タグ:クルーズ船 ( 152 ) タグの人気記事

カンブリア宮殿に郵船クルーズ社長出演





テレビ東京
カンブリア宮殿

格安も登場!拡大する豪華客船ツアー 
26年連続日本一! 王者・飛鳥Ⅱの全貌


2018年4月12日(木) 夜10:00~10:54

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/



26年連続で客船ランキングのトップに君臨する客船「飛鳥II」
累計1000泊を超える熱狂的ファンまで現れるその秘密と最強船乗り集団“郵船”の全貌に迫る!

【ゲスト】郵船クルーズ 社長 服部浩
【メインインタビュアー】村上龍【サブインタビュアー】小池栄子



豪華客船で観光地を周遊するクルーズ旅行。かつては富裕層向けのイメージだったが、今や1泊1万円程度の格安ツアーも登場し、若い世代も楽しめる"手の届く贅沢"として市場が急拡大している。

日本各地の港には、世界中からクルーズ船が年間2700回も訪れ、クルーズ人口も過去最多で24万人を超えた。そんな中、26年連続で客船ランキングのトップに君臨するのが、日本最大の客船「飛鳥Ⅱ」。

累計1000泊を超える熱狂的ファンまで現れた飛鳥Ⅱの秘密と、最強船乗り集団"郵船"の全貌に迫る!











-
[PR]
by funesuki | 2018-04-08 22:08 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

旧日本郵船 小樽支店&小樽総合博物館







「にっぽん丸」を小樽港で撮影した翌日・・・
以前から行きたいと思っていた「旧日本郵船 小樽支店」を見学してきました!




小樽港から徒歩で向かいます。

e0158925_2011645.jpg



あ、線路を歩いたわけではありませんよ(笑)
「旧手宮線跡地」です。とてもいい感じの歩道が続いています。
e0158925_2041510.jpg



到着しました!

e0158925_2044345.jpg


e0158925_2053660.jpg



(以下、小樽市HPより)
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/gakushu_sports/bunkazai_isan/bunkazai/yusen.html


重要文化財旧日本郵船株式会社小樽支店は明治37年着工、同39年10月に落成した近世ヨーロッパ復興様式の石造2階建建築です。設計者は佐立七次郎、施工は地元の大工棟梁山口岩吉があたり、工費は当時の金額で約6万円でした。当時小樽は北海道開拓の拠点都市として商業港湾機能を充実しつつあり、船舶・海運・倉庫業界が競って、船入澗を設置し石造倉庫を建てました。また明治後半から一流建築家達が当時の最先端の技術で、代表的作品を残しました。この建物はその草創期の象徴的存在です。
昭和30年市が日本郵船から譲り受け、翌31年から小樽市博物館として再利用されて来ましたが、44年3月には、明治後期の代表的石造建築として国の重要文化財に指定されました。
しかし年ごとに老朽化が目立って来たため、59年10月修復工事を着工、33カ月の工期を経て62年6月しゅん工しました。ここに商都小樽を代表する明治後期の商業建築が優れた文化遺産としてよみがえりました。




e0158925_2065188.jpg



入場料を払っていよいよ内部へ・・・



おお~!こりゃすごい。

e0158925_20114158.jpg



日本郵船に関する展示コーナーもあります。
e0158925_2013514.jpg



e0158925_20131599.jpg
e0158925_2013246.jpg


明治時代の乗船券です。
e0158925_20153783.jpg

e0158925_20165267.jpg



主要航路の案内図には今とは違う日本地図が・・・
e0158925_2016898.jpg

e0158925_2016194.jpg




2階へ進みましょう。

貴賓室です。
e0158925_20202870.jpg

e0158925_20204239.jpg



会議室です。

e0158925_20222124.jpg


豪華な空間に圧倒されます(笑)
e0158925_20225165.jpg



日本郵船は今でも立派な大企業ですが、戦前は今とは比較にならないくらい、特殊でもの凄い会社なのだったと再認識させられる建物でありました。

e0158925_20252472.jpg






再び徒歩で次の見学場所へ・・・


「小樽市総合博物館」です!
https://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/

e0158925_2028484.jpg



入場口が改札口仕様でオシャレでしょ?(笑)

e0158925_20293954.jpg


全体的には鉄道メインの博物館です。
e0158925_2030911.jpg


屋外展示も。
e0158925_20302842.jpg
e0158925_20323297.jpg


このあたりの除雪車は間近で見るととても迫力がありました。

e0158925_20332437.jpg
e0158925_20333591.jpg
e0158925_20334474.jpg



こちらは展示じゃないかもしれませんが、なんか気になったな~(笑)

e0158925_20343252.jpg



あ、船関連の展示もありました!
「手宮高架桟橋」の模型です。

e0158925_2035251.jpg



貨車から直接石炭を船に積みおろす巨大桟橋・・・
もし今も残っていたらもの凄い迫力だったでしょうね。

e0158925_20391396.jpg




博物館を出て小樽市中心部へ再び戻ります。


漁船もよく見ると面白いな~。
ブリッジの窓がまん丸なのですね(笑)
e0158925_2042987.jpg



小樽運河です。
e0158925_20423647.jpg



観光地らしいとても雰囲気ある町並みを進みます。
e0158925_20442941.jpg



坂道を登って「水天宮」にやってきました。
e0158925_20485793.jpg



そして海が見える方向に進むと・・・
e0158925_20492925.jpg




ん??


なんか白い船がいる!!


偶然やな~。
どこのなんの船やろ~???






e0158925_20502889.jpg





て、わざとらしいですか?(笑)




ということで!?近々「白い船」の乗船記始めますよ~!













-
[PR]
by funesuki | 2018-03-25 21:07 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

クルーズ船が真っ二つに!




e0158925_21424917.jpg







豪華客船を真っ二つに切断、全長15m伸ばす大改修


2018年3月24日 CNN
https://www.cnn.co.jp/travel/35116625.html



イタリアの造船所で豪華クルーズ船を真っ二つに切断し、その間に事前に造った船体を組み込んで全長を約15メートル伸ばす珍しい工事が実施されている。

客船企業「シルバーシー」(本社・モナコ)がイタリア・パレルモのフィンカンティエリ造船所で進めている改修工事で、客船「シルバースピリット」(3万6009トン)の全長は195・8メートルから210・7メートルになる。

新たな船体部分の挿入は「軍隊のような正確」な手順で既に終え、他の船体との結合作業が慎重に実行されている。この後に航行に備えた準備段階に入る。同社は豪華クルーズ船がこの種の工事を受けるのは初めての例と説明している。

改修工事には500人余の熟練労働者が駆り出され、使った資材は鋼鉄が約846トン、ケーブル類が約11万メートル分や配管類が8000メートル分など。工費は1億米ドル(約105億円)と見積もられている。

新たな船体挿入で収容能力は約12%拡大する。船内の共有部分などが広がり、施設も改善される。新たなレストラン8店を設け、屋外座席の拡大、甲板上のプール拡張にスイート部屋を34室加える予定。スパや無料のジム施設なども新たに誕生する。

シルバースピリットの初航海は2009年。シルバーシーが2017年4月に豪華クルーズ船「シルバーミューズ」を投入するまでは同社で最大の豪華客船として活躍していた。

改造後のシルバースピリットの航海への復帰は今年5月6日の予定で、ローマ~バルセロナ間の7日間の船旅になる。乗船料金は1人当たり5600米ドル(約58万8000円)からとなっている。







e0158925_21431390.jpg

挿入部分は24のスイートルームや8つのレストラン、スパなどの空間になる




















-
[PR]
by funesuki | 2018-03-24 21:45 | クルーズ船 | Trackback | Comments(4)

クルーズVB ベストワンが上場承認







クルーズVBベストワンが上場承認、社長はHIS沢田氏長男


2018年3月22日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28442760S8A320C1TJ2000/




クルーズ旅行をネット販売するスタートアップ企業のベストワンドットコム(東京・新宿)が22日、東京証券取引所マザーズ市場への上場を承認された。上場予定日は4月25日。沢田秀太社長(36)は、旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の創業者で会長兼社長を務める沢田秀雄氏(67)の長男。クルーズ人気を追い風に業容拡大をめざす。

 ベストワンドットコムは2005年に沢田秀雄氏の長女の米山実香氏(39)が創業。実弟にあたる秀太氏は日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)などを経て、12年に実香氏から社長を引き継いだ。

 秀太氏は上場の狙いについて「シニアや富裕層だけでない幅広い層に安心してクルーズ旅行に参加してもらうため、知名度を高めたい」と話す。

 ベストワンドットコムは国内外61の船会社と提携し、1万7千コースを扱う。クルーズのネット販売では国内最大規模。1人あたり料金は平均15万円(7泊程度)と値ごろで50代以下の現役世代の客が6割超を占める。

 17年7月期の連結売上高は前の期比28%増の11億9千万円。年内に多言語サイトを設け、訪日客の獲得にも乗りだす。













-
[PR]
by funesuki | 2018-03-22 22:34 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

「にっぽん丸」小樽出港







「さんふらわあふらの」で北海道に行った際に小樽港で撮影した商船三井客船「にっぽん丸」出港の様子です!

e0158925_2036781.jpg


e0158925_20362033.jpg



最近は横浜大さん橋など高い位置からの撮影ばかりなので、このレベルから撮影できるのがとても新鮮でした!

e0158925_20371829.jpg


おっと!
出港のお見送りイベントも準備完了のようです!

e0158925_20375716.jpg
e0158925_2038693.jpg


紙テープが舞い始めました!

e0158925_20383340.jpg


和太鼓による見送りも最高潮に!

e0158925_2039349.jpg


e0158925_20395451.jpg
e0158925_20404344.jpg
e0158925_20405941.jpg
e0158925_2041897.jpg
e0158925_2041213.jpg
e0158925_20413317.jpg
e0158925_20454039.jpg
e0158925_20455263.jpg
e0158925_2046530.jpg
e0158925_20461674.jpg


行ってらっしゃ~い!お気をつけて~。

e0158925_2046241.jpg











(オマケ画像)

このあとは定番の小樽運河も撮影しましたよ~。

e0158925_2048359.jpg



そして小樽駅!

e0158925_20482072.jpg
e0158925_20483622.jpg


ホームはなんともいい雰囲気でした。

e0158925_20493273.jpg


なんといっても・・・
e0158925_20494571.jpg


「裕次郎ホーム」ですから!
e0158925_20503337.jpg


じゃ~ん!
昭和の大スター「石原裕次郎」さんです!
e0158925_20504544.jpg






しかし小樽駅で私が一番反応してしまったのは・・・



結局こちらの看板だった・・・(笑)




e0158925_20515271.jpg














-
[PR]
by funesuki | 2018-03-08 20:57 | クルーズ船 | Trackback | Comments(6)

東京五輪でホテルシップ構想






東京五輪で客船ホテル5か所に…入管法など整備


2018年03月05日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180304-OYT1T50137.html




2020年東京五輪・パラリンピックで大型クルーズ船をホテル代わりに使う「ホテルシップ」構想について、政府がまとめた制度案の概要がわかった。

外国人観光客らの宿泊施設不足に対応するため、東京、千葉、神奈川3都県の埠頭ふとう計5か所をホテルシップの停泊港に指定する。客船をホテルに使う場合は原則、旅館業法上の営業許可取得を義務付けるなど、法的に曖昧だった部分も解消した。

今回の制度案は、内閣官房など関係省庁が5日に開く作業部会で、了承される見通しだ。

ホテルシップの停泊を認めるのは〈1〉東京港の15号地木材埠頭(東京都江東区)〈2〉川崎港の東扇島地区(川崎市川崎区)〈3〉横浜港の山下埠頭(横浜市中区)〈4〉同港の本牧埠頭(同)〈5〉木更津港の南部地区(千葉県木更津市)――の5か所。政府関係者によると、乗客1000人超を収容できる5万トン級以上のクルーズ船も停泊できる。自治体側がホテルシップを誘致した経緯もあることなどから、白羽の矢が立った。





e0158925_0112198.jpg











-
[PR]
by funesuki | 2018-03-06 00:13 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

JTB「最安」の世界一周クルーズ主催へ







国内初の日本発着世界一周クルーズ JTB、98日間で188万円から


2017年11月27日 産経新聞
http://www.sankei.com/economy/news/171127/ecn1711270020-n1.html



旅行大手JTBは27日、豪華客船による日本発着の世界一周クルーズ商品を国内旅行会社で初めて販売すると発表した。来年1月18日から販売する。クルーズ船を保有する米社からの全室買い取りで手頃な価格を実現した。近年の訪日クルーズ客の急増を背景に日本でも拡大が見込まれるクルーズ需要の取り込みを図る。

米クルーズ大手プリンセス・クルーズ社の豪華客船「サン・プリンセス」(7万7441トン、1011室)で平成31年4月に横浜から名古屋、神戸を経由して出国。98日間で地中海、カリブ海、アラスカなど20カ国31都市に寄港する。スエズ、パナマの両運河も通る。

日本発着を意識し、船内には日本語の通じるスタッフを約50人配置し、食事も日本人の好みに合わせた。価格は188万円から。JTBの高橋広行社長は「世界一周クルーズは『高根の花』のイメージだが、誰にでも手が届く世界一周を実現する」と強調した。

政府は年間4千万人を目指す訪日客のうち500万人をクルーズ客とすべく、岸壁や係留施設の整備などを進めている。昨年のクルーズ船の寄港回数は前年比38.7%増の計2017回と過去最高を記録した。






---------------------------------------------------------------------------






JTB、「最安」の世界一周クルーズ 188万円から


2017年11月27日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23934610X21C17A1000000/


JTBは27日、豪華客船で割安な世界一周クルーズを実施すると発表した。出発は2019年4月で、98日間かけて、シンガポール、イタリア、米国など20カ国・地域の31都市に寄り、現地の観光も楽しむ。188万円からと、類似商品に比べて4割ほど安くし、クルーズ初心者を取り込む。


 米客船大手プリンセス・クルーズの豪華客船「サン・プリンセス」を貸し切りにする。JTBの高橋広行社長は都内で開いた記者会見で「高根の花というイメージの世界一周クルーズを手が届く旅行にして、新たな需要を掘り起こす」と話した。

 今回のクルーズ商品は18年1月に発売する。横浜、名古屋、神戸の3港の順に寄ってから海外に出る。各港の出発日は19年4月10~12日、到着は同年7月16~18日。地中海やカリブ海、パナマ運河なども通る。

 大人1人あたりの基本料金(2人1室、早期に全額支払った場合の割引時)は窓がない内側のツインで188万円と1泊換算で約2万円。食事代や客室料、船内イベント参加料などが含まれる。

 郵船クルーズが運航する豪華客船「飛鳥2」の18年の世界一周クルーズの最安値は330万円。「従来の相場は400万円前後だった」(JTBの高橋社長)という。今回はホテル並みの設備を備えサービスや設備の等級で「プレミアムクラス」と呼ぶ。日本発着で大手が手掛ける豪華客船の世界一周クルーズとしては最も安いという。

 最も高いスイートの基本料金は848万円。船内チップや寄港地での観光費などは別途必要だ。

 サン・プリンセスの総トン数は7万7441トンで、1011の客室を備える。最大2000人の客が乗れるが、今回の募集は1800人程度だ。日本語ができる乗組員が約50人おり、日本食も用意する。

 日本人のクルーズ人口は、16年に15年比12.4%増の24万8千人となり過去最高となった。10年前と比べると約1.3倍になったが、人口に占める割合では欧米に比べて少なく、拡大の余地は大きい。

 「飛鳥2」が18年3月から実施する世界一周クルーズはほぼ即日完売するなど、日本の外航クルーズ船によるクルーズ商品の売れ行きは好調だ。

 プリンセス・クルーズは13年にサン・プリンセスで日本市場に参入して以来、従来より手ごろな価格でクルーズ商品を展開し日本での知名度を高めている。

 日本のクルーズ客の約2割を取り扱うJTBが手がける今回の世界一周旅行が成功すれば、中高年の富裕層が中心だったクルーズ参加者の幅が広がる可能性がある。












[PR]
by funesuki | 2017-11-27 20:44 | クルーズ船 | Trackback | Comments(2)

「飛鳥」新造船先送りへ






郵船、「飛鳥」の後継先送り 最大10年、建造費用高騰で 老朽化で集客力低下も


2017年10月18日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO22369580X11C17A0TJ1000/


日本郵船が2020年を目指していた豪華客船「飛鳥2」の後継船の新造を最大で10年先送りする。

主力の貨物船事業が市況低迷に直面しているのに加え、客船の建造費用が高騰しており客船事業に投資しにくい状況が続く。現行船を改装して後継船の投入時期を見極める方針だが、老朽化により集客力が低下するリスクもある。












-
[PR]
by funesuki | 2017-10-18 20:17 | クルーズ船 | Trackback | Comments(10)

「ガンツウ」就航








「高級宿」出航 ガンツウ、瀬戸内の旅へ



2017年10月18日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22371410X11C17A0LA0000/




1室1泊40万~100万円で瀬戸内海の新しい楽しみ方を提案する小型豪華客船「ガンツウ」が17日、就航した。拠点となるベラビスタマリーナ(広島県尾道市)では切り妻屋根の独特の外観が目を引く船に13組25人のクルーズ客が乗船。地元住民らが見送る中、ゆっくりと岸壁を離れた。


 出港前にあいさつした運航会社せとうちクルーズ(同)の城暁男社長は「新しい瀬戸内の価値を創りあげ、瀬戸内全体の発展と地域創生の一翼を担いたい」と述べた。

 「せとうちに浮かぶ小さな宿」をうたうガンツウは、波の少ない瀬戸内海を電気推進システムで静かに航行する。移りゆく島々を眺めつつ、ジムや露天風呂、ダイニングなどで思い思いの時間が過ごせる。妻と2人で乗船した群馬県高崎市の歯科医師(73)は「大型船は客が多すぎる。ガンツウでゆったりした船旅を楽しみたい」と話した。

 この船を製造した常石造船(同県福山市)は船腹過剰で需要低迷が続く主力のばら積み船からの多角化を進めており、ガンツウが客船第1号。中国市場での客船事業展開を見据える同社にとっても、ガンツウは今後を占う試金石となりそうだ。






















-
[PR]
by funesuki | 2017-10-18 20:10 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

「ガンツウ」報道陣に公開








“浮かぶ高級旅館”完成、客船「ガンツウ」 10月17日に就航へ



2017年9月15日 産経新聞
http://www.exblog.jp/myblog/entry/new/?eid=e0158925




瀬戸内海を周遊する“浮かぶ高級旅館”として建造されていた豪華客船「guntu(ガンツウ)」が完成し、クルージングの拠点となる広島県尾道市浦崎町のベラビスタマリーナで14日、船内の設備などが報道各社に公開された。15日から試運転などの準備を進め、10月17日に就航する。

 ガンツウ(総トン数3200トン)の客室は、広さ50~90平方メートルのすべて海に面した4タイプのスイートのみ19室で、乗客は“満員”でも38人。客室をはじめラウンジやダイニングルーム、サウナ付き大浴場など乗客用のスペースは、ほとんどが木材を使った和風の内装で統一されている。

 ベラビスタマリーナを発着する1泊2日~3泊4日の日程で、瀬戸内海の景色や食べ物、釣り体験などを楽しむゆったりしたクルーズに就航する。1室あたりの料金は2人利用の場合で1泊40万~100万円。

 ガンツウを運航する「せとうちクルーズ」の城暁男社長は「外洋を航海するリゾートホテルのようなクルーズ船ではなく、和のテイストで瀬戸内の魅力を満喫することをコンセプトにした客船はこの船が初めて。より多くの人に知ってもらえるよう情報を発信していきたい」と話した。

 ガンツウのクルーズは、東京・日比谷の帝国ホテル本館に設けられた「ガンツウギャラリー」で販売されている。







-------------------------------------------------------------------------







瀬戸内海に浮かぶ小さな宿-せとうちクルーズ、宿泊型豪華客船を公開



2017年9月15日 日刊工業新聞
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00443141


せとうちクルーズ(広島県尾道市、城暁男社長、0848・70・0391)は14日、10月17日に就航させる宿泊型豪華客船「ガンツウ=写真」を報道陣に公開した。ガンツウは瀬戸内海に浮かぶ小さな宿をコンセプトに、常石グループの中核でバラ積み貨物船建造を主力にする常石造船(広島県福山市)が同社初の客船として建造した。

木材を多用した客室は4タイプ全19室。瀬戸内海を船首から眺められる約90平方メートルの「ザ ガンツウ スイート」や、露天風呂を備えた約50平方メートルの「テラス スイート」など海に面した部屋で航海を楽しめる。

せとうちクルーズは常石グループのせとうちホールディングス(広島県尾道市)の子会社でクルーズ客船事業を手がける。城社長は「(ガンツウを)2隻、3隻目と就航しなければならないように、今後(宿泊型豪華客船を楽しむ)市場が大きく育てば」と期待を込めた。
























-
[PR]
by funesuki | 2017-09-26 21:30 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-06-24 21:58
川崎近海、宮古~室蘭フェリー就航
at 2018-06-23 20:56
駿河湾フェリー継続策、県PT..
at 2018-06-23 20:43
日本海洋掘削が更生法申請
at 2018-06-23 20:14
阪九フェリー、新造船建造へ
at 2018-06-18 21:20
「マジで航海してます」続編放映へ
at 2018-06-17 23:27
病院船「マーシー」入港
at 2018-06-17 08:43
フェリー船上で就職活動!?
at 2018-06-14 23:01
新造船「きたかみ」来年1月就航へ
at 2018-06-13 19:33
佐渡汽船(9176)株が急続伸
at 2018-06-13 19:30
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-06-13 19:15
ONE初の新造コンテナ船が竣工
at 2018-06-12 21:36
ラグビーW杯で活用?ナッチャ..
at 2018-06-12 21:29
駿河湾フェリー、航路維持へ静..
at 2018-06-07 00:13
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-06-04 00:10
岩手・宮古市にフェリーターミ..
at 2018-06-03 23:53
「シップ・オブ・ザ・イヤー」..
at 2018-05-31 20:56
新「さんふらわあさつま」大阪..
at 2018-05-26 23:17
「駿河湾フェリー」来春撤退へ
at 2018-05-26 23:00
「かもつせんのいちにち」重版へ
at 2018-05-26 22:48

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(611)
(152)
(145)
(142)
(123)
(109)
(94)
(90)
(86)
(85)
(79)
(78)
(75)
(65)
(58)
(56)
(56)
(48)
(48)
(48)

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 22:07
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 22:05
花鳥風月さん、こんばんは..
by すぐる at 22:01
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:24
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:03
すぐるさん、こんばんは。..
by 花鳥風月 at 22:49
花鳥風月さん、こんにちは..
by すぐる at 23:59
新造船で大部屋を残す会社..
by すぐる at 23:57
すぐるさん、こんにちは。..
by 花鳥風月 at 10:33
ただ大部屋は安くて乗って..
by かみ at 00:59

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧