タグ:フェリー ( 621 ) タグの人気記事

南海フェリー新造船建造へ!






2018年7月16日
南海フェリー
「新造船フェリー”〇〇〇”ネーミング募集」について

http://www.nankai-ferry.co.jp/


南海フェリー株式会社(取締役社長:阪田 茂)は、2019年度末に新造船を就航させる予定です。これに伴い、この新造船の船名を募集いたします。

なお、この新造船の就航にあわせて、1997年から就航している「フェリーつるぎ」は引退いたします。




【新造船の概要】

船舶の種類:カーフェリー
竣工時期:2019年度末(予定)
造 船 所:サノヤス造船株式会社 水島製造所
主 寸 法:全長約108m × 幅17.5m × 深さ6.1m(車両甲板まで)
総トン数:約2,820トン
載貨重量:約1,300トン
航海速力:約18ノット
旅客定員:546人



【新造船のコンセプト】

素晴らしい眺望をお楽しみいただけるグリーン室
外国からのお客さまにもわかりやすい多言語の案内標記
ご家族連れに落ち着いて過ごして頂ける空間
徳島の「藍染め」の藍色・ジャパンブルーを基調とした落ち着いた色合い




e0158925_1493097.jpg













-
[PR]
by funesuki | 2018-07-17 00:05 | フェリー | Trackback | Comments(4)

「はくおう」広島県三原市へ







防衛省が民間フェリー投入、船内の浴場を開放


2018年07月13日 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20180713-OYT1T50091.html


 

防衛省は13日、同省が利用契約を結ぶ民間フェリー「はくおう」を広島県の尾道糸崎港に寄港させ、15日から船内の入浴施設を西日本豪雨の被災者に開放すると発表した。


 同省は、自衛隊の海上輸送力を補う目的で2016年3月、同船の所有会社と、有事などの際の利用契約を結んだ。同船を使った災害時の入浴支援活動は、16年4月の熊本地震以来2回目。






--------------------------------------------------------------------------------





防衛省
「はくおう入浴サービスについて」
http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/saigai/h30_ooame/pdf/annai_hakuou_02.pdf


e0158925_21532164.jpg







-----------------------------------------------------------------------------






「はくおう」(2014年11月撮影・東京港)

e0158925_1494525.jpg








----------------------------------------------------------------------------







以下、防衛省のツイッターにアップされている画像です。

https://twitter.com/bouei_saigai


本当に「はくおう」は役立っているなと実感できる、そして被災者の方を元気づけているなと思える素晴らしい写真ばかりです。

防衛省の皆様、自衛隊の皆様、はくおうスタッフの皆様には本当に感謝ですね!



e0158925_22541813.jpg
e0158925_22543794.jpg
e0158925_22551935.jpg
e0158925_22561220.jpg
e0158925_22582767.jpg
e0158925_22591836.jpg


e0158925_22565756.jpg
e0158925_22571164.jpg
e0158925_22572671.jpg
e0158925_22574285.jpg
e0158925_22575911.jpg
e0158925_22581022.jpg


e0158925_22584849.jpg
e0158925_2259384.jpg
e0158925_22594113.jpg
e0158925_22595010.jpg













-
[PR]
by funesuki | 2018-07-13 20:24 | フェリー | Trackback | Comments(2)

STU48、船上劇場見送りへ






STU48が2枚目シングル発売と船上劇場オープンを延期
瀬戸内各県の豪雨被害に配慮 個別握手会は中止し返金



2018年7月11日 徳島新聞
http://www.topics.or.jp/articles/-/72405




徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点に活動するアイドルグループ「STU48」が、西日本豪雨で瀬戸内各県に大きな被害が出たことを受け、8月29日に予定していた2枚目シングル(タイトル未定)の発売を延期し、今夏に予定していた船上劇場のオープンを見送ることが11日、分かった。グループの公式サイトで同日、発表された。新たな発売日やオープン時期は現時点で未定としている。



発表では、直接・間接的に豪雨の影響を受けたメンバーやスタッフはいるものの、大事には至っていないことを確認済みとした上で「前例のない豪雨被害を受けて熟考を重ねてまいりましたが、瀬戸内を拠点に活動するグループとして、このまま2枚目シングルを発売するのは難しいと判断しました」と説明している。

 さらに、船上劇場については「劇場準備自体にも想定以上の工数がかかっていることによるスケジュールの遅延もあり、今後のオープン予定時期については現状、ご案内できません」として、整備の遅れも見送りの一因になったとしている。

 その上で「多くのご期待をいただいておりますファンの皆さま、準備に多大なご尽力をいただいております関係者の皆さまには誠に申し訳ございませんが、ご理解よろしくお願いします」としている。新たな発売日などの詳細は、決定次第発表するとしている。

 これに伴い、既に抽選販売を始めている2枚目シングル「劇場盤」購入者を対象にした個別握手会は、9月29日~12月24日に予定していた全6回の日程をすべて中止し、入金済みの当選者には代金を返金することも発表された。

 STU48の船上劇場は当初、昨夏にオープン予定だったが、船の確保などが難航したため延期され、昨年11月1日の予定だったメジャーデビューも今年1月31日に延期された。4月14日には船が確保できたとして外観が公表され、今夏に就航見通しであることが示されていた。

 キャプテンの岡田奈々さんは同日、自身のツイッターで、被災者へのお見舞いとともに「STUのメンバーやスタッフさんから現場の状況は聞いており、安全のために延期することを決断致しました。私たちにできることを前向きに考えていきたいと思います」と決意をつづった。













-
[PR]
by funesuki | 2018-07-11 22:43 | フェリー | Trackback | Comments(0)

豪雨影響でフェリー満船





豪雨で高速道路寸断 物流業者がカーフェリー殺到


2018年7月9日 神戸新聞
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201807/0011430101.shtml




 西日本豪雨の影響で、近畿から九州方面への高速道路が寸断され、物流業者によるカーフェリーの利用が急増している。神戸市によると、7、8両日に神戸港と九州を結ぶ運航3社を利用したトラックは、通常の2倍近くに膨らんだ。土砂崩れなどで陸送ルートが途切れたり渋滞したりする中、海上の“迂回ルート”に集中したとみられる。



 西日本高速道路会社によると、5日の夜から山陽自動車道、中国自動車道ともに通行止めが相次ぎ、中国道は9日朝に全線復旧したが、山陽道は広島県で通行止めが続いている。同社は「復旧には1週間程度かかりそう」と話す。

 道路網が寸断される中、神戸市によると、六甲アイランド(同市東灘区)発大分行きのフェリーさんふらわあ▽新門司(北九州市)行きの阪九フェリー▽新港第3突堤(神戸市中央区)発宮崎行きの宮崎カーフェリーの3社では、通常の土日であれば計400台弱のトラックが急増。7、8両日は計700台を上回り、9日もフェリーさんふらわあ、阪九フェリーの予約はいっぱいになった。

 フェリーさんふらわあには、運送会社などから通常時の2倍以上の予約が入り、7、8両日は満船になった。神戸支店の担当者によると、豪雨が始まった6日から冷凍食品や、自動車部品を運ぶ業者などから電話がひっきりなしにかかり、観光目的のマイカーのキャンセルや無人で貨物だけ運ぶ車の振り替えでも間に合わず、予約を受けられなかった業者がかなり出た。

 一方、7、8両日に阪九フェリーを利用したトラックは計300台を超え、通常の土、日曜の平均計約200台を大幅に上回った。

 宮崎カーフェリーでは、7日夜に神戸を出港する便の予約があふれ、積み込めないトラックが10台を超えた。(霍見真一郎、長尾亮太)





----------------------------------------------------------------------------






物流混乱長期化か、山陽道復旧に1週間・フェリーに荷物殺到…西日本豪雨


2018年07月11日 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20180711-OYS1T50000.html




 西日本豪雨の影響で物流網の混乱が続いている。中国地方では広島県を中心に物流の大動脈である高速道路や鉄道路線に被害が出ており、運送業者の間で、代替策としてフェリーを使ったり、中国山地を貫くように走る中国道に迂回うかいしたりする動きが出ている。

 九州方面へのフェリーが発着する大阪南港では10日午後、乗船を待つ大型トラックが列を作った。静岡県から福岡県にアルミ製品を運ぶ運転手の服部信さん(58)は、中国地方の渋滞を避けるためフェリーを選んだといい、「九州も激しい渋滞が予想される。船内で少しでも体を休めたい」と話した。

 大阪・神戸と九州を結ぶ航路を持つ「フェリーさんふらわあ」は9日以降、一部の乗船予約を断らざるを得ない状況が続く。普段フェリーを使わない運送業者からの問い合わせが増えたといい、土日だった7、8日には取り扱う貨物が2~3割増えた。大阪と北九州を結ぶ航路の「名門大洋フェリー」でも運送業者からの問い合わせが増えた。

 西日本高速道路によると、山陽道は全線再開まで1週間程度かかる見込みだ。JR山陽線も広島県内の区間で被害が出ており、全線が復旧するまでにかなりの時間がかかる見通しだという。

 JR貨物によると、同線を走行する貨物列車の運休も続く。西濃運輸は貨物列車の輸送が止まった影響で、東日本全域で九州向けの荷受けを見合わせている。

 国土交通省は、物流正常化に向けた取り組みに乗り出した。大型コンテナを運ぶトレーラーなどの大型車両を走らせる場合に必要な許可について、岡山、広島、愛媛、福岡の4県を発着する場合は優先して手続きを進めることとした。手続きを迅速化し、貨物の流れを一刻も早く元に戻すのが狙いだ。












-
[PR]
by funesuki | 2018-07-09 22:24 | フェリー | Trackback | Comments(0)

「らべんだあ」新潟出港の撮影





新日本海フェリー「らべんだあ」を下船後、新潟駅からレンタサイクルで「山の下みなとタワー」にやってきました!

新潟港にこの建物があるのは知っていたのですが「新潟みなとトンネル」の換気塔の役割を担っているとは今回始めて知りました。


e0158925_21441276.jpg




早速展望台へと向かい感動の!?「らべんだあ」との再会です!!(て、さっきまで乗ってたやなかいかいw)
e0158925_21453844.jpg




住宅街に突如現れた!?「らべんだあ」さんの図(笑)
船の巨大さがよくわかりますね~。
e0158925_21481434.jpg



新潟ターミナルの建物も見えます。
e0158925_2149463.jpg


「らべんだあ」動き出しました!
e0158925_21493327.jpg



港を進む・・・というか住宅街を進む(笑)「らべんだあ」です。
e0158925_21503927.jpg


e0158925_21505927.jpg


垂直船首、現れました!
e0158925_215267.jpg
e0158925_21543167.jpg
e0158925_21544552.jpg


船尾側デッキにお客さんの姿が確認できます!
e0158925_21552035.jpg


e0158925_220322.jpg


e0158925_21555732.jpg


後ろに見える建物は、対岸にある同じトンネルの換気塔を兼ねた「入船みなとタワー」です。
e0158925_21583252.jpg


e0158925_21584733.jpg
e0158925_21585775.jpg
e0158925_21591690.jpg


e0158925_2241910.jpg

e0158925_2204940.jpg
e0158925_2205897.jpg



北海道・小樽に向けいってらっしゃ~い!

e0158925_2211975.jpg






ということで無事「らべんだあ」を撮影し終えてホッと一息・・・





と思っていたら次はこちらが出港のようです!!

e0158925_2272648.jpg




新潟港撮影記つづきます(笑)










-
[PR]
by funesuki | 2018-07-08 22:34 | フェリー | Trackback | Comments(4)

阪九フェリー、就航50周年へ








カーフェリー、「クルーズ人気」取り込む  阪九フェリー就航半世紀


2018年7月6日 産経新聞
http://www.sankei.com/region/news/180706/rgn1807060002-n1.html



阪九フェリー(北九州市門司区)が運航する関西-北九州間のカーフェリーが8月、就航50年を迎える。国内長距離フェリーのパイオニアとして、大量輸送を担ってきた。団体客減少やトラック離れなど苦境もあったが、最近は新船の就航でクルーズ旅行のニーズを取り込む。トラック運転手の長時間労働を是正する「働き方改革」も追い風となっている。(大森貴弘)

                   

2人部屋で36・5平方メートルと、シティーホテル並みの広さを確保した最上級客室。露天風呂や展望デッキからは、瀬戸内海の夜景や満点の星空を楽しめる。

阪九フェリーが平成27年、泉大津(大阪)-新門司航路に新たに投入した「いずみ」と「ひびき」だ。「大部屋で雑魚寝、というのは過去の話。今は個室がメインで、ちょっとしたクルーズ気分を楽しめます」。小笠原朗社長は、胸を張る。

豪華客船ではないカーフェリーにとって、大部屋から個室への切り替えは冒険でもあった。1隻当たりの定員が減るからだ。それでも、船旅そのものを目的とした「クルーズ旅行」の人気を取り込もうという、同社の狙いは的中した。27年度の旅客数は前年度比2割も増え、40万人だった。

同社は挑戦を続ける。もう一つの航路、神戸-新門司でも2隻を入れ替える。客室の静けさを高め、ペットと一緒に泊まれる部屋や、犬を遊ばせるドッグランも設ける。11月から順次、建造し、32年春の就航を目指す。

今後の課題は、雑魚寝のイメージ払拭だ。特にシニア層に根強いという。新船に加え、旅行会社などを通じて、プチクルーズ色をアピールする。



◆まるで「奴隷船」

阪九フェリーは昭和43年8月、国内初の長距離カーフェリーとして、神戸-北九州の運航を始めた。
高度成長のまっただ中であり、旅行需要が急速に膨らんでいた。半面、関西~九州間では、山陽新幹線が建設中で、高速道路はまだなかった。団体客はフェリーに殺到した。居住性は二の次だった。船室は雑魚寝の2等が主流で、1人当たりの幅は50センチしかなかった。客は通路まであふれた。

「1隻に1千人が乗り、今は冗談で『奴隷船』と形容するほどです」
阪九フェリー常務関西支店長の河越順太郎氏は、こう振り返った。

同社は船を増やし、当初の1日1便から、40年代後半には3便まで増やした。年間旅客数は48年度にピークを迎え、104万人に上った。昭和50年代、山陽新幹線や中国道、山陽道などが相次いで開通し、時間のかかる船旅は敬遠された。平成に入ると、旅客数はピークの半分以下に落ち込んだ。

団体客に代わって、トラックが「お得意さま」となり、フェリー会社の経営を支えた。阪九フェリーでは、年間20万台前後を輸送した。

ところが、平成21年度に高速道路の料金引き下げ(千円高速)が始まる。トラックがフェリーから高速道路に流れた。同社の21年度の運賃収入は前年度比3割減の73億円となった。翌22年度は8億円の赤字を計上した。船舶を6隻から4隻に減らすなどの合理化に取り組んだ。

その後、深刻なトラック運転手不足が「追い風」となる。トラックドライバーの長時間運転の是正が強く求められるようになり、フェリーが見直された。乗船中にドライバーが休めるし、トラックだけ運ぶこともできる。トラック輸送台数は21年度の16万台から、29年度には21万台に回復した。同社は、今後も増加傾向が続くと見込む。

社長の小笠原氏は「さまざまな要素に翻弄されたが、苦しい時期を乗り越え、ようやく先が見通せる状況になった。投資にも踏み出せる。50年の節目の年を、100年企業に向けた折り返し点にしたい」と語った。













-
[PR]
by funesuki | 2018-07-06 22:33 | フェリー | Trackback | Comments(2)

新造船「きたかみ」進水






e0158925_2031581.jpg







三菱造船、トラック166台積載可能な大型フェリー進水


2018年7月5日 (木)LogisticsToday
https://www.logi-today.com/320519



三菱重工業は5日、同社グループの三菱造船が太平洋フェリー向けに建造中の大型フェリーの命名・進水式を行ったと発表した。

名古屋-仙台-苫小牧各港間の定期航路に就航する大型フェリー3隻のうち「きたかみ」の代替となるもので、大部屋をなくしてプライバシーの確保と機能性向上を実現し、在来船名を引き継ぎ「きたかみ」と名付けられた。2019年1月の完成・引渡し後は、苫小牧港から仙台港に向かう定期航路に就くことになっている。

同船は17年9月7日から建造しており、長さ192.5メートル、幅27メートル、総トン数1万4000トンで、8階構造の船内は、1階から5階が車両甲板でトラック166台、乗用車146台を積載できる。

6階から7階は定員535人の旅客フロアで、客室、レストラン、展望大浴場などで構成。最上階の8階は、操舵室(ブリッジ)と乗組員用スペースとなっている。太平洋フェリー向けの新船建造は、11年3月に同航路に就航した「いしかり」以来8年ぶりで、同社向け累計では6隻目となる。

デザインコンセプトは「SPACE TRAVEL」(スペーストラベル)で、夕暮れに乗船し夜間の航海となる運航ダイヤの特性を踏まえ、星空の旅を連想させるデザイン設計。また、「コンパクトでありながらも快適で楽しさの詰まった空間づくり」を目指し、11タイプの多様な客室構成とし、個室以外は大部屋に代えてすべてカプセル寝台を採用した。

環境面への配慮では、新型最適船型の採用などにより、10%の省エネルギーを実現。建造にあたっては、経済産業省と国土交通省の17年度「トラック・船舶等の運輸部門における省エネルギー対策補助金」の補助を受けている。

新しいきたかみは今後、艤装岸壁に係留され内装などの工事を経て、19年1月20日に引渡しを行う。




e0158925_20321687.jpg







--------------------------------------------------------------------------






苫小牧と仙台結ぶフェリーが進水式 太平洋フェリー



2018年7月5日 北海道新聞
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/205864/



苫小牧と仙台、名古屋を結ぶ太平洋フェリー(名古屋)が発注した大型フェリーの進水式が4日、山口県下関市の三菱重工業下関造船所で行われた。1989年に就航した「きたかみ」の後継船で、来年1月25日から苫小牧―仙台間の定期航路に就航する予定。

 進水式では太平洋フェリーの志甫裕(しほゆたか)社長が「きたかみ」の名を引き継ぐことを宣言。苫小牧市の観光親善大使「ハスカップレディ」の葛西元美さんと小林茉呂佳(まろか)さんらが、船とつながれた支綱をおので切断すると、船体は海に向かってゆっくりと滑り、水しぶきを上げて進水した。今後はエンジン取り付けなど艤装(ぎそう)工事や内装工事などが進められる。




















-
[PR]
by funesuki | 2018-07-05 20:34 | フェリー | Trackback | Comments(2)

造船所に「フェリー特需」








不況造船に「神風」 ドライバー不足でフェリー特需


2018年7月4日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32590950U8A700C1000000/



 世界的な需要減と中国・韓国勢との価格競争で厳しい状況に追い込まれた国内造船業に「神風」が吹いている。運転手不足を背景に物流をトラックから船に切り替える「モーダルシフト」が進み、受け皿となるフェリーの新造が相次いでいるのだ。乗客と車両を運ぶフェリーは設計が複雑で日本勢に一日の長がある。人手不足が生む特需が、造船復活への足がかりになるとの期待も膨らむ。


 4日、関門海峡に面した三菱重工業下関造船所(山口県下関市)の船台から、全長192メートルの白い船体が海へゆっくり滑り込んだ。船舶部門子会社の三菱造船が太平洋フェリー(名古屋市)向けに新造した大型フェリー「きたかみ」の進水式だ。

 太平洋フェリーにとっては8年ぶりの新船で、トラック166台、乗用車146台を運べる。燃費向上に加え、プライバシーに配慮した個室など設備を一新した。30年前の先代フェリーを置き換える予定で、来年1月から仙台と北海道の苫小牧を結ぶ。



■相次ぐ新型フェリーの就航

 国内の内航海運会社は最近、相次いで新型船を就航させている。フェリーさんふらわあ(大分市)は大阪―志布志(鹿児島県)を結ぶ航路に今年5月の1隻に加え、9月にもさらに1隻を投入する予定。川崎近海汽船も4月に苫小牧―八戸航路に新型船を導入したのと同時に、新たに室蘭―宮古航路を設けた。

 背景にあるのが、深刻な長距離トラックの運転手不足とそれに伴う運賃の上昇だ。運転手が船内で休息できるフェリーや、運転手が乗らずに荷台だけを運ぶ「RORO船」のコスト競争力が相対的に向上し、需要が拡大している。「各社が新造船でサービスを向上させ需要の取り込みを狙っている」(太平洋フェリー)

 国土交通省の造船造機統計によると、1桁台が続いていた国内向け客船の新造は16年から年10隻を超えるペースに増えた。

 これが苦境にあえぐ国内造船業に恵みの雨となっている。フェリーやRORO船は客室やレストラン、浴場など多数の船内設備が必要になる。貨物船よりも設計が複雑で、付加価値が高い。大型フェリーとなると国内でも建造できる造船所は限られ、三菱造船は受注残をまだ12隻も抱えている。

 「国内物流を担う船の需要はモーダルシフトの影響で堅調だ。性能面での改善・品質に取り組んでいく」。三菱造船の大倉浩治社長は期待を膨らませる。同社は200メートルを超える大型フェリーを建造するため、自衛艦などの建造を手掛ける長崎造船所の活用も検討している。

 造船大手のジャパンマリンユナイテッドもフェリーの受注を強化している。14年秋から大型フェリーを4隻連続で建造している。「フェリーさんふらわあに引き渡した船は600~700人の乗客を運ぶ。貨物船とは価格のケタが違う」(同社)という。液化天然ガス(LNG)運搬船の建造で700億円の大幅赤字を計上した同社にとって、収益改善に向けた頼みの綱だ。



■コンテナ船は「造るだけ損」

 かつて世界の商船建造の5割を占めた日本の造船業は、競争力を失って久しい。17年の受注シェアはわずか7%と、過去最低水準に沈む。大規模な設備と安価な人件費を武器に建造する韓国や中国が相手では、コンテナ船やタンカーの価格は上がらず「造るだけ損が出る」という状態だ。総合重工系を中心に、ドックの閉鎖や設備縮小が相次ぐ。

 各社にとって造船事業の高付加価値化は急務。ただ三菱重工のように海外向けの大型豪華客船を受注したものの、2500億円もの損失を出した例もあり、明確な活路を見いだせていなかった。その点、フェリーは巨大なドックを備える中韓勢が造るには中途半端な存在で、内装などのサプライチェーンを持つ日本勢が当面は優位を保てる。

 朝鮮戦争や中国の経済成長など、国内の製造業はこれまで特需を経験してきた。足元の人手不足も、工場の省人化につながる産業用ロボットなどの需要創出につながっている。フェリーもその一種といえる。

 ただフェリーの活況は恒久的ではない。大型フェリーの寿命は20~30年。内航海運各社の投資が一巡すれば、いずれ需要は縮小に向かう。造船各社は収益改善を一過性のものとしないためにも、フェリーという「助け舟」があるうちに海外需要の開拓や技術革新などを急ぐ必要がある。(朝田賢治)



e0158925_19582844.jpg

進水する新造フェリー「きたかみ」(三菱重工業下関造船所)


e0158925_2014723.jpg

太平洋フェリー向けに三菱造船が新造した「きたかみ」のイメージ










-
[PR]
by funesuki | 2018-07-04 20:41 | フェリー | Trackback | Comments(0)

新日本海フェリー「らべんだあ」乗船記その8







新日本海フェリー「らべんだあ」乗船記その8・・・
いよいよ、いやようやくの(毎回言うてるなw)感動の!?最終回です!


新潟市街が見えてきました!

e0158925_22414132.jpg



作業指揮者(右の方)と作業班長(左の方)のお二人もスタンバイ完了のようです。
e0158925_22432544.jpg


e0158925_224682.jpg
e0158925_22462355.jpg
e0158925_22463983.jpg


新潟市街の高層ビル、そして佐渡汽船「ときわ丸」が見えます!
e0158925_22472023.jpg


白い建物が佐渡汽船ターミナルです。
e0158925_22472859.jpg


「山の下みなとタワー展望展示室」
新潟みなとトンネルの換気塔の役割も担っているとのことです。
e0158925_22574767.jpg


新潟造船の横を通過します。
e0158925_22493863.jpg


神奈川県立海洋科学高等学校の漁業実習船「湘南丸」が建造中でした。
e0158925_2255650.jpg


こちらも同じく建造中の海上保安庁宮古島海上保安部「とぐち」です。
e0158925_22554765.jpg



e0158925_2303312.jpg



船尾側からゆっくりターミナルに近づきていきます。
e0158925_2304739.jpg


新潟フェリーターミナルです!
e0158925_2322948.jpg
e0158925_2323686.jpg


下船客を狙う!?タクシーも待機中です。
e0158925_2331040.jpg


さて、私もあせりながら下船準備を・・・
e0158925_2333718.jpg



そしていつものことながら名残惜しく下船です・・・
安全運航で無事到着!ありがとう!「らべんだあ」さ~ん!
e0158925_2341427.jpg



ターミナルでは早くも小樽行き折り返し便の乗船手続きが始まっていました。
e0158925_23102535.jpg


e0158925_23113134.jpg


到着後、3時間以内で再び北海道へ向け出港・・・タイトで凄いスケジュールですね~。
繁忙期は船内清掃等、大変でしょうね。
e0158925_23113870.jpg


これはカッコいい!
ターミナルにあった「あざれあ」模型を激写です。
e0158925_23152618.jpg
e0158925_23153578.jpg


模型のプレートには「旅客船 兼 自動車渡船」の文字!
「自動車渡船」てなんかシブいっすね~w
これからはフェリー「あざれあ」ではなく「旅客船 兼 自動車渡船 あざれあ」と呼びましょうか!?(笑)
e0158925_23175980.jpg



外では続々と車両が下船中。
e0158925_23181420.jpg


e0158925_23192162.jpg



「らべんだあ」
長距離フェリー界の老舗企業と長距離フェリー建造トップ企業によるコラボはやっぱり最強!
これといった欠点もなく、やっぱり鉄板の組み合わせだなぁ~と実感させる素晴らしい船でありました。

e0158925_2320194.jpg
e0158925_23202680.jpg




バスに乗って新潟駅に到着です。
e0158925_23245368.jpg



これにて「らべんだあ」乗船記終了です!
最後までお付き合いありがとうございました~。




といいつつ「らべんだあ」から次はこちらに乗り換え!?
e0158925_23261224.jpg



北海道へ向け出港する「らべんだあ」を撮影しに行きました~。
我ながらしつこい!w
e0158925_2327158.jpg




ということで!?
次回は「らべんだあ」撮影記・・・・つづきます(笑)













-
[PR]
by funesuki | 2018-07-01 23:45 | フェリー | Trackback | Comments(4)

船名は「STU48号」に決定







STU船上劇場の船名はシンプルに「STU48号」


2018年6月30日 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201806300000865.html




 瀬戸内7県を拠点に活動するSTU48が30日、動画配信サービスSHOWROOMの生配信を行い、活動母体となる船上劇場の船名を「STU48号」に決定した。

 配信には薮下楓(17)矢野帆夏(18)、瀧野由美子(20)、岩田陽菜(15)、石田千穂(16)、磯貝花音(17)、藤原あずさ(20)、福田朱里(19)、土路生優里(19)が出演した。

 船名候補は5月に一般公募され、2000通の応募があった。その中からメンバー33人が気に入った候補を1つずつ選び、番組内で発表。重複を除いた24候補から、SRの投票機能を使って最終投票を行い、決定した。瀧野が「何年も使う船になるから、未来のことも考えて真剣に選んで欲しい」と訴えて始まった投票で、シンプルにグループ名を冠した「STU48号」が全体の9・8%の票を獲得。「せとまる」の9・3%、「瀬戸内の声」の9・1%をしのいだ。

 「STU48号」は磯貝、薮下のほか、佐野遥(22)も「推し船名」にしていた。磯貝は「(名前が)シンプルだから」、薮下も「いろんなところを回るから、博多の方に行っても、もしかして見えるかもしれない」と、推薦の理由をそれぞれ説明した。

 瀧野はグループ初のオリジナル曲を冠した「瀬戸内の声」を推したが、届かなかった。それでも、配信中のミニゲームに勝ち、メンバーで最初に船を訪れ、リポートする権利を獲得し、大喜びしていた。なお、船名が既に登録済みだった場合、投票2位「せとまる」以下が繰り上がる。

 活動の基盤となる劇場公演を船の上で行う計画は、48グループでは初めて。当初は17年夏に就航予定だったが、航路の調整など困難な点も多く、難航していた。そのため、候補の中には「おくれてすみま船」というユーモアあふれる船名もあった。既に船は全長77・8メートル、幅12・5メートルのフェリーに決定。今夏に瀬戸内海での就航を目指し、工事が進められている。




 投票結果は以下の通り。

(1)STU48号=9・8%

(2)せとまる=9・3%

(3)瀬戸内の声=9・1%

(4)瀬戸内未来号=8・2%

(5)瀬戸七星=7・4%

(6)SETO家(せとうち)=6・0%

(7)かけはし=5・4%

(8)瀬戸波丸=5・3%

(9)よあけ=4・4%

(10)よっしゃいく号=3・8%

(11)けんだまる=3・0%

(12)灯火号=2・8%

(13)STU48=2・8%

(14)瀬戸内の家=2・6%

(15)マリンフィオーレ=2・6%

(16)海幸結丸=2・4%

(17)48のきぼう=2・4%

(18)せとうち=2・4%

(19)STU号=2・4%

(20)瀬戸の夢=2・4%

(21)マリン姫=2・0%

(22)ここからはじ丸=1・7%

(23)少女たちの夢=1・6%

(24)なぎな(凪7)=1・6%







---------------------------------------------------------------------------------


















-
[PR]
by funesuki | 2018-07-01 00:15 | フェリー | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

「MIRA1(旧ふじ丸)」避..
at 2018-07-22 08:39
「BELUGA ACE」東京入港
at 2018-07-18 21:54
南海フェリー新造船建造へ!
at 2018-07-17 00:05
7.15は「内航船の日」!
at 2018-07-14 22:34
「はくおう」広島県三原市へ
at 2018-07-13 20:24
輸送艦「しもきた」タンクロー..
at 2018-07-11 23:27
STU48、船上劇場見送りへ
at 2018-07-11 22:43
豪雨影響でフェリー満船
at 2018-07-09 22:24
海自呉基地で輸送艦の入浴施設..
at 2018-07-09 21:18
「らべんだあ」新潟出港の撮影
at 2018-07-08 22:34
川崎重工、国内初のLNG供給..
at 2018-07-06 22:39
阪九フェリー、就航50周年へ
at 2018-07-06 22:33
新造船「きたかみ」進水
at 2018-07-05 20:34
造船所に「フェリー特需」
at 2018-07-04 20:41
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-07-01 23:45
船名は「STU48号」に決定
at 2018-07-01 00:15
「サン・プリンセス」がホテル..
at 2018-06-26 21:19
高円宮絢子さま、日本郵船に勤..
at 2018-06-26 21:06
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-06-24 21:58
川崎近海、宮古~室蘭フェリー就航
at 2018-06-23 20:56

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(621)
(154)
(145)
(143)
(123)
(110)
(95)
(91)
(87)
(85)
(80)
(80)
(77)
(65)
(58)
(57)
(56)
(50)
(50)
(49)

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 08:30
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:21
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:18
NCFさん、こんばんは~..
by すぐる at 23:17
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:14
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:48
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:35
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:32
花鳥風月さん、こんばんは..
by すぐる at 23:19
すぐるさん、こんばんは。..
by 花鳥風月 at 20:58

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧