タグ:三菱重工 ( 75 ) タグの人気記事

大阪ガスと商船三井、三菱重工で新型LNG船「さやえんどう」船型を建造!

e0158925_23572746.jpg
















商船三井、大阪ガスと長期LNG輸送契約を締結、新型低燃費船を三菱重工に発注

モーニングスター 2011年10月28日
http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=550171


商船三井は28日、大阪ガスとLNG(液化天然ガス)の長期輸送契約を結び、2隻の低燃費型LNG船を共同で保有することで合意したと発表した。造船は三菱重工業が手掛け、2015年3月期以降に順次竣工する。

共同保有する2隻のLNG船は、大阪ガスが今後取引を開始するパプアニューギニアと豪州ゴーゴン発着の航路に導入する。輸送契約は20年間で、年間最大220万トンのLNGを運ぶ。船舶の保有比率は明らかになっていないが、大阪ガス側が過半を占めるもよう。両社のLNGの長期輸送契約は17年ぶりだという。

新たに建造されるのは「連続タンクカバー型船」と呼ばれ、船上の4基の球形タンクが、船体と一体構造のカバーで覆われる。船体の強度を確保しながら軽量化を実現す効果があり、「燃費性能が従来型より20%程度向上する」(商船三井の石原伸男LNG船部長)。こうしたタイプのLNG船が竣工するのは世界初となる見通し。投資額は開示されていない。

---------------------------------------------------------------------------------

次世代型LNG船 新型「さやえんどう」船型を初建造
大阪ガス/商船三井向けに2隻

三菱重工ニュース 2011年10月28日
http://www.mhi.co.jp/news/story/1110285122.html


三菱重工業は、大阪ガス株式会社(尾崎 裕社長、本社:大阪市中央区)および株式会社商船三井(武藤 光一社長、本社:東京都港区)向けに次世代型LNG(液化天然ガス)運搬船2隻を建造することで、大阪ガスのグループ会社である大阪ガスインターナショナルトランスポート株式会社(舟橋 雄一社長、本社:大阪市中央区)ならびに商船三井と合意した。船体構造の効率化などにより燃費やメンテナンス性を大幅に改善した新型「さやえんどう」船型が初めて採用される。完成・引き渡しは2014年度と2015年度の予定。

LNG船はいずれも、長さ288.0m、幅48.94m、満載喫水11.55m、総トン数13万8,000トン(載貨重量トン数7万5,000トン)で、航海速力は19.5ノット。タンク総容積は15万5,000m3( LNG積載可能量は15万3,000m3級)となっている。

新型「さやえんどう」船型は、MOSS方式※の球形タンク4基を、船体と一体構造の連続タンクカバーで覆うことにより、船全体の強度を確保しながら軽量化を実現。さらに航行中の風圧による抵抗を大幅に軽減する。また、主機関には蒸気を再度加熱利用することで熱エネルギー効率を高めた新型の「MHI Ultra Steam Turbine Plant(UST:再熱舶用推進蒸気タービン)」を採用。燃費は従来船比20%以上の低減を可能とした。
連続タンクカバーの採用により、タンク頂上で配管、電線、通路を支える複雑な構造物も不要になるため、メンテナンス性も大きく向上。また、燃費低減によるCO2排出量の抑制に加え、バラスト水処理装置の搭載による海洋生態系への影響軽減など、環境対応力を高める。

大阪ガスインターナショナルトランスポートは大阪ガスの100%出資子会社で、LNG船の運用を手掛けており、当社が納入する2隻は、商船三井を船舶管理会社として両社が共同保有する。両船とも、大阪ガスが調達するLNGの輸送を中心に就航予定。

現在、国際海上輸送においても省エネ・地球温暖化抑制に向けた取り組みが強く求められており、日本の造船業界でも環境性能を高めたエコシップの開発が活発化している。こうしたなか当社は、エコシップを船舶・海洋事業で進める高付加価値化の重点製品と位置づけ、ラインアップの拡充を推進。今回の新型「さやえんどう」船型の建造決定を弾みに、エコシップの開発と顧客拡大をさらに積極化していく。

※ MOSS方式は、自立球形タンクを円筒形の支持構造(スカート)で固定する方式で、船体甲板上に突出したタンクの上半球部分を、半球状のカバーで覆っている。
[PR]
by funesuki | 2011-10-30 00:11 | LNG船 | Trackback | Comments(2)

三菱重工 11年ぶりに大型客船受注 


三菱重工、11年ぶりに大型客船受注 2隻で推定1000億円規模

産経新聞 2011年8月3日
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110803/biz11080318410021-n1.htm


三菱重工業は3日、世界最大のクルーズ客船会社、米カーニバル・コーポレーション&plcから、総トン数が12万5000トン級の大型客船2隻を受注したと発表した。受注額は非公表だが、2隻で計1000億円規模に上るとみられる。

三菱重工が大型客船の発注を受けたのは、カーニバル傘下のプリンセス・クルーズ向けの「ダイヤモンド・プリンセス」と「サファイア・プリンセス」(ともに11万6000トン)を受注した2000年以来、11年ぶり。

今回の受注は総トン数で前回を上回り、3250人乗りを予定。カーニバル傘下のアイーダ・クルーズ向けに長崎造船所(長崎市)で建造する。客室の具体的な形状や間取りなどは今後協議し、引き渡しは15年3月と16年3月を予定。

大型客船の建造は独マイヤー造船所、伊フィンカンチェリ造船所など欧州メーカーが市場の大半を握っているが、三菱重工はエンジン、空調などで省エネ化を徹底した燃費性能の高い客船を投入し、シェア拡大につなげたい考えだ。


--------------------------------------------------------------------------------


最近の造船業の景気のいいニュースは韓国や中国の造船所が多かったので、これは明るいニュースですね~!
建造が始まれば長崎に行きたくなること確実です(笑)


てことで画像は2005年に大阪天保山で撮影した「サファイア プリンセス」です!
e0158925_11599.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-08-04 01:02 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

三菱重工、大型2客船受注大詰め 夏までの契約目指す

「三菱重工、大型2客船受注大詰め 夏までの契約目指す」

長崎新聞 2011年5月25日
http://www.nagasaki-np.co.jp/kiji/20110525/01.shtml


三菱重工が、欧米系の大手クルーズ会社との間で「10万トン超級」の大型客船2隻の受注をめぐり大詰めの交渉に入っていることが24日、分かった。三菱重工船舶・海洋事業本部副事業本部長で、長崎造船所(長崎市)の造船部門トップの橋本州史統括が長崎新聞の取材に対し、明らかにした。船価や仕様面で最終協議に入り、今夏までの契約成立を目指したい考え。

成約すれば、2000年に英海運会社から受注した、当時世界最大級の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」「サファイア・プリンセス」(いずれも11万6千トン)以来、11年ぶりの大型客船受注。長崎造船所での建造となる。

三菱重工は現在、世界最先端の技術力を誇る環境性能を交渉材料に「詳細レベルの打ち合わせ」に入っている。エンジンなどの推進系統や消費電力が大きい客船内の空調設備などで「省エネ化」を徹底して、運航コストを大幅に低減。国際的な環境規制の流れにも対応できる最新鋭船を提案している。

客船の建造は欧州メーカーの独壇場で、交渉段階でも円高という厳しい為替要因が取り巻く。ただ、同社はこれまでに、資材の調達先や設計の手法、建造時の管理態勢などの大胆な見直しでコストの削減や納期短縮にめどをつけ、国際競争力を引き上げてきた。

橋本統括は、クルーズ会社との交渉について「欧州勢の強力な対抗馬の存在もあるようだが、クルーズ会社からの一つ一つの要望を詰めながら最善を尽くしている」と説明。「(受注できれば)これを突破口に市場の信頼を重ね、客船事業を次世代造船の中核にしたい」と語った。

大型客船の建造をめぐって、アジア地域の造船所で実績があるのは長崎造船所だけ。「受注」は国内造船の競争力を象徴する意味合いがあると同時に、地元長崎にも大きな経済効果が見込まれる。
[PR]
by funesuki | 2011-05-25 22:18 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

MOL MOTIVATOR

MOL MOTIVATOR

MMSI: 538004117
IMO: 9475624
Callsign: V7VG6
Flag: Marshall Islands
Width: 44 m
Length: 302 m
Tonnage: 78316 Tons
DWT: 78830 tons
BUILDER Mitsubishi Heavy Industries
OWNER Mitsui Osk Lines
MANAGER Mitsui Osk Lines


三菱重工長崎造船所 本工場で撮影した商船三井コンテナ船「MOL MOTIVATOR」です!
e0158925_0192757.jpg
e0158925_0195520.jpg
e0158925_0201676.jpg
e0158925_0203047.jpg
e0158925_0211324.jpg
e0158925_0212472.jpg
e0158925_0213666.jpg
e0158925_0214739.jpg
e0158925_0215598.jpg
e0158925_022417.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-05-16 00:27 | コンテナ船 | Trackback | Comments(0)

時津丸~TOKITSU MARU~

三菱重工業長崎造船所 香焼(こうやぎ)工場で建造中のVLCC
日本郵船「時津丸・TOKITSU MARU」です!

ちなみに先代「時津丸」(1976~)の画像はコチラで。
e0158925_0583296.jpg
e0158925_0584423.jpg
船名に「丸」付きのVLCCに大興奮!
いつにも増して「同じような画像」大連発でございます(笑)
e0158925_0585693.jpg
e0158925_059592.jpg
e0158925_0591280.jpg
e0158925_0592692.jpg
e0158925_1341876.jpg
e0158925_0594396.jpg
e0158925_0595467.jpg
e0158925_10796.jpg
e0158925_115456.jpg
船名の字体もなんかシブイっす!!
e0158925_121237.jpg
e0158925_124982.jpg
e0158925_12596.jpg
e0158925_131087.jpg


では最後に・・・
さすがのVLCC!これぐらいの小山だと頭とお尻がはみ出てしまう「時津丸」さんでした(笑)
大海原を航行する迫力ある姿も早く見てみたいものです!
e0158925_134788.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-05-10 00:50 | VLCC | Trackback | Comments(0)

太平洋フェリー新造船「ニューいしかり 船内見学会」その4

それでは見学会最後のコースとなる「ブリッジ見学」へご案内!
e0158925_2230649.jpg
ブリッジ左舷側です。
e0158925_22483145.jpg
おっとこれが入出港時に船長さんが顔を出す窓ですね!
e0158925_2250261.jpg
バウスラスタ・スタンスラスタ等の操縦盤です。そして右側の一番下には・・・
e0158925_22505850.jpg
おお~っ!汽笛ボタン!!一度でいいから押したいもんですね(笑)
飛鳥Ⅱの汽笛も製作した大阪市旭区の伊吹工業㈱の汽笛ボタンです。
e0158925_2258432.jpg
e0158925_22585513.jpg
トリム・ヒール調整装置
e0158925_2302213.jpg
ブリッジからの眺め!
e0158925_2305092.jpg
e0158925_2314333.jpg
右舷左舷灯・マスト灯のスイッチ類
e0158925_2331571.jpg
e0158925_2332772.jpg
オートパイロット(自動操舵装置)
e0158925_2317564.jpg
レーダーとリモートコントロール部
e0158925_23195771.jpg
e0158925_23214076.jpg
エンジンテレグラフ。カッコいいですね~(笑)
e0158925_2323540.jpg
e0158925_23291494.jpg
e0158925_23293154.jpg
フィンスタビライザ操作盤。この部分には「三菱重工業㈱長崎造船所」の文字がありました。
e0158925_2331364.jpg
e0158925_23315226.jpg
右舷側。こちらには冷蔵庫等も置かれていました。
e0158925_23324632.jpg
タップリとブリッジを見せていただき再び船外へ。
e0158925_23334674.jpg
そして車両甲板を通って出口へと向かいました。さすがに広いですね~!
e0158925_23344646.jpg
ここにたっぷりと自家用車・トラック・トレーラーが積み込まれることを願って・・・。
e0158925_23355074.jpg


ということで「行って良かった!」の「ニューいしかり船内見学会」でした!
三菱重工業下関造船所様&太平洋フェリー様 本当にありがとうございました!
これからの「ニューいしかり」のご活躍、そして安全運航を心よりお祈りいたします!!
e0158925_23463981.jpg


オマケ画像・・・見学会で記念にいただいたポストカードと・・・
e0158925_23474311.jpg
本日の大阪港入出港予定表に大阪の常連フェリーさん達と名前を並べる「いしかり」
いしかりさんの大阪入港はこれが最初で最後になるでしょうね(笑)
e0158925_0809.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-03-09 00:27 | フェリー | Trackback | Comments(2)

太平洋フェリー新造船「ニューいしかり 船内見学会」その3

「ニューしかしり船内見学会」その3!です。
今回はレストラン「サントリーニ」から!
e0158925_22464296.jpg
座席数は238席!とのこと。
e0158925_2248148.jpg
就航後はここにいろんなバイキングの料理が並べられるのでしょうね~。
e0158925_2249958.jpg
ちなみにバイキング料金は夕食2000円、朝食・昼食は1000円です。
e0158925_22514642.jpg
e0158925_2252695.jpg
個室もありました。
e0158925_22525420.jpg
ではロイヤルスイートへ向かいましょう!
e0158925_22545564.jpg
なにげに天井の照明も凝っています(笑)
e0158925_22554714.jpg
ロイヤルスイート601号室入口です!
e0158925_22565390.jpg
入口部分の床には真っ白なタイルが・・・。
e0158925_2323584.jpg
リビングルーム。
e0158925_2335260.jpg
e0158925_234596.jpg
部屋からは船首部分が見えます。ワッチに夢中になりそうですね(笑)
e0158925_235019.jpg
ちょっとカーテンを開けさせてもらいパチリ!
e0158925_23534579.jpg
こちらはベッドルームです。
e0158925_2355033.jpg
バスルーム。改めて言いますが、これ「フェリー」ですよ(笑)
e0158925_23564692.jpg
洗面台。
「DURAVIT」の文字があったので調べてみるとドイツのメーカーのようです!オシャレですね~。
e0158925_04361.jpg
e0158925_051696.jpg
トイレもパチリ(笑)バスと同じくINAX社製でした。もちろんシャワーつきトイレですよ(笑)
e0158925_06311.jpg
ちなみにベッドルーム側にも洗面台がありました。
e0158925_0145548.jpg
続いて特等の洋室です。こちらでも充分豪華ですね~。
e0158925_094149.jpg
e0158925_0105100.jpg
おっ?花王の文字!なんかこんなどうでもところも気になってしまいます(笑)
e0158925_010413.jpg
1等洋室の内部屋です。
「きそ」にはあった吹き抜けによる採光窓はありませんでした。この部分に関しては「きそ」の勝ちですね(笑)
e0158925_013466.jpg
船内中央に戻ってきました。「グリーンステージ」にあった不思議なオブジェです(笑)
e0158925_022325.jpg
最上階の7デッキまで上がってきました。2等大部屋はこの7デッキにあります。
ここで再び靴を履き船外へ・・・。
e0158925_0234749.jpg
e0158925_0245265.jpg

お次は「待ってました!!」のブリッジ見学!・・・てことでまだ続きます(笑)
http://funegasuki.exblog.jp/14394939/
[PR]
by funesuki | 2011-03-07 00:53 | フェリー | Trackback | Comments(0)

太平洋フェリー新造船「ニューいしかり 船内見学会」その2

さぁ「ニューいしかり」船内に入ってみましょう!
まずは5デッキからエントランス&展望エレベータです!
e0158925_1033714.jpg
e0158925_1045137.jpg
吹き抜け部分を上から
e0158925_1181075.jpg
案内所・インフォメーション
e0158925_1034741.jpg
売店です。まだ商品がなくガラガラでした(笑)
今後見ることができない貴重な画像かも!?
e0158925_10352797.jpg
展望大浴場・男湯
e0158925_1036273.jpg
e0158925_1037680.jpg
e0158925_10371414.jpg
5デッキにはその他ゲームコーナーやS寝台、B寝台などがあります。
では6デッキに上がりましょう。
e0158925_10375120.jpg
前回記事にも書きましたが今回はトイレ使用禁止です(笑)
e0158925_10425610.jpg
ピアノステージ
e0158925_10471233.jpg
んっ!?このピアノ、どこかで見たことがあるような・・・(笑)
e0158925_10482067.jpg
e0158925_1050236.jpg
軽食コーナー「ヨットクラブ」
e0158925_1051337.jpg
カレーライスにピラフ、そばにうどんが500円。
バイキングはちょっと・・・な方にはこちらでも充分そうですね。
e0158925_10514957.jpg
ヨットクラブだけにヨットの模型が(笑)右奥は喫煙コーナーです。
e0158925_1052271.jpg
e0158925_10524459.jpg
展望通路「プロムナード」
e0158925_1053771.jpg
e0158925_1131157.jpg
e0158925_1134370.jpg
ラウンジ「ミコノス」
「きそ」と違う部分はこのラウンジが船内中央ではなく船内最後部にあることですね。
e0158925_1057268.jpg
フェリーとは思えない豪華なラウンジです!
e0158925_10574473.jpg
e0158925_1058510.jpg


次回は船内レストラン&ロイヤルスイート見学です!
http://funegasuki.exblog.jp/14381236/
[PR]
by funesuki | 2011-03-05 11:15 | フェリー | Trackback | Comments(10)

太平洋フェリー新造船「ニューいしかり 船内見学会」 その1

2011年2月26日 山口県下関市にある三菱重工業下関造船所で開催された
太平洋フェリーの新造船、ニュー「いしかり」の船内見学会に行ってきました!

------------------------------------------------------------------------------

「大型カーフェリー:豪華内装に感嘆の声 下関造船所で船内見学会」

毎日新聞下関版
http://mainichi.jp/area/yamaguchi/news/20110227ddlk35040250000c.html

下関市彦島江の浦町6の三菱重工業下関造船所で26日、内装工事を終えた大型カーフェリー「いしかり」(全長199・9メートル、幅27メートル、約1万6000トン)の船内見学会があり、多くの来場者でにぎわった。
「いしかり」は同造船所の建造船としては姉妹船「きそ」と同じく最大で、昨年8月に進水した。定員783人で、トラック184台を搭載可能。3月8日に完工し、同13日から名古屋市-仙台市-北海道苫小牧市間で就航する。
エーゲ海をイメージした船内は青と白を基調とした内装で、147室の個室のほか、レストラン、映画上映やピアノ演奏などをするシアターラウンジなども設けられた。来場者は豪華な内装の数々に「すごい」と感嘆の声を上げていた。(松田栄二郎)

------------------------------------------------------------------------------

こちらが「ニューいしかり」が生まれた三菱重工業下関造船所です!
e0158925_14553.jpg
e0158925_153081.jpg
e0158925_153725.jpg
一般公開の会場入口は正面玄関からではなく、こちらの可愛らしい通用門から(笑)
e0158925_17485.jpg
広い工場内を歩いてしばらくすると・・・
e0158925_183495.jpg
ニューいしかり様とご対面!!!
e0158925_194060.jpg
ま、まぶしい!まぶしすぎる!!(笑)
e0158925_1104489.jpg
e0158925_11123100.jpg
まぶしすぎてアンカーまで白く見えてしまいました!・・・て実際白かった(笑)
e0158925_1122489.jpg
e0158925_1125312.jpg
「いしかり」と自動車専用船「AZALEA ACE」の間を歩く造船所ならではの体験です!
e0158925_114782.jpg
e0158925_1163936.jpg
e0158925_1165160.jpg
e0158925_117486.jpg
e0158925_117242.jpg
いやぁ~、たまらん光景です(笑)
e0158925_1181396.jpg
e0158925_128415.jpg
今回は今後大阪や名古屋で開催される太平洋フェリー主催の船内見学会とは違い、三菱下関さんが
開いてくれた見学会。
お客様である太平洋フェリー様に引き渡し前ということもあり(引渡しは3月8日とのこと)
船内は土足禁止!当然船内のトイレも使用禁止でした。
大阪などは就航前の見学会となりますがどうなるんですかね~!?

しかし造船所の方もさぞかし気を使われたことでしょう・・・

三菱重工下関造船所の皆様、そして太平洋フェリー様
見学のチャンスを与えて頂き本当にありがとうございます!

ということで靴をビニール袋に入れ、いよいよ船内見学です!
つづきはコチラで!
http://funegasuki.exblog.jp/14369201/
e0158925_1382371.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-03-03 01:19 | フェリー | Trackback | Comments(6)

新日本海フェリー 新造船建造へ!

「新日本海フェリー、新造船2隻建造を正式発表 」

Webクルーズ 2011/03/01
http://27.34.133.147/news/topics.cgi#2289

新日本海フェリーは1万7000総トン型新造船2隻の建造計画を明らかにした。2月28日、正式発表した。三菱重工長崎造船所で建造し、2012年7月に同時就航を予定。
新造船2隻は、敦賀/苫小牧東に就航している“すずらん”“すいせん”の代替。船齢15年を迎えるため代替建造することになった。
新造船は現存船と同様に19時間30分で結ぶ。船型は舞鶴/小樽間で運航している“はまなす”“あかしあ”と同型で、ポッド推進システムを採用。環境性能は向上させ、“すずらん”“すいせん”と比べCO2排出量を約25%、NOx排出量を約40%削減する次世代型フェリーだ。同型の“はまなす”“あかしあ”と比べても、CO2、NOxの排出量を削減しているという。客室は個室重視で設計。これまであった大部屋の桟敷席はなくし、最下クラスも全席寝台とする。

【主要目】全長224.5m、幅26m、最大速力29.4ノット、車両搭載能力はトラック158台と乗用車58台、旅客定員631人。
(日刊海事プレス)


------------------------------------------------------------------------


(追記・2012年1月24日)


「新型フェリー2隻導入 敦賀港-苫小牧港」

中日新聞 2012年1月24日
http://www.chunichi.co.jp/article/fukui/20120124/CK2012012402000122.html?ref=rank

e0158925_271864.jpg


新日本海フェリー(大阪市)は今夏、敦賀港-北海道・苫小牧港間の直行航路に新型フェリー2隻を導入する。従来型と比べ、航行中に排出する二酸化炭素(CO2)を約25%、窒素酸化物(NOx)を約40%削減できる、環境に優しい次世代フェリーだ。

同社によると、新フェリーは1996年から就航している「すずらん」「すいせん」の代替船として、三菱重工業長崎造船所香焼工場(長崎市)で建造中。27日に同工場で命名、進水式があり、試験運航や内装工事をした後、7月上旬ごろに運用を始める。

新造船は全長224・5メートル、幅26メートル、総トン数約17、000トン。旧船より全長は約24メートル、幅も1メートル大きく、旅客定員は106人増の613人、搭載できるトラック・乗用車も計216台と14台増える。
最大速力は旧船と同じ29・4ノットで、敦賀-苫小牧間(約950キロ)を19時間30分で結ぶ。ディーゼル駆動のプロペラと、電動モーターを組み合わせたハイブリッド型の新推進システムを採用し、環境性を高めた。

敦賀-苫小牧間のフェリーは新潟、秋田の寄港便を含め週10便運航し、敦賀港全体の取扱貨物量の55%を占めている。県港湾空港課の担当者は「新フェリーの導入で輸送能力が高まり、敦賀港の物流や人の流れが一層促進される」と期待している。(平井一敏)


----------------------------------------------------------------------------------


(追記・2012年1月27日)


「フェリー2隻同時命名進水式」

NBCニュース 2012年1月27日
http://www.nbc-nagasaki.co.jp/news/nbcnews.php

三菱長崎造船所でははじめてとなるフェリー2隻の同時命名進水式が27日あさ、長崎市の香焼工場でおこなわれた。

命名されたのは新日本海フェリーの「すずらん」と「すいせん」の2隻。2隻は香焼工場の100万トンドックで去年6月に起工して以降、同時に建造がすすめられたため、命名進水式もはじめて2隻同時におこなわれることになった。

全長はそれぞれ224・5メートル、総トン数はおよそ1万7000トンで電気モーターとプロペラを一体に組み込んだ繭型推進装置などを採用。従来のフェリーと比べて二酸化炭素の排出をおよそ25パーセント削減できる。

2隻は今後、内装工事が行われた後、今年6月下旬に引き渡される予定で、福井県の敦賀と北海道の苫小牧の間を就航する。


--------------------------------------------------------------------------------


「両手の華 同時にお嫁へ」

朝日新聞 2012年01月28日
http://mytown.asahi.com/nagasaki/news.php?k_id=43000001201280004

e0158925_21512953.jpg

福井県の敦賀港と北海道の苫小牧東港を結ぶ新日本海フェリー(大阪市)の大型フェリー2隻が完成し、長崎市香焼町の三菱重工長崎造船所で27日、そろって進水式があった。戦前からの歴史がある長崎造船所でも、2隻同時の進水式は初めてという。

新日本海フェリーでは、歴代フェリーに花の名前をつけている。北海道を代表する花であることから1隻は「すずらん」、もう1隻は福井県の花の「すいせん」と命名された。6月から7月にかけてに引き渡され、現在運航中の同じ名前の2隻と交代する。

「すずらん」「すいせん」はいずれも全長224.5メートル、総トン数はおよそ1万7千トン。600人以上が乗り込め、トラック158台、乗用車58台が積める。(写真は三菱重工長崎造船所提供)


------------------------------------------------------------------------------


新日本海フェリー、長崎で2隻同時命名・進水

WEBクルーズ 2012年1月30日
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20120130_02


三菱重工長崎造船所は27日、香焼工場で新日本海フェリー向け「すずらん」「すいせん」の命名・進水式を行った。同工場で2隻同時進水は初めて。竣工は6月中旬と7月初旬。

新日本海は、敦賀と苫小牧間でフェリー「すずらん」「すいせん」(1996年)を運航している。今回はその代替であり、同じ船名の2代目。新日本海が同造船所で建造し、2004年に舞鶴~小樽航路に投入した「はまなす」「あかしあ」の同型船。
船の大きさは、長さ224.5メートル、幅26メートル、深さ20.4メートル、1万7040トン、最大速力29.4ノット。旅客定員は613人で、内訳はスイートルース4人、ジュニアスイートルーム4人、デラックスルームA56人、ステートルームA196人、ツーリストA323人、ドライバールーム30人。車両は乗用車58台とトラック158台。

式典では、新日本海の入谷泰生社長が命名した後、クラウンレコード所属の歌手、瀬口侑希さんが支綱切断した。今後、新日本海のCMソングを歌う予定。
瀬口さんの父親は、同じグループの日本クルーズ客船(入谷泰生社長)の「ぱしふぃっくびいなす」の船長を務めた瀬口末洋氏。

式典後、入谷社長はインタビューに応え、「新造船は省エネ船であり、CO2削減にもつながる。貨物スペースを増やし、繁忙期にも対応できるようにした。旅客スペースは大部屋はなく、全て個室とした。東日本大震災で陸上交通が途絶えた時、海上交通の果たした補完的役割は大きかった」などとした。


-----------------------------------------------------------------------











大阪での見学会動画が読売新聞さんによってアップされています!

「6月20日、新造船「すずらん」デビュー!」
http://www.yomiuri.co.jp/stream/m_news/vn120619_2.htm
[PR]
by funesuki | 2011-03-03 00:38 | フェリー | Trackback | Comments(3)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

驚愕の豪華ヨットが横浜入港
at 2018-04-21 23:13
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-04-18 00:05
「さんふらわあWebマガジン..
at 2018-04-17 23:05
STU48劇場はフェリー「み..
at 2018-04-15 00:07
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-04-11 21:51
カンブリア宮殿に郵船クルーズ..
at 2018-04-08 22:08
尾道~瀬戸田「サイクルシップ..
at 2018-04-08 22:00
コンテナ船新会社「ONE」事..
at 2018-04-02 22:30
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-03-31 21:54
センコー、センコー汽船設立
at 2018-03-31 21:10
「柳原良平アートミュージアム..
at 2018-03-28 21:03
旧日本郵船 小樽支店&小樽総..
at 2018-03-25 21:07
クルーズ船が真っ二つに!
at 2018-03-24 21:45
阪神タイガース、フェリーで移動
at 2018-03-24 09:28
宮古―室蘭フェリー就航まで3カ月
at 2018-03-22 22:48
クルーズVB ベストワンが上..
at 2018-03-22 22:34
名門大洋フェリー続報
at 2018-03-21 22:08
明石海峡でフェリーが立ち往生
at 2018-03-18 23:21
燃料タンクに水注入、堺市消防局
at 2018-03-18 23:18
商船三井、次世代型自動車船竣工
at 2018-03-15 23:39

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(590)
(152)
(143)
(137)
(122)
(108)
(93)
(87)
(85)
(85)
(79)
(75)
(74)
(65)
(58)
(55)
(51)
(48)
(47)
(47)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

すぐるさんこんにちわ。 ..
by ベレー帽 at 14:48
すぐるさん、こんにちは!..
by NCF at 10:12
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:39
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 18:40
izumiさん、今回のこ..
by すぐる at 21:27
コメンターさん、情報あり..
by すぐる at 21:14
特別急行さん、速報の情報..
by すぐる at 21:13
花鳥風月さん、コメントあ..
by すぐる at 21:10
くおんさん、名門大洋フェ..
by すぐる at 21:09
5月末まで運行予定が入っ..
by izumi。 at 21:01

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧