タグ:三菱重工 ( 80 ) タグの人気記事

新造船「きたかみ」進水






e0158925_2031581.jpg







三菱造船、トラック166台積載可能な大型フェリー進水


2018年7月5日 (木)LogisticsToday
https://www.logi-today.com/320519



三菱重工業は5日、同社グループの三菱造船が太平洋フェリー向けに建造中の大型フェリーの命名・進水式を行ったと発表した。

名古屋-仙台-苫小牧各港間の定期航路に就航する大型フェリー3隻のうち「きたかみ」の代替となるもので、大部屋をなくしてプライバシーの確保と機能性向上を実現し、在来船名を引き継ぎ「きたかみ」と名付けられた。2019年1月の完成・引渡し後は、苫小牧港から仙台港に向かう定期航路に就くことになっている。

同船は17年9月7日から建造しており、長さ192.5メートル、幅27メートル、総トン数1万4000トンで、8階構造の船内は、1階から5階が車両甲板でトラック166台、乗用車146台を積載できる。

6階から7階は定員535人の旅客フロアで、客室、レストラン、展望大浴場などで構成。最上階の8階は、操舵室(ブリッジ)と乗組員用スペースとなっている。太平洋フェリー向けの新船建造は、11年3月に同航路に就航した「いしかり」以来8年ぶりで、同社向け累計では6隻目となる。

デザインコンセプトは「SPACE TRAVEL」(スペーストラベル)で、夕暮れに乗船し夜間の航海となる運航ダイヤの特性を踏まえ、星空の旅を連想させるデザイン設計。また、「コンパクトでありながらも快適で楽しさの詰まった空間づくり」を目指し、11タイプの多様な客室構成とし、個室以外は大部屋に代えてすべてカプセル寝台を採用した。

環境面への配慮では、新型最適船型の採用などにより、10%の省エネルギーを実現。建造にあたっては、経済産業省と国土交通省の17年度「トラック・船舶等の運輸部門における省エネルギー対策補助金」の補助を受けている。

新しいきたかみは今後、艤装岸壁に係留され内装などの工事を経て、19年1月20日に引渡しを行う。




e0158925_20321687.jpg







--------------------------------------------------------------------------






苫小牧と仙台結ぶフェリーが進水式 太平洋フェリー



2018年7月5日 北海道新聞
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/205864/



苫小牧と仙台、名古屋を結ぶ太平洋フェリー(名古屋)が発注した大型フェリーの進水式が4日、山口県下関市の三菱重工業下関造船所で行われた。1989年に就航した「きたかみ」の後継船で、来年1月25日から苫小牧―仙台間の定期航路に就航する予定。

 進水式では太平洋フェリーの志甫裕(しほゆたか)社長が「きたかみ」の名を引き継ぐことを宣言。苫小牧市の観光親善大使「ハスカップレディ」の葛西元美さんと小林茉呂佳(まろか)さんらが、船とつながれた支綱をおので切断すると、船体は海に向かってゆっくりと滑り、水しぶきを上げて進水した。今後はエンジン取り付けなど艤装(ぎそう)工事や内装工事などが進められる。




















-
[PR]
by funesuki | 2018-07-05 20:34 | フェリー | Trackback | Comments(2)

造船所に「フェリー特需」








不況造船に「神風」 ドライバー不足でフェリー特需


2018年7月4日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32590950U8A700C1000000/



 世界的な需要減と中国・韓国勢との価格競争で厳しい状況に追い込まれた国内造船業に「神風」が吹いている。運転手不足を背景に物流をトラックから船に切り替える「モーダルシフト」が進み、受け皿となるフェリーの新造が相次いでいるのだ。乗客と車両を運ぶフェリーは設計が複雑で日本勢に一日の長がある。人手不足が生む特需が、造船復活への足がかりになるとの期待も膨らむ。


 4日、関門海峡に面した三菱重工業下関造船所(山口県下関市)の船台から、全長192メートルの白い船体が海へゆっくり滑り込んだ。船舶部門子会社の三菱造船が太平洋フェリー(名古屋市)向けに新造した大型フェリー「きたかみ」の進水式だ。

 太平洋フェリーにとっては8年ぶりの新船で、トラック166台、乗用車146台を運べる。燃費向上に加え、プライバシーに配慮した個室など設備を一新した。30年前の先代フェリーを置き換える予定で、来年1月から仙台と北海道の苫小牧を結ぶ。



■相次ぐ新型フェリーの就航

 国内の内航海運会社は最近、相次いで新型船を就航させている。フェリーさんふらわあ(大分市)は大阪―志布志(鹿児島県)を結ぶ航路に今年5月の1隻に加え、9月にもさらに1隻を投入する予定。川崎近海汽船も4月に苫小牧―八戸航路に新型船を導入したのと同時に、新たに室蘭―宮古航路を設けた。

 背景にあるのが、深刻な長距離トラックの運転手不足とそれに伴う運賃の上昇だ。運転手が船内で休息できるフェリーや、運転手が乗らずに荷台だけを運ぶ「RORO船」のコスト競争力が相対的に向上し、需要が拡大している。「各社が新造船でサービスを向上させ需要の取り込みを狙っている」(太平洋フェリー)

 国土交通省の造船造機統計によると、1桁台が続いていた国内向け客船の新造は16年から年10隻を超えるペースに増えた。

 これが苦境にあえぐ国内造船業に恵みの雨となっている。フェリーやRORO船は客室やレストラン、浴場など多数の船内設備が必要になる。貨物船よりも設計が複雑で、付加価値が高い。大型フェリーとなると国内でも建造できる造船所は限られ、三菱造船は受注残をまだ12隻も抱えている。

 「国内物流を担う船の需要はモーダルシフトの影響で堅調だ。性能面での改善・品質に取り組んでいく」。三菱造船の大倉浩治社長は期待を膨らませる。同社は200メートルを超える大型フェリーを建造するため、自衛艦などの建造を手掛ける長崎造船所の活用も検討している。

 造船大手のジャパンマリンユナイテッドもフェリーの受注を強化している。14年秋から大型フェリーを4隻連続で建造している。「フェリーさんふらわあに引き渡した船は600~700人の乗客を運ぶ。貨物船とは価格のケタが違う」(同社)という。液化天然ガス(LNG)運搬船の建造で700億円の大幅赤字を計上した同社にとって、収益改善に向けた頼みの綱だ。



■コンテナ船は「造るだけ損」

 かつて世界の商船建造の5割を占めた日本の造船業は、競争力を失って久しい。17年の受注シェアはわずか7%と、過去最低水準に沈む。大規模な設備と安価な人件費を武器に建造する韓国や中国が相手では、コンテナ船やタンカーの価格は上がらず「造るだけ損が出る」という状態だ。総合重工系を中心に、ドックの閉鎖や設備縮小が相次ぐ。

 各社にとって造船事業の高付加価値化は急務。ただ三菱重工のように海外向けの大型豪華客船を受注したものの、2500億円もの損失を出した例もあり、明確な活路を見いだせていなかった。その点、フェリーは巨大なドックを備える中韓勢が造るには中途半端な存在で、内装などのサプライチェーンを持つ日本勢が当面は優位を保てる。

 朝鮮戦争や中国の経済成長など、国内の製造業はこれまで特需を経験してきた。足元の人手不足も、工場の省人化につながる産業用ロボットなどの需要創出につながっている。フェリーもその一種といえる。

 ただフェリーの活況は恒久的ではない。大型フェリーの寿命は20~30年。内航海運各社の投資が一巡すれば、いずれ需要は縮小に向かう。造船各社は収益改善を一過性のものとしないためにも、フェリーという「助け舟」があるうちに海外需要の開拓や技術革新などを急ぐ必要がある。(朝田賢治)



e0158925_19582844.jpg

進水する新造フェリー「きたかみ」(三菱重工業下関造船所)


e0158925_2014723.jpg

太平洋フェリー向けに三菱造船が新造した「きたかみ」のイメージ










-
[PR]
by funesuki | 2018-07-04 20:41 | フェリー | Trackback | Comments(0)

阪九フェリー、新造船建造へ




本日付(6月18日版)内航海運新聞の見出しに注目です!(6面)
http://www.naikou.co.jp/index.html


「阪九フェリーが新造フェリー2隻の建造契約を三菱造船と締結
2020年の春から夏にかけて神戸/新門司航路に就航へ」






新造船は「いずみ・ひびき」と同型船になるようです。
「やまと・つくし」は未だに新造船!?のイメージがあるのですが(笑)2003年就航なので、もう15年経つのですね・・・。


「いずみ・ひびき」は長距離フェリーとして物凄く完成された船だと思うので、新造船への期待も高まりますね!






画像は名門大洋フェリーから撮影した「やまと」と「いずみ」です。

e0158925_21185464.jpg
e0158925_2131098.jpg
e0158925_21311059.jpg
e0158925_21311810.jpg
e0158925_21312524.jpg












-
[PR]
by funesuki | 2018-06-18 21:20 | フェリー | Trackback | Comments(2)

新造船「きたかみ」来年1月就航へ




e0158925_19324530.jpg







8年ぶり新船導入、来年就航へ 太平洋フェリー


2018年6月12日 中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018061290220533.html



名古屋鉄道傘下の太平洋フェリー(名古屋市)は12日、8年ぶりとなる新船「きたかみ」を導入すると発表した。来年1月25日から、名古屋―仙台―苫小牧(北海道)の定期航路のうち主に仙台―苫小牧間に就航させる。

1989年就航の同名船の後継で全長192メートル、全幅27メートル、総トン数約14、000トン。従来船とほぼ同規模ながら、環境に配慮してエンジン出力を2割程度減らした。

船内は宇宙旅行をテーマにデザインした。プライバシーを重視し、大部屋を廃止。個室を従来の58から189に増やしたほか、ペットの同伴が可能な船室も設ける。

仙台―苫小牧間は「生活の足」としての利用も多く、近年は格安航空会社(LCC)や新幹線との競争にさらされ、利用客が伸び悩んでいた。定員は701人から535人に減らし、特徴的な船室で巻き返しを図る。

建造費は非公表。三菱重工業下関造船所(山口県下関市)で建造中で、7月3日に進水式を行う。






------------------------------------------------------------------------






2018年6月12日
太平洋フェリー株式会社 ニュースリリース

「2019 年 1 月新船デビュー ~7 月 3 日に命名・進水式~」

http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/news/pdf/nkt20180613.pdf











-
[PR]
by funesuki | 2018-06-13 19:33 | フェリー | Trackback | Comments(2)

新日本海フェリー「らべんだあ」乗船記その5







1ヶ月ぶりの乗船記再開・・・

新日本海フェリー新造船「らべんだあ」乗船記その5です!



レストラン「AKANE」で夕食です。
レストランに名前をつけるかどうかもフェリー会社によって違いますね~。

e0158925_22365042.jpg
e0158925_22421781.jpg
e0158925_22495995.jpg


メニューはバイキング方式ではなく、SHKラインの伝統!?のカフェテリア方式です。
e0158925_22435337.jpg


本船は作り置きのメニューより注文してから作るメニューが多いように感じました。
e0158925_2244626.jpg
e0158925_22442132.jpg
e0158925_22443732.jpg


最後はデザート類が並ぶレジで会計です。
e0158925_22482092.jpg


そして私の今宵のメニューは・・・


ジンギスカン丼!
e0158925_22504027.jpg

肉じゃがも美味しかったですよ~。


レストラン内は縦に細長く、そのぶん海に面した席も多くいい作りになっています。
といっても夜の日本海はまったくもって真っ暗で、何も見えませんが(笑)
e0158925_22532720.jpg
e0158925_22535851.jpg
e0158925_22541298.jpg
e0158925_2255987.jpg
e0158925_22551661.jpg
e0158925_22552454.jpg



あと予約すればレストランとは別の場所にあるグリルで、以下のような豪華メニューが
いただけるのも新日本海フェリーのこだわりですね!

e0158925_22582243.jpg


同じSHKライングループに所属する「オーセントホテル小樽」の料理長による監修のようです。

ディナーメニュー。5,250円。
写真で見る限りフェリーの食事とは思えない内容ですね(笑)
e0158925_2301872.jpg


ランチメニュー。2,500円~3,500円。
e0158925_2313941.jpg



以下参考画像
横浜での見学会で撮影したグリル「IRIHI」の画像です。
カーペットにある文字は天井からの照明によるものでした!オシャレすね~。
e0158925_23113581.jpg


めっちゃ豪華です。トラックやトレーラーを載せてる船とは思えません(笑)
e0158925_23141134.jpg
e0158925_23142686.jpg



いつかはここで食事したいものです・・・。

乗船記つづきます!










-
[PR]
by funesuki | 2018-06-04 00:10 | フェリー | Trackback | Comments(6)

三菱造船、高級フェリー受注目指す




三菱造船
商船事業売上高を1500億円まで増加目指す


2017年12月8日 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171209/k00/00m/020/083000c




三菱重工業から来年1月に分社して設立される「三菱造船」(横浜市)の社長に就任予定の大倉浩治執行役員が8日、長崎造船所(長崎市)内で記者会見し、現状約1000億円の商船事業の売上高を、2020~21年度に1500億円まで増やす考えを明らかにした。欧州などで需要がある高級フェリーの受注が柱で、10年後には2000億円を目指すという。

商船事業の分社化では三菱造船のほか、大型船などを建造する「三菱重工海洋鉄構」(長崎市)も同時に設立される。大倉氏は分社化について「海洋鉄構は建造に特化し、造船は新事業や技術に取り組む。ビジネスモデルが違うので、方向性や責任を明確にするためだ」と説明した。


現状は受注済みの液化天然ガス(LNG)運搬船などを建造するが、19年度から操業が落ちる見通しのため、観光クルーズが盛んな欧州で需要のある高級フェリーの受注で売り上げ増を目指す。今年度の損益は黒字の見通しだが、大倉氏は「来年度以降も安定的に継続させたい」と述べた。

一方、造船、鉄構の2社で計約800人が同造船所で働くが、雇用は分社後も維持される。溶接や船体内部の装飾に技術を持つ世代が高齢化しており、「自然減が多くなるので、むしろ採用を増やし、技術伝承を進めなければならない」と話した。【高橋慶浩】







----------------------------------------------------------------------------







(参考動画)

三菱造船が受注を目指す「高級フェリー??」とはこのような感じのフェリーでしょうか?

「ヴァイキング・グレース(Viking Grace)」の動画です。
燃料はLNGです。











船内だけ見ているとまるでクルーズ船のようですが・・・
2:10~あたりで「フェリー」ということがわかります(笑)

















[PR]
by funesuki | 2017-12-08 21:16 | フェリー | Trackback | Comments(2)

「三菱造船」誕生へ







新社名は「三菱造船」 長崎でのフェリー建造再開へ



2017年12月2日 産経新聞
http://www.sankei.com/region/news/171202/rgn1712020011-n1.html


三菱重工業は1日、造船事業を分社して来年1月に設立する新会社の社名を「三菱造船」にすると発表した。造船事業は三菱重工の祖業で、大正期から昭和初期には三菱造船を名乗っていた。歴史ある社名を冠し、強みを持つフェリーなどを強化して苦戦する造船事業の再建を目指す。

 三菱造船は本社を横浜市に置き、三菱重工本体で商船事業を統括する大倉浩治執行役員が社長に就任する。船の設計・開発のほか、下関造船所(山口県下関市)でフェリーなどの船舶、神戸造船所(神戸市)で潜水調査船の建造をそれぞれ担う。平成32年度をめどに長崎造船所(長崎市)でもフェリー建造を再開する方針だ。

 一方、液化天然ガス(LNG)船などを建造する新会社の社名は「三菱重工海洋鉄構」とする。本社は長崎市に置き、社長には三菱重工船舶海洋の椎葉邦男プロジェクト推進室長が就く。船だけでなく、石油備蓄基地などの海洋構造物も手掛ける。






-----------------------------------------------------------------------------






三菱重工、社会インフラ系全事業を分社



2017年12月1日 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2415312001122017TJ2000/


三菱重工業は1日、主に社会インフラを手がける「インダストリー&社会基盤ドメイン(部門)」の全事業を事業会社として独立させると発表した。2018年1月1日付で商船建造などを手がける造船2社、エンジニアリング事業会社を発足させる。個別の事業の取捨選択を容易にし、責任体制を明確にする。

 造船事業は下関造船所(山口県下関市)の建造部門、長崎造船所(長崎市)の建造部門を中心にそれぞれ分社化。このうち下関の新会社は船舶の設計・開発を束ね、今治造船など専業大手3社との提携交渉も進める。横浜市に本社を置き、新社名は「三菱造船」となることが決まった。

 長崎の新会社は15年に設立した液化天然ガス(LNG)運搬船など大型商船を建造する子会社と、船の主要部材である「船体ブロック」を製造、販売する子会社を統合する。新社名は「三菱重工海洋鉄構」で長崎市に本社を置く。

 化学プラントや交通システム製品などを手がけるエンジニアリング事業を横浜に本社を置く「三菱重工エンジニアリング」として独立させる。

 三菱重工は18年3月期の連結純利益を前期比14%増の従来予想から9%減の800億円に下方修正するなど業績の悪化が目立っている。

 インダストリー&社会基盤部門は17年3月期の売上高が1兆7470億円と全体の4割超を占めて最大だったが、営業利益は約500億円と「パワー」部門の約半分にとどまっていた。














[PR]
by funesuki | 2017-12-02 08:56 | 造船所 | Trackback | Comments(4)

太平洋フェリー「きたかみ」新造船へ






太平洋フェリー、苫小牧―仙台間 19年1月に新造船投入


2017年11月16日 苫小牧民報
https://www.tomamin.co.jp/news/main/12607/



苫小牧港発着で仙台、名古屋間の定期フェリーを3隻体制で運航する太平洋フェリー(本社名古屋市)は、現行の旅客フェリー「きたかみ」(総トン数1万3937トン、定員701人)を2019年1月に更新する。
就航から29年が経過し、老朽化しているため。個室率を高めるほか、ペット対応の客室を新たに導入。船体形状の改善や出力抑制などで燃費率も1割ほど向上させる。



同社経営企画部によると、新造船の「きたかみ」は総トン数約1万4000トンで、大部屋を廃止するため定員を現行から2割減の540人とする。また、乗船客のプライバシーに配慮する狙いで個室を3倍以上の約180室に増やす。このうちシングルルームは120室程度、ツインルームなどは約60室。これまで20人程度を収容した大広間の2等和室は廃止し、カプセルホテルタイプの2段ベッドを取り入れたシングル個室を導入する。


全長192・5メートル、幅27メートル。車両積載能力は現行船とほぼ同じトラック166台、乗用車146台。航海速力は21・5ノット。現在、山口県の三菱重工業下関造船所で建造している。


同社は、苫小牧―名古屋(仙台経由)間で「きそ」と「いしかり」の2隻、苫小牧―仙台間で「きたかみ」を運航している。新造船就航は11年の「いしかり」以来8年ぶりでダイヤ変更はしない。














[PR]
by funesuki | 2017-11-16 21:20 | フェリー | Trackback | Comments(6)

三菱重、長崎でフェリー建造再開へ






三菱重、長崎でフェリー建造再開
物流危機で需要増


2017年10月7日 Sankeibiz
http://www.sankeibiz.jp/business/news/171007/bsc1710070500005-n1.htm




三菱重工業が2020年度をめどに長崎造船所(長崎市)でフェリーの建造を再開する方針を固めたことが6日、分かった。陸運業界では人手不足による物流危機が深刻で、海上を使うフェリーの需要が高まっているため。

 フェリーの建造拠点を既存の下関造船所(山口県下関市)に加えて整え、苦戦する造船事業を立て直す。

 担当の大倉浩治執行役員(59)は共同通信のインタビューで、フェリーについて「韓国勢や中国勢と競合しない分野だ」と述べ、三菱重工の強みが発揮できると強調した。フェリーは人と貨物を同時に運ぶ船で、客室の内装工事などに技術力が求められるため価格競争に陥りにくく、今後、受注活動を強化する考えだ。

 長崎造船所は三菱重工発祥の地で、明治政府から借り受けて事業を始めてから130年以上の歴史を持つ。フェリーなどの建造は12年に中断し、受注が膨らんだ液化天然ガス(LNG)船などに特化してきたが、19年度には抱えている受注の大部分が一掃するため、操業率が低下する見込みだった。

 建造再開に向け、商船に関わる約900人の従業員の一部を再教育する。客室の内装や配線の工事など、フェリーの建造に求められる技能を身に付けさせる。

 一方、タンカーやコンテナ船など価格競争が激しい分野は、自社で設計や開発を中心に担い、建造は提携する今治造船(愛媛県今治市)、名村造船所(大阪市)、大島造船所(長崎県西海市)に任せる。大倉氏は「得意分野を生かし、環境変化にスピード感を持って対応する」と語った。









-----------------------------------------------------------------------------------------








(参考動画)
三菱重工長崎造船所で2012年に行われた新日本海フェリー「すずらん・すいせん」命名進水式
の動画です。


















-
[PR]
by funesuki | 2017-10-06 20:03 | フェリー | Trackback | Comments(0)

新日本海F「あざれあ」就航





e0158925_20195036.jpg






新潟・小樽航路に新造船「あざれあ」就航


2017年6月28日 テレビ新潟
http://www.teny.co.jp/nnn/news88211695.html



新日本海フェリーの新潟と北海道・小樽を結ぶ航路に、28日、新造フェリー「あざれあ」が就航した。28日は出港を前に、船の内部が公開された。

28日に就航した新造フェリー「あざれあ」は、全長197.5メートル、総トン数およそ1万4000トンで、600人を乗せることができる。

ことし3月に就航した「らべんだあ」の姉妹船で、この2隻で、新潟と北海道・小樽の間を週6日、交互に運航する。新潟発の航路では、これまでより1時間15分ほど運航時間が短縮され、利便性の向上が期待される。

およそ29畳あるスイートルームは4部屋用意され、美しい海の景色とともに優雅な時間を楽しめる。一方、格安の『ツーリスト』の部屋は片道6480円と、リーズナブルな船旅を楽しむことができる。大浴場には露天風呂もあり、日本海の潮風を浴びながら入浴できる。


小樽航路に就航した新造フェリー「あざれあ」。新たな観光交流の増加に期待がかかる。





-----------------------------------------------------------------------------------





新造船「あざれあ」28日就航
新日本海フェリー 新潟-小樽航路


2017年6月22日 新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/economics/20170622331135.html



新日本海フェリー(大阪市)は28日、新潟-小樽間に新造船「あざれあ」を就航させる。同航路で3月に就航した「らべんだあ」の姉妹船で、同様の性能や設備を備える。

あざれあは全長197・5メートル、総トン数1万4125トンで、旅客定員は600人。トラック150台と乗用車22台を載せられる。建造費は約90億円。最上階に露天風呂を設け、ペットを同伴できる客室も用意した。

就航に合わせてダイヤを改正し、新潟発は午前11時45分、小樽発は午後5時とする。運賃は1人6480円~3万7030円だが、時季により変動がある。

新日本海フェリーは「新造船2隻がそろうことでお客さまに、より快適な船旅を提供できる」とした。




-----------------------------------------------------------------------------





北海道の高速道、定額で乗り放題に
新日本海フェリーが利用者対象に限定プラン



2017年6月27日 新潟日報
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170627332011.html



東日本高速道路北海道支社(札幌市)と新日本海フェリーは、フェリーを利用し、マイカーで北海道を旅行する人を対象に、道内の高速道路が一定期間定額で乗り放題となる限定プランの販売を7月1日から始める。

新日本海フェリーが運航する新潟-小樽間と、新潟-苫小牧東間を対象に、9月1日から11月6日まで実施する。

7日間以上の利用者が対象で、高速道の定額料金は普通車で1万3400円(7日間)~1万9200円(14日間)。割引対象は運転者1人だけ。

7~14日間連続で高速道路を利用する場合、復路のフェリーの運賃を11%割引する。

申し込みは7月1日からインターネットで受け付ける。新日本海フェリー、http://www.snf.jp/

問い合わせは新日本海フェリー大阪予約センター、06(6345)2921。














-
[PR]
by funesuki | 2017-06-28 20:23 | フェリー | Trackback | Comments(5)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

佐渡汽船「ときわ丸」新潟入港
at 2018-08-16 22:08
駿河湾フェリー継続へPR強化
at 2018-08-16 21:30
「クイーン・メリー2」北九州..
at 2018-08-09 22:41
日刊海事通信社が破産
at 2018-08-08 19:40
佐渡汽船「日海丸」
at 2018-08-07 22:57
NHKで戦時徴用船の特集番組
at 2018-08-07 22:12
「はくおう」に真備住民が宿泊
at 2018-08-05 00:10
「はくおう」岡山で休養施設に
at 2018-08-01 22:35
世界最大級のタグ「ALP S..
at 2018-07-31 21:06
ダイハツディーゼル、50年ぶ..
at 2018-07-31 20:35
佐渡汽船「おけさ丸」新潟出港..
at 2018-07-27 01:13
「MIRA1(旧ふじ丸)」避..
at 2018-07-22 08:39
「BELUGA ACE」東京入港
at 2018-07-18 21:54
南海フェリー新造船建造へ!
at 2018-07-17 00:05
7.15は「内航船の日」!
at 2018-07-14 22:34
「はくおう」広島県三原市へ
at 2018-07-13 20:24
輸送艦「しもきた」タンクロー..
at 2018-07-11 23:27
STU48、船上劇場見送りへ
at 2018-07-11 22:43
豪雨影響でフェリー満船
at 2018-07-09 22:24
海自呉基地で輸送艦の入浴施設..
at 2018-07-09 21:18

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(626)
(155)
(145)
(143)
(124)
(110)
(95)
(91)
(87)
(85)
(80)
(80)
(77)
(65)
(58)
(57)
(56)
(50)
(50)
(49)

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

こういちさん、おはようご..
by すぐる at 23:12
おはようございます。 ..
by こういち at 08:38
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 08:30
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:21
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:18
NCFさん、こんばんは~..
by すぐる at 23:17
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:14
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:48
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:35
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:32

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧