみ」乗船記2017..
at 2017-07-27 22:39
洲本港・深日港 苦戦の“再出航”
at 2017-07-27 21:10
イオンとサッポロ、RORO船..
at 2017-07-26 21:42
阪九「いずみ」乗船記2017..
at 2017-07-23 23:09
「フェリーのガイド本」発売!
at 2017-07-20 22:21
NHKで弓削商船に密着!
at 2017-07-18 22:48
天皇・皇后両陛下が郵船歴史博..
at 2017-07-18 20:17
安倍首相からフェリー船長へ感謝状
at 2017-07-18 20:00
7.15は「内航船の日」!
at 2017-07-14 21:51
NHK「シャキーン!」に氷川丸
at 2017-07-14 21:45
建造中の「さんふらわあ さつま」
at 2017-07-12 22:42
コンテナ船3社統合「ONE」..
at 2017-07-10 19:54

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(531)
(142)
(136)
(133)
(118)
(104)
(87)
(85)
(82)
(76)
(76)
(73)
(71)
(65)
(52)
(48)
(46)
(44)
(43)
(40)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

こんにちは。 今日、南..
by こういち at 17:56
NCFさん、こんにちは!..
by すぐる at 22:04
すぐるさん、暑中お見舞い..
by NCF at 22:21
NCFさん、コメントあり..
by すぐる at 23:33
NCFさん、こんにちは!..
by すぐる at 23:31
「あざれあ」登場の別冊パ..
by すぐる at 23:30
すぐるさん、こんにちは!..
by NCF at 11:33
あぁ~暑い!暑過ぎる!…..
by NCF at 11:21
情報ありがとうございます..
by すぐる at 23:56
別冊パチスロパニック79..
by 名無し at 14:18

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧