タグ:苫小牧港 ( 21 ) タグの人気記事

新「さんふらわあ ふらの」乗船記その13







新「さんふらわあ ふらの」乗船記その13!
いよいよ(いや、ようやく!か?)感動の最終回です!



船は着岸体勢に入ります!


e0158925_2333668.jpg



船首側では「入船公園」が見えます。
フェリーを撮影するには最高の場所ですね~。

e0158925_237877.jpg


e0158925_23152216.jpg


船旅のクライマックスにお客さんも興味しんしん!
e0158925_2383483.jpg


こんな環境の中、ブリッジから操船する船長さん・・・すごいプレッシャーだ~(笑)
e0158925_2395888.jpg



なおブリッジの手前側は上級船室の専用バルコニーが並びますが・・・
海が真下に見えないバルコニーというのはちょっと物足りないでしょうね・・・。
e0158925_23123524.jpg




ここで他港では見かけない乗り物が登場!
なんか空港に来たみたいな気分!?

e0158925_23135922.jpg


このように使います(笑)
e0158925_23144717.jpg


「ふらの」から「きたかみ」を望む!
e0158925_23155976.jpg



と、早く下船準備しなくては~!
もう船内のお客さんは下船準備完了のようです。

e0158925_23172714.jpg




しかし私は・・・


あ、今ならここが撮影出来るかも!?

と、向かった先はこちら(笑)





e0158925_23181287.jpg


すでにバッチリお湯が抜かれておりました(笑)

e0158925_23185642.jpg
e0158925_23192997.jpg



自衛隊のみなさまと下船となりました。
太平洋フェリーもですが、よく移動で長距離フェリーを利用されていますね。
結構フェリー会社にとってはお得意さんかも!?

e0158925_23232277.jpg




あらら!港にはなんとも可愛いクレーン車が(笑)

e0158925_2324681.jpg




いつもながら下船後に撮影する本船には感極まります。。。

ありがとう~!「さんふらわあふらの」さん!

e0158925_23254558.jpg



ターミナル内の航路案内。
苫小牧フェリーターミナルの賑やかさがよくわかりますね。

e0158925_23262496.jpg



そして最後は商船三井フェリーのターミナル受付を・・・

e0158925_2327022.jpg



ぐお~!なんやこれ~!!
このカウンター素敵すぎます!他社さんもぜひパクってほしいなぁ~(笑)

e0158925_23282061.jpg






ということで昨年10月から始めた乗船記もようやく終了です!

この間、様々なトラブルに見舞われた商船三井フェリーですが・・・
「ふらの」が2月9日に復帰したのに続き「さっぽろ」も2月20日の大洗発で運行再開となった模様です!

新造船2隻のトラブルでまさかの夕方便全面運休となり、新造船によるスタートは苦難の連続となりましたが、ここから大いに盛り返していってほしいです!

船内写真を見ていただいておわかりのとおり、旧船より大幅にグレードアップしたフェリーになりました。
まだ1回しか乗船していませんが太平洋フェリーもうかうかしていられない!?オススメのフェリーですよ~。



(ご参考)
1~3月の運航スケジュール
https://www.sunflower.co.jp/route/facilities/timetable/pdf/timetable_02.pdf






しかしたった2日間の乗船記をこんなに長く(5ヶ月!ワールドクルーズかいw)するとは我ながら感心したりして!?(笑)

記事にアップした写真は300枚以上になったと思います!(撮影枚数はもちろんその倍以上なのですが。。。)

皆様長い間おつきあいありがとうございました~!



e0158925_2337548.jpg















[PR]
by funesuki | 2018-02-25 22:11 | フェリー | Trackback | Comments(6)

新「さんふらわあ ふらの」乗船記その12






新「さんふらわあ ふらの」乗船記その12です!





苫小牧港へ入港です!

e0158925_21534994.jpg




この苫小牧港は日本初の掘込港湾として開発された人工の港とのことです。
今では陸地を掘ったとは思えないくらい立派な港になりましたね~。

e0158925_21582723.jpg




さて、ここからは苫小牧に入港している船の大撮影会!?の始まりです~!




まずは・・・
長距離フェリー最大のライバル!RORO船もたくさん着岸中でした。




栗林商運「神加丸」(16,726総トン・174.95m)

e0158925_21595169.jpg

苫小牧~釧路~仙台~東京~大阪を航行するRORO船です。
いやぁ~、この航路いいっすね~!
東京~大阪間だけでもいいいから乗せてくれたら最高なのですが(笑)







お次は・・・
近海郵船「ほくと」(11,193総トン・179.9m)

e0158925_22951.jpg

こちらは苫小牧~敦賀に就航しています。
新日本海フェリーのライバルになりますかね~。





そしてお次は・・・
フジトランスコーポレーション「あつた丸」(16,053総トン・167m)

e0158925_22201626.jpg

本船は苫小牧~仙台~名古屋航路に就航・・・て、太平洋フェリーでおなじみの航路ですね(笑)
やっぱりRORO船はフェリーのライバルっすね~。





フェリーターミナルの対岸は出光興産北海道製油所です。

e0158925_223327100.jpg




旭タンカー「第十八東丸」(3,595総トン)

e0158925_22383788.jpg


「第十八東丸」の船内は内航.comさんで詳しく紹介されています。
http://naikou00.blog70.fc2.com/blog-entry-1610.html



なお「第十八東丸」の後ろ側は・・・内航タンカー船たちの見事な縦列駐車状態!?を見ることができました!

この光景は内航船船長さんの見事な操船技術がわかる光景でもありますね~。

e0158925_22411576.jpg





そしてフェリーターミナルに近づき見えてきたのは・・・

e0158925_22115224.jpg





太平洋フェリー「きたかみ」(13,818総トン・192.5m)です!

e0158925_22272061.jpg



もはや風格と気品漂うフェリーとなってきましたね!
e0158925_22412650.jpg


e0158925_22422598.jpg


なんともクラシカルなデザインがたまりません(笑)
失礼ながら少なくともこの「ふらの」よりはカッコいい気が。。。
e0158925_22553259.jpg


e0158925_22482811.jpg


e0158925_22492422.jpg


きたかみ船首からターミナルを望む。
e0158925_225615100.jpg


e0158925_22571064.jpg


しかしこの「きたかみ」・・・残念ながら引退が近づきつつありますね。。。
新造船が就航するのは楽しみですが引退前にもう一度乗船したいものです。

なお過去の「きたかみ」乗船記はこちらで・・・
http://funegasuki.exblog.jp/19894106/

e0158925_22591455.jpg





て、あらら??
まるで「太平洋フェリー」の記事になってしまいましたね(笑)

次回いよいよ(いや、ようやくか!?)乗船記最終回です!!











-
[PR]
by funesuki | 2018-02-19 23:07 | フェリー | Trackback | Comments(2)

新「さんふらわあ ふらの」乗船記その11







新「さんふらわあ ふらの」乗船記その11です!



船は北海道に向け順調に航海中~♪


e0158925_224799.jpg
e0158925_2241925.jpg



そろそろお昼の時間・・・レストランに向かいましょう。

e0158925_228246.jpg
e0158925_2284689.jpg



昼食バイキングは800円なり~。券売機で食券を購入します。

e0158925_229352.jpg


e0158925_2294576.jpg


カレーが中心のバイキングです。

e0158925_22122847.jpg
e0158925_22101077.jpg
e0158925_22124189.jpg


あ、中華丼もありました(笑)
e0158925_22151435.jpg



e0158925_1111738.jpg


窓際の席は数も少ないこともあって競争率高しです!

e0158925_2216567.jpg



やっぱり船に乗ったら海を眺めながら食事したいもんですもんね~。
て、結局私は窓際席に座れませんでしたが(笑)

e0158925_22175068.jpg




昼食を済ませば入港があっという間に近づいてきます・・・。
寂しいなぁ~(笑)


デッキは天気が良いこともあって、たくさんの人が海をのんびりと眺めていました。

e0158925_22223698.jpg
e0158925_22241558.jpg
e0158925_22242681.jpg


e0158925_22244692.jpg



「ザ・直角的」なデザインのファンネル。
というかあまり「デザイン」という概念がなさそうな!?ファンネルです(笑)
e0158925_22253658.jpg


デカイっす!
e0158925_22264527.jpg




e0158925_22271471.jpg


いよいよ北海道が見えた~!

e0158925_22274844.jpg



シーバースには残念ながら大好物のVLCCはいませんでした・・・
少しだけ期待してたのでトホホです(笑)

e0158925_22504323.jpg




苫小牧市の町並み。
バックの雄大な山々が綺麗ですね~。

e0158925_22472435.jpg


e0158925_2248995.jpg



苫小牧港へ入港です!

e0158925_22282572.jpg






フェリーターミナルでは先に仙台から入港したあの船と久しぶりに再会・・・

つづきます!












-
[PR]
by funesuki | 2018-02-12 22:33 | フェリー | Trackback | Comments(2)

新千歳欠航時はフェリー利用を







新千歳欠航時はフェリーを 苫小牧就航の4社、降雪に強いとPR



2017年2月25日 北海道新聞
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0372446.html



商船三井フェリー(東京)や太平洋フェリー(名古屋)など苫小牧港に就航するフェリー4社が、航空機の代替手段としての利用促進に本腰を入れ始めた。昨年12月の記録的な大雪で新千歳空港の滑走路が閉鎖され混乱を来したことから、空港から近い立地や比較的雪に強い利点をアピール。各社は「飛行機が荒天で欠航してもフェリーが欠航するとは限らない。代替手段としての知名度を高めたい」と意気込んでいる。

昨年12月22日からの大雪では、新千歳発着の航空便の多くが欠航し、JRやバスに観光客らが殺到するなど大混乱に陥った。一方、フェリーは風が強くなかったことから通常通り運航したが、空路から海路に替えた人は少なく、定員にかなりの余裕があったという。

こうした状況を受けて、フェリー4社とフェリーターミナル運営の苫小牧港開発(苫小牧)などでつくる苫小牧港フェリー利用促進連絡会は「代替手段としての利便性が知られれば、もっと利用が増える」として、新千歳からタクシーで約30~40分という立地や運航ダイヤをPRするチラシを作製。25日から新千歳空港内で希望者向けに配布する。新千歳のターミナルビルを運営する北海道空港も「代替交通の選択肢が増えれば、利便性の向上につながる」と歓迎する。











-
[PR]
by funesuki | 2017-02-26 21:07 | フェリー | Trackback | Comments(0)

陸自北部方面施設支援隊、太平洋フェリーで被災地へ





被災者支援活動が本格化 苫小牧でも活発な動き


2016年4月18日 苫小牧民報
http://www.tomamin.co.jp/20160437538




熊本県で最大震度7を観測するなど、地震で甚大な被害に遭った人々を支援する動きが苫小牧市内でも広がり始めた。商業施設や高校の生徒会などは義援金を募る取り組みを開始。市内の医師や看護師らは災害派遣医療チームに加わって被災地へ赴き、炊き出し用食材を集める市民も現れた。

17日には苫小牧西港フェリーターミナルから、自衛隊の災害派遣部隊が現地に向けて出発するなど、被災者を支える活動が活発化してきている。





■陸自支援隊が苫小牧港から現地へ

被災者支援のため、陸上自衛隊南恵庭駐屯地(恵庭市)の隊員を中心とする北部方面施設支援隊の第1陣が17日夜、苫小牧港・西港からフェリーで出発した。

第1陣は隊員40人。機材を積んだ「災害派遣隊」の車両15台を名古屋行き太平洋フェリー「いしかり」に載せ、出港した。隊員らは名古屋港から陸路で熊本県に向う。支援隊は総勢約460人の隊員を順次派遣し、現地では倒壊した家屋の処理や土砂の撤去などに当たる予定。

同日午後5時50分ごろ、西港フェリーターミナルから隊員らが次々とフェリーに乗船。熊本県に戻るため、同じフェリーを利用する旅行者らから「お世話になります」との感謝の言葉も贈られた。
支援隊の鵜居(うい)正行隊長(51)は「1分1秒でも早く現地に到着し、現場のニーズに応えられるように精いっぱい活動したい」と決意を述べた。

自衛隊の被災地支援では、東千歳駐屯地(千歳市)の隊員約390人も同日、小樽港からフェリーで現地へ向かった。








-----------------------------------------------------------------------------------







(関連動画)

2011年6月・名古屋港で撮影した動画です。
















-
[PR]
by funesuki | 2016-04-18 21:05 | フェリー | Trackback | Comments(0)

トラック野郎「一番星号」




フェリーにとってトラックはなくなてはならない存在・・・

そして、当サイトをご覧の皆様もフェリー好きが多いので・・・


トラックも好きに違いない!?





ということで、まずはこちらの動画をご覧ください!




-----------------------------------------------------------------------------------





電飾を施したアートトラック(通称デコトラ)の愛好者グループ「北海道はまなす会」に­よるイベントが7月26日、苫小牧漁港区で開かれた。映画「トラック野郎」で主演の故­菅原文太さんが乗った大型トラック「一番星号」も登場した。一番星号は東映が1975­年、室蘭にあったトラックを購入し撮影に使用した。道内を走るのは釧路や網走が舞台と­なった3作目のロケ以来で39年ぶり。














---------------------------------------------------------------------------------






上記動画に出てくる「一番星号」を横浜で開催された自動車イベントで撮影してきました!





e0158925_22544972.jpg
e0158925_2255641.jpg
e0158925_22552173.jpg
e0158925_22554622.jpg
e0158925_23235534.jpg




e0158925_2332255.jpg
e0158925_2258631.jpg
e0158925_22581314.jpg



おぉ~!
「星桃次郎」の文字に興奮(笑)

e0158925_22585635.jpg



「280ps V8」
e0158925_231248.jpg



e0158925_2312954.jpg
e0158925_2313591.jpg



e0158925_235213.jpg
e0158925_2354968.jpg
e0158925_2355556.jpg




一番星号の隣には「やもめのジョナサン号」が!
e0158925_2319501.jpg



最後は2ショットで!
e0158925_23212469.jpg








(参考動画)

映画「トラック野郎」シリーズといえばこの曲ですね!















[PR]
by funesuki | 2016-03-21 22:55 | フェリー | Trackback | Comments(2)

フェリーがホテル代わりに?






ホテルの代わりにフェリーでおやすみを ツアー組み込み推進へ



2016年3月6日 北海道新聞
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/economy/economy/1-0242956.html



フェリーをホテル不足の救世主に―。北海道運輸局は、外国人観光客の急増に伴う道内のホテル不足を少しでも解消しようと、道内と本州を結ぶ長距離フェリーを「移動できる宿泊施設」に位置づけ、旅行会社のツアーなどに組み込んでもらう取り組みを始める。多くのフェリーが個室やレストランなどホテル並みの設備を持つのに加え、夜行の多いフェリーなら就寝中に移動できるため。宿不足に悩む外国人客らの利用が期待されそうだ。

道内と本州を結ぶ長距離フェリー(300キロ以上)は、苫小牧―大洗(茨城県)、仙台、秋田の各航路や小樽―新潟航路などがある。いずれも所要時間は10~19時間程度で、出発日の翌日午前~午後に到着するパターンがほとんどだ。

こうしたフェリーはいずれも貨物の利用は堅調だが、旅客の乗船率は平均2、3割程度にとどまるという。「(所要時間が)長い」「揺れて快適じゃない」など昔からのイメージを払拭(ふっしょく)できていないためだ。

一方、道内では近年、外国人客の急増で「春節」(中華圏の旧正月)などの繁忙期にホテルが確保しづらくなっており、「旅行会社や個人客が北海道観光を諦めるケースもある」(旅行業界関係者)という。これに対し、寝ている間に移動できるフェリーをうまく使えば、「移動時間を無駄にせず、宿泊施設の心配も解消できる」(運輸局)。現状では旅程に長距離フェリーを組み込んだ外国人向けツアーは少なく、開拓の余地が大きいのが実情だ。

特に首都圏から北海道を回る外国人客らにとっては、いずれの地も宿泊施設が不足気味のため、長距離フェリーを使えば1泊分を心配せずに済む利点がある。

また、商船三井フェリー(東京)が2017年中に苫小牧―大洗航路への新造船の投入を計画するなど、近年はフェリー会社が設備投資に力を入れていることも大きい。レストランやラウンジを備えた船も増え、快適に過ごせる点でホテルに引けを取らない状況になりつつある。

ただ、フェリーターミナルへのアクセスの悪さや外国語への対応などフェリーの活用にも課題は残る。こうした課題を洗い出し、船内設備などについて情報共有を図ろうと、11日には運輸局の呼びかけでフェリー会社、外国人向けツアーを扱う旅行会社が集まる初の検討会議が開かれる。(経済部 佐藤木郎)
[PR]
by funesuki | 2016-03-06 22:05 | フェリー | Trackback | Comments(0)

フェリーでコスプレ!




e0158925_059326.png




苫小牧市観光情報HP
とまこまいコスプレフェスタ
http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kankojoho/event/tomakomaicosplay.html


第2幕とまこまいコスプレフェスタ
11月1日(土)~2日(日)開催決定!!  



とまこまいコスプレフェスタの概要が徐々に明らかに!
11月1日~2日に開催される第2幕とまコスの撮影会場、またイベント協賛会場が次々と決まってきました。

撮影会場は前回に負けず劣らずのラインナップとなっており、それに伴うイベントや、殺到必死の人数制限を設けた特別撮影所が設けられる予定です。

また、今回はコスプレイヤーだけでなく、一般の方々も楽しめるような協賛イベントも盛りだくさん。
街中商店街、メガ・ドン・キホーテ、イオン(ディノス,タワーレコード他)、錦街飲食店街でも、コスプレフェスタにあわせた一般の方も楽しめるイベント企画が目白押しと聞いております。

今後続々と詳細が明らかになっていきますので、随時とまこまいコスプレフェスタHP http://ameblo.jp/tomakomai-cos-fes/  
を確認ください。


【撮影会場情報】
西港フェリーターミナル

安心ください!今年も撮影できますよ!停泊時間に限りがあるため、前回同様に人数・時間制限を設けますが、今年は2隻との情報も!?現在交渉中。

前回の話題の中心となったフェリー船内撮影はとまコスならでは!





------------------------------------------------------------------------------




とまこまいコスプレフェスタHP

ロケーション公開⑨「太平洋フェリーいしかり」

http://ameblo.jp/tomakomai-cos-fes/entry-11934057163.html?frm_src=thumb_module


e0158925_0592052.jpg




ロケーション公開⑩「商船三井フェリーふらの」

http://ameblo.jp/tomakomai-cos-fes/entry-11938149226.html





-----------------------------------------------------------------------





商船三井フェリーHP
【観光情報】第2幕とまこまいコスプレフェスタ

http://www.sunflower.co.jp/ferry/information/log/20141021.html
[PR]
by funesuki | 2014-10-22 00:40 | フェリー | Trackback | Comments(2)

吉田拓郎のフェリーの!?歌




落陽 売り上げに一役? フェリーターミナルでサイコロひそかに人気


2014年5月31 苫小牧民報
http://www.tomamin.co.jp/20140513235



「しぼったばかりの夕陽の赤が…」―。岡本おさみさんが詞を書き、吉田拓郎さんが作曲し1970年代に誕生した名曲「落陽」。題材となったのは苫小牧の「サイコロ好き」のじいさんと、苫小牧発仙台行きフェリー。
この曲にちなみ、苫小牧西港フェリーターミナル(市内入船町1)の売店「おみやげのメモリア」で、販売している「サイコロ」がひそかに人気を集めている。

1~1.3センチの2種類で、値段も1個50円とお手頃。トラック運転手や小さな子供まで幅広く支持を得ている。

「落陽」は、今も全国各地のコンサートで歌い継がれる拓郎さんの代表曲の一つ。「女や酒よりサイコロ好き」のじいさんとの出会い、岡本さんがフェリーで苫小牧を離れる際、じいさんから「みやげにもらったサイコロふたつ」が詞に登場する。

岡本さんが約40年前、苫小牧を訪れた当時の実話に基づいて作られたエピソードが昨年、新聞記事で紹介されて以来、レジカウンター前で販売するようになり、地味ながらも長期間にわたって売れているという。

店の従業員は「年配の方は2、3個まとめて買ったり、お子さんも1、2個で買っていきます」と話している。







e0158925_125376.jpgフェリーターミナルの売店でひそかに人気のサイコロ(苫小牧民報より)














---------------------------------------------------------------------------





(参考動画)

吉田拓郎さんの「落陽」です!







落陽

作詞:岡本おさみ
作曲:吉田拓郎

しぼったばかりの夕陽の赤が 水平線からもれている
苫小牧発・仙台行きフェリー
あのじいさんときたら わざわざ見送ってくれたよ
おまけにテープをひろってね 女の子みたいにさ
みやげにもらったサイコロふたつ 手の中でふれば
また振り出しに戻る旅に 陽が沈んでゆく

女や酒よりサイコロ好きで すってんてんのあのじいさん
あんたこそが正直ものさ
この国ときたら 賭けるものなどないさ
だからこうして漂うだけ
みやげにもらったサイコロふたつ 手の中でふれば
また振り出しに戻る旅に 陽が沈んでゆく

サイコロころがしあり金なくし フーテン暮らしのあのじいさん
どこかで会おう 生きていてくれ
ろくでなしの男たち 身を持ちくずしちまった
男の話を聞かせてよ サイコロころがして
みやげにもらったサイコロふたつ 手の中でふれば
また振り出しに戻る旅に 陽が沈んでゆく
[PR]
by funesuki | 2014-06-03 23:21 | フェリー | Trackback | Comments(0)

「いしかり」の萌えキャラが誕生!?




イメージキャラ「まいとマコ」始動
「とまチョップ」守る女子高生・・・なんだそう


2014年2月19日 北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/522204.html

【苫小牧】「とまこまいコスプレフェスタ」(実行委主催)のイメージキャラクターとして、「まいとマコ」がデビューした。既にポスターやツイッターで情報発信するなどして活躍し、イベント開催目前の苫小牧を盛り上げている。

実行委によると、2人は普段はウトナイ女子高校に通う学生という。帽子のハスカップのブローチと
苫小牧港を発着するフェリー「いしかり」をイメージした制服がトレードマークだ。

しかし、真の姿は、苫小牧の愛と平和を守る苫小牧市の公式キャラクター「とまチョップ」を守るのが役目。人間には見えない6次元の世界から苫小牧を狙う悪の組織「ブラックとまチョップ」と戦うという。

実行委の堀口哲行事務局長は「苫小牧で、まいとマコを探すと、会えるかもしれませんよ」と話す。(石川仁美)






「とまこまいコスプレフェスタ」
http://tomakomai-cos-fes.com/


e0158925_01399.jpg





--------------------------------------------------------------------




(追記)
なんと23日昼はコスプレ撮影地として太平洋フェリー「いしかり」船内が開放されたようです!





イメージ撮影『太平洋フェリーいしかり』
http://ameblo.jp/tomakomai-cos-fes/entry-11772063469.html

e0158925_0523824.jpg
e0158925_053259.jpg

e0158925_0532060.jpg

[PR]
by funesuki | 2014-02-20 00:08 | フェリー | Trackback | Comments(11)


船の画像ブログです! @すぐる 「船が好き」で検索して下さい!


by funesuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

驚愕の豪華ヨットが横浜入港
at 2018-04-21 23:13
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-04-18 00:05
「さんふらわあWebマガジン..
at 2018-04-17 23:05
STU48劇場はフェリー「み..
at 2018-04-15 00:07
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-04-11 21:51
カンブリア宮殿に郵船クルーズ..
at 2018-04-08 22:08
尾道~瀬戸田「サイクルシップ..
at 2018-04-08 22:00
コンテナ船新会社「ONE」事..
at 2018-04-02 22:30
新日本海フェリー「らべんだあ..
at 2018-03-31 21:54
センコー、センコー汽船設立
at 2018-03-31 21:10
「柳原良平アートミュージアム..
at 2018-03-28 21:03
旧日本郵船 小樽支店&小樽総..
at 2018-03-25 21:07
クルーズ船が真っ二つに!
at 2018-03-24 21:45
阪神タイガース、フェリーで移動
at 2018-03-24 09:28
宮古―室蘭フェリー就航まで3カ月
at 2018-03-22 22:48
クルーズVB ベストワンが上..
at 2018-03-22 22:34
名門大洋フェリー続報
at 2018-03-21 22:08
明石海峡でフェリーが立ち往生
at 2018-03-18 23:21
燃料タンクに水注入、堺市消防局
at 2018-03-18 23:18
商船三井、次世代型自動車船竣工
at 2018-03-15 23:39

カテゴリ

全体
フェリー
クルーズ船
コンテナ船
VLCC
LNG船
RORO船
LPG船
自動車専用船
バルカー
内航船
タグボート
その他タンカー
エスコート船
海上保安庁
海上自衛隊
アメリカ海軍
造船所
貨客船
ジェットフォイル
クレーン船
船の博物館
船の絵・船の本
船のカレンダー
船の模型・おもちゃ
船の話題
クルマ
その他乗り物
テレビ番組
フェリー遺産

記事ランキング

タグ

(590)
(152)
(143)
(137)
(122)
(108)
(93)
(87)
(85)
(85)
(79)
(75)
(74)
(65)
(58)
(55)
(51)
(48)
(47)
(47)

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入り

*
南海フェリーfacebook

*
Advectionfog
げんかいさんのHP。
*
航海作家カナマルトモヨシの船旅人生
カナマルトモヨシさんブログ
*
PUNIP CRUISES
PUNIPさんのブログ。
*
内航.com
現役の内航船員さんが開設されてるブログ。
*
船好き!フェリー好き!船旅好き!の開業社労士バタバタ日記
福岡の社労士naitya2000さんのブログ。

*
横濱の青い空、白い波、ピンクの肉球
はまねこさんブログ。
*
SYMPHONIC SHIPS
Antonさんブログ。
*
明石在住、別府・苫小牧大好き男の食い倒れ日記
チン☆テクラさんブログ。
*
港町ベルリン
Berlinerさんブログ。
*
NEの玉手箱
N Eさんブログ。

*
IdyllicOcean
アイデリックオーシャン・海と船と旅行のページ
*
いつか見た船
大阪港での船の写真がいっぱいのブログです。

最新のコメント

すぐるさんこんにちわ。 ..
by ベレー帽 at 14:48
すぐるさん、こんにちは!..
by NCF at 10:12
NCFさん、こんばんは!..
by すぐる at 00:39
すぐるさん、こんばんは!..
by NCF at 18:40
izumiさん、今回のこ..
by すぐる at 21:27
コメンターさん、情報あり..
by すぐる at 21:14
特別急行さん、速報の情報..
by すぐる at 21:13
花鳥風月さん、コメントあ..
by すぐる at 21:10
くおんさん、名門大洋フェ..
by すぐる at 21:09
5月末まで運行予定が入っ..
by izumi。 at 21:01

最新のトラックバック

「APOLLO DREA..
from Carpenguinの船ブログ
「痛車」乗船料4割引きに..
from ローカルニュースの旅
DDH-182 いせ
from いつか見た船
Queen Mary 2
from いつか見た船
クイーンメリー2 (深夜..
from 船好きのブログ
クイーンメリー2 (桜島..
from 船好きのブログ
MAERSK DAMIE..
from いつか見た船
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
MANON
from 横濱の青い空、白い波、ピンク..
フェリーきたきゅうしゅう
from いつか見た船

検索

ファン

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧