タグ:横浜港 ( 109 ) タグの人気記事

海上保安庁 6年ぶりに観閲式 

















海上保安庁 6年ぶりに観閲式 37隻15機が集結 尖閣警備専従船も参加


2018年5月20日 産経新聞
https://www.sankei.com/politics/news/180519/plt1805190014-n1.html



海上保安庁は19日、海上保安制度創設70周年を記念した観閲式と総合訓練を東京湾羽田沖で開催した。観閲式は尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海警備などの影響で平成25年から開催を見送っており、6年ぶり。全国各地の海上保安部や航空基地に所属する巡視船艇、航空機が機敏な動きを披露して観客を魅了した。

高円宮妃久子さまと三女の絢子さまのご臨席のもと開催された観閲式と総合訓練には、海保の巡視船艇24隻と航空機12機をはじめ、関係機関の船艇やヘリコプターなど計37隻15機が参加。一般公募などで招待された3074人が4隻の巡視船から観覧した。

観閲式では隊列を組んだ巡視船艇、ヘリと固定翼機、乗組員らが石井啓一国土交通相と中島敏海保長官の観閲を受けた。続いて、海上自衛隊の護衛艦「はたかぜ」や米国沿岸警備隊の巡視船「アレックス・へーリー」など関係機関の船艇6隻がパレードした。

訓練は消防船などによる放水から開始。ヘリの編隊飛行に続いて、ケミカルタンカーの爆発事故を想定し、ヘリからロープで降下した特殊救難隊員が海上の乗組員を救助した。救助者を乗せたヘリを大型巡視船の甲板に着船させるとともに、消防船艇がタンカーに放水した。

対テロ訓練では、「国際テロ組織の不審船」にふんした巡視艇を6隻で追跡。停船命令後にヘリや船上から閃光弾や音響弾を投げて警告し、不審船からの攻撃に小銃で対応して制圧する様子を実演した。最後は、3隻の小型巡視船が時速50キロで移動しながら隊列を変化させ、機関砲を撃つなどする「高速機動連携訓練」で締めくくった。

訓練には尖閣領海警備に専従する大型巡視船「ざんぱ」(石垣海保)や違法操業に対応する規制能力強化型巡視船「ともり」(宮古島海保)も参加した。両船は24年9月の尖閣国有化後に建造され、尖閣領海警備専従巡視船や規制能力強化型巡視船が洋上での公開訓練に参加するのは初めてとなる。

海保によると、中国公船による尖閣周辺の領海侵入は続いているが、海上保安庁法が昭和23年5月に施行されてから70年の節目の年に観閲式の開催を求める声が強く、国民に海保業務への理解を求める重要な機会になるとして開催を決めた。昨年は東京湾を受け持つ第3管区海上保安本部が小規模の総合訓練を主催した。






----------------------------------------------------------------------------






首相「海洋秩序を強化」 海保観閲式に出席


2018年5月20日 産経新聞
https://www.sankei.com/photo/story/news/180520/sty1805200022-n1.html



安倍晋三首相は20日、海上保安庁の発足70周年を記念して東京湾で開かれた観閲式に出席した。総合訓練を見学した後に巡視船「やしま」で訓示し、沖縄県・尖閣諸島周辺で続く中国公船の領海侵入を念頭に「日本の周辺海域を取り巻く情勢は過去に例を見ないほど厳しさを増している。諸外国と連携して国際的な海洋秩序を強化していく」と強調した。


海保によると、現役首相の出席は2009年の麻生太郎氏以来2人目。領海警備に当たる海上保安官らの士気を高める狙いがある。

訓示で首相は、中国の名指しを避け「外国公船の領海侵入が繰り返されている」と表現した。北朝鮮からの漂流船事案にも言及した。今月15日に閣議決定した「海洋基本計画」に触れ「海洋の安全保障を重要な柱に据え、政府一体となって苦難に立ち向かうことにした」と訴えた。

この日の観閲式や総合訓練には海上自衛隊の護衛艦を含め、航空機16機、船艇36隻が参加。海保は12年秋の尖閣諸島の国有化以降、領海警備を強化する必要性などから観閲式を見送り、今回の開催は6年ぶり。






e0158925_22523227.jpg


総合訓練を視察後、あいさつする安倍晋三首相=20日午後3時5分、巡視船「やしま」艦上













-
[PR]
by funesuki | 2018-05-20 22:53 | 海上保安庁 | Trackback | Comments(0)

驚愕の豪華ヨットが横浜入港








e0158925_22315215.jpg
斬新なデザインで注目を集めたモーターヨット「A」 =19日午前6時45分、横浜港






豪華ヨット進む誘致 横浜に初入港


2018年4月20日 神奈川新聞
https://www.kanaloco.jp/article/325646/




個人が所有する世界最大級の豪華ヨットが19日早朝、横浜港に初入港した。船首が上下逆さまになったような斬新なデザインが特徴で、入港を出迎えた市民らは“浮かぶ豪邸”さながらの存在感に圧倒された様子だった。

 モーターヨット「A」(5959トン)はマーシャル船籍で全長約120メートル、幅18メートル。甲板にヘリポートを備えるほか、船内は最高級ホテル並みの内装が施されている。

 船舶代理店によると、ロシアの富豪らが2カ月をかけて日本国内を観光しながら巡る船旅の一環で寄港。横浜には約2週間停泊する予定。

 富裕者層が所有する豪華ヨットは近年大型化して「スーパーヨット」と呼ばれている。拠点となっているモナコなどの地中海やカリブ海から、世界中に航海に出るようになった。寄港地は経済波及効果が期待されることから、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)や20年東京五輪・パラリンピックも視野に、日本でも誘致の動きが始まっている。

 モーターヨット「A」が19日、横浜港に初入港した。港湾関係者らでつくる「スーパーヨット誘致会議・日本」(会長・小谷昌、元京浜急行電鉄会長)の誘致活動が結実した。

 協議会の理事は金田孝之・元横浜市副市長。藤木企業(横浜市中区)の藤木幸太社長や、一般財団法人みなと総合研究財団スーパーヨット研究員で船舶代理店「SYLジャパン」(東京都港区)の稲葉健太代表取締役らが名を連ねる。

 スーパーヨットは全長24メートル以上の個人所有の船で、世界中で約1万隻が運航されている。ラグビーW杯や東京五輪・パラリンピックに向けて全国の港湾で受け入れ態勢を拡充するとともに日本の魅力や優位性を発信するなど誘致活動を進めていく考えだ。

 藤木社長は神奈川新聞社の取材に「観光立国を目指す日本にとって、富裕者層のハイエンド市場を充実させることが必要不可欠。横浜港が先頭に立ってその役割を担っていきたい」と話している。







--------------------------------------------------------------------------------






(ご参考)
ロシアの大富豪アンドレイ・メルニチェンコ氏が所有するスーパーヨット「モーターヨットA」の関連動画です。















----------------------------------------------------------------------------






「モーターヨットA」は総工費270億円とも350億円ともいわれているそうですが、なんとアンドレイ・メルニチェンコ氏は「モーターヨットA」以上のスーパーヨット「セーリングヨットA」を建造したようです・・・。
まさに究極のお金持ちの世界ですね。






---------------------------------------------------------------------------






総工費500億円、全高世界一のスーパーヨットが試験航海へ



2017年2月9日 CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35096331.html





 自由の女神を上回る高さを持つスーパーヨットがこのほど、納入前の最後の試験航海に向けてドイツの港を出発した。この試験航海を終えた後、オーナーであるロシア人富豪に引き渡される。

ドイツの造船会社が製造したこのヨットの名は「セーリングヨットA」。全長は143メートルと世界で8番目の数字だが、船体にそびえ立つ3本のカーボン製マストは90メートルを超えており、世界一の高さを誇る。総工費は推定で4億5000万ドル(約505億円)だ。

広げた帆の面積を合計するとフットボールのグラウンドに相当するサイズになる。最高で時速38キロ程度のスピードが出せる。


甲板にはヘリパッドやプールを設置。また船体の下部にある展望スペースからはガラス越しに海中の様子を眺めることができる。

オーナーのアンドレイ・メルニチェンコ氏はロシアの富豪で、米経済誌フォーブスによるとその総資産は116億ドル。同氏は全長119メートルの「モーターヨットA」を所有していることでも知られる。





























-
[PR]
by funesuki | 2018-04-21 23:13 | 船の話題 | Trackback | Comments(0)

「柳原良平アートミュージアム」オープン







柳原良平さんの作品展示会場完成


2018年3月28日 NHK神奈川
http://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20180328/1050002194.html



ウイスキーメーカーのキャラクター、「アンクルトリス」をデザインした柳原良平さんの作品を常設で展示する会場が横浜市に完成しました。

イラストレーターの柳原良平さんは、昭和33年、ウイスキーメーカーのキャラクター、「アンクルトリス」を生み出し、活動の拠点だった横浜市の港などを題材にした多彩な作品を手がけました。
3年前、84歳で亡くなり、遺族から4800点を超える作品が横浜市に寄贈されたことから、横浜みなと博物館に作品を常設で展示する会場が完成しました。

会場には、およそ50点の作品が展示され、このうち「アンクルトリス」の切り絵のイラストは柳原さんがカミソリで紙を切って貼り付けた独特な手法で制作されています。
このほか横浜市の観光協会のポスターや、幼いころから好きだったという船を水彩画で手がけた作品などが展示されています。

横浜みなと博物館の志澤政勝館長は「柳原さんの思いがつまった作品を多くの方に見ていただき、横浜の魅力を感じてほしい」と話していました。















-
[PR]
by funesuki | 2018-03-28 21:03 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

飛鳥Ⅱとぱしびいの出港






横浜港で「飛鳥Ⅱ」と「ぱしふぃっくびいなす」を撮影してきました~。




e0158925_23152445.jpg


e0158925_23154112.jpg





ん?ぱしふぃっくびいなす船体に見慣れないマークが!?

e0158925_23163642.jpg



来年の就航20周年を記念したロゴマークのようです!

e0158925_23202922.jpg


イメージカラーの紫色をメインとしたロゴマークですね。
いいデザインです!

e0158925_23222938.jpg


e0158925_2323065.jpg




おっと!船体中央にも描かれていました!

e0158925_23233970.jpg




と、ぱしびいに夢中になっていたら・・・





飛鳥さん出港しました!!


e0158925_23243092.jpg


e0158925_232442100.jpg


e0158925_23245173.jpg


e0158925_23264156.jpg


e0158925_2334294.jpg


e0158925_23265357.jpg





と・・・飛鳥に夢中になっていたら・・・






「ぱしふぃっくびいなす」も出港しとるやないか~い!!
ああ忙しい(笑)


e0158925_23281468.jpg


e0158925_23282496.jpg


e0158925_23283379.jpg





最後はちょっと無理のある!?ツーショットでどや~!(笑)

e0158925_23291724.jpg


e0158925_23292437.jpg














-
[PR]
by funesuki | 2017-12-25 23:30 | クルーズ船 | Trackback | Comments(2)

PUNIPさんの個展






横浜で客船・フェリーの絵の展示会 11月5日から8日までイベント


2017年10月24日 WEBクルーズ
http://www.cruise-mag.com/news.php?obj=20171024_06



客船・フェリーのイラストなどを手掛ける「PUNIP cruises」さんが11月5日から8日まで横浜で展示即売会「船の絵ギャラリー2017秋YOKOHAMA」を開催する。新作のアクリル画や水彩画を中心に客船やフェリーを描いた約30点を展示。12枚の連作「大さん橋歴史絵図」も展示する。

会場はギャラリー・レーシー(横浜市中区山下町225横浜YWCA会館1F)。時間は5日が12時~18時、7日が11時~18時、8日が11時~17時。






----------------------------------------------------------------------------






ということで・・・
PUNIPさんから素敵なイラスト入りの個展の案内状を頂き、横浜に行ってきました!

e0158925_22225952.jpg




PUNIPさんオリジナルキャラクター「クルボン」がお出迎えです。

e0158925_2223143.jpg
e0158925_22232472.jpg


まずは連作「大さん橋歴史絵図」を拝見。
私は現在の大桟橋ターミナルからしか知らないので昔の大桟橋の様子に興味津々です。

e0158925_22242834.jpg



中には2020年のイメージも!
お?ディズニークルーズや噂の!?エコシップが着桟中ですな(笑)

e0158925_22244111.jpg




こちらは展示・販売コーナー。
様々なサイズの絵が展示されていました。

e0158925_22245745.jpg
e0158925_222572.jpg



クルーズ船だけではなく船の種類も様々です!

e0158925_22252615.jpg




出た!新造船!「さんふらわあ ふらの」
この絵はほんとしばらく見とれてしまいました・・・
じっと見いていると太平洋をゆっくり進んでいるように見えてきて・・・

e0158925_22255183.jpg


しかし残念ながら販売済みとなっておりました(笑)




これは「ふらの」に負けない話題の船!「ガンツウ」や~!
e0158925_22261164.jpg





なお今回、私が購入させてもらったのはこちら・・・



e0158925_22265168.jpg




夕日をバックに横浜沖を出港する自動車船「さやま丸」の絵です。
船のカッコよさもさることながら、夕日の表現が美しくて一目で気に入りました。

後日送っていただくとのことで到着が楽しみであります!




グッズも販売されておりました。

e0158925_22275031.jpg




私は初日に行ったのですが、自然と船好き仲間が集まっており、クルーズ船にフェリーにと
話が盛り上がり終了時間までお邪魔してしまいました(笑)

PUNIPさん、この日はありがとうございました!




なお個展は明日8日、17:00まで開催しているとのことです。
お近くの方はぜひ!













[PR]
by funesuki | 2017-11-07 22:35 | 船の絵・船の本 | Trackback | Comments(0)

天皇・皇后両陛下が郵船歴史博物館ご訪問








e0158925_19404931.jpg

日本郵船歴史博物館を見学される天皇、皇后両陛下=17日午後、横浜市中区(代表撮影)








両陛下、日本丸をご視察 「海の日」祝う船員らに拍手送られる 横浜港


2017年7月17日 産経新聞
http://www.sankei.com/life/news/170717/lif1707170018-n1.html



天皇、皇后両陛下は「海の日」の17日午前、横浜市を訪れ、横浜港で保存・展示されている帆船「日本丸」などを視察された。海からの高さが最大約45メートルのマストに登った船員らが「登しょう礼」を行い、「海の日おめでとう」と声を上げると、両陛下は笑顔で拍手を送られた。

船員とボランティア約100人が帆を張る様子を見た天皇陛下は「風が強い時は大変でしょう」と担当者に声をかけられた。帆を張り終えた甲板上の船員らから登舷礼を受けた両陛下はそろって一礼し、にこやかに手を振って応えられた。

両陛下は同じ敷地内にある横浜みなと博物館もご見学。皇太子時代の昭和59年に現在活躍中の2代目日本丸の進水式に出席しており、当時の写真を懐かしそうにご覧になった。

日本丸は船員養成のための練習帆船で、国の重要文化財に指定される見通し。午後には近くの日本郵船歴史博物館も視察された。






-----------------------------------------------------------------------------






「海の日」にちなみ 天皇皇后両陛下が横浜港を訪問


2017年7月18日 ANNNEWS
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000105590.html


 
天皇皇后両陛下は「海の日」にちなみ、17日に横浜港を訪問されました。

両陛下は午前、横浜市のみなとみらい地区に展示されている帆船「日本丸」をご覧になりました。帆を張るためにマストに上がった船員らが掛け声とともに敬礼すると、両陛下は拍手で応えられました。

午後は日本郵船の博物館を訪れ、明治以降の船の歴史が紹介された展示を視察されました。博物館には戦争で死亡した船員たちを慰霊するために作られた像も展示されていて、両陛下は像に向かって深く一礼されました。
陛下はおととし、戦時中に民間の船が軍に徴収されて多くの船員が犠牲となったことについて「痛ましく思う」と述べられていました。












-------------------------------------------------------------------------------






天皇皇后両陛下/日本郵船歴史博物館を訪問


2017年7月18日 LNEWS
http://lnews.jp/2017/07/j071814.html


日本郵船は7月18日、天皇皇后両陛下が7月17日の海の日に横浜市中区の日本郵船歴史博物館を訪問されたと発表した。

両陛下は日本郵船の工藤泰三会長と歴史博物館館長の阿部且の出迎えを受けた後、脇屋伯英館長代理の案内で館内を視察された。

近代日本海運業を興した岩崎彌太郎やインドのタタ商会と共同で開設したボンベイ航路、戦前の豪華客船に乗船した数々の著名人、戦禍での壊滅、唯一残った大型貨客船氷川丸から始まった復興から現在に至るまでの歴史の展示を熱心にご覧になり、船が唯一の輸送手段であった時代と異なり、旅客輸送がほとんど飛行機になったことに対する感想などを述べられた。

なお、殉職戦没社員冥福祈念像とは、太平洋戦争中に犠牲となった5312名の戦没社員を悼み、創立70周年に当たる1955年に建立。長崎市平和公園にある平和祈念像と同じ、北村西望(1884-1987)の作。




e0158925_19493814.jpg

殉職戦没社員冥福祈念像の説明をお聞きになる両陛下














-
[PR]
by funesuki | 2017-07-18 20:17 | 船の話題 | Trackback | Comments(0)

NHK「シャキーン!」に氷川丸






日本郵船ニュースリリース
http://www.nyk.com/news/2017/1188312_1521.html






7月17日(月・祝)海の日

NHK Eテレ(教育テレビ)に登場!

知的エンターテインメント番組「シャキーン!」の撮影に日本郵船氷川丸と当社社員が協力し、番組内のコーナー「ふりふりキャプテンめい」と「終わる瞬間」に登場します。海の日にちなんで、「シャキーン!」MCのめいちゃんが氷川丸を訪問! 海と船づくしのスペシャルな内容です。


放送予定日:2017年7月17日(月・祝)7:00~7:15

※7月21日(金)7:00~7:15 「ふりふりキャプテンめい」のみ再放送



番組ホームページ:http://www.nhk.or.jp/kids/program/shakiin.html












-
[PR]
by funesuki | 2017-07-14 21:45 | テレビ番組 | Trackback | Comments(0)

「マジェスティック・プリンセス」日本初入港






























最新鋭豪華客船、横浜に 米プリンセス・クルーズが公開


2017年7月3日 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HMB_T00C17A7000000/


米プリンセス・クルーズの最新鋭豪華客船「マジェスティック・プリンセス」が3日、横浜港に入港し、報道陣に公開された。同船は3月に竣工したばかりで、日本への寄港は初めて。乗客定員3560人、最大60平方メートルの広さを誇るスイートルームや最新技術を使ったシアターなどを備え、同社として最大級のクルーズ船だ。上海を母港に世界中にクルーズを展開する予定としている。

1780室を数える客室のうちスイートルームが36室。ミニスイート(374室)など海側客室のおよそ8割にバルコニーを備える。有名ブランドの免税店は約1100平方メートルを占める。屋内と屋外にそれぞれプールが設置されている。

ミシュラン三つ星を獲得したシェフが監修したフランス料理や、中華料理、ステーキなどを楽しめるレストラン、バーは20ある。船体から8.5メートル外に飛び出た通路は床がガラス張りになっており、足元約40メートル下に海面を望める。最新の演出技術を使える大型のシアターも特徴的だ。

マジェスティック・プリンセスはイタリアの造船所が建造した。全長330メートル、全幅38.4メートル、総トン数は14万3000トン。クルーズ需要の旺盛な中国市場を重視しており、船内には英語だけでなく中国語の案内も表示。マージャンを楽しめるスペースもある。上海を母港にクルーズを展開するが、年明け以降、日本にも寄港する予定だという。

日本ではクルーズ船の寄港が近年増加傾向にある。マジェスティック・プリンセスほどの大型船が停泊できる港は国内では横浜などに限られるが、プリンセス・クルーズは他の船も含め日本への寄港回数を増やしアジア人客の観光需要を取り込む考えだ。














-
[PR]
by funesuki | 2017-07-04 20:40 | クルーズ船 | Trackback | Comments(0)

19年度にも全面供用 南本牧MC-4







19年度にも全面供用 南本牧ふ頭高規格ターミナル


2017年2月27日 神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/234105



横浜港、邦船3社の合弁誘致へ

世界最大級のコンテナ船にも対応できる横浜港・南本牧ふ頭(横浜市中区)で建設が進む国内最大級の高規格ターミナルが早ければ2019年度にも、全面供用されることが24日までに分かった。ターミナル運営会社は、コンテナ船事業を統合する日本の海運3社が設立する合弁会社の新たな拠点として誘致を進め、東京港との差別化を図る方針を打ち出した。

同ふ頭で四つ目のコンテナターミナルとして建設が進む「MC-4」は国内最大の水深18メートルで、岸壁延長は500メートル。15年に供用を始め、日本郵船が拠点としている同規模のMC-3と連続している。水深16メートルのMC-1、2と合わせてふ頭全体で効率的な運用が可能になる。

国土交通省と横浜市が13年度に着工し、当初は18年度の完成・供用を目指していたが、当初計画から岸壁を100メートル延長したことから、完成が遅れていた。海運業界の世界的な再編が加速する中、19年度の供用を目指して調整を進めることにした。

この動きと連携して、南本牧ふ頭のターミナルを運営する横浜川崎国際港湾(横浜市西区)は国の補助制度を活用し、コンテナ船事業を統合する日本郵船、商船三井、川崎汽船の邦船3社が18年4月からサービスを始める新たな合弁会社に対し、東京港から南本牧ふ頭に拠点の誘致を働き掛けていく。

諸岡正道社長は神奈川新聞社の取材に対し、「横浜港の邦船3社の拠点は南本牧、本牧、大黒と三つのふ頭に分かれている。コンテナ船事業が統合されて一つの会社となれば集約することが合理的だし自然。ぜひ南本牧に集約していただきたい」と語った。

その上で「世界的にコンテナ船が大型化する動きがあるが、3社が長く使っている東京港・大井コンテナテーミナルの水深では大型船が入らない。(MC-4の完成は)邦船にとって二度とないチャンス。将来的には横浜港に移っていただきたい」と誘致に意欲を示した。







-------------------------------------------------------------------------------------







(参考動画)
南本牧MC-3に入港する当時世界最大のコンテナ船「マースタル・マースク」です。(2014年)















-
[PR]
by funesuki | 2017-02-27 22:06 | コンテナ船 | Trackback | Comments(0)

LNG燃料タグボート「魁」




LNGバンカリング効率化へ横浜港の利用形態見直し


2016年11月7日 Logistics Today
http://www.logi-today.com/263322



国土交通省は7日、横浜市が横浜港の港湾施設の利用形態を見直し、同日からLNGバンカリングの効率化を図ることになったと発表した。

市が利用形態を見直すのは、国交省の横浜港LNGバンカリング拠点整備方策検討会の議論を踏まえたもので、1回のLNGバンカリングに必要な準備作業時間が半減するほか、作業人員の3割削減や安全性の向上が見込まれるという。

横浜港でのLNGバンカリングは2015年8月に運航を開始したLNG燃料タグボート「魁」に対する燃料供給でスタート。これまでは車道に停車したLNGタンクローリーと船体の間に20メートルのフレキシブルホースをその都度設置・撤去して行われてきたが、改善後は船舶とLNGタンクローリーを近接させ、リスクの低減と唖然性の向上を図る。

国交省では、横浜港をモデルケースとしたLNGバンカリング拠点の整備に関する検討会を6月に設置し、年内をメドにとりまとめを行うことにしている。






---------------------------------------------------------------------------------





2016年11月7日 
国土交通省 報道発表資料

横浜港におけるLNGバンカリングの機能強化を実現
~船舶とタンクローリーを近接させLNGバンカリング作業を効率化~

https://www.mlit.go.jp/report/press/port02_hh_000114.html






-------------------------------------------------------------------------------







LNGバンカリングで港湾に競争力


2016年10月26日 化学工業日報
http://www.kagakukogyonippo.com/headline/2016/10/26-26851.html


船舶向けに液化天然ガス(LNG)燃料を供給する「LNGバンカリング拠点」を、国際コンテナ戦略港湾である横浜港に整備しようという動きが進んでいる。船舶排ガスに対する国際的な規制が強化され、クリーンなLNG燃料船の増大が見込まれることに対応したものだ。国土交通省は6月に検討会を立ち上げ、技術的な課題などの洗い出しに掛かった。2020年の整備を目指し、年内をめどに具体的な方策をまとめる。実現すれば、わが国港湾の競争力向上につながり、コンテナ船の寄港増も期待される。

船舶の燃料は、20世紀初頭から主に重油が使われてきた。しかし国際的に排出ガス規制の強化が進んでいる。例えば国際海事機関(IMO)は、08年に燃料油中の硫黄分濃度を段階的に削減する規制を導入した。一般海域における硫黄分濃度は現在3・5%以下とされているが、早ければ20年からは0・5%以下に強化される。

その対応策の一つがLNG燃料船だ。すでに北米・北欧で導入が始まっており、年内にLNG燃料に対応したコンテナ船、クルーズ船などは100隻規模に達するとみられている。将来的には、アジア地域でも規制の強化にともなってLNG燃料船が増大する見通し。

日本では昨年、横浜港においてLNG燃料船(タグボート)が国内で初めて導入された。さらなる普及には国内港湾にLNGバンカリング拠点を形成し、その機能を高めていく必要がある。今年6月には国土交通省が横浜港をモデルケースとしてLNGバンカリング拠点の整備に関する検討会を立ち上げ、毎月1回のペースで会合を開催している。関係行政機関および東京ガス、日本郵船、港湾運営を手掛ける横浜川崎国際港湾など関係民間事業者が参画する。

多国間を結んだLNGバンカリング拠点のネットワークを構築することも重要となる。9月28日に行われた日・シンガポール首脳会談においても、同拠点整備に向けて両国が協力を推進することで合意した。

LNGバンカリング促進は、5月にG7エネルギー大臣会合において経済産業省が発表した「LNG市場戦略」にも盛り込まれた。日本は世界最大のLNG輸入国。横浜港周辺にはLNG基地が多く立地し、バンカリング拠点として条件は最適。世界最大規模のLNG運搬船隊の運航や、世界に先駆けたLNG燃料供給船・LNG燃料船の運航を通じ、海事クラスターとして技術力・知見の蓄積が見込める。今後の国際スタンダードづくりをリードできるポテンシャルも十分あるだろう。







------------------------------------------------------------------------------







記事内にあるウィングマリタイムサービスのLNG燃料タグボート「魁」(さきがけ)を横浜港で撮影した画像です!




タグボート「魁」概要

全長: 37.20m
全幅: 10.20m
型深さ: 4.40m
総トン数: 272 トン
馬力:3,236 KW(4,400 馬力)
主機: NIIGATA 6L28AHX-DF × 2
船主: 日本郵船株式会社
船級: 一般財団法人日本海事協会




e0158925_22512887.jpg
e0158925_22514175.jpg




同じウィングマリタイムサービス所属のハイブリッド推進システム搭載タグ「翼」と夢の!?2ショット!

e0158925_225820100.jpg
e0158925_22584238.jpg
e0158925_2333677.jpg




e0158925_22374241.jpg
e0158925_22374983.jpg
e0158925_2238221.jpg
e0158925_22381621.jpg
e0158925_22402051.jpg
e0158925_22403364.jpg
e0158925_22404114.jpg
e0158925_22405058.jpg
e0158925_22405844.jpg







(参考動画)
建造した京浜ドック作成による「魁」PVです。














-
[PR]
by funesuki | 2016-11-08 22:47 | タグボート | Trackback | Comments(0)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

海上保安庁 6年ぶりに観閲式 
at 2018-05-20 22:53
両備フェリー、新造船建造へ
at 2018-05-18 21:58
祝!新「さんふらわあさつま」就航
at 2018-05-16 22:16
新「さんふらわあさつま」大阪..
at 2018-05-13 23:50
新「さんふらわあさつま」大阪..
at 2018-05-09 21:46
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-05-03 09:45
川崎近海「シルバーティアラ」..
at 2018-04-26 23:28
新「さんふらわあ さつま」内覧会
at 2018-04-24 22:21
驚愕の豪華ヨットが横浜入港
at 2018-04-21 23:13
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-04-18 00:05
「さんふらわあWebマガジン..
at 2018-04-17 23:05
STU48劇場はフェリー「み..
at 2018-04-15 00:07
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-04-11 21:51
カンブリア宮殿に郵船クルーズ..
at 2018-04-08 22:08
尾道~瀬戸田「サイクルシップ..
at 2018-04-08 22:00
コンテナ船新会社「ONE」事..
at 2018-04-02 22:30
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-03-31 21:54
センコー、センコー汽船設立
at 2018-03-31 21:10
「柳原良平アートミュージアム..
at 2018-03-28 21:03
旧日本郵船 小樽支店&小樽総..
at 2018-03-25 21:07

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(597)
(152)
(143)
(138)
(122)
(109)
(93)
(89)
(85)
(85)
(79)
(75)
(74)
(65)
(58)
(55)
(55)
(48)
(47)
(47)

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 21:42
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 21:58
SPECTRUMさん、コ..
by すぐる at 00:26
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:23
来阪、お疲れ様でした。 ..
by SPECTRUM at 05:35
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 20:18
funesukiさん、こ..
by すぐる at 22:05
くおん氏、応答せよ! ..
by すぐる at 22:04
こんばんは。いつも楽しく..
by funesuki at 21:46
スネーク、応答せよ! ..
by くおん at 17:17

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧