タグ:日本チャータークルーズ ( 9 ) タグの人気記事

「ふじ丸」売却、療養客船に?


e0158925_23202570.jpg





「ふじ丸」売却、「療養客船」として再デビュー目指す


2013年12月11日 Webクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20131211_01



日本チャータークルーズは10日、パナマ法人のミラ・クルーズASへ客船「ふじ丸」(2万3235トン)を売却、引き渡した。
三井造船由良工場に係船されていた同船は11日、改修先の常石造船へ到着した。
新たな船名は「ミラ1」。


ミラ・クルーズは今後、同船に改修工事を施し、レジャー目的を主とする従来のクルーズとは全く異なるコンセプトの「療養客船」として、日本国内で従事することを目指しており、近く日本法人のミラ・クルーズ株式会社を設立する。
また、同社は政府の災害救済船としての適用を申請する方向で検討、準備を進めている。
[PR]
by funesuki | 2013-12-11 22:02 | クルーズ船 | Trackback | Comments(6)

「ふじ丸」神戸最後の出港








客船「ふじ丸」さようなら 神戸最後の出港

2013年6月19日 神戸新聞
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201306/0006089113.shtml


今月末で日本のクルーズ業界から引退する客船「ふじ丸」(2万3235トン)が19日、神戸港に別れを告げた。「生まれ故郷」の神戸からの出港はこれが最後。市民らが遊覧船から白亜の船体を見送った。

ふじ丸は「和製クルーズ船」の先駆けとして1989年、三菱重工業神戸造船所で建造された。企業などの団体貸し切り専門として約50万人を乗せたが、近年は需要が減少。現在、海外への売却が検討されている。

午前9時、次のクルーズに向け、中突堤旅客ターミナルから東京へと出発した。同造船所前を通る際には、岸壁に作業服姿の社員約50人が並び、ふじ色の風船約300個を飛ばしてお別れ。ふじ丸の乗組員もデッキに出て「さようなら」の文字を掲げ、手を振った。

建造時からふじ丸を見続けてきた神戸港振興協会の森田潔さん(58)は、今にも雨が降りそうな空を見上げ「進水式の日も雨だった」とぽつり。「神戸に寄港するたび『おお、帰ってきたか』とうれしかった。まだまだ現役で頑張れる船。どこかで活躍してほしい」と話した。(長谷部崇)




------------------------------------------------------------------------------



さらば、神戸港 ふじ丸、ふるさとに別れ告げる


2013年6月19日 朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0619/OSK201306190003.html


引退する日本初の大型クルーズ客船「ふじ丸」(2万3235トン、定員600人)が19日、建造された神戸港の三菱重工業神戸造船所前を訪れ、別れを告げた。

岸壁では約50人の社員がヘルメットを振って見送り、造船所などからは船名の由来の一つ「藤の花」の色の風船約400個が空に放たれた。

造船所のクレーンには、船舶間通信に使われる国際信号旗が掲げられた。造船所側が「UW(航海の安全を祈る)」と示すと、ふじ丸は「UW1(ご協力に感謝する)」と旗で返礼した。

ふじ丸を設計した元三菱重工の小林幹弘さん(75)は造船所北側の埠頭(ふとう)から見届け、「試運転の時と同じコースを去っていった。当時はハラハラしながら見守ったが、今日は多くの人に見送っていただき、うれしかった」と話した。(三嶋伸一)
[PR]
by funesuki | 2013-06-20 00:15 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

クルーズ船「ふじ丸」運航休止へ


e0158925_23202570.jpg



クルーズ船の先駆け「ふじ丸」 来夏運航休止へ


神戸新聞 2012年10月12日
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0005445440.shtml


戦後初の本格的な外航クルーズ客船として神戸で建造され、1989年に就航した「ふじ丸」(2万3235トン)が来年6月に運航を休止することが12日、運航会社への取材で分かった。これまでに地球約20周分の航海を続け、レジャークルーズの先駆者として約50万人を海のロマンにいざなったが、近年は需要が減少。再開の可能性は低く、国内に4隻ある外航クルーズ客船の一角が姿を消しそうだ。(山岸洋介)


ふじ丸は三菱重工業神戸造船所(神戸市)で建造され、商船三井客船が就航させた。神戸にもクルーズ途中でたびたび寄港。白亜の優美な船体で港町を彩ってきた。

全長167メートルで、最大600人の乗客を収容できる。大浴場や和室を備えた和風の造りは、後続のクルーズ客船にも影響を与えたとされる。

2002年からは、商船三井客船と日本クルーズ客船が出資する日本チャータークルーズ(東京)が運航。チャーター(貸し切り)専門という独自路線を歩んできた。
旅行会社の募集型クルーズだけでなく、自治体や企業・団体が借り切ることも多く、社員研修やパーティー、兵庫県の「大学洋上セミナー」などにも活用された。
しかし近年は、そうした需要が減少。安い外国客船の攻勢も追い打ちになったとみられる。

“ふるさと”である三菱重工業神戸造船所も今年6月で商船建造から撤退。元JTB社員で旅行ジャーナリストの関川由都子さんは「国内のクルーズ市場を開拓した存在だけに、とても残念」と惜しむ。

ふじ丸が引退すれば、国内の大型外航クルーズ船は、飛鳥2▽ぱしふぃっくびいなす▽にっぽん丸‐の3隻となる。日本チャータークルーズは「今後については未定。売却も含めて検討する」としている。

ふじ丸は12月と来年1月、5月にも神戸を発着または出発するクルーズが予定されている。




---------------------------------------------------------------------------



【解説】「ふじ丸」海外売船の背景


2013年2月8日 Webクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20130208_03


日本チャータークルーズ(NCC)の 親会社、商船三井、商船三井客船(MOPAS)、日本クルーズ客船(JCL)の3社はこのほど、「ふじ丸」を海外へ売却することを決定した。4月中旬をめどに売船先を決めたい考え。適当な売船先が見つからなかった場合でも、「同船の運航は再開せず係船し、日本船マーケットの需給をバランスさせたい」とし、クルーズ事業から撤退する。売船に当たって3社は「日本市場に戻ってこないこと」を希望している。日本チャータークルーズ(岡地隆社長)は7月以降、休眠する。

「ふじ丸」(2万3235トン、全長167メートル、幅24メートル、喫水6・56メートル、総乗客定員600人、三菱神戸建造)は、「クルーズ元年」といわれた1989年4月に、商船三井客船の本格クルーズ客船として就航し、日本のクルーズ時代幕開けを華々しく飾った。

しかし、その後、市場拡大が進まない中で苦戦。2001年、同様に事業縮小を検討していたJCLと折半出資で、チャーター・クルーズ専業会社NCCを設立、同社の「ふじ丸」の運航を移管していた。同社は研修、インセンティブ、海外交流や旅行会社チャーターによる企画型クルーズの担い手として運航してきた。

リーマン・ショック以降の不況の長期化で企業を中心にしたチャーター・クルーズ需要が回復しないこと、さらにチャーター・クルーズの大きなユーザーであった地方公共団体の予算縮小や修学旅行での船の利用が激減したことが撤退の背景としており、「現在の日本船のクルーズ・マーケットは約10万人。これに対して日本船4隻の供給力は16万人。この需給ギャップの中で事業の継続は困難。減船で供給を引き締め、日本船のマーケットをサポートしたい」としている。外国客船の日本発着クルーズによる影響については「日本船と外国船は価格帯が異なり、客層が異なる」とし、直接的な理由ではないとしている。

日本のクルーズ、とりわけレジャークルーズが始まる以前から事業を続けて来たMOPASにとって、企業研修、地方公共団体による研修・交流事業など、業務用のチャーター・クルーズは事業運営の大きな柱となってきた。しかし、チャーター需要が細る中で、同じくチャーターを主力商品にしていたライバルのJCLと組み、JCL保有の「おりえんとびいなす」を海外売船し、ふじ丸1隻でチャーター市場に特化する体制を組んでいた。

リーマン・ショック以降、最盛期には20団体以上あった地方公共団体の研修クルーズが、昨年は2本にまで減少、高校の修学旅行も同じく15校あったのが3校に減るなど、従来主流だった業務・公共型クルーズ市場が崩れていた。その一方で韓国企業のチャーターを開拓。また、世界遺産登録を契機にした小笠原旅行ブームもあり、旅行会社チャーターを増加させるなどでしのいでいた。しかしこのことは、いわば親会社が主力とするレジャークルーズ分野への回帰でもあり、事業運営の基礎が揺らいでいたともいえる。

ここ数年は、運航費、食事などのサービス付きで1日850万円~1000万円前後で販売、年間稼働日数は260~270日程度、売上高は20数億円だったという。しかし、かつてのSARSショック以降のキャンセル、販売不振などによって抱えた負債の解消は進まず、老朽化する船体の改修なども最低限にとどめるなど、運営に苦労していたのも事実。さらにここに来て、1泊2万円を切るような価格からの設定で日本市場への進出を開始した外国船社のクルーズへの対抗上、にっぽん丸やぱしふぃっくびいなすなど本業の充実に向かいたいという親会社の判断もあったようだ。

こうしたNCCの決定に対して、ユーザーの中からは、「チャーター・クルーズの多くは、若者の客船体験を促進し、海に親しむ気持ちを醸成する」事業として、その価値を指摘する声も多い。また旅行会社にとっては、最低料金が3人部屋でも4万円を上回る他の日本船のクルーズに比べて、例えば4人部屋ながら5泊6日の小笠原クルーズが14万8000円からというように、1泊3万円を切るクルーズを提供できる客船がなくなることになり、旅行会社独自のクルーズの可能性を狭めると残念がる。「料金の安いクルーズを探しているクルーズファンは少なくない。なんとかならなかったのか」という声が上がっている。




--------------------------------------------------------------------------




「世界青年の船」計上せず 東南アジア版は継続要求 内閣府

産経新聞 2012年9月7日
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120907/plc12090719150020-n1.htm


内閣府は7日、来年度予算の概算要求で、世界各国の青年が船旅を通じて交流する「世界青年の船」の事業費計上を見送ったと発表した。6月の「事業仕分け」で廃止するよう判定されたのを受けて、岡田克也副総理が打ち切る方針を示していた。

岡田氏は青年の船を含む国際交流事業全体の予算の半減も指示していたが、内閣府は本年度当初比で33%減の8億7500万円を計上。東南アジア諸国連合(ASEAN)の次世代リーダーの人脈開拓に有効な「東南アジア青年の船」は中国や韓国が同様の事業を展開していることから、国益を損なう恐れがあると判断し継続を求めることにした。




---------------------------------------------------------------------------



東京港で撮影した「ふじ丸」入港シーンです。
e0158925_2313214.jpg
e0158925_23133071.jpg
e0158925_23133781.jpg
e0158925_23134562.jpg
e0158925_23135782.jpg
e0158925_2319482.jpg
e0158925_23194496.jpg
e0158925_23193145.jpg
e0158925_23201432.jpg
e0158925_23194932.jpg
e0158925_23202570.jpg
e0158925_2320074.jpg

[PR]
by funesuki | 2012-10-13 23:25 | クルーズ船 | Trackback | Comments(8)

ふじ丸 岩手県被災地から帰港

東日本大震災被災地の支援活動について(7)
~客船「ふじ丸」の岩手県寄港の件(3)~

商船三井プレスリリース 2011年4月19日
http://www.mol.co.jp/pr-j/2011/j-pr-1127.html

当社が東日本大震災の被災地支援活動の一環として岩手県諸港に派遣しておりましたクルーズ客船「ふじ丸」が、全日程を終えて本日19日10時、東京港に帰着しました。

本船は、4月11日(月)~17日(日)の間、大船渡(3日間)、釜石(2日間)、宮古(2日間)に寄港し、被災された皆様に食事、入浴、休息等のデイユースサービスの無償提供を行いました。各港でのご利用者は以下の通りです。

大船渡港 1,786人
釜石港 593人
宮古港 2,072人

合計 4,451人


皆様からは、多くの喜びや感謝の言葉を頂きました。いくつかを以下紹介します。



・ 娘、孫と共に今日のことを忘れません。
・ 思いがけず、温かいお心をたくさん頂きました。本当にうれしかったです。つらくての涙がうれしくての涙にかわりました。
・ 安らぎと笑顔を心から有難う!
・ 今日は息抜きができました。明日からもがんばるぞ。
・ 夢をたくさんありがとう。又ご縁がありますよう祈ります。

(以下は4月14日付プレスリリースよりの抜粋です)
・ 本当にありがとう! 港町だからこそ・・・の津波の被害・・・。でも、港町だからこそ頂けたステキな贈り物。一生忘れません。
・ 人生58年生きてきて、今が一番人のやさしさを感じています。
・ 震災以来の食器での食事は最高でした。
・ スタッフの方々の対応が丁寧で本当に素晴らしい。



その他、「本当に有り難うございました」「いつかふじ丸で船旅がしたいです」などの声が多数寄せられました。

本船船長の久葉誠司は「各寄港地で本船がこれまで受けてきた大歓迎へのせめてもの恩返しとの思いで、本船としての精一杯の対応に努めました。皆さんの笑顔とリラックスされた様子を拝見して、少しでもお役に立てたことをうれしく思っております。被災地の一日も早い復興がかなうことを心から願っております。これは本船乗組員皆の思いでもあります」と総括しております。

被災地の困難な状況下で、「ふじ丸」の寄港実現に向けてご尽力いただきました国土交通省、岩手県、各市町村の関係の皆様のご理解、ご協力に改めてお礼申し上げます。
当社は、引き続き商船三井グループのネットワークを活用して、被災地の復興に貢献するべく努めてまいります。

4月15日 「ふじ丸」大船渡港出航をお見送りして下さる被災者の方々
e0158925_10134899.jpg
[PR]
by funesuki | 2011-04-23 09:58 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

ふじ丸 宮古港に入港

宮古 大型客船が避難者を招待

NHKニュース 2011年4月16日 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110416/t10015354261000.html
(ぜひ動画もご覧下さい!)

岩手県で避難生活をしている人たちが、宮古港に入港した大型客船に招待され、食事や入浴などのくつろいだひとときを過ごしました。

宮古港に入港したのは、全長およそ160メートルの大型客船「ふじ丸」です。「ふじ丸」は、被災地を支援するため、今月11日から、大船渡港など岩手県内の港に寄港しています。16日は、宮古港に近い山田町の避難所などからおよそ800人が招待されました。

船内では温かいとんかつや生野菜、フルーツなどの食事がふるまわれ、訪れた人たちは、久しぶりに家族や友人とテーブルを囲み、笑顔で語り合っていました。
船内の大浴場で汗を流す人や、最上階のラウンジでカラオケを楽しむ人もいて、厳しい避難生活から離れて、くつろいだひとときを過ごしていました。2人の子どもと訪れた女性は、「子どもが喜ぶ食べ物がたくさんあって、ありがたかったです。いい気分転換になりました」と話していました。

「ふじ丸」の久葉誠司船長は、「ふじ丸は、これまで岩手県に入港するたび大歓迎していただいていたので、少しでも役に立ちたいと思いました」と話していました。「ふじ丸」は17日も宮古港に停泊し、事前に申し込んだ宮古市の避難所の人たちが招待されます。
[PR]
by funesuki | 2011-04-17 00:55 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

ふじ丸 岩手県被災地に到着

被災者支援「ふじ丸」、大船渡に到着 入浴や食事を無料提供

読売新聞 2011年4月11日
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110411-OYT1T00580.htm?from=main7
(動画もあります)

東日本大震災で津波の被害を受け、避難所で生活する被災者に食事や入浴のサービスを提供しようと、岩手県大船渡市の大船渡港に11日、日本チャータークルーズの大型客船「ふじ丸」(2万3235トン)が寄港した。

同日正午過ぎ、避難者約300人が船に乗り込んだ。船内ではビュッフェ形式の料理が振る舞われ、大浴場での入浴、ミニシアターでの映画上映などのもてなしを受けられる。

ふじ丸は昨年までに4回、大船渡港に寄港、今年も6月に寄港する予定だった。

津波で市内の自宅が被災し、避難生活を送る居酒屋店主の熊谷基さん(46)は「豪華客船での一時の安らぎを楽しみにしています」と笑顔で乗船した。
ふじ丸は17日まで同県の釜石港、宮古港にも停泊する。

-------------------------------------------------------------------------------

被災者支援「ふじ丸」、大船渡に到着 入浴や食事を無料提供

中日新聞 2011年4月11日
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011041190145841.html?ref=rank

被災者支援のため、9日に東京を出航した客船「ふじ丸」(23、235トン)が11日朝、最初の寄港地、岩手県大船渡市に到着した。正午から船内を開放して、被災者へ入浴や食事の無料提供を始めた。
大船渡には2日間停泊し、11日は3回に分けて計1000人の被災者を受け入れる。16の避難所からバスで送迎された被災者が次々、港に着き、船員やボランティアらの応対を受けていた。

船内では入浴や食事の合間に、客室で家族だけの時間を過ごしてもらうほか、映画上映も行われる。食事はビュッフェ形式で、メニューはトンカツやグラタン、サラダなど23品目。午前10時から1000人分の調理が始まり、神田輝志総料理長は「被災地の食事は栄養の偏りがあると聞く。生野菜やフルーツなど、栄養バランスよく食べてもらいたい」と腕をふるう。

大船渡港では、接岸とともに地元の海洋少年団がふじ丸の入港を歓迎。手旗信号で「ふじ丸 ありがとう ようこそ大船渡へ」と船員へメッセージを送った。
少年団の熊谷萌々さん(9つ)は「津波の後、これだけ大きな船が来るのは初めて。みんなの喜ぶ顔が見られそう」と船を眺めていた。

ふじ丸は大船渡市のあと、17日までに同県の釜石市、宮古市を回り、今回の支援活動を手掛ける商船三井は計6千人の利用を見込んでいる。

-------------------------------------------------------------------------------

大船渡に豪華客船寄港 被災者ら招待 

毎日新聞 2011年4月11日
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20110412ddlk03040045000c.html

震災の被災者に憩いの場を提供しようと、豪華客船「ふじ丸」(2万3235トン)が11日、大船渡市に寄港した。招待された市民が客室でシャワーを使ったり、バイキング料理を味わったりした。

商船三井(東京都)が企画した。招待した約800人を3組に分け、3時間ずつ開放。大浴場やカラオケを楽しむ家族も見られた。ふじ丸は17日まで県内の釜石、宮古港にも寄港し、市民を招待する。

避難所生活は生鮮食品を口にすることが少なく、栄養が不足しがち。小学6年の鎌田大地君(11)は「こんなおいしいお肉は久しぶり」と口いっぱいにほおばり、家族を笑わせていた。【蒔田備憲】
[PR]
by funesuki | 2011-04-12 23:46 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

ふじ丸 岩手県被災地へ

「東日本大震災の被災地における外航クルーズ客船「ふじ丸」の活用について」
平成23年4月6日 国土交通省海事局プレスリリース
http://www.mlit.go.jp/common/000140826.pdf

この度の東日本大震災における被災者の方々への支援として、㈱商船三井が外航クルーズ客船「ふじ丸」を岩手県において活用する詳細(日程、場所)が決まりましたのでお知らせします。

1 利 用 船 舶
ふじ丸(日本チャータークルーズ㈱(㈱商船三井及び新日本海フェリー㈱の子会社)所有、運航)

2 提供サービス
大浴場での入浴、食事の提供、客室の利用、映画上映、船舶公衆電話の無料開放・携帯充電器の提供(NTTドコモの協力)等の被災者支援

3 対象市町・人数
岩手県大船渡市、陸前高田市、釜石市、山田町、宮古市 1日約1,000名、合計約6,000名

4 日程・場所等(予定)
船舶の動静予定
4月9日 (土)東京港(晴海客船ターミナル)16時出港

4月11日(月)大船渡港(野々田地区埠頭) 8時入港
4月12日(火)同 上 18時出港

4月13日(水)釜石港(須賀地区岸壁) 8時入港
4月14日(木)同 上 18時出港

4月16日(土)宮古港(藤原地区岸壁) 8時入港
4月17日(日)同 上 18時出港

4月18日(月)東京港 17時入港
e0158925_2281599.jpg

[PR]
by funesuki | 2011-04-07 22:26 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

ふじ丸 被災地へ

「商船三井、豪華客船を被災地に貸し出し」

MSN産経ニュース 2011.3.20
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110320/biz11032017300002-n1.htm

国土交通省は20日、商船三井から、同社子会社が保有する豪華客船「ふじ丸」(2万3235トン、163室、600人収容)を東日本大震災の被災自治体に貸し出す用意があるとの申し出を受けたと発表した。現在、条件面を詰めているという。
商船三井によると、利用可能なのは24日~4月中旬まで。被災者らの移送のほか、沖合に停泊させ一時的な宿泊所とすることなどを想定しており、国交省が各自治体と調整している。
ふじ丸は商船三井子会社の「日本チャータークルーズ」が保有する日本船籍の豪華客船で、外航クルーズなどのチャーター船として利用されている。

--------------------------------------------------------------------------

「大型客船、被災地へ 宿泊や休憩に利用 商船三井子会社」

朝日新聞 2010年3月20日
http://www.asahi.com/national/update/0320/TKY201103200248.html

商船三井の子会社「日本チャータークルーズ」が、被災者の宿泊や休憩の場所として使えるよう、大型客船・ふじ丸(2万3235トン)を今月24日から4月中旬まで被災地の港に停泊させる。約600人が同時に滞在できるといい、国土交通省が各自治体からの希望をとりまとめている。岩手県などが利用を申し出ているという。

ふじ丸は遠洋航路も航行可能な大型クルーズ船で、大浴場やフィットネスセンターも備えている。修学旅行や企業のチャータークルーズに利用されることが多いという。

--------------------------------------------------------------------------

岩手の被災地へ大型客船 海王丸も小名浜港到着

2011/03/21 22:32 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201103/CN2011032101001069.html

国土交通省は21日、東日本大震災の被災者の休憩場所などとして商船三井の子会社が保有する大型客船「ふじ丸」(2万3235トン)を活用すると発表した。岩手県の複数の港を回りながら、健康相談などにも応じる予定で、県と会社側が詳細を調整している。
ふじ丸は日本初の本格的なクルーズ客船とされ600人の収容が可能。ふだんは修学旅行などに使われている。

一方、独立行政法人航海訓練所の練習船「海王丸」は21日に福島県の小名浜港へ入り、福島第1原発事故に対応している東京電力社員らの休養に使われたほか、近くの避難所の被災者にも食事を届けた。別の練習船「銀河丸」も20日に岩手県の宮古港へ到着。避難所との間で送迎バスを運行し、食事や入浴サービスを提供している。
[PR]
by funesuki | 2011-03-21 23:30 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

ふじ丸 鶴浜岸壁!へ入港!!

~大阪市港湾局報道発表資より~

クルーズ客船「ふじ丸」の鶴浜岸壁初入港を記念し、鶴浜地区でイベント開催!!
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/port/0000073255.html#1

平成22年3月25日(木)に、大正区鶴浜地区の鶴浜岸壁に初めてのクルーズ客船「ふじ丸」が寄港するのを記念して、船内見学会などのイベントを開催します。
なお、クルーズ客船「ふじ丸」は、平成22年3月25日(木)~29日(月)にかけて、大正区の鶴浜岸壁に寄港する予定です。
この機会に、たくさんご参加いただき、クルーズ客船の魅力を感じてみてください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「ふじ丸」の船内見学会
開催日
平成22年3月26日(金)及び3月27日(土)
受付・集合場所
大正区 鶴浜岸壁
スケジュール
午前の部 10時00分~12時00分(11時30分乗船締切)

午後の部 13時00分~16時00分(15時30分乗船締切)

乗船方法
先着順です。ただし、船内に入れる人数が限られているため、順番にご案内します。

※当日受付にて、身分証明書(種類問わず)をご提示の上、乗船名簿用紙に名前・住所・連絡先電話番号をご記入ください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

いやぁ~まさか大阪市大正区にクルーズ客船が入港するとは・・・しかも鶴浜岸壁て!(笑)
数年前まで「なみはや大橋」しかなかった埋立地にスウェーデンのイケアが進出、
そして「ふじ丸」までもが入港する場所になるとは・・・オドロキです!!!

見学会も先着順で入場できるとはいいですね~!
大阪の近くにお住まいの方はぜひ大正区へお出かけ下さい!!

  では大正区にやって来る「ふじ丸」と「おれんじ8」の2ショットを~!
e0158925_138466.jpg
e0158925_1385643.jpg

[PR]
by funesuki | 2010-03-25 01:39 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

佐渡汽船「ときわ丸」新潟入港
at 2018-08-16 22:08
駿河湾フェリー継続へPR強化
at 2018-08-16 21:30
「クイーン・メリー2」北九州..
at 2018-08-09 22:41
日刊海事通信社が破産
at 2018-08-08 19:40
佐渡汽船「日海丸」
at 2018-08-07 22:57
NHKで戦時徴用船の特集番組
at 2018-08-07 22:12
「はくおう」に真備住民が宿泊
at 2018-08-05 00:10
「はくおう」岡山で休養施設に
at 2018-08-01 22:35
世界最大級のタグ「ALP S..
at 2018-07-31 21:06
ダイハツディーゼル、50年ぶ..
at 2018-07-31 20:35
佐渡汽船「おけさ丸」新潟出港..
at 2018-07-27 01:13
「MIRA1(旧ふじ丸)」避..
at 2018-07-22 08:39
「BELUGA ACE」東京入港
at 2018-07-18 21:54
南海フェリー新造船建造へ!
at 2018-07-17 00:05
7.15は「内航船の日」!
at 2018-07-14 22:34
「はくおう」広島県三原市へ
at 2018-07-13 20:24
輸送艦「しもきた」タンクロー..
at 2018-07-11 23:27
STU48、船上劇場見送りへ
at 2018-07-11 22:43
豪雨影響でフェリー満船
at 2018-07-09 22:24
海自呉基地で輸送艦の入浴施設..
at 2018-07-09 21:18

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(626)
(155)
(145)
(143)
(124)
(110)
(95)
(91)
(87)
(85)
(80)
(80)
(77)
(65)
(58)
(57)
(56)
(50)
(50)
(49)

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

こういちさん、おはようご..
by すぐる at 23:12
おはようございます。 ..
by こういち at 08:38
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 08:30
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:21
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:18
NCFさん、こんばんは~..
by すぐる at 23:17
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 23:14
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:48
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:35
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:32

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧