タグ:造船所 ( 36 ) タグの人気記事

タモリ倶楽部「船底vsフジツボ」





「タモリ倶楽部」
船の底はなぜ赤いのか?
海生生物vs船底塗料2700年戦争



放送日時
2017年09月29日(金) 24時20分~ 
テレビ朝日




海生生物の付着を防ぐ目的がある船底塗料の謎を解明するため、タモリとバイきんぐが神奈川・川崎の造船所へ。赤い船底が多い理由や、燃費悪化の原因となるフジツボについて学ぶ。

特徴的な名前が付いている船底塗料に興味を持った一同は、船底塗料のすごさを体感するため、船底のフジツボ取りに挑む。


出演
タモリ 安齋肇 バイきんぐ












-
[PR]
by funesuki | 2017-09-29 00:26 | テレビ番組 | Trackback | Comments(0)

今治造船、丸亀大型ドック完成




















今治造船、17年ぶり国内新ドック
大型コンテナ船を建造


2017年9月19日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2125031019092017AM1000/



造船最大手の今治造船は19日、丸亀事業本部(香川県丸亀市)で建設していた長さ610メートルの建造設備(ドック)を完成させた。国内の大型ドック新設は17年ぶり。同社最大のドックで、世界最大級のコンテナ船をより短期間で造れるようになる。すでに同コンテナ船を13隻受注しており、大型船の大量受注に強みを持つ韓国勢に対抗する。


新ドックは2015年2月から建設しており、幅は80メートル。船体の一部であるブロックなどを最大で1330トンまで持ち上げることができるクレーンを3台導入、船体を組み立てるのに使う。19日に記者会見した檜垣幸人社長は「大型コンテナ船の受注に参加できるようになった」と話す。

全長が400メートルある世界最大級の2万個積みコンテナ船であっても、1隻目の船体を建造している途中で2隻目の組み立てに取りかかれる。船体を2隻同時に組み立て、大型船を短期間で建造する。愛媛県の別の工場でも造り、13隻全てを19年中に引き渡す計画だ。

丸亀事業本部ではドックの建設と同時並行で、世界最大級のコンテナ船を同ドックで建造、船体を完成させた。近く船を進水させ、海上で各種装備などを取り付ける艤装(ぎそう)と呼ばれる工程に移る。18年1月に新ドックで造った一番船として発注元の商船三井に引き渡す。






-------------------------------------------------------------------------------







今治造船の大型ドック完成 香川・丸亀、国内17年ぶり


2017年9月19日 産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/170919/wst1709190060-n1.html



造船大手の今治造船(愛媛県今治市)が瀬戸内海沿岸の香川県丸亀市で建設していた大型ドックが完成し、19日竣工式が開かれた。世界で主流となりつつある全長400メートルクラスの大型コンテナ船「メガコンテナ」の建造が可能で、中国や韓国メーカーとの激しい受注競争を勝ち抜く「切り札」と期待している。

国内で大型ドックが新設されるのは17年ぶりで、2015年2月に着工した。長さ610メートル、幅80メートルで、巨大なクレーン3基を備える。既に2万個積みのメガコンテナ13隻を受注済みで、ドック建設と並行して昨年12月から船の建造も進めている。

式典には約700人が参加。檜垣幸人社長は「世界の海運業界は、昔は想像できなかったくらい船の大型化が進んだ。完成した大型設備をフル活用して、海外勢と戦っていきたい」とあいさつした。

造船業界は世界的な船余りによる受注低迷に加え、海外メーカーとの競争激化で経営環境が悪化している。建造量で国内首位の今治造船は新ドックによって対応できる船種を増やし、国際競争力を高める考えだ。














-
[PR]
by funesuki | 2017-09-19 21:31 | 造船所 | Trackback | Comments(0)

海外の進水式動画




海外の進水式動画です!

スライド式の進水式はなんとも乱暴な、いや豪快な進水方法ですね(笑)
大迫力です!


















-
[PR]
by funesuki | 2016-10-13 07:49 | 造船所 | Trackback | Comments(0)

三菱重工、今治造船など3社と提携へ







三菱重工、今治造船・大島造船所・名村造船と提携協議


2016年8月30日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30HHB_Q6A830C1000000/



三菱重工業は30日、今治造船、大島造船所、名村造船所と商船事業での提携に向けて協議を開始したと発表した。三菱重工の造船技術力と3社の持つ製造能力を組み合わせ、開発力の向上やコスト低減を狙う。台頭する中韓勢に対抗し、グローバル競争力を強化する。

提携の内容については今後の協議で詰めるが、新型船の共同開発や生産での連携などがテーマになるとみられる。

三菱重工は技術力では定評があるが、2015年の建造量では国内10位以下に甘んじる。15年10月には液化天然ガス(LNG)船などを手掛ける造船事業を分社化し、他社との連携を探っていた。国内最大手の今治造船などと提携することで、コスト競争力を高める。

3社との提携とは別に、三菱重工が持つ造船技術を他社に開放し、人材育成や先進技術開発を手掛ける「技術センター」の設立の検討も始める。日本の造船会社や海運会社に広く参加を求め、日本の造船業界の競争力を底上げする。






----------------------------------------------------------------------------------






三菱重工、造船事業で提携協議を開始 生き残り図る


2016年8月31日 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Z5HPZJ8ZULFA026.html



三菱重工業は30日、造船事業について同業他社との提携協議を始めると発表した。中国や韓国勢との価格競争や環境規制の強化で造船業界をとりまく経営環境が厳しさを増しており、提携を通じて国際競争力を高め、生き残りを図る狙い。

長崎と下関で手がける民間向けの商船事業について、今治造船(愛媛県今治市)、大島造船所(長崎県西海市)、名村造船所(大阪市)の3社と提携に向けた協議を始める。
三菱重工が持つ造船の技術力やエンジニアリング力と、低価格で船をつくる3社の能力を組み合わせることでコスト削減を進め、中韓勢と競争できる体制をつくる。防衛・官庁向けは、引き続き三菱重工本体が担うという。

造船事業は三菱重工の祖業だが、近年は低迷が続いており、生き残りをかけた再編が加速しそうだ。





---------------------------------------------------------------------------------------





三菱重工が今治造船など3社と提携へ 造船コスト効率化で


2016年8月30日 産経新聞
http://www.sankei.com/economy/news/160830/ecn1608300034-n1.html



三菱重工業は30日、今治造船(愛媛県今治市)と大島造船所(長崎県西海市)、名村造船所との間で業務提携の協議を始めたと発表した。工法の効率化や共同調達によるコスト削減などを進め、事業規模の拡大と収益力向上を進めるのが狙い。

競争激化などで造船業界を取り巻く環境が厳しくなる中、三菱重工が持つ造船技術力と、今治造船など3社の製造能力やコスト低減のためのノウハウを組み合わせて、開発力を高める。

三菱重工は人材育成や先進技術開発を目的とした技術センターの設立も検討する。

また、三菱重工は巨額の赤字を計上している大型客船事業について、事業を継続するかも含めて、10月には今後の対応を公表する方針を明らかにした。












-
[PR]
by funesuki | 2016-08-31 20:57 | 造船所 | Trackback | Comments(0)

今治造船、大型試験水槽新設へ






今治造船、香川・丸亀に大型の試験水槽 開発スピード向上


2016年7月11日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ11HL0_R10C16A7TJC000/


造船国内最大手の今治造船は11日、新型船の開発に使う大型の試験用水槽などを備えた施設を新設すると発表した。投資額は数十億円とみられる。同社は大型水槽を持っておらず、必要な試験は外部に委託していた。造船業界では相次ぐ環境規制などへの対応が求められており、新設備によって開発力やスピードの向上を見込む。

丸亀事業本部(香川県丸亀市)に新設する。大型水槽は全長212メートル幅13メートル。実際の船より小型の模型を作り、走らせることで船に掛かる水の抵抗やプロペラの性能などを測定する。新型船の開発には欠かせず、造船大手のジャパンマリンユナイテッド(JMU)や三菱重工業、三井造船などは自社で保有する。

2018年3月末に完成する。今治造船はこれまで規模の小さい水槽は持っていたが、大型水槽が必要な試験をする際は外部の研究開発機関に委託していた。

造船業界では窒素酸化物(NOx)などの環境規制が強まっているほか、造船各社は船の燃費性能を競い合っている。今治造船の檜垣幸人社長は11日の定例記者会見で「市場の変動が激しいなか、開発のリードタイムを縮めなければ世界競争に打ち勝てない」などと狙いを語った。











-
[PR]
by funesuki | 2016-07-13 00:22 | 造船所 | Trackback | Comments(0)

嵐の相葉君が造船所に潜入!




テレビ朝日「相葉マナブ」
2016年5月29日(日)18:00~放送

「ぐるっと一周200キロ!マナブ東京湾~造船~」

http://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

出演者
相葉雅紀・岡田圭右(ますだおかだ)・渡部建(アンジャッシュ)・澤部佑(ハライチ)







日本の海の玄関口とも言える東京湾には知られざる日本の姿が盛りだくさん。
そんな東京湾をぐるっと1周するというこの企画!


今回は、住友重機械横須賀造船所にお邪魔して海外に主に原油や石油を運ぶ輸送機である巨大なタンカーがどのように造られているか!『造船』について学びます!



加工工場で鉄板や鉄のパイプである材料を切断、溶接剤を溶かしてパーツを組み立てる工場、
そして相葉くんが、見たこともない特殊車両の運転席に潜入!
さらに地上約80mの高さにあるクレーンの操縦席に乗り込み巨大なパーツ運びに挑戦!

最後はいよいよ巨大なタンカーの中に潜入!!驚きの操舵室!タンクはどれくらいの大きさなのか?初体験にみんな大興奮!

お楽しみに!!











-
[PR]
by funesuki | 2016-05-28 07:23 | 造船所 | Trackback | Comments(2)

「タモリ倶楽部」で造船所潜入!




「タモリ倶楽部」
2016年5月27日(金) 24時20分~24時50分



東京ドーム8個分!ジャパンマリンユナイテッド巨大造船工場に潜入!」
造船の聖地に潜入!巨大船建造作業に興奮&謎のマッチョ軍団とタモリ倶楽部大激突!


◇番組内容
「東京ドーム8個分!ジャパンマリンユナイテッド巨大造船工場に潜入!」世界7位の建造量を誇る造船の聖地にバラエティ番組初潜入!巨大船建造作業&超巨大クレーンブロック搭載作業に興奮!&謎のマッチョ軍団とタモリ倶楽部チームまさかの大激突!



◇出演者
MC
タモリ


ゲスト
児嶋一哉(アンジャッシュ)、高橋茂雄(サバンナ)
野上慎平(テレビ朝日アナウンサー)











[PR]
by funesuki | 2016-05-27 07:56 | 造船所 | Trackback | Comments(0)

2015 JMU津 秋まつり 24日開催!





津市観光協会公式サイト


JFE/JMU2015秋まつり

http://www.tsukanko.jp/event/733/





ステージイベント(レディオキューブFM三重)やキャラクターショーなどあり。
模擬店やバザー、自動車展示などもございます。
工場見学(新造船 棟梁 沿岸構造物等)や地震体験車などはJFEならではの出し物となっております。
普段見ることが出来ない大型船舶や棟梁等の製造現場が見学できます。


開催期間 平成27年10月24日(土)(荒天時中止)
開催時間 10:00~15:00

会場名 JMU駐車場特設会場及び構内

〒514-0301
三重県津市雲出鋼管町1
電話番号059-246-2100 (秋まつり事務局)








-------------------------------------------------------------------------------






過去撮影した秋まつり画像はこちらで!


http://funegasuki.exblog.jp/13518316/

http://funegasuki.exblog.jp/13533238/
[PR]
by funesuki | 2015-10-17 09:43 | 造船所 | Trackback | Comments(2)

NHKで造船職人の特集番組




NHK「プロフェッショナル」
鉄曲げひとすじ、巨船を造る
撓鉄(ぎょうてつ)職人・葛原幸一(くずはらこういち)


2015年4月20日(月)
午後10:00~10:48
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html#20150420


(再放送)
4月25日 (土)午前1:10~午前2:00(金曜深夜)




スピード、燃費、耐久性・・・そのすべてで世界を圧倒する造船大国・日本が誇る「巨船」。
鍵を握るのは、極限まで絞り込まれた流線型のフォルム。鋼鉄を炎で熱し、水で冷却して曲げる「撓鉄(ぎょうてつ)」という緻密な職人の手仕事によるものだ。

「撓鉄」において、当代一と言われる匠(たくみ)が香川にいる。葛原幸一(くずはら・こういち)69歳。いま劇的に需要が伸びている液化天然ガスLNG運搬船を日本で初めて手がけ、半世紀にわたって300隻もの巨船を造ってきた「現代の名工」だ。
世界各地の造船所からも技術指導に招かれ、本場イギリスでは「キング」と呼ばれる。

葛原は、経験で培った超人的な「感覚」を武器に、厚さ3センチもの鋼鉄を自在にねじ曲げ、ミリ単位の精度で仕上げていく。度重なる不況と戦い続けてきた日本の造船業。いまようやく迎えつつある好景気の中で、その下支えになるのが葛原たち職人の技だ。


職人となって49年目の今年。人生最大の試練にぶつかった。誇りをかけた140時間の真剣勝負に密着。
[PR]
by funesuki | 2015-04-19 22:20 | 造船所 | Trackback | Comments(4)

今治造船、国内16年ぶりの大型ドック新設へ!





最大手の今治造船、香川に大型ドック新設 国内16年ぶり
400億円投資 新興国需要にらみ


2015年1月29日 産経新聞
http://www.sankei.com/west/news/150129/wst1501290039-n1.html



造船の国内最大手、今治造船(愛媛県今治市)は29日、新興国向けの大型船需要をにらみ、大規模建造設備(ドック)を香川県丸亀市に建設すると発表した。

約400億円を投じ、平成28年10月からの稼働を目指す。円安による日本の造船業の価格競争力の回復が背景にあり、国内では16年ぶりの大型ドックの新設となる。

新ドックは敷地面積10万平方メートルに全長約600メートル、幅約80メートルで、クレーン3基を設置する。同社は約2万個のコンテナ(20フィート換算)を積載できる世界最大級の輸送船11隻(全長400メートル)を受注したことも明らかにしており、新ドックで建造する。平成30年初めに1隻目の引き渡しを予定している。

日本造船工業会によると、平成25年の日本の建造量シェアは20・8%で中国、韓国に次いで世界3位にとどまっている。一方で、円安による価格競争力の向上や、技術力が求められるLNG(液化天然ガス)運搬船の需要拡大などが国内造船業への追い風になっている。






-----------------------------------------------------------------------------






今治造船 16年ぶりにドック新設


2015年1月29日 NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150129/k10015072391000.html


このところの円安を背景に日本の造船業界の価格競争力が増すなか、愛媛県に本社がある造船最大手の「今治造船」は今後、受注の拡大が見込めるとしておよそ400億円を投じて、16年ぶりにドックの新設に踏み切ることになりました。

発表によりますと、今治造船は香川県丸亀市にある工場内に全長600メートル、幅80メートルの新たなドックを整備します。
事業費はおよそ400億円で、つり上げる能力が1200トンと、この会社の設備としては最大級のクレーンも3基設置します。

今治造船は海外の大手海運会社から世界最大級のコンテナ船を11隻受注していて、それに対応できる大きさのドックが必要になったため、今回16年ぶりにドックの新設に踏み切ったということです。

日本の造船業は中国や韓国の企業の台頭で、近年、世界的なシェアが低下していましたが、このところの円安を背景に価格競争力が増しています。
今治造船ではドックを新設することで、今後、海外からの受注を増やしていきたいとしています。







-----------------------------------------------------------------------------






2015年01月29日
今治造船プレスリリース
http://www.imazo.co.jp/html/comp/news/150129_02.html




丸亀事業本部 大型新造船建造ドックを新設



今治造船株式会社は、今般、受注した20,000個積みメガコンテナ船(全長約400m×幅約59m)等の超大型船建造に対応する為、丸亀市土地開発公社より払い下げを受けた当社丸亀事業本部(丸亀市)隣接の埋立地(約10万m2)に、長さ約600m×幅80mの大型新造船建造ドックを新設することとしました。

国土交通省のドック建設許可は既に取得しており、りんかい日産建設株式会社、株式会社大林組、東洋建設株式会社の共同企業体により、来月に着工し、2016年10月の完成を予定しています。

2000年完成の当社西条工場ドック以来となる新設ドックは、吊り能力1,200トンのゴライアスクレーンを3基有し、ブロック工場等含めて約400億円の設備投資を予定しています。

超大型船商談など世界中からの多様なニーズに柔軟に対応出来る生産体制を構築することにより、国際競争力に磨きをかけ、お客様のご期待に添える船造りを目指して参ります。







---------------------------------------------------------------------------
[PR]
by funesuki | 2015-01-29 22:03 | 造船所 | Trackback | Comments(4)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-19 22:45
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-16 21:53
太平洋フェリー「きたかみ」新..
at 2017-11-16 21:20
米空母3隻と海自が共同訓練
at 2017-11-14 00:16
南極観測船「しらせ」東京港
at 2017-11-12 22:14
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-11-08 21:54
PUNIPさんの個展
at 2017-11-07 22:35
「MOL Truth」明石海..
at 2017-11-06 22:32
イージス艦事故「回避できた」..
at 2017-11-06 21:45
世界最大級コンテナ船「MOL..
at 2017-11-02 23:42
旧村上ファンド系、郵船株を大..
at 2017-10-31 23:10
郵船、郵船ロジを完全子会社化へ
at 2017-10-31 22:59
東京モーターショー2017
at 2017-10-30 00:12
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-10-27 00:24
商船三井 今造建造2万TEU..
at 2017-10-26 21:58
船が欠航し投票箱運べず
at 2017-10-22 15:10
新「さんふらわあ ふらの」乗..
at 2017-10-21 12:12
「飛鳥」新造船先送りへ
at 2017-10-18 20:17
「ガンツウ」就航
at 2017-10-18 20:10
LNG船「エネルギーリバティ..
at 2017-10-18 19:59

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(555)
(145)
(141)
(135)
(119)
(105)
(92)
(85)
(85)
(79)
(79)
(74)
(73)
(65)
(54)
(48)
(47)
(47)
(46)
(43)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

おっ! いよいよ乗..
by アキ at 05:40
舟しゅうさん、こんにちは..
by すぐる at 23:10
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:08
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 22:55
アキさん、おはようござい..
by すぐる at 22:51
ベレー帽さん、こんばんは..
by すぐる at 22:47
すぐるさん、こんにちは。..
by 舟しゅう at 07:03
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:03
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:49
おはようございます! ..
by アキ at 06:54

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧