カテゴリ:RORO船( 29 )

博多―敦賀航路開設検討へ、近海郵船






「空白」埋める、博多―敦賀検討
新貨物航路、来春開設目指す


2018年3月14日 福井新聞
http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/304955




敦賀港(福井)-苫小牧港(北海道)の定期貨物船を運航する近海郵船(本社東京都)が、新たに敦賀港と博多港(福岡県)を結ぶRORO船の定期航路を検討していることが12日分かった。今後採算性などの事業化の検討を重ね、来年春の航路開設を目指す。日本海側で本州と九州を結ぶ定期航路は現在なく、就航すれば国内海上輸送の「空白航路」を埋めるルートとなる。

同社によると、就航当初はRORO船1隻、週3便で敦賀-博多間を往復運航することを検討している。航海時間は片道約19時間を想定。できるだけ早期に週6便のデイリー化を目指す。敦賀港を中継した苫小牧航路との接続も視野に入れており、「北海道と九州を結ぶ最速、高頻度の新たな海上輸送ルートとしてサービスを提供したい」としている。


新航路の検討は、深刻化するトラックドライバーの不足や、環境負荷軽減で陸上輸送から船舶に転換する「モーダルシフト」の進展を背景に、海上輸送の需要を取り込む狙い。関西、中京、北陸圏の日本海側の玄関口となる敦賀港と、九州経済を支える中枢港湾の博多港を結び、自動車関連製品や食品、雑貨などの貨物利用を見込んでいる。













-
[PR]
by funesuki | 2018-03-14 20:33 | RORO船 | Trackback | Comments(0)

静岡~大分を毎日運航、川崎近海






川崎近海汽船、静岡―大分を毎日運航



2018年2月12日 日刊工業新聞
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00461547




川崎近海汽船は3月5日から、清水(静岡県)―大分の航路を毎日運航する。貨物専用フェリーのRORO船を使い、首都圏と九州全域の間で毎日、発地からの3日目配送が可能となる。

長距離トラック運転手不足が深刻化する中、幹線輸送をフェリーに切り替えるモーダルシフトを促進する。12メートルシャシー160台と乗用車100台を積む船と、12メートルシャシー108台と乗用車36台を積む船の2タイプが就航する。

これに伴い、従来の北九州―常陸那珂(茨城県)間サービスは休止する。











-
[PR]
by funesuki | 2018-02-12 22:06 | RORO船 | Trackback | Comments(0)

清水―大分RORO船、週6に増便






清水―大分間、週6に増便 貨物専用フェリー、18年3月から


2017年9月5日 静岡新聞
http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/398594.html



静岡県は4日、貨物専用フェリー「RORO(ローロー)船」を運航する川崎近海汽船の清水-大分航路が現在の週3便から、2018年3月からは週6便になると発表した。
週1便で清水-常陸那珂(茨城県)の新規航路を運航することも明らかにした。RORO船はトラック運転手不足に対応し、モーダルシフト(物流手段の転換)の受け皿として期待されている。


県によると、清水-大分航路には、トラックの荷台部分160台と乗用車100台を収容可能な北王丸に加え、荷台部分108台と乗用車36台を収容可能な勇王丸が新たに投入される。

県は、週6便の運航により宅配便などを扱う企業へのメリットが増すとみる。増便による利便性の向上だけでなく、北海道から九州までRORO船による海上ルートが形成されることによって集荷範囲が拡大し、流通網の充実によって地域経済の活性化が図られるとも指摘する。

川勝平太知事は「北海道と定期航路を有する常陸那珂港と清水港を結ぶ航路も新たに開設されることで、清水港の利便性は飛躍的に向上することになる」とコメントを出した。












-
[PR]
by funesuki | 2017-09-05 23:13 | RORO船 | Trackback | Comments(0)

琉球海運「しゅれいⅡ」就航








しゅれいⅡが就航 琉海、沖縄航路で最大


2017年8月13日 琉球新報
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-554622.html#prettyPhoto




沖縄航路で最大となる琉球海運(那覇市、宮城茂社長)の新造船「しゅれいⅡ」(宮城満船長)が就航し、那覇港新港ふ頭に入港した12日、同社関係者ら多数が新造船を出迎え、就航を祝った。しゅれいⅡは1万1687トン、全長182メートル、全幅26メートル。東京、大阪、那覇を週1便で定期就航する。

接岸後、下船した宮城船長と山城忍機関長に同社関係者から花束が贈られた。

宮城社長は「過去にない大きな船ができた。よりよいサービスを提供し、沖縄の経済発展に貢献したい」と語った。





e0158925_21331818.jpg

那覇港新港ふ頭に接岸した「しゅれいⅡ」から、貨物を下ろす準備をする関係者ら=12日、那覇市港町








--------------------------------------------------------------------------------







琉球海運の新造船「しゅれいⅡ」完成、那覇に入港 設備投資を本格化



2017年8月13日 沖縄タイムス
https://this.kiji.is/269227984924247545?c=237824576730646012




琉球海運(宮城茂社長)は設備投資を本格化させている。12日には同社最大の積載量となる「しゅれいⅡ」が完成し、那覇港に入港。沖縄県が実施する大都市圏と中城湾港新港地区を結ぶ航路の実証実験に参加する。11月にも同規模の貨物船を投入し、輸送能力を4割引き上げる。うるま市の国際物流拠点産業集積地域で、同社が今秋着工予定の物流センターも活用し、今後も伸びる需要の取り込みを狙う。

しゅれいⅡは、トレーラーを車両ごと積み込んで輸送できるRORO船で、全長182メートル、総トン数1万1687トン。トレーラー177台に加え、乗用車290台を運べ、同社所有の貨物船では最大の積載量となる。

県が実施する中城湾港新港地区、那覇港、東京港、大阪港をつなぐ定期航路の実証実験に参加する。14日から営業運航を始める。

11月に就航する「にらいかないⅡ」もしゅれいⅡと同規模で、投資額は合わせて90億円に上る。

うるま市に建設する物流センターは2018年11月に稼働予定。延べ床面積1万8584平方メートルで、冷凍、冷蔵、常温の3温度帯の倉庫も備える。グループの運輸会社と連携し、海上だけでなく、集荷から配送までの陸送も手掛ける。

県内は、人口と観光客数が伸びて貨物量も増加しており、今後も増え続ける見通し。同社は貨物船の輸送能力向上や、中城湾港新港地区を拠点とした輸送で、増大する貨物量に対応する考えだ。中城湾港の活用で、貨物が集中する那覇港の荷さばき場不足の解消も目指す。








-----------------------------------------------------------------------------







中城湾港に京阪航路 琉海「しゅれいII」就航



2017年8月20日 琉球新報
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-558681.html


琉球海運(那覇市、宮城茂社長)の新造船「しゅれいII」(1万1678トン)の中城湾港への初就航式典が19日、うるま市の同湾港新港地区東ふ頭で開かれ、中城湾港から大阪、東京までを結ぶ「京阪航路」が開設した。京阪航路は県の実証事業で2019年度まで週1便で運航し、20年度以降の定期航路化を目標とする。

就航式典には県土木建築部の宮城理部長、中城湾港開発推進協議会の島袋俊夫会長(うるま市長)らが出席し、大都市圏への直接の航路開設により中城湾港への産業集積が加速することを期待した。

しゅれいIIは大型車両が自走で乗り込めるRORO船で、全長182メートル、全幅26メートルと琉球海運が所有する船舶で最大。同社は秋には中城湾港で「RKK物流センター」の着工を計画しており、宮城社長は「本島中部の発展なくして沖縄のさらなる発展はない。新しい航路の開始で中城湾港、県経済の発展に貢献したい」とあいさつした。

中城湾港の「京阪航路」は、貨物が集中する那覇港の混雑解消や、中城湾港新港地区の産業支援機能の強化などを目的に、県土木建築部の物流拠点化促進輸送補助事業の一環として3年間、実証実験をする。航路は那覇を出発し、中城、大阪、東京を経由する。荷役会社は沖縄港運が担う。












-
[PR]
by funesuki | 2017-08-20 21:46 | RORO船 | Trackback | Comments(0)

イオンとサッポロ、RORO船共同利用へ





e0158925_22554776.jpg










イオンとサッポロが貨物船を共同運航へ



2017年7月21日 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170721/k10011067491000.html



トラックドライバーの不足などに対応するため、流通大手のイオンと大手ビールメーカーのサッポロホールディングスは、商品の新たな輸送手段として大分県と静岡県を結ぶ貨物船を共同で運航することになりました。

発表によりますと、イオンとサッポロホールディングスは、今月24日から大分県の大分港と静岡県の清水港を結ぶ貨物船を週に2往復、共同で運航します。

このうち、大分港からはイオンが福岡県内で製造したプライベートブランドの清涼飲料を関東地方に輸送し、清水港からはサッポロが静岡県内の委託先で製造した清涼飲料を九州地方に運ぶということです。

これらは主にトラックで輸送されてきましたが、ドライバーが不足する中、貨物船で大量輸送することで、従来よりもイオン側がおよそ15%、サッポロ側がおよそ6%、コストを削減できるということです。

イオンは大手日用品メーカーの花王と貨物列車による共同輸送にも取り組んでいますが、メーカーとの間で貨物船を使った共同輸送を行うのは初めてだということです。

トラックのドライバー不足による物流コストの上昇は、流通企業や食品メーカーの共通の課題となっていて、会社の垣根を越えた共同輸送の動きが広がっています。






-------------------------------------------------------------------------






イオン・サッポロHD、物流子会社が中部-九州で貨物船を利用した共同運航を開始



2017年7月24日 日経BP
http://business.nikkeibp.co.jp/atclemf/15/238719/072402670/



イオンとサッポロホールディングスのそれぞれの物流子会社は、中部-九州地区間で貨物船を利用した共同運航を7月24日に始めた。環境負荷低減と、多様な輸送体系構築を目的に実施する。フェリーのように斜路を備え、トレーラーなどの車両が収納できる貨物船“RORO(ローロー)船”で商品を運ぶ。RORO船の共同運航は国内初という。

共同運航はイオン子会社のイオングローバルSCMと、サッポログループのサッポログループ物流が行い、静岡県の清水港と大分県の大分港の間で貨物船による海上ルートを使う。イオン側は、プライベートブランド「トップバリュ」の福岡県の生産工場から飲料などの商品を大分港、清水港を経て西関東と北関東の地域配送センターに納める。

サッポロ側は、イオン側と逆のルートで静岡県内の製造委託先工場から清涼飲料水を輸送し、佐賀県内の物流センターに納品する。貨物船は土、火曜の午後11時大分港発で日、水曜の同7時清水港着と、月、金曜の午後11時清水港発で、火、土曜の同7時大分港着で運航する。陸上では、両港近くの運送会社の支店を通じて、トレーラーが商品を運ぶ。

実車率が向上して効率的な輸送で運航本数が削減できることから、トラック輸送に対してCO2排出量を約50%削減する。トラックの陸上輸送と比べて大量に運べるうえ、港での積み替え作業も要らない。そのためコストはイオン側が約15%。サッポロ側が約6%削減できる。イオンとサッポロは、2015年11月から鉄道輸送の共同化でも協業している。











-
[PR]
by funesuki | 2017-07-26 21:42 | RORO船 | Trackback | Comments(0)

子牛輸送へRORO船「かりゆし」改造






子牛輸送へ貨物船改造 JAと琉海 通風機やミストでストレス軽減


2017年6月1日  琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-506380.html



沖縄産子牛の安定的な県外輸送を目指し、JAおきなわと琉球海運、セリ牛事故共助積立金運営委員会でつくる家畜海上輸送協議会(会長・大城勉JAおきなわ理事長)が、琉海の既存貨物船を家畜輸送に対応できるようにする改造に取り組んでいる。屋根が付いた室内部分に家畜を載せる密閉型を採用。甲板に家畜を載せていた従来の船に比べて直射日光を浴びずに済み、輸送中の子牛のストレス軽減につなげる。10月にも就航する予定だ。

現在、子牛の県外出荷に使用する琉海の船「にらいかない」が11月に退船することに伴い、国、県の補助金も活用しながら2億4800万円を投じて貨物船「かりゆし」を改造する。

沖縄の子牛出荷頭数は全国4位。県産子牛が県外の肥育産地に運ばれる際、沖縄本島―鹿児島間を約19時間かけて海運で輸送している。2005年には鹿児島へ輸送中に牛、豚約310頭が熱中症で死ぬ事故も発生しており、船内の温度や換気状態が家畜に与える影響が大きい。

子牛輸送に対応した「かりゆし」の改造は、広島県の造船所で9月中に行う。家畜を載せるスペースに通風機を設置したり、側面に開閉式の窓を設けたりして、臭いがこもりやすい船内の換気機能を強化する。ミストも100機設けて熱を発散しやすくするなど、家畜の輸送環境の改善に力を入れる。

JAおきなわ畜産部は「魅力ある子牛の生産基盤を維持・発展させるため取り組みたい」と話した。














-
[PR]
by funesuki | 2017-06-04 23:25 | RORO船 | Trackback | Comments(6)

RORO船のトレーラー積込作業拝見





RORO船の面白い動画を見つけました!



と言ってもRORO船本体ではなく、RORO船に荷役するトレーラーの動画ですが(笑)

デッキの中の構造もよくわかる貴重な動画です。











そしてお次も同じドライバーさんの動画。
こちらは難しいと言われるトレーラーの左バック動画(6:30~)が見られます。

左バックというのは後ろがまったく見えないのですね。
どういう感覚で運転しているんだろう・・・

誘導作業員さんの笛の合図もなんともカッコいい!(笑)
9分10秒からのスロープをバックで上がっていく場面も圧巻です!











お次は違うドライバーの方ですがトラクタの動きがわかる動画です。
いやぁ~、ほんとギリギリに上手いこと積み込みされますね~。
まさにプロの仕事です!


















最後は・・・船と全然関係ない動画ですが(笑)トレーラーの凄い動きがわかる動画です!

こんな場面を私も街中で見てみたい・・・



















-
[PR]
by funesuki | 2017-02-02 23:05 | RORO船 | Trackback | Comments(2)

境港にRORO船入港






「ひまわり5」境港に寄港 国内RORO船試験輸送


2016年12月6日 日本海新聞
http://www.nnn.co.jp/news/161206/20161206004.html




境港への内航RORO船の定期化の可能性を探るため、東京港―博多港間の既存航路を境港まで延伸し、貨物を移出入する試験輸送が2~8日、実施されている。
境港と東京港を結ぶルートは初めて。














-
[PR]
by funesuki | 2016-12-08 23:10 | RORO船 | Trackback | Comments(0)

南港かもめFT跡に琉球海運らが進出






大阪市が公募していた南港の「かもめフェリーターミナル」跡地(F7、F8埠頭)利用者の
選定結果が発表され


琉球海運株式会社
日本通運株式会社
近海郵船株式会社
郵船港運株式会社


の4社が進出することとなったようです。


http://www.city.osaka.lg.jp/port/page/0000361488.html





現在F8はフェリーさんふらわあ志布志航路が利用中ですが、来年1月末にコスモFTに移転予定なので
大阪港の様子も大きく変わっていきそうです。


4社は現在の沖縄定航埠頭から移転するということなのか?マルエーフェリーは変化なし??・・・
など気になるところはありますが、広大なかもめ埠頭が大阪港の新たなRORO船の
一大拠点になることは間違いないでしょう。




名門大洋フェリー、オレンジフェリーからのRORO船撮影の楽しみがまた一つ増えますね(笑)






(参考画像)

2013年に撮影した「かもめフェリーターミナル」です。

e0158925_23212433.jpg
e0158925_23212693.jpg













-
[PR]
by funesuki | 2016-11-30 23:47 | RORO船 | Trackback | Comments(4)

RORO船 試験輸送で境港入り







RORO船 境港入り 定期化目指し試験輸送


2016年6月21日 日本海新聞
https://www.nnn.co.jp/news/160621/20160621001.html



日本海側の新たな海上輸送ルートの開拓に向けたトライアル(試験)輸送が始まり20日、鳥取県境港市の境港にトレーラーを積載できるRORO船が入港した。苫小牧港(北海道)-敦賀港(福井県)間を定期運航するRORO船を境港まで延伸し、2週続けて実施。定期化の可能性を探る。

試験輸送は、境港管理組合が実施。境港と苫小牧港を結ぶ試験輸送は5回目となる。

船は近海郵船(東京都港区)のRORO船「ひだか」(1万1185トン)。これまでは試験輸送用にチャーターしていたが、苫小牧-敦賀間を定期運航する同船の休航日を利用して境港まで延伸し、船のスペースを借り上げる形で取り組んだ。

この日、境港では苫小牧港などで積んだ洋紙やパレット材、自転車といった貨物を降ろし、鳥取、島根両県など7社の合板や飲料水などトレーラー7台分とトラクターなどを積載。正午ごろ出港した。次回は27日に入港する。

同組合の細羽正事務局長は「今回は期待ほどの集荷ではないものの、コストなどを検証し、環境整備を進めたい。定期航路に向けてハードルはまだ高いが、試験輸送でメリットを地域に示していきたい」と話した。

今後、境港を拠点に北海道、九州を結ぶ試験輸送などを検討。2020年度までに日本海側の定期航路開設を目指している。(今井壮)











-
[PR]
by funesuki | 2016-06-21 22:47 | RORO船 | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

新「さんふらわあさつま」大阪..
at 2018-05-26 23:17
「駿河湾フェリー」来春撤退へ
at 2018-05-26 23:00
「かもつせんのいちにち」重版へ
at 2018-05-26 22:48
海上保安庁 6年ぶりに観閲式 
at 2018-05-20 22:53
両備フェリー、新造船建造へ
at 2018-05-18 21:58
祝!新「さんふらわあさつま」就航
at 2018-05-16 22:16
新「さんふらわあさつま」大阪..
at 2018-05-13 23:50
新「さんふらわあさつま」大阪..
at 2018-05-09 21:46
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-05-03 09:45
川崎近海「シルバーティアラ」..
at 2018-04-26 23:28
新「さんふらわあ さつま」内覧会
at 2018-04-24 22:21
驚愕の豪華ヨットが横浜入港
at 2018-04-21 23:13
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-04-18 00:05
「さんふらわあWebマガジン..
at 2018-04-17 23:05
STU48劇場はフェリー「み..
at 2018-04-15 00:07
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-04-11 21:51
カンブリア宮殿に郵船クルーズ..
at 2018-04-08 22:08
尾道~瀬戸田「サイクルシップ..
at 2018-04-08 22:00
コンテナ船新会社「ONE」事..
at 2018-04-02 22:30
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-03-31 21:54

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(599)
(152)
(143)
(138)
(122)
(109)
(93)
(90)
(85)
(85)
(79)
(75)
(74)
(65)
(58)
(56)
(55)
(48)
(48)
(47)

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 22:54
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 22:16
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 22:12
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 21:42
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:58
SPECTRUMさん、コ..
by すぐる at 00:26
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:23
来阪、お疲れ様でした。 ..
by SPECTRUM at 05:35
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:18
funesukiさん、こ..
by すぐる at 22:05

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧